ガリバー 苦情。 だまされた?ガリバーの中古車購入のトラブルを調べてみた

ガリバーは苦情やクレームが多いのは本当?調べてみました

ガリバー 苦情

季節の変わりめってなんとかくだけれど気温の落差で体調をとかく崩しやすいよね。 その日もなんだから喉がイガイガしていて、暑かったり寒かったりのアップダウンの気温差で、どーも40代を超える俺の肉体もそろそろ中年化していくようどーも体調がいまいちだった。 それにともなって、子供たち(娘5歳、息子3歳)も風邪をひいたり熱だしたり鼻水がズルルルなんて日にゃぁ保育園から電話がかかってきたりして「熱があるので病院に連れていってください」なんていう電話がきたりしたらめちゃくちゃイライラする、正直。 まあだいたいは俺ではなくて嫁に電話がかかってくるのだけれども。 それでも嫁も仕事中で電話もでることができないときは、俺のケータイに電話がかかってくる。 その日も、電話がなったのだけれど、ちょうどクルマの運転中だったせいもあり、着信先だけ目でチラリと見た。 とすると、もはや約1年前に中古車の査定をしてもらったこともあるガリバー青森店からの電話だった。 俺は、「うあーしつこいなぁ・・」と思わずポツリをそうつぶやいてしまった。 たしかにガリバーで査定してもらったことはあることは事実だし、査定額もそんなに悪くはなかったんだよね。 しかしさ、しかしだよ。 こーいうのってタイミングである、けっきょくのところさ。 たまたまコンビニで見かけた雑誌、カーセンサーの雑誌をとって、なにげなくスマホでその場で をすると、なんとまあまあいい値段になってしまって、思わずそこで売ってしまっただけのことである。 とくにガリバーの営業電話がしつこいとか嫌がらせだとは言うつもりも俺はない。 けれど、その日は仕事でもいろいろあって(季節がかわって支店先の上司が変わってパワハラにあって超イライラしていた)。 そんなこんなで、クルマを近くのコンビニでいったんとめて、ガリバーに電話 をした。 「もしもしーーガリバー青森店の〇〇です」 「ああ今電話もらった〇〇と申します」 「ありがとうございます。 ・・あのですね実はその後どうなったかという電話でございまして」 「ああ、ワゴンRの査定の件ですよね?」 「そうでございます、お忙しいところも申しわけございません」 「いえいえーこちらこそ、その後連絡もせずにすみませんでした」 「いえいえ」 「あのー大変もうしわないのですが、あのあと別のところで売ってしまってですね・・・」 とかなんとか、そのあともガリバーの店員さんとのやりとりをして、その後、別のところで売ろうとしていた中古車を売ってしまったことを話をした。 ガリバーの店員さんは少し残念そうにしていたけれども、特に最悪な対応をするまでもなく、その電話はそれで終わった。 それから、そのあとはガリバーから査定についての営業電話もかかってくることはなかった。 まあ・・ガリバーについてはネットなどで、その営業電話の嫌がらせもあったり、トラブルになったりクレームにまで発展したりして、しつこいし最悪だという苦情もあったりして俺も気になっていたけれど、俺の場合は特にそんなトラブルもなくそれはそれでも終わった。 あれから、数年経つけれど、ガリバーからはしつこい営業電話も嫌がらせめいたクレームのような電話もない。 恋愛でも、そう。 もう過去には戻らない。 見るのは夢だけである。 ちなみに、 夢をみるのは眠りが浅いからである。 ガリバーにクレームや苦情をいれたいぐらい憤慨しているユーザーの方がたはいったいどのような対応をガリバーの店員さんにされたんだろうか? 俺にとって、ガリバーよりもよほど愛想のないあの保育士の対応のほうがクレームを入れたいぐらである。 笑 簡単に熱だしましたよー、とか言ってほしくない。 なんで保育園にだしてんだよーこっちは仕事で面倒見れないからだろー。 そこ理解してんのかー?まあお前の結婚して子供もてばそのうちわかるだろうに。 仕事中の保育園からの電話がどんなクレーム電話よりも恐ろしいということにね。 まったく、・・やれやれだ。 とかなんとか思っていると、またケータイの着信音がなった。 ・・・まさかとは思うけれど、青森でいう津軽臭ってやつだ・・。 それは保育園からの電話だった。 上の5歳の娘が昼に熱をはかったら37度5分以上の熱をだしているから、だという。 俺は以前から思っていることなのだけれど、保育園に看護師とかおいて通院介助に行けるような仕組みをつくってはくれやしないだろうか? とかく共働き世代の僕らにとって、そらー保育園からも仕事中における電話に比べたら、ガリバーやほかのわかわからん「儲かりますよー」的な不動産投資関連の営業電話よりおそろしいものはないと、俺はつくづくそう思うのだ。 ガリバーからの嫌がらせ営業電話はもうない?やっぱりガリバー最悪なの? いや、これに関してはガリバーさんからは、たしか一度か二度電話があったぐらいで、それからはもうないよね。 特に最悪だとか、クレームとかいれたくなるぐらいアタマに来ているわけでもないよ。 ただし、あなたがもしもガリバーからトラブルめいた苦情電話が頻繁に来るようであれば、迷わず街の消費者センターとか市役所に相談に行ったがほうがいい。 あなたが高齢者であるのならば、市役所の介護高齢化に電話相談してもいい・・・といいますか、むしろしたほうがいい。 もしその電話が仮にガリバーさんだったらまだいいほうで、嘘のような本当の話なのですが、「ガリバーのほうから来ましたものですが・・」とかいう悪徳商品を売りつけようとすぐ詐欺者って実際いるんだよね。 これは俺が日中している介護支援の仕事でかかわっている高齢者の方が被害にあった。 だからね、・・そう思うとネット通販とかもね、便利な反面、危ないのもあるよね。 それでも話がちょいと逸れちゃったけれど(よく俺の話はズレまくる…汗) もしもあなたが車を買取査定したいけれども、ガリバーでは満足していない値段だった、などというのであれば、俺もよく利用しているところをここで紹介しておくね。 俺のおすすめはリクルートが運営している安心で信頼できる大手中古車ネット査定サイトの が一番おすすめする。 他で安かった中古車が、カーセンサーだった高く売れるところが見つかったなんてザラにございますし、なによりもわずか五分程度で見積もりを比較できるところが、大変便利よ。 マジでいい。 高くクルマを売りたいんだったらマジで90秒もあればすむわけだから、やってみてよーーと声にだしてそう叫びたいぐらい便利だし。 あと売るだけじゃなくって、買うのもカーセンサーで見つかる。 安いのに走行距離が走ってなかったりといった掘り出しものがめっちゃ見つかる。 実際に俺のワゴンRの中古車をここで売ったんだけれど、買ったのもここだしね。 中古車を売って、また買うという。 なんか一時期のブックオフの宣伝のようですけれど。 ガリバーのトラブルの被害にあっている場合でも、はたまた営業電話でうんざりしているあなたも、もうそんなガリバーからのいろいろから解放されるときがきてもいいんじゃないのかなと俺はそう思う。 なら、それが解決できること間違いなしってこと。 ガリバーがしつこいとか最悪とかどうでもいいから車売るならやっぱりおすすめは? よく俺は仕事柄、結構な頻度でいろんなコンビニエンスストアーに行くことが多いのだけれど、それがファミリーマートであれ、セブンイレブンであれ、ローソンであれ、サンクスであれ、どこでも24時間営業でほんとうに世の中は便利になったとつくづくそう思う。 そして、コンビニに銀行すらもある。 これも本当にスゴい。 別に銀行行かなくてもコンビニでお金をおろせるという・・・大正時代の芥川龍之介がそれを知ったら『河童』がさらに面白い内容になっていたのではないだろうか? そして、ただひとつだけ、いただけないのは、コンビニのトイレの近くにATMがあることけれども、ちょっとばかり俺が気にくわない点といえばそれなのである。 というのも、俺が日中コンビニに入って、トイレが赤マークのときに、どうしてもATMでお金をおろしている方の近くにいることになるからだ。 向こうもなんかチラチラとこちらを見たりするんだけれど・・、正直焦る。 違うんだよ。 俺・・トイレ待っているだけだからさ。 違うんだよな。。 ATMの、あなたよ・・特にあなたのおカネとか俺盗むつもりもないし、特段キャシュカードの押した番号とかぜってー見てないからさー。 とかアピールするために、買う気もないイカの珍味とかを吟味することになる。 そして、思うのだ。 どんだけクソ長えーんだよってさ。 と、そして大抵でてくると機嫌が悪い。 クソして機嫌悪いとは何事だよって。 まあ・・俺もトイレのノックを、 3回もしたのも悪かったけれどさ。 笑 1回でいいでしょうって話だがw とかなんとかして、 まあ俺もトイレで用をたしたあとは、 大抵は雑誌をちらほらチェックするはめになる。 はやくコンビニからでて仕事しなさい自分よーという思いもあるのだけれど、そこがコンビニの魔力ってやつなんだよなー。 プロレス雑誌とか週刊スパとか週刊文春とかかたっぱしから立ち読みをする。 そして、不動産雑誌にも目をとおる。 そして、その横あたりにはたいてい車関連の雑誌があったりする。 カーセンサーにグーネットかガリバーかカーセブンか?色々あるけれど一つ選ぶならば 俺も過去にこういったクルマの雑誌をチェックして気になってその場でスマホだかガラケーだかを取り出してネット査定をしたことがある。 そのときは、結構高く買い取ってもらった。 たしかカーセンサーのほうだったと思うけれど、いったいぜんたいのところカーセンサーとグーネット違いはどういうところなんだろう、とふと疑問を持った俺は、どちらの雑誌もくまなくチェックし始めることにした。 どちらも同じような構成で、たいていの中古車の情報がカーセンサーもグーネットでも載っているし、車を売るならどちらがいいですか?とたとえ友人などに聞かれたとしても、俺は答えようがないと思う。 ・・ううん、どっちでも同じじゃないかな? なんて適当な回答をしてしまうかもしれない。 そして、俺はカーセンサーとグーネットの雑誌を何度もくまなく読んだ。 100円とか200円なんで、どっちも買って自宅でも読んだ、読み込んだ。 けれど、俺からは両者の違いが、どーしても見当たらないのだ。 しいていえば、ちょっとポップなかんじがカーセンサー。 真面目な記事が多いのがグーネットといった印象ぐらいかなって。 なので、どちがおすすめなのかっていったら、俺はどっちもおすすめだよ。 としか答えられないと思う・・。 もし、はっきりした答えが欲しかったってなんなら、あなたに謝ります。 せっかくここまで、読んでオチがどっちもかよ、時間のムダなんだよ。 なにが節約とか投資とかだよ。 変なブログ書いてんんじゃーよ。 クルマのブログじゃなかったんかい。 と、あのクソしてトイレから不機嫌な顔をしてでていったあのおじさんに怒られていたとしても、俺はなんにもおかしくはなかったのだ。 カーセンサーとグーネットはガリバーより最悪でしつこいのか暴露しちゃおうかな? そして、この記事は終わる・・予定であったが、やはり勝負ってなんだかんだいってもつけなきゃならない。 それが例え八百長であっても真剣勝負であったもだ。 両者引き分けで、拍手喝采を浴びるのはある一定のボクシングの試合ぐらいだろう。 だから、俺は今語そうと思う。 カーセンサーとグーネット・・ 車売るならどっちがいいか?おすすめなのか? 勝者は・・・・・ババン、 ジャン! はい、 カーセンサーです。 というのも、俺が1度のみならず2度も車をカーセンサーで売っているからということもあるけれど、グーネットの場合は、「Goo買取」とか「株式会社プロトコーポレーション」という「Goonet」をプロモーションしている会社名などブログでは書かないでくださいなどといった細かい規制が多すぎる。 別にグーネットの批判はこれっぽっちもするつもりもないのだけれど、ここはニッポン国である。 表現の自由というものがあるからだ。 だからこれはあくまでも俺の個人的主観的意見としてとらえていただきたい。 俺は、グーネットより のほうが好きだ。 以上、現場からは以上である。 ・ ・ ・ とかなんとかしていると、・・・・ 「ってゆーか、うるさいんだけど!」 と、セブンイレブンのトイレのなかから女がでてきた。 ・・・黒のライダースーツに真赤なバイクヘルメットを手に抱えながら 「さっきから、そこで独り言、いってるけど、あなた大丈夫なの?」と女が言う。 「え?・・・つうか、誰?」と俺が言う。 「ふー、誰とかどうでもいいから、・・さっきからそこで、ジャジャーンとか、カーセンサーの勝ちだぁグーネット最悪だーぁとかバカじゃないの?」と女が笑う。 「・・・ストレスだよ、ストレス。 会社のストレスでバカになってるんだよきっと」と俺がぽつりそう言う。 「会社?・・・仕事中?に、こんなところで?それってサボり?」とライダースーツの女。 「サボり・・じゃない、けど」 「けど?なに?・・ま。 別に私どっちでもいいけどさ、ってかさ、梅雨どきだね。 いやんなっちゃうよね、見てほらよこれ、この髪のぱさつき、うねり。 ああやだやだ~」と女は自分の髪に手をやる。 めっちゃいい匂いがした。 「じゃあねー」とライダースーツの女はコンビニから去っていった。 女は、ホンダのネイキッドバイク。 型はよく分からないが、足がガツガツしエンジンをかけてものすごいスピードで、セブンイレブンから去っていった。 真赤なバイクヘルメットに黒のライダースーツ。 そして赤と黒の色がコントラストしたホンダのネイキッドバイク。 まるでカッコよく、かつ可愛いとさえ思ってしまった。 つうか、俺何やってんだろ?ここで・・。 俺は、立ち尽くす。 それから俺はとりあえず・・・ そのトイレに入った。 あの、女の甘い匂い香りがまだしていた。

次の

ガリバー車検の評判、やってみた感想

ガリバー 苦情

季節の変わりめってなんとかくだけれど気温の落差で体調をとかく崩しやすいよね。 その日もなんだから喉がイガイガしていて、暑かったり寒かったりのアップダウンの気温差で、どーも40代を超える俺の肉体もそろそろ中年化していくようどーも体調がいまいちだった。 それにともなって、子供たち(娘5歳、息子3歳)も風邪をひいたり熱だしたり鼻水がズルルルなんて日にゃぁ保育園から電話がかかってきたりして「熱があるので病院に連れていってください」なんていう電話がきたりしたらめちゃくちゃイライラする、正直。 まあだいたいは俺ではなくて嫁に電話がかかってくるのだけれども。 それでも嫁も仕事中で電話もでることができないときは、俺のケータイに電話がかかってくる。 その日も、電話がなったのだけれど、ちょうどクルマの運転中だったせいもあり、着信先だけ目でチラリと見た。 とすると、もはや約1年前に中古車の査定をしてもらったこともあるガリバー青森店からの電話だった。 俺は、「うあーしつこいなぁ・・」と思わずポツリをそうつぶやいてしまった。 たしかにガリバーで査定してもらったことはあることは事実だし、査定額もそんなに悪くはなかったんだよね。 しかしさ、しかしだよ。 こーいうのってタイミングである、けっきょくのところさ。 たまたまコンビニで見かけた雑誌、カーセンサーの雑誌をとって、なにげなくスマホでその場で をすると、なんとまあまあいい値段になってしまって、思わずそこで売ってしまっただけのことである。 とくにガリバーの営業電話がしつこいとか嫌がらせだとは言うつもりも俺はない。 けれど、その日は仕事でもいろいろあって(季節がかわって支店先の上司が変わってパワハラにあって超イライラしていた)。 そんなこんなで、クルマを近くのコンビニでいったんとめて、ガリバーに電話 をした。 「もしもしーーガリバー青森店の〇〇です」 「ああ今電話もらった〇〇と申します」 「ありがとうございます。 ・・あのですね実はその後どうなったかという電話でございまして」 「ああ、ワゴンRの査定の件ですよね?」 「そうでございます、お忙しいところも申しわけございません」 「いえいえーこちらこそ、その後連絡もせずにすみませんでした」 「いえいえ」 「あのー大変もうしわないのですが、あのあと別のところで売ってしまってですね・・・」 とかなんとか、そのあともガリバーの店員さんとのやりとりをして、その後、別のところで売ろうとしていた中古車を売ってしまったことを話をした。 ガリバーの店員さんは少し残念そうにしていたけれども、特に最悪な対応をするまでもなく、その電話はそれで終わった。 それから、そのあとはガリバーから査定についての営業電話もかかってくることはなかった。 まあ・・ガリバーについてはネットなどで、その営業電話の嫌がらせもあったり、トラブルになったりクレームにまで発展したりして、しつこいし最悪だという苦情もあったりして俺も気になっていたけれど、俺の場合は特にそんなトラブルもなくそれはそれでも終わった。 あれから、数年経つけれど、ガリバーからはしつこい営業電話も嫌がらせめいたクレームのような電話もない。 恋愛でも、そう。 もう過去には戻らない。 見るのは夢だけである。 ちなみに、 夢をみるのは眠りが浅いからである。 ガリバーにクレームや苦情をいれたいぐらい憤慨しているユーザーの方がたはいったいどのような対応をガリバーの店員さんにされたんだろうか? 俺にとって、ガリバーよりもよほど愛想のないあの保育士の対応のほうがクレームを入れたいぐらである。 笑 簡単に熱だしましたよー、とか言ってほしくない。 なんで保育園にだしてんだよーこっちは仕事で面倒見れないからだろー。 そこ理解してんのかー?まあお前の結婚して子供もてばそのうちわかるだろうに。 仕事中の保育園からの電話がどんなクレーム電話よりも恐ろしいということにね。 まったく、・・やれやれだ。 とかなんとか思っていると、またケータイの着信音がなった。 ・・・まさかとは思うけれど、青森でいう津軽臭ってやつだ・・。 それは保育園からの電話だった。 上の5歳の娘が昼に熱をはかったら37度5分以上の熱をだしているから、だという。 俺は以前から思っていることなのだけれど、保育園に看護師とかおいて通院介助に行けるような仕組みをつくってはくれやしないだろうか? とかく共働き世代の僕らにとって、そらー保育園からも仕事中における電話に比べたら、ガリバーやほかのわかわからん「儲かりますよー」的な不動産投資関連の営業電話よりおそろしいものはないと、俺はつくづくそう思うのだ。 ガリバーからの嫌がらせ営業電話はもうない?やっぱりガリバー最悪なの? いや、これに関してはガリバーさんからは、たしか一度か二度電話があったぐらいで、それからはもうないよね。 特に最悪だとか、クレームとかいれたくなるぐらいアタマに来ているわけでもないよ。 ただし、あなたがもしもガリバーからトラブルめいた苦情電話が頻繁に来るようであれば、迷わず街の消費者センターとか市役所に相談に行ったがほうがいい。 あなたが高齢者であるのならば、市役所の介護高齢化に電話相談してもいい・・・といいますか、むしろしたほうがいい。 もしその電話が仮にガリバーさんだったらまだいいほうで、嘘のような本当の話なのですが、「ガリバーのほうから来ましたものですが・・」とかいう悪徳商品を売りつけようとすぐ詐欺者って実際いるんだよね。 これは俺が日中している介護支援の仕事でかかわっている高齢者の方が被害にあった。 だからね、・・そう思うとネット通販とかもね、便利な反面、危ないのもあるよね。 それでも話がちょいと逸れちゃったけれど(よく俺の話はズレまくる…汗) もしもあなたが車を買取査定したいけれども、ガリバーでは満足していない値段だった、などというのであれば、俺もよく利用しているところをここで紹介しておくね。 俺のおすすめはリクルートが運営している安心で信頼できる大手中古車ネット査定サイトの が一番おすすめする。 他で安かった中古車が、カーセンサーだった高く売れるところが見つかったなんてザラにございますし、なによりもわずか五分程度で見積もりを比較できるところが、大変便利よ。 マジでいい。 高くクルマを売りたいんだったらマジで90秒もあればすむわけだから、やってみてよーーと声にだしてそう叫びたいぐらい便利だし。 あと売るだけじゃなくって、買うのもカーセンサーで見つかる。 安いのに走行距離が走ってなかったりといった掘り出しものがめっちゃ見つかる。 実際に俺のワゴンRの中古車をここで売ったんだけれど、買ったのもここだしね。 中古車を売って、また買うという。 なんか一時期のブックオフの宣伝のようですけれど。 ガリバーのトラブルの被害にあっている場合でも、はたまた営業電話でうんざりしているあなたも、もうそんなガリバーからのいろいろから解放されるときがきてもいいんじゃないのかなと俺はそう思う。 なら、それが解決できること間違いなしってこと。 ガリバーがしつこいとか最悪とかどうでもいいから車売るならやっぱりおすすめは? よく俺は仕事柄、結構な頻度でいろんなコンビニエンスストアーに行くことが多いのだけれど、それがファミリーマートであれ、セブンイレブンであれ、ローソンであれ、サンクスであれ、どこでも24時間営業でほんとうに世の中は便利になったとつくづくそう思う。 そして、コンビニに銀行すらもある。 これも本当にスゴい。 別に銀行行かなくてもコンビニでお金をおろせるという・・・大正時代の芥川龍之介がそれを知ったら『河童』がさらに面白い内容になっていたのではないだろうか? そして、ただひとつだけ、いただけないのは、コンビニのトイレの近くにATMがあることけれども、ちょっとばかり俺が気にくわない点といえばそれなのである。 というのも、俺が日中コンビニに入って、トイレが赤マークのときに、どうしてもATMでお金をおろしている方の近くにいることになるからだ。 向こうもなんかチラチラとこちらを見たりするんだけれど・・、正直焦る。 違うんだよ。 俺・・トイレ待っているだけだからさ。 違うんだよな。。 ATMの、あなたよ・・特にあなたのおカネとか俺盗むつもりもないし、特段キャシュカードの押した番号とかぜってー見てないからさー。 とかアピールするために、買う気もないイカの珍味とかを吟味することになる。 そして、思うのだ。 どんだけクソ長えーんだよってさ。 と、そして大抵でてくると機嫌が悪い。 クソして機嫌悪いとは何事だよって。 まあ・・俺もトイレのノックを、 3回もしたのも悪かったけれどさ。 笑 1回でいいでしょうって話だがw とかなんとかして、 まあ俺もトイレで用をたしたあとは、 大抵は雑誌をちらほらチェックするはめになる。 はやくコンビニからでて仕事しなさい自分よーという思いもあるのだけれど、そこがコンビニの魔力ってやつなんだよなー。 プロレス雑誌とか週刊スパとか週刊文春とかかたっぱしから立ち読みをする。 そして、不動産雑誌にも目をとおる。 そして、その横あたりにはたいてい車関連の雑誌があったりする。 カーセンサーにグーネットかガリバーかカーセブンか?色々あるけれど一つ選ぶならば 俺も過去にこういったクルマの雑誌をチェックして気になってその場でスマホだかガラケーだかを取り出してネット査定をしたことがある。 そのときは、結構高く買い取ってもらった。 たしかカーセンサーのほうだったと思うけれど、いったいぜんたいのところカーセンサーとグーネット違いはどういうところなんだろう、とふと疑問を持った俺は、どちらの雑誌もくまなくチェックし始めることにした。 どちらも同じような構成で、たいていの中古車の情報がカーセンサーもグーネットでも載っているし、車を売るならどちらがいいですか?とたとえ友人などに聞かれたとしても、俺は答えようがないと思う。 ・・ううん、どっちでも同じじゃないかな? なんて適当な回答をしてしまうかもしれない。 そして、俺はカーセンサーとグーネットの雑誌を何度もくまなく読んだ。 100円とか200円なんで、どっちも買って自宅でも読んだ、読み込んだ。 けれど、俺からは両者の違いが、どーしても見当たらないのだ。 しいていえば、ちょっとポップなかんじがカーセンサー。 真面目な記事が多いのがグーネットといった印象ぐらいかなって。 なので、どちがおすすめなのかっていったら、俺はどっちもおすすめだよ。 としか答えられないと思う・・。 もし、はっきりした答えが欲しかったってなんなら、あなたに謝ります。 せっかくここまで、読んでオチがどっちもかよ、時間のムダなんだよ。 なにが節約とか投資とかだよ。 変なブログ書いてんんじゃーよ。 クルマのブログじゃなかったんかい。 と、あのクソしてトイレから不機嫌な顔をしてでていったあのおじさんに怒られていたとしても、俺はなんにもおかしくはなかったのだ。 カーセンサーとグーネットはガリバーより最悪でしつこいのか暴露しちゃおうかな? そして、この記事は終わる・・予定であったが、やはり勝負ってなんだかんだいってもつけなきゃならない。 それが例え八百長であっても真剣勝負であったもだ。 両者引き分けで、拍手喝采を浴びるのはある一定のボクシングの試合ぐらいだろう。 だから、俺は今語そうと思う。 カーセンサーとグーネット・・ 車売るならどっちがいいか?おすすめなのか? 勝者は・・・・・ババン、 ジャン! はい、 カーセンサーです。 というのも、俺が1度のみならず2度も車をカーセンサーで売っているからということもあるけれど、グーネットの場合は、「Goo買取」とか「株式会社プロトコーポレーション」という「Goonet」をプロモーションしている会社名などブログでは書かないでくださいなどといった細かい規制が多すぎる。 別にグーネットの批判はこれっぽっちもするつもりもないのだけれど、ここはニッポン国である。 表現の自由というものがあるからだ。 だからこれはあくまでも俺の個人的主観的意見としてとらえていただきたい。 俺は、グーネットより のほうが好きだ。 以上、現場からは以上である。 ・ ・ ・ とかなんとかしていると、・・・・ 「ってゆーか、うるさいんだけど!」 と、セブンイレブンのトイレのなかから女がでてきた。 ・・・黒のライダースーツに真赤なバイクヘルメットを手に抱えながら 「さっきから、そこで独り言、いってるけど、あなた大丈夫なの?」と女が言う。 「え?・・・つうか、誰?」と俺が言う。 「ふー、誰とかどうでもいいから、・・さっきからそこで、ジャジャーンとか、カーセンサーの勝ちだぁグーネット最悪だーぁとかバカじゃないの?」と女が笑う。 「・・・ストレスだよ、ストレス。 会社のストレスでバカになってるんだよきっと」と俺がぽつりそう言う。 「会社?・・・仕事中?に、こんなところで?それってサボり?」とライダースーツの女。 「サボり・・じゃない、けど」 「けど?なに?・・ま。 別に私どっちでもいいけどさ、ってかさ、梅雨どきだね。 いやんなっちゃうよね、見てほらよこれ、この髪のぱさつき、うねり。 ああやだやだ~」と女は自分の髪に手をやる。 めっちゃいい匂いがした。 「じゃあねー」とライダースーツの女はコンビニから去っていった。 女は、ホンダのネイキッドバイク。 型はよく分からないが、足がガツガツしエンジンをかけてものすごいスピードで、セブンイレブンから去っていった。 真赤なバイクヘルメットに黒のライダースーツ。 そして赤と黒の色がコントラストしたホンダのネイキッドバイク。 まるでカッコよく、かつ可愛いとさえ思ってしまった。 つうか、俺何やってんだろ?ここで・・。 俺は、立ち尽くす。 それから俺はとりあえず・・・ そのトイレに入った。 あの、女の甘い匂い香りがまだしていた。

次の

ガリバーのクレームガード保険は要注意!

ガリバー 苦情

車を査定に出す時、皆さんはどのような基準で業者を選定するでしょうか。 知名度や会社の規模で選ぶ方もいるでしょう。 また、 安心して自分の車の査定を依頼できるということも重要な要素です。 インターネットで車買い取り業者の評判を調べてみると、ネガティブな評判が多いのが事実です。 中にはポジティブな評判もありますが、ネガティブな評判の中に埋もれてしまっていることがあります。 これから車を査定に出す方にとっては、ネガティブな評判は不安材料となってしまいます。 そういった不安を払拭するために、 ガリバーでは苦情相談窓口を開設しています。 ガリバーへ車を査定に出してトラブルが発生してしまった場合、苦情の報告と相談をすることができるので、安心して車の査定を依頼することが可能です。 査定依頼者へ安心を提供するガリバーの苦情相談窓口とはどのようなものなのか?• どのような対応をしてくれるのか? といった点についてこの記事で紹介をしていきます。 ガリバーの苦情相談窓口とは? ガリバーで愛車を査定に出した際にトラブルがあった場合、ガリバーの苦情相談窓口に相談しましょう。 苦情相談窓口は駆け込み寺のような存在であり、依頼者が泣き寝入りをしないためや、顧客満足を高めるために創設されています。 安心してガリバーに査定依頼を行うことができる要因である苦情相談窓口ですが、どういったものであるのかを紹介していきます。 専門部署へ相談を行うことができる ガリバーの苦情相談窓口は、千葉県浦安市にある「ガリバーお客様相談センター」が担っています。 ガリバー本社の所在は東京都なので、 苦情相談窓口は本社とは切り離された専門部署で運営されていることが分かります。 ガリバー本社が苦情相談窓口を担っていると、業務の片手間に行っているようなイメージを持ってしまう方もいらっしゃるでしょう。 また、依頼者よりも会社側に有利な回答やコメントを行ってしまうことも考えられます。 その点、本社所在地と離れた場所に専門の窓口を構えていることで、「お客様のために」というガリバーの本気度が伝わります。 安心して愛車を査定に出すことができるでしょう。 自分に合った利用方法で相談を行うことが可能です。 まず、電話にて直接相談を行うことができます。 トラブルが発生してから、早い段階で解決をしたい場合には電話を利用しましょう。 しかし、電話受付時間と曜日が決まっていますので注意が必要です。 トラブル内容によっては気が焦ってしまうこともあるかもしれませんが、落ち着いて相談を行いましょう。 そして、メールでの相談も可能となっています。 メールは24時間受付をしていますので、いつでも相談を行うことが可能です。 電話口で口頭で伝えるのが難しい相談でも、メールであれば落ち着いて正確に伝えることができます。 しかし、回答までに時間を要してしまうことがありますので、急ぎの相談であれば電話での相談を行うようにしましょう。 どのように対応してくれるの? 苦情やトラブルになっていることなどを苦情相談窓口へ相談すると、お客様目線になって親身に対応してもらうことができます。 ガリバー側の従業員の対応が発端での相談であれば、まずは窓口の従業員から謝罪をいただきます。 顧客の気持ちが収まるまで、誠心誠意対応をしてくれます。 必要であれば、再度従業員から顧客へ、直接謝罪の電話をさせるといった対応も行います。 顧客が納得いくまで、とことん誠実な対応を行なってくれるでしょう。 苦情相談窓口は、専門のスタッフが対応を行っています。 苦情相談対応のスペシャリストに対応してもらえるので、顧客側からしても「相談して良かった」と思うことができます。 インターネット上でも、苦情相談窓口の対応の良さが挙げられています。 トラブルが発生した時には残念な気持ちになってしまったが、苦情相談窓口が真摯に対応してくれたことで逆にガリバーに対する評価が上がった という声もあるほどです。 苦情やトラブルに関しての相談の場合、どういう経緯で発生したかや、従業員の対応はどうであったかなどを詳細にヒアリングします。 顧客からの詳細なヒアリング内容は、従業員の教育や会社体質の改善に役立てることができます。 もちろん、査定や購入についての疑問点などにも真摯に対応をしてくれます。 どんな些細なことでも誠実に対応してくれますので、安心して相談を行うことができるでしょう。 よくある相談の苦情を調べてまとめました。 あらかじめ知っておくことで、不用意なトラブルを避けることが可能となります。 「クレームガード」とは一体何? よくある相談や苦情内容として、「クレームガードとは何なのか」という内容が挙げられます。 クレームガードとは、 査定時には問題無く正常であると判断された車が、後になって車の不具合が発見された際に売り手側の責任とならないようにする保証です。 クレームガード保証は、売買契約金額によって金額は変動します。 また、保証を付けるか付けないかは、顧客側によって選択します。 もちろん、保証費用は顧客負担となります。 そのため、 「専門のプロが査定時に問題無しと判断したのに、後から不具合が発見されたら売り手側の責任になってしまうのか」という声があります。 しかし、 多くの車買取業者は「瑕疵担保責任」というものを定めており、後になって発見された不具合は売り手側の責任となります。 この部分は、意外と知られていません。 そのため、クレームガード保証はとても有意義な保証サービスと言えます。 車のどこかに欠陥があるのを分かっていながら「ばれないから申告せずにそのまま売ろう」という考えで車を売ると、大きなトラブルの元となります。 欠陥があるのを分かっているのであれば、トラブル防止のためにも正直に申告しましょう。 当然ですが、自動車査定業者は数多くあります。 どの会社も、他社ではなく自社で売却してもらうために必死に営業活動を行います。 その結果、営業の電話が何度も掛かってきたという苦情となってしまうケースが多いです。 企業は利益を追求するため、必然的に営業の電話が多くなってしまいます。 それが気になるようであれば、メールのみの対応を事前に依頼しましょう。 それによって、トラブルになるのを防ぐことができます。 なぜガリバーは苦情相談窓口を設置したの? 「お問い合わせ窓口」ではなく、なぜ苦情相談窓口やお客様相談センターと銘打った専門部署を設置したのでしょうか。 その内容を紐解くことで、ガリバーの品質改善への本気度を見ることができます。 業界最大手であるが故 ガリバーは、自動車買取業界では最大手と呼ばれる会社です。 全国に約550店舗と数が非常に多く、全国津々浦々に展開をしていることが分かります。 全国津々浦々に展開していることで、全店舗や従業員にガリバーの良好な企業品質が行き届いていない可能性が考えられます。 大企業になればなるほど全てに目が行き渡らなくなるため、全従業員に企業理念や良好な品質は浸透しづらくなります。 そのため、 大手であるが故に苦情が目立ってしまうという事態になります。 そして、インターネット社会の現在では、何かトラブルが発生すればすぐに発信されて公になってしまいます。 そのため、最大手であるガリバーの評判がネット上でも目立ってしまいます。 企業に対する評判を改善していくために、企業品質改善や顧客満足向上を目的として苦情相談窓口を設置したものと考えることができます。 インターネット上では、自動車買取業者の中でもガリバーの評判が特に目立ってしまいますが、業界最大手であるが故と言えます。 また、企業品質改善のために苦情相談窓口を設置していることで、ガリバーの企業品質はより向上していくと考えられます。 苦情相談窓口が存在することによって、ガリバーで安心して中古車売買を行うことができます。 是非、業界最大手のガリバーで中古車売買をしてみてはいかがでしょうか。

次の