クリオ プロ アイ パレット 04。 パーソナルカラー別♡CLIO(クリオ)プロアイパレット イエベ・ブルベ向きカラー紹介

【クリオ アイシャドウパレット】大人気!プロアイパレット(シンプリーピンク)レビュー CLIO

クリオ プロ アイ パレット 04

Contents• CLIO(クリオ)のアイシャドウの魅力とは? クリオと言えば、 散りばめられたパールが美しく、なめらかなテクスチャーがしっかり密着してラメが落ちないと評判の良いアイシャドウです。 指原梨乃さんがSNSで紹介したことから、かなり話題になりました。 今や幅広い年代に利用者が多いのではないでしょうか。 クリオのアイシャドウがこれほどまでに人気な理由には、 ポイントが2つあります。 豊富なカラーバリエーション• リーズナブルな価格 コスパが高いアイテムが好きな女子にとって、この2つはかなり最強かと思います。 50種類もの豊富なカラーバリエーション クリオのアイシャドウは、ピンク・オレンジ・ベージュ・ブラウンなど様々です。 全色で約50種類ものカラーがあるそうです。 単色で使ってもかわいいのですが、お好みの色を重ねてグラデーションにするなど、いろいろとアレンジして楽しめます。 全色揃えたくなるリーズナブルな価格 クリオのアイシャドウは、 楽天のCLIO公式ショップだと1色1200円で購入できます。 楽天の公式ショップでは、クーポンが発行されたりとお得に買えるようなので、そういうときにまとめ買いすると良いかと思います。 クリオ(CLIO)のアイシャドウの人気カラー クリオのアイシャドウで 毎日のメイクに使えるカラーとして、ブラウン系アイシャドウがあります。 こちらは、 ヘビロテアイテムとしてかなり好評です。 さらに、 コーラル系のピンクアイシャドウも話題で、発色が良いと人気です。 もし、クリオのアイシャドウを購入しようと思ってカラーに迷ったら、 ブラウン系とコーラル系を押さえてみてはどうでしょうか。 クリオ(CLIO)のプロアイパレット全色紹介 クリオのアイシャドウには、プロアイパレットと言って、パレットタイプの1つ持っていると様々なカラーを試せるアイシャドウがあります。 発色が綺麗で、ヘビロテアイテムになりました。 キラキラのラメ感が目元をかなり華やかにしてくれます。 では、詳しく 全色紹介をしたいと思います。 01番 「SIMPLY PINK/シンプリーピンク」 シンプリーピンクは、キュートなピンク系アイシャドウが10色そろっています。 フェミニンな目元に仕上げてくれるので、女性らしさを演出したいときにはぴったりです。 ベビーピンクのパッケージと専用ブラシは、持っているだけで気分がアップします!! 02番 「BROWN CHOUX/ブラウンシュー」 ブラウンシューは、オレンジ系ブラウンカラーが10色入っています。 オレンジ系カラーは、 明るい目元に仕上げてくれるパレットになります。 パッケージのオレンジからも元気をもらえますね! 03番 「CORAL TALK/コーラルトーク」 コーラルトークは、コーラルピンクとブラウンがバランス良く配合されたパレットになります。 コーラル系は、 上品な印象の目元に仕上がるカラーになっています。 ピンクベージュのパッケージが、落ち着きある女性という感じでおしゃれですね! クリオ(CLIO)のプロアイパレットに新色登場 今ご紹介した3色にプラス2色のパレットが登場しました。 04番 「STREET BRICK/ストリート ブリック」 ストリートブリックは、落ち着きのあるマットコーラルカラーにポイントとしてゴールド・ピンク・グリーンラメが入っています。 キリリとした目元を演出するにはオススメのカラーになります。 パッケージも落ち着きあるカラーで、大人の女性って感じがしますよね! 05番 「RUSTED ROSE/ラステッド ローズ」 ラステッドローズは、ピンクベージュのベースカラーにラズベリーのポイントラメカラーがないった10色です。 このパレットさえあれば、 大人可愛い女性を演出することができます。 ローズカラーのパッケージも大人可愛くておしゃれです!! クリオ(CLIO)のプロアイパレットの使い方 パレットの使い方としては簡単です。 パレットには、ベースカラーからポイントカラーまでがすべてそろっているので、順番に色を重ねるだけで、その日の気分に合わせた目元を演出することができます。 クリオ(CLIO)の「プロアイパレット」は、絶妙な使いやすいカラーが10色セットになったハイクオリティで万能なアイシャドウパレットです。

次の

【クリオ アイシャドウパレット2色比較】超絶可愛い!No.1のシンプリーピンクを本音レビュー

クリオ プロ アイ パレット 04

奇抜なカラーが入っていないので、全色試したくなりますよ。 オフィスメイクから、パーティーメイクまで パレット1つで完成することができます。 『クリオ(CLIO)』の「プロアイパレット」は、アイシャドウがピタッとまぶたに密着。 高発色の仕上がりが長時間キープが可能です。 シックなアイメイクから、トレンド感を出した煌めくアイメイクまで、アレンジの幅が広いです。 旅行の際にも荷物を減らせます。 (Simply pink/シンプリーピンク使用) 【STEP1】「ベースカラー」をアイホール全体に塗る。 【STEP2】濃いめの「陰影カラー」を塗る。 【STEP3】明るめの「陰影カラー」で色を重ねる。 【STEP4】キラキララメの「ポイントカラー」でグラデーションを仕上げる。 各カラーの単色、2色使いはお好みで! クリオ(CLIO)のプロアイパレット全6種類・全色解説 『クリオ(CLIO)』の「プロアイパレット」は新色が続々発売され、今では 全6カラー。 それぞれ入っているアイシャドウの色合いが違うので、どのパレットを買おうか悩んでしまいますよね。 シンプリーピンクのカラーは、マット5色・グリッター3色・パール(シマー)2色。 01 ファーストハグ(マット) ベースカラーに使いやすい、マットタイプのスキントーンカラー。 肌馴染みが良く、上に重ねるアイシャドウの 発色をよりアップさせてくれます。 ポイントとして使え、下まぶたにのせれば うるうる感を出してくれます。 他のカラーとの相性抜群です! 03 ポピー(パール) シマーなパールタイプのピンクベージュ系カラー。 04 ラブジャム(クリスタルグリッター) ディープピンクのグリッタータイプで、ホワイトパールをたっぷり配合した 華やかなカラー。 ポイントカラーとしての使用がおすすめです。 印象的なアイメイクを楽しめます。 05 セレンディピティ(マット) グラデーションの中間色に使えるマットタイプのピンクブラウン。 下まぶたにも塗りやすいですよ。 07 ラッキーユー(グリッター) ピンクオパールのパールが入ったグリッタータイプ。 派手過ぎないカラーなので、ワントーンアイメイクにもおすすめです。 少しオレンジ味があるので、肌にスッと馴染みます。 08 ラブメイズ(パール) シマーなパールタイプのアイシャドウ。 ホワイトパールが混ざったピンクブラウンになっています。 中間色に使うことで、 奥行きのある目元に仕上げてくれます。 下まぶたの真ん中まで塗ると、 デカ目効果バツグンです。 10 ワンキス(マット) 締め色にぴったりなマットタイプの濃厚ブラウン。 レッド系ブラウンなので、 トレンド感を出したアイメイクの仕上がりに。 ブラウンの色味が強めにでることで、レッド系特有の腫れぼったさを抑えてくれますよ。 ブラウンシューのカラーは、マット4色・グリッター3色・パール(シマー)3色です。 01 フラットホワイト(マット) 白みが強めのマットタイプのベースカラー。 透明感をアップさせ、ピュアな目元に仕上げてくれます。 べースカラーやグラデーションの中間色に使えます。 抜け感を出したアイメイクにぴったり。 韓国風メイクに仕上げるときに、重宝するカラーです! 04 ベストショット(クリスタルグリッター) 03 レイバッグに比べて、より濃厚なカラーに仕上がった 透け感のあるクリスタルグリッタータイプ。 ポイントカラーに使いやすい、華やかなカラーです。 印象的な目元に仕上げたい方は、アイメイクに取り入れてみましょう。 05 スローモーション(パール) シマーな仕上がりのパールタイプアイシャドウ。 ゴールドピンクのカラーなので、肌に馴染みやすくなっています。 下まぶたに入れるのもおすすめの塗り方です。 06 ラストロースティング(パール) シルバーパール配合のシマーなパールタイプ。 オレンジ味を強く出したブラウンカラーで、目元をパッと 明るい印象にしてくれます。 07 フロマージュ(マット) 中間色にぴったりな、少し濃い目のマットタイプアイシャドウ。 08 フォカッチャ(パール) ホワイトパール配合のシマーなパールタイプアイシャドウ。 09 プリテンド(グリッター) ポイントカラーとして使える、グリッタータイプのアイシャドウ。 下まぶたに アイライナー代わりとして使用するのもおすすめです。 アイライナーよりも、柔らかい印象に仕上がります。 【ブラウンシュー】おすすめの使い方 【STEP1】「ベースカラー」 02 リストレットをアイホール全体に塗る。 【STEP2】「ミディアム陰影カラー」 07 フロマージュをアイラインに沿って塗り、目元をぱっちり。 【STEP3】「グリッターポイント」 03 レイバッグを塗ってキラキラに。 【STEP4】「ポイントカラー」 09 シナモントーストをアイライン代わりに。 【STEP5】クリスタルの「グリッターポイント」 04 ベストショットを涙袋に塗って仕上げる。 03号 Coral talk/コーラルトーク 『クリオ(CLIO)』の「プロアイパレット」3号コーラルトークは、 コーラルピンク系とブラウン系がバランス良く配合されたアイパレット。 上品な目元に仕上がるカラーになっています。 使いやすいカラーなので、3種類の中で迷ってしまった方は、コーラルトークがおすすめです。 01 ビーナチュラル(マット) フレッシュなピーチカラーのアイシャドウは、マットタイプで可愛さを抑えています。 くすみを抑えた仕上がりで、ベースにぴったり! 02 スプリングフィーバー(グリッター) ブルー・ピンク・グリーンのパールが入った、ベージュ系のグリッタータイプ。 トレンドの 囲みアイシャドウメイクに使いやすいカラーです。 肌に良く馴染み華やかさをプラスしてくれますよ。 04 エクスパクト(クリスタルグリッター) クリスタルパールが配合されたクリスタルグリッタータイプ。 コーラルピンクグリッターで、 印象的な目元に仕上げてくれますよ。 派手さを抑えたカラーで使いやすい! 05 ルック(マット) マットタイプのポイントカラー向けアイシャドウ。 色気を出したブリックレッドブラウンカラーは、こっくり 濃厚な仕上がりに。 大人なアイメイクにぴったり。 06 サンシャイン(パール) シマーなパールタイプのアイシャドウは、浮きにくいピンクゴールドカラーです。 2色を使っているような、 絶妙な色合いがポイント。 濡れたような輝きで、上品なアイメイクに仕上げてみましょう。 07 ピーチニア(マット) 01 ビーナチュラルよりも、濃い発色のピーチ系カラー。 マットタイプになっており、 中間色におすすめです。 オレンジ味を出した、ジューシーなカラーのアイシャドウになっています。 08 ソフトコーラル(マット) コーラル感を存分に出した、マットタイプのアイシャドウ。 ポイント用に使うのがおすすめです。 コーラルカラーのリップと合わせて、 ワントーンメイクに仕上げてみて。 09 フィールソーグッド(パール) シマーなパールタイプのアイシャドウ。 ディープレッドブラウンの中には、ホワイトパールが配合され、 輝きをプラスしてくれます。 単色使いがしやすい色味です。 10 トークイット(マット) ブラウン味をより出した、ディープレッドブラウンのマットタイプアイシャドウ。 濃厚なカラーで、メイクを締めてくれるカラーです。 女性らしい柔らかさを残しつつ、目を惹くような仕上がりにしてくれます。 【コーラルトーク】おすすめの使い方 【STEP1】「ベースカラー」 01 ビーナチュラルをアイホールに塗り、地肌の色味と油分を抑える。 【STEP2】「ミディアム陰影カラー」 07 ピーチニアをまぶた全体に塗り色づける。 【STEP3】「ミディアム陰影カラー」 08 ソフトコーラルをアイライン近くに塗って明るくする。 【STEP4】「グリッターポイント」 03 ドリームハイをまぶたの中央あたりにポンポン乗せるようにして仕上げる。 04号 Street brick/ストリートブリック 『クリオ(CLIO)』の「プロアイパレット」4号ストリートブリックは、 レンガ(ブリック)色をベースとしたアイボリー系からダークブラウン系が揃ったアイパレット。 赤みがかったブラウン系は、 温かみを感じさせます。 濃い色味を使えば、 メリハリがある目元にも。 ストリートブリックのカラーは、マット3色・グリッター3色・パール(シマー)4色です。 顔色を明るく見せ、中間色~ポイントカラーの発色を際立たせます。 ノーズシャドウを入れる際、 鼻筋のTゾーンにサッとひとなでするのもおすすめの使い方です。 02 バーントコーラル(マット) マットなバーントコーラルは、 高発色のミディアムカラー。 ポイントに使うグリッターやダークブラウンとも相性バツグン! 03 タンジェリンソーダ(パール) タンジェリングソーダは、パールカラー。 アプリコットカラーのベースに、ピンクやグリーンなどのパールが配合されています。 ブラウン系との相性もよく、 控えめなラメ感はデイリーに使えて便利です。 04 ダズリングムーン(クリスタルグリッター) クリスタルグリッターは、濃いめカラーのダズリングムーン。 赤みが強めのブラウンカラーは、 色白さんなら淡色使いでも映えますよ! 05 ティラミス(マット) まさしく「レンガ色」のティラミスは、マットタイプ。 グリッターやパールの ラメを際立たせます。 06 トフィーキャンディ(シマー) トフィーキャンディはシマーでありながら、 ほんのりパール感。 控えめなラメメイクには単色使い、思い切ったキラキラメイクにする時にはベースにするなど、使い分けができそうなカラーです。 07 クランチボム(グリッターショット) 上品に仕上げたいときのグリッターなら、クランチボムがおすすめです。 ピンクゴールドのベースにホログラムパールのカラーは、 優しい雰囲気に。 08 チェスナッツ(シマー) ポイントの陰影カラーに使えるチェスナッツは、 アイライン代わりにも使えます。 ピンクパールがほのかに入っているので、キツい印象にはなりません。 ツヤ肌メイクにもよく合うシマータイプです。 09 シナモントースト(マット) マット肌メイク向きのディープブラウンなら、シナモントーストがおすすめ。 グリッターが映える色味です。 10 シュガードロップ(グリッター) シュガードロップはゴールド、グリーン、ブルーの多彩なパールが入った、 クリアなグリッター。 ベースカラーがブラウンなので、 単色使いもOK! 【ストリートブリック】おすすめの使い方 【STEP1】「ベースカラー」 01 マスカルポーネをアイホール全体に塗る。 【STEP2】「ミディアム陰影カラー」 02 バーントコーラルを塗る。 【STEP3】「ポイント陰影カラー」 03 タンジェリンソーダで色を重ねる。 【STEP4】「ポイント陰影カラー」 09 シナモントーストをアイライン代わりに。 【STEP5】キラキララメの「グリッターポイント」 07 クランチボムで仕上げる。 05号 Rusted rose/ラステッドローズ 「カラーアイメイクを楽しみたい!」という方におすすめなのが、こちらのラステッドローズです。 「錆びたバラ」という意味のラステッドローズのカラーベースはピンク。 かわいいピンクではなく トーンダウンした色味。 他にはピンクと相性がいい パープルやブラウンなどが揃ったパレットです。 カラーは、マット3色・グリッター3色・パール(シマー)4色です。 カラーの組み合わせ次第で、かわいい印象になったり大人っぽい仕上がりにもなります。 ベースだけでなく、仕上げに一塗りすれば、目元が明るくなり 透明感がアップします。 02 ウィンサム(シマー) シマータイプのウィンサムは、ピンク&ゴールドのツートーン。 ピンクだけだと色浮きしがちですが、ゴールドが入っているので 肌色にもなじみやすいです。 パールカラーなので、 控えめなラメメイクが楽しめます。 03 ピンクスパークリング(グリッターショット) 02のウィンサムより明るめトーン&大きめパールになるのが、こちらのピンクスパークリングです。 キラキラメイクが好きな方におすすめのカラー。 明るく華やかな仕上がりになります! 04 バブルスムージー(クリスタルグリッター) バブルスムージーは、パープルのベースにピンクとブルーのパールが入ったグリッタータイプ。 ブルベさんによく合うカラートーンです。 05 ナッティーチェリー(マット) ミディアムの陰影カラーに使えるナッティーチェリーです。 落ち着きがあるトーンダウンピンクは、組み合わせるカラーで印象がかなり変わります。 06 アイスワン(グリッター) アイスワンはベースがラベンダーにバイオレット、ブルー、ピンク、グリーンといった 多彩なパールが入ったグリッタータイプ。 重ね塗りすると、かなり白っぽい印象になります。 07 ソフトレーズン(マット) マットタイプのソフトレーズンは、深みがあるレッドバイオレット。 シックな色味は、 大人女子の目元を演出してくれます。 08 ラズベリーピューレ(パール) ポイントメイクに使えるパールカラーのラズベリーピューレ。 ゴールドパールが入っているので、 赤みがかったピンクカラーに仕上がります。 09 ブラウンベリー(マット) 陰影カラーのブラウンベリーは、 やわらかい色味のミュートピンクブラウン。 マットタイプなので、ベースにも使えます。 10 プラムナッツ(シマー) シマータイプのプラムナッツは、 シックなディープパープルブラウン。 ピンクパールやピンクグリッターがよく映えるカラーです。 【ラステッドローズ】おすすめの使い方 【STEP1】「ベースカラー」 01 ディライトをアイホール全体に塗る。 【STEP2】「ベース&シマーカラー」 02 ウィンサムを重ねる。 【STEP3】「ミディアム陰影カラー」 05 ナッティーチェリーを塗る。 【STEP4】「グリッターポイント」クリスタルの 04 バブルスムージーでキラキラに。 【STEP5】「グリッターショット」 03 ピンクスパークリングで目元を引き締める。 【新色】06号 Street pastel/ストリートパステル 人気のプロアイパレットは、シーズンごとに新作が登場しています。 2020年春の新作は、ストリートパステル。 明るい色の服が着たくなるこれからの季節にピッタリの パステルカラーです。 ストリートパステルのカラーは、マット4色・グリッター3色・パール(シマー)3色。 女子力がアップしそうな、ふんわりやわらかい色目が揃っています。 ファッションだけでなく、メイクも衣替えをしましょう! 01 スプリングピクニック(マット) スプリングピクニックは、 春メイクの定番ともいえるベビーピンクカラー。 マットタイプで、 ベースカラーにおすすめです。 02 サンシャインレディー(グリッター) ポイントのグリッターに使えるサンシャインレディーは、ベージュベースにパープル、ブルー、イエローのパールが入っています。 どんなベースカラーとも相性がいいですよ。 03 フローラルガーデン(シマー) フローラルガーデンは、 「愛されメイク」におすすめのピンクパールのシマータイプ。 優しくかわいい仕上がりは、好感度バツグン! 04 アートウェーブ(クリスタルグリッター) ピンク、ブルー、イエローのパールが詰まったアートウェーブは、 華やかな印象のクリスタルグリッター。 サッと一塗りするだけで、 明るい仕上がりになります。 05 ペタルドロップ(マット) ペタルドロップは、 ソフトなブラウンカラー。 肌なじみがいい色味なので、陰影だけでなくベースカラーにも。 06 モーニングラテ(マット) マットタイプのモーニングラテは、 温かみがあるカラー。 自己主張しないスキントーンは、合わせるグリッターや陰影カラーの色味がよく映えます。 07 ピーチパーティー(パール) ゴールドパールが入ったピーチパーティーは、コーラルに近いピーチカラー。 春にピッタリのパステルカラーです。 単色使いでも大丈夫! 08 ミックスドベリー(マット) ミックスドベリーは、明るめカラーが多いストリートパステルの中で、 くすみピンクの色味。 ポイントの陰影だけでなく、明るめのグリッターのベースにも使えます。 09 トゥインクルパステル(グリッター) トゥインクルパステルは、深みがあるラベンダーのベースにパステルグリッターが入っています。 パープル系はもちろん、 ピンク系やローズ系とも相性がいいですよ。 10 オーロラドリーム(パール) ニュアンスを感じさせるオーロラパールが入ったオーロラドリーム。 【STEP2】「グリッター」 09 トゥインクルパステルを上まぶたに重ねる。 【STEP3】「パール」 10 オーロラドリームを上下の目のキワに。 【STEP4】「グリッター」 02 サンシャインレディーとクリスタルの「グリッター」 04 アートウェーブを混ぜて、まぶた中央に乗せてキラキラグラデーションに仕上げる。

次の

イエベ・ブルベ パーソナルカラー別!CLIO(クリオ)のおすすめコスメ特集

クリオ プロ アイ パレット 04

私は01番Simply Pinkを選んだのでそのようにカラー名が描かれています。 開封します。 すでにもうかわいい!!! 付ける前からもうかわいいんです。 キラキラ感と配色がドツボ。 プロアイパレットはパール、マット、グリッターカラーがバランスよく入った10色パレットです。 買う前はグリッターカラーが多めかと思っていたのですが、意外とマットカラーが5色ありました。 パール2色、マット5色、グリッター3色です! カラーがわかりやすいように蓋を開けたものをパチリ。 写真でも伝わるキラキラ感。 ザクザクラメというよりは細かいラメがびっしりといった印象です! クリオ プロアイパレット シンプリーピンク スウォッチ プロアイパレット 上段のカラー スウォッチしていきます!まずは上段の5色から。 01 はマットでベースとして使えるようなカラー。 見た目は黄色味のあるベージュだと思っていたのですが実際につけてみると黄味をあまり感じませんでした。 しかし白っぽく発色することがないので肌馴染みはいいです。 02 は淡いピンクのグリッターカラー。 つけてみるとピンクっぽさは少なく感じました。 粉自体は色づきがなくグリッターがピンク色なので、キラキラ光るラメの中にピンク味を感じられてかわいいです。 涙袋の中央にちょんとのせるとポイントになってかわいいと思います! 03 はピンクパールが含まれたお色。 パールカラーなのでグリッターよりもキラキラが細かいです。 先ほどの03よりもピンク感は強め。 遠目で見てもピンク色がわかります!かといって発色しすぎることもないので腫れぼったくなりにくくて使いやすいです。 04 はこのパレットの中で一番気になっていたカラーです。 グリッターの中に大粒の白いパールが入っているのでどのように発色するのか、かなり気になっていました!実際につけてみると、ピンクグリッターの中に少量のパールが混じったような色づきに。 04はこの中で一番発色のいい色でグリッターがざくざくしていました。 他のグリッターカラーと比べると粒は大きめ。 でも肌への密着力は高いので大粒グリッターでも散らばらなそうです。 05 はマットなピンクブラウン。 見た目よりも赤みが強すぎないので使いやすい色です!ワンカラーで使ってもかわいいと思います。 プロアイパレット 下段のカラー 次に下段の5色をスウォッチ。 06 はマットなコーラル。 見た目通りの発色でした。 薄づきなので腫れぼったくならなそうです!ベースとして使うのはもちろん、一色でグラデーションにするのもかわいいですね。 07 はピンクのグリッターをふんだんに含んだお色。 このパレット内でのグリッターカラーで一番ピンク感のあるカラーです。 マットのベースに細かいパールが控えめに光ってかわいい!パールなのに派手にギラついたりしないので、かなり上品な印象。 今までありそうでなかった光り方のシャドウだと思います。 これ本当かわいい! 09 はマットなくすみ系ブラウン。 今日は大人っぽいメイクがしたいという日にはこれ!あえてラメのカラーを使わないでマットで仕上げるのもかわいいと思います。 私はブラウンのカラーが苦手なのですが、この色は肌になじんで使いやすかったです! 10 はマットな赤みブラウン。 こっくり系の色で締め色に使ったら絶対かわいいと確信できるカラー!ダーク系の色を使わないことでメイクに抜け感を出すことができます。 赤みのある色だったらどんなカラーにも合いそうなので他のシャドウと組み合わせたり、これから重宝しそう! まとめ まずこのアイシャドウのすごいところは、グリッターシャドウなのにラメ飛びがないところ!ザラザラしないので肌にぴったりくっつきます! 発色は薄づきなほうだと思います。 ふんわりした色づきで重ねづけしたりすると調整しやすいです。 韓国コスメは高発色なイメージですが、アイパレットはシアーな仕上がりなので日本人でも使いやすいと思います! そして、付属のブラシがついていたのが何より便利でありがたかったです。 細めの筆でまぶたに塗りやすい!グリッターカラーはブラシで塗ると色がつきにくいので、指で直接塗るのをおすすめします。

次の