今宵 こそ 再販。 関連話:「今宵こそ・・・」の歌: 大河ドラマ・心に残った台詞集

【第五人格】復刻再販衣装、今宵こそを使ってシンデレラ戦28カスタムをやっていくよ!みんなは衣装再販復刻何買った?

今宵 こそ 再販

「クロエ、起きてる?」 ウィラはそう言って私のベッドに潜り込んで、背を向けて眠る振りをしている私の肩をそっと揺さぶる。 「…寝てるよ」 「もう、いじわる」 潜り込んできたウィラが頬を膨らませる。 私は寝返りをうってウィラに向き直り、その頬をつついた。 ウィラの口から空気が漏れて、唇を震わせる。 その音が可笑しくて笑うと、膨れっ面をしていたウィラもつられて笑った。 夜はこうして、二人で眠くなるまで他愛のない話をする。 その時間が大好きだった。 月明かりが差し込む部屋で、毛布をかぶって。 青白い光を受けて、彼女の瞳がきらきらと輝いていたのを覚えている。 昼の出来事を語り合ったり、空想の世界に旅へ出たり。 想像が途切れそうになっても、二人で補いながら。 そう言って怖がるウィラの手を握って、私はこう言う。 二人で手を繋いでいればどこまでだって行けるわ、と。 そうだ。 ウィラが私の手を握り返してくれればそれが私の力になる。 彼女の手を引いていれば、どこにだって行ける。 ウィラが側にいてくれれば、何だって怖くない。 そう答えると、ウィラはそうね、と微笑んだ。 時には将来の夢を語り合った。 何になりたいか、どんなことをしたいか。 「きっと素敵なレディになるわ」 レースのハンカチを頭にかぶって、花嫁みたい?と彼女が笑う。 「将来結婚したら、どこか遠いところへいくのかしら」 ウィラが不意にそんな事を言うものだから、急に寂しくなって、私はそのレースのハンカチを彼女の頭から取り上げた。 「…ウィラがお嫁に行ってしまったら、私はひとりぼっちになっちゃう」 レースのハンカチを握りしめる私の手をその上から包んでウィラは言った。 「ううん、一人になんてさせないわ。 …そうだ、双子の相手を探しましょう!きっと居るわ。 二人で同じ家にお嫁にいけば、ずっと一緒よ」 「そんな人いるかしら」 「いるわよ、きっと。 いなかったら、お嫁にいかなければいいのよ」 今思えば無茶なことを言っていたと思う。 だけど、なにも知らない子供だったから、そうできると信じていたのだ。 「お嫁にいかなかったらお店を開きましょう。 二人でやればきっと上手くいくわ」 ひとしきり幼い理想を語り合ったあと、ウィラは私を見つめてこう言った。 「どんな事があっても、何処に行くことになっても、クロエは私の側にいてね。 …絶対よ?」 「ええ、もちろんよ。 ウィラ」 両親が出掛けて遅くまでいない夜は、二人で舞踏会の真似事をした。 いつ社交界へでても恥ずかしくないように、とダンスのレッスンを受けていたから、おさらいの意味もあったけれど。 月明かりだけを頼りに、二人で手を繋いで踊る。 何事においてもウィラのほうが少しだけ上手だったから、ダンスもウィラが教えてくれた。 完璧に踊れたら終わりにしましょう、とウィラが言うから、まだ二人の時間を終わらせたくない私は最後のステップをわざと間違える。 「もう、クロエったら。 もう一度よ」 「ごめんごめん。 もう一度ね」 そう言って笑いあったあの夜を、いつまで覚えていられるだろう。 私たちはお互いを認めあっていた。 誰になにを言われようとも、ウィラがたった一言、クロエは間違っていないと言ってくれれば、それで良かった。 親でさえ難色を示すような香水作りだって、ウィラが評価してくれる。 それだけでよかった。 あなたの香水が一番よ、クロエ。 この香水を正しく評価できるのはウィラだけだ。 彼女の肌、体温で初めて正しく匂い立つように作った。 だからこれは、誰にも認めてもらえなくていい。 私は一人、部屋で香水を撒いた。 あの匂いに包まれて瞳を閉じる。 手を広げると、あの時のように、手に柔らかな感触が重なる。 幼いころに踊った二人だけのダンス。 終わりが近づいて、あの時のようにわざと間違えようとする。 だが、ステップを踏み慣れた足は流れるように正しく動いてしまう。 間違えれば、もう一度。 今度こそ、今宵こそは。 けれど、今夜も私の足は正しくリズムを刻む。 踊り終わって目を開けると、香水の粒子が月明かりを受けて、人の形に光ったように見えた。 側にいてね、クロエ。 誰もいないはずの部屋で、私は確かに声を聞いた。 でも、それは彼女の声を真似た私の声だ。 薄れゆく記憶の彼女の声が、自分の声に変わっていく。

次の

今宵こそ世にある人はゆかしけれいづこもかくや月を見るらん(赤染衛門): 古典・詩歌鑑賞(ときどき京都のことも)

今宵 こそ 再販

Contents• 今宵とはいつのことを指す? 今宵は今夜や今晩と同じように使うことができます。 どの言葉もその日の日没から次の日の日の出までの時間を指す言葉です。 ただ、今宵という言葉は、朝になった時点で直前の夜のことを指す意味でも使われることがあります。 今夜と今晩はその日の夜のことだけを指しているのに対して、今宵は朝になってからも前の夜の意味として使ってもいいのです。 今宵はその日のことだけでなく、前日のことも指すので一見矛盾しているように感じます。 しかしこの曖昧さが、かえって日本語独特の懐の深さにもなっているのです。 今宵と今夜、今晩の違いは何? 今宵、今夜、今晩、これらの言葉の意味に違いはありません。 どれも日没から日の出までの時間を指す言葉だからです。 しかし、いつの夜かを細かく表現したい時は今宵の方が使い勝手がいいでしょう。 今夜と今晩はその日の夜にしか使えませんが、今宵はその日の夜にも、夜が終わってしまった後の前の夜の意味にも使うことができるからです。 「今宵」が今夜や今晩と大きく違う点は、応用の幅が広いことで、使い方によって違いを出すことができるところです。 今宵だけの便利な意味や使い方とは? 「今宵」は、今夜や今晩と比べると便利に使うことができる言葉です。 今宵には「前日の夜」という意味もあるからです。 今夜と今晩はその日の夜のことしか指すことができません。 前日の夜のことなら昨夜、昨晩となりますし、次の日の夜のことなら、明夜、明晩となります。 「今宵」は日付が変わり朝になっても、前日の夜のことを指すことができます。 しかし今夜や今晩という言葉を昼間に使うとこれからやってくる夜の意味になってしまいます。 今夜や今晩という言葉を夜に使うとその日の夜限定の意味になってしまいますが、 次の日の朝に使う時は、今宵だけが過去のことを指すことができるのです。 この点では今宵に便利な意味や使い方があると言えますね。 【スポンサードリンク】 宵には多くの意味や使い方がある 今宵以外にも「宵」が付く言葉はたくさんあります。 ここでいくつかご紹介しましょう。 ・宵 宵は夜全体のことも言いますが、夜になって間もない頃のことや、祭りの前夜のことも指すことができます。 ・終宵・通宵 終宵(しゅうしょう)や通宵(つうしょう)は一晩中、終夜と同じ意味があります。 ・中宵・半宵 中宵(ちゅうしょう)や半宵(はんしょう)は夜中と同じ意味です。 ・宵宵 少し面白い感じがしますが、宵宵(よいよい)という言葉もあります。 宵ごと、毎晩毎夜のことを指す言葉です。 「宵」が付く言葉はまだありますが、いくつか挙げただけでも色々な意味があることがよく分かりますね。 日常の会話ではなかなか使わない言葉ばかりなので、使いたい場合は文章を書く時に使うと使いやすいでしょう。 まとめ 「今宵」という言葉は日常では使うことがあまりありませんよね。 映画や小説などの物語で目にしたり、耳にしたりするくらいでしょうか。 今宵(こよい)は意味や使い方だけでなく、今夜(こんや)や今晩(こんばん)と比べて発音の印象も違います。 だからこそ、今宵という言葉を上手く使うことができれば言葉の表現の幅も広がりますね。

次の

今宵こそ世にある人はゆかしけれいづこもかくや月を見るらん(赤染衛門): 古典・詩歌鑑賞(ときどき京都のことも)

今宵 こそ 再販

(意訳) 十五夜の今宵に限っては、世間の人々の様子が気になることです。 どこでも私のように月を眺めているのでしょうか。 ーーーーー この歌、「 いづこもかくや」がいいですね。 今宵は仲秋の名月。 屋敷の縁側に出ている私を、お月さまは皓皓と照らしている。 虫の音が時々聞こえるくらいで、あたりは静まりかえっている。 ふと思う。 「みんなこの月を愛でているのだろうか。 とてもきれいだけど何か寂しいなぁ…」 「 世にある人」は、普通『世間の人』と解釈されていますけど、実際は特定の恋人を思っているのかもしれません。 なかなかいい抒情歌です。 哀愁を感じます。 連日の好天続きで、夜は月ばかりながめています。 いささか首が疲れてしまいました(笑) 【755】.

次の