郵便局 バイト 年末年始 募集。 【公式】日本郵便・郵便局|アルバイト採用情報|手紙・はがき・ゆうパックの仕分け・配達・集荷業務

年末年始に郵便局バイトがしたい!気になる仕事内容などをご紹介

郵便局 バイト 年末年始 募集

気がついたらもう募集が終わってた〜って方も多いでしょう。 求人募集の開始は意外と時期が早く、掲載と同時に定員となるケースも珍しくありません。 それと求人の募集は局や地域エリア単位で行っているようですので、通勤可能な局ごとにチェックする必要があります。 だいたい目安として10月に入ったら徐々に求人情報がアップされる予定です。 遅くても11月には終了してしまうかも。 もし、年末年始の予定がハッキリしない人は、とりあえず申し込んで面接の時に事情を話すということも可能かと思います。 はい、基本的に全国どの地域の郵便局も、年末から年明けは年賀状やお歳暮の配達で忙しいです。 年賀はがきの仕分けスタッフなどアルバイトを募集しますよ。 まず服装はカジュアルすぎる格好は止めておいたほうが無難(ジーンズなど)。 高校生なら制服でいいかと。 大学生ならパンツにシャツなど派手でなければ大丈夫と思います。 スーツでなくてもいいと思います。 面接の内容は一般的なことしか聞かれないです。 志望動機・自己PR・勤務できる日(シフト)・通勤の方法などでしょう。 ある程度の答えを考えておきましょう。 面接で落ちるとしたら、勤務できる日にちの問題でしょう。 出られない日数が多かったり、大みそかや元旦は無理とか言うと、多分不合格になる気がします…。 郵便局バイト体験談(良い口コミ・悪い口コミ) 高校生ではじめてやったアルバイトが年末年末に郵便局の仕事でした。 徒歩3分の近所に地域で一番大きい郵便局がありまして、年賀状の時期になると高校生の人たちが大勢アルバイトしているのを見ていました。 高校にいったら冬休みは絶対やりたいなーって思っていたんです。 それで10月下旬に求人募集を見つけて、面接に行きました。 バイトの面接って初めてだから何を聞かれるのかなぁとドキドキでしたが、実際は志望動機と出勤出来る日を尋ねられただけでした。 (意地悪な質問されずに済んでよかったです。 ) 仕事内容は郵便物の区分作業でした。 知っておきたい郵便局に関連する用語を解説します。 ゆうメイト 郵便局(日本郵便)の正社員以外で働いている人を指します。 アルバイトやパートで勤務している方を「ゆうメイト」と呼びます。 区分機 ハガキなど郵便物を、郵便番号で宛先のエリアを読み取り、自動で仕分けする機械です ゆうパック 日本郵便が取り扱う荷物・小包のことで、宅配便と同じサービスです。 昔は「一般小包郵便物」と呼んでいました。 誤配(ごはい) はがきなど郵便物を正しい宛名と違つ場所に配達してしまうことです。 間違った郵便物を返すことを「誤配された郵便物を差し戻す」といいます。 年賀(ねんが) 郵便局内では年賀はがきを省略して「年賀」とだけ言う場合があります。 内務(ないむ) 郵便局内で仕事する業務です。 郵便物の仕分け・事務(電話受付・窓口業務)・ゴルフ場や臨時出張所での内務もあります。 外務(がいむ) お主に郵便物の配達や集荷を行う業務です。 自転車やバイク・自動車で各家庭や集配センターへ郵便物を届けます。

次の

郵便局のアルバイト・バイト│仕事・求人情報満載!【フロムエー】

郵便局 バイト 年末年始 募集

郵便局のアルバイトは、手紙・はがきといった郵便物や宅配便の配達ならびに集荷、それらを郵便局内で配達先の地域ごとに仕分けたり、郵便事務の補助を行なうことなどが主な仕事になります。 また、窓口業務やお客様のご案内をお手伝いすることもあります。 勤務地などにもよりますが、社員はもちろん、先輩のバイト職員もたくさんいるという環境がほとんどで、周りから学びながら仕事を覚えていけます。 もちろん、1人でこれらすべての仕事を担当するというわけではなく、「配達や集荷を主に担当する」「仕分けや事務補助を主に担当する」といった仕事内容は、募集の時に示されています。 配達や集荷を担当するのであれば、地図に強く自転車などの運転に慣れていること、仕分けや接客を担当するのであれば、根気づよい性格や人当たりのよさなどが強みになるでしょう。 郵便局の求人といえば、年末年始の繁忙期に年賀状などを取り扱う「短期間アルバイト」のイメージが強いかもしれません。 でも、実際には通年で働ける「長期間アルバイト」の求人もたくさんあります。 勤務時間も仕事内容によっては昼間だけでなく深夜・早朝まで選べ、しかもシフト制ではなく毎日決まった時間ですから、学生から主婦やフリーターまで、それぞれの生活スタイルに合わせて働けます。 また、比較的単純で、覚えやすい業務が多いのも魅力です。 配達や集荷の仕事であれば担当地域の地理をある程度覚えてしまえばすぐに慣れてきますし、仕分けや事務補助はある程度機械化されていますので、これも比較的早く覚えることができるでしょう。 休憩時間がしっかりしていて、無理せず働けるところなど、初めてバイトをする人にもオススメの仕事です。 アルバイトに厳しい学校の生徒にとっては、他の業種に比べてバイトの許可を取りやすいことも大事なポイントです。

次の

【2019年版】年末年始のおすすめバイト7選!短期で楽しく稼ごう|バイト・仕事を楽しむキャリアマガジンCareer Groove by モッピーバイト

郵便局 バイト 年末年始 募集

郵便局のバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは? 年末年始の郵便局のバイトは、仕分けと配達に分かれます。 仕分け時に足元が冷えること、配達時は天候との戦いになることが、このバイトのきついところです。 逆に楽なポイントとしては、バイト未経験者でも仕事に慣れやすく、働きやすいところが挙げられます。 加えてやりがいとしては、責任があるぶん強い使命感をもてるということです。 これらを一つずつ紹介していきます! 郵便局のバイトのおすすめポイントは年末年始の短期間で働けること! 郵便局のバイトのおすすめポイントは、年末年始の短期間で働けることです!バイトの期間は地域によって変わりますが、12月15日頃から1月5日頃までです 配達は元旦から。 学生ならちょうど冬休みにあたる時期なので、時間に余裕があり、休み中に集中して稼ぎたい人にはおすすめです! さらに、決められたシフト内で働けるため、予定を立てやすい点も郵便局のバイトの魅力と言えます。 仕分け時には足元の冷え、配達時における天候との戦いは郵便局のバイトのきついところ このバイトでは、仕分け組と配達組に分かれますが、それぞれにきついところがあります。 仕分け作業時は立ち仕事のため、暖房が効いていても足元が冷えます。 燃えやすい紙類 はがき を扱うため、足元にストーブなんて置けやしないからです。 一方配達組は、天候との戦いを強いられます。 雪のチラつく寒波がこようが大雨が降っていようが、はがきの配達に向かわなければなりません。 スタミナがあり、根性で乗り切れる人には向いているでしょう! 郵便局のバイトの楽なポイントは、未経験でも仕事に慣れやすく、働きやすいところ! 楽なポイントというより、郵便局のバイト自体が楽です。 室内での仕分け作業は、局員がほぼ付きっきりでレクチャーしてくれるため、読めない地名や分からないことは気軽に聞けます。 配達の仕事は、最初は道を覚えるのが少し大変かもしれません。 それでも、自分の担当エリアを覚えてしまえば意外と楽です。 いつしか、プロの郵便屋さん気分ですね! 責任があるぶん強い使命感をもてることがやりがいにつながる! 住所に名前と、人の個人情報に触れるバイトなので、責任は重いです。 同姓同名の宛名、入り組んだ地名、「うそでしょ?」と目を疑うほど省略して書かれた住所…。 分からないことはすぐに聞くようにくり返し言われるのですが、混乱することもしばしばです。 配達においても、はがきや小包の重さに危うく店頭しそうになるなど、細かい神経を使う必要があります。 正確に仕分けし、正しい場所に安全に届ける…。 責任があるぶん強い使命感をもてることが、バイトのやりがいにつながります。 郵便局のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説! 年末年始における郵便局のバイトでは、メインとなる仕事は年賀状の仕分けや配達です。 また苦労するポイントとしては、慣れない手作業でのはがきの仕分けにもたついてしまうところ。 配達時に、効率よく回るために自分でプチ仕分けをするところです。 しかし決して複雑な仕事ではないので、半日~2日もあれば慣れるでしょう!そこで仕事内容苦労するポイントについて詳しく紹介します! 主な仕事内容は年賀状の仕分けと配達! 主な仕事内容は、年賀状の仕分けと配達です。 どちらか一方を担当することがほとんどですが、仕分けと配達の両方をこなす人も居ます。 まず仕分けですが、あらかじめざっくり仕分けされたはがきを、世帯別に手作業でひたすら分けるだけです。 郵便局によっては郵便区分機などの機械操作や、パソコンでの情報入力作業をお願いされたりもします。 そして配達組は、仕分けされたはがきを指定の住所まで届けます。 年賀状を届けるのは元旦からですが、トレーニングのために年末頃から出勤の場合もあります。 原付や車などの免許が必要ですが、高校生が自転車で届けることも可能な郵便局もあるようです。 慣れない手作業でのはがきの仕分けや、効率よい配達のためのプチ仕分けは苦労するかも…でも半日~2日もあればすぐ慣れるよ! 比較的仕事が簡単で楽なことから、バイトデビューとしても人気が高いのがこのバイトの特徴です。 それでも、初日は慣れない手作業であたふたしてしまいますよね。 仕分けははがきに明記された住所を確認し、指定の場所に振り分けるだけのシンプルな作業です。 繰り返すうちに自然と手が振り分け場所を覚えるので、半日も働けば慣れるでしょう! 配達も同様です。 最初は道を覚えることに必死で、配達の段取りにも手間取るかも知れません。 それに配達ミスや配達忘れなどは絶対にあってはならないので、プレッシャーも大きいです。 それでも担当エリアはだいたい決まっているので、注意深さも徐々に身に付き、道は二日もあれば覚えられるでしょう。 バイトの後半戦になると、いかに効率よく回るかを自分で考え、プチ仕分けをするほどの余裕が出てきます! 郵便局のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は940円~1200円が相場! 年末年始の郵便局のバイトの時給についてですが、希望する仕事内容によって金額は変わります。 都内では、仕分けだけだとおよそ940円程で、配達を引き受けると1000円を超えるところもあります!とにかく忙しい郵便局で夜勤を引き受けると、1200円以上の時給になったりもします。 年末年始という短い期間なので、おこずかいを稼ぎたい人に向いていると言えます。 時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは仕分けと配達の両方を完璧にこなせるようになること! 時給を上げるには、仕分けと配達の両方を完璧にこなせるようになることです。 面接時に仕分けか配達のどちらかを選択することになりますが、• どちらの仕事も可能• なおかつ年末年始も休まずに出勤できる• 何度も年末年始に郵便局のバイトを経験し、もはやこのバイトのエキスパート などと3拍子揃えば、時給は非常に高くなりますよ! 局によっては毎年12月になると、「今年もバイトをお願いできないか」と連絡が来る場合もあります。 この機会に、ぜひ郵便局のバイトを極めてみてはいかがでしょうか。 郵便局のバイトの一日をご紹介! 年末年始の郵便局のバイトの流れを簡単に説明すると、• 仕分け組は出勤と同時に、担当区域の年賀状をどっさり渡される• 年賀状を住所別にひたすら振り分ける 配達組が手伝うことも• 同時進行で、配達組は仕分けされたはがきを原付などに積み込み、指定の住所に届けて来る この流れの繰り返しです。 時間は午前の部・午後の部と二手に分かれたり、フルタイムで働いたりと郵便局によって変わってきます。 地方の小さな郵便局では、途中に10分ほどの休憩時間があり、お菓子や飲み物が振舞われるところもあります! 単純作業が苦にならない人は仕分けに、道を覚えることと運転が得意な人は配達に向いており、全体的には「温かい職場」でバイトをしたい人におすすめです。

次の