慢性 上 咽頭 炎 完治。 【私の経験談】慢性上咽頭炎・こんな症状に苦しんでいました

上咽頭炎の症状・原因・治療と、急性・慢性の違いを知ろう!

慢性 上 咽頭 炎 完治

体調が悪いので色々検査や治療を試したけど治らなかった、原因がハッキリしなかった. そんな経験はありませんか? 実はその不調の原因が慢性上咽頭炎という鼻の疾患にあるかもしれません。 本当に鼻の疾患で全身の不調が起きるの?と不思議に感じる方もいらっしゃるでしょう。 その理由は後ほど説明します。 どんな不調が起こるのか? 慢性上咽頭炎で引き起こされる疾患や症状には以下の様なものがあるとされています。 ・頭痛(片頭痛、緊張型頭痛) ・起立性調節障害、浮遊性めまい ・肩こり、首こり ・全身痛 ・ ・血管運動性鼻炎(俗にいう寒暖差差アレルギー) ・後鼻漏 ・のどの詰まった感じ ・舌痛症、慢性的なのどの痛み ・慢性咳嗽 ・過敏性腸症候群(下痢、腹痛、便秘)、胃もたれ ・IgA腎症 ・胸肋鎖骨過形成 ・ネフローゼ症候群 ・掌蹠膿疱症 慢性上咽頭炎はまだ医学的に全容が解明された疾患ではありません。 ですので前述した症状や疾患の原因が全て慢性上咽頭炎で説明がつくわけではありません。 慢性上咽頭炎の他に原因となる疾患がある場合もありますし、慢性上咽頭炎の治療を受ければ不調が全て良くなるかと言うとそうではありません。 あくまでも今まで上に記載した疾患や症状で検査や治療をしたけど原因がハッキリしなかった、治らなかった、という様な人は選択肢の1つとして慢性上咽頭炎を疑って治療を受けてはどうか?という提案です。 慢性上咽頭炎で全身の不調を引き起こす理由 まず上咽頭というのは下の図に書いてある様に鼻の奥の突き当たりにあります。 ちょうど、口蓋垂(のどちんこ)の上のあたりにあります。 上咽頭の細胞には免疫に関与するリンパ球が多く含まれています。 ですので上咽頭そのものが免疫器官の役割を担っていて、例えばウイルス感染(風邪)があるとその影響を受けて炎症を起こしやすい部分なのです。 そして上咽頭の近くには血管やリンパ管が豊富に張り巡らされているため、炎症が血管やリンパ管を通じて全身へ回りやすいと考えられています。 その結果、IgA腎症などの病巣感染症を引き起こすとされています。 また、上咽頭は血管やリンパ管の他に神経繊維(主に迷走神経と舌咽神経)が分布しています。 舌咽神経はのどの知覚、迷走神経は内臓(喉頭、気管、心臓、胃、腸)の働きに関係している神経です。 そのため上咽頭に炎症があるとこれらの神経が刺激されてのどの症状が出たり、内臓の症状が出たりすると考えられています。 どうすれば慢性上咽頭炎と分かるのか? 以前紹介した急性上咽頭炎()であれば鼻内視鏡検査をすると下の写真の様に上咽頭に膿が付着しているのが分かるためすぐに急性上咽頭炎と診断がつきます。 一方、慢性上咽頭炎は鼻内視鏡で上咽頭を観察しても膿の付着はなく一見綺麗に見えることが多いです。 そこで辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科では慢性上咽頭炎かどうかの診断には診断的治療を行なっています。 慢性上咽頭炎の治療 慢性上咽頭炎の治療である上咽頭擦過療法はかつてはBスポット療法という名称で呼ばれていました。 BスポットのBは鼻咽腔(びいんくう)の頭文字です。 最近では上咽頭擦過療法の英語訳であるEpipharyngeal Abrasive Therapyを略してEAT(イート)と呼ぶことが主流になりつつあるようです。 さて、Bスポット療法やEATと呼ばれる治療はどんな治療でしょうか。 実は下の図の様に鼻や口から綿棒を挿れて上咽頭をこするだけで済みます。 綿棒でこする時間は数秒です。 この綿棒には塩化亜鉛という薬を染み込ませます。 ですのでこする時に痛みを伴うことがあります。 Bスポット療法を提唱した先生は鼻から綿棒を挿れてこすった後、口からも綿棒を挿れてこすることを勧めています。 その口から挿れる綿棒ですが写真の様にちょっと先が太いのです。 これを口から挿れると反射でオエっとなる人が多いので辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科では鼻から綿棒を挿れるだけにしています。 一応、口から挿れる綿棒も用意はしていますので希望する人がいれば鼻ものども両方することは出来ます。 私の拙い経験では鼻からのBスポット療法だけでも十分効果はあります。 どのくらいの頻度で通院するのか? 慢性上咽頭炎は一回治療しただけでも効果を実感できることが多いです。 私の経験では「劇的に良くなる」というよりかはどちらかと言うと「少し楽になった」程度の人が多いように感じます。 そして、少し楽になっても3〜4日くらい経つとまた元へ戻ることも多い、そんな印象を受けます。 特に後鼻漏を訴える人の場合は1ヶ月くらい治療をしてようやく、ということも少なくありません。 ですので辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科では最初の1ヶ月間くらいは週に2回(3〜4日おき)のペースでBスポット療法をすることを勧めています。 それである程度良くなってきたら週に1回のペースにしてしばらく継続していきます。 仕事や家事や学業などで週に2回は厳しい!! という方は相談の上、週1回から始めることも可能です。 Bスポット療法の注意事項 耳、鼻、のど、といった耳鼻咽喉科で扱う部分の症状がメインであれば何も問題はないのですが、それ以外の症状や疾患は基本的に耳鼻咽喉科で扱うことがありません。 従って慢性上咽頭炎以外の原因があるかどうか鑑別が出来ません。 ですのでまずは専門医に診てもらって下さい。 専門医の元で種々の検査をしたり治療をしても良くならなかったので Bスポット療法を受けてみたい場合にはちゃんと主治医の許可をとってからにして下さい。 例えば、長引く咳(慢性咳嗽)の原因には肺癌や肺結核や喘息などがあります。 肺癌や肺結核や喘息は耳鼻咽喉科では診断が出来ません。 呼吸器内科の 専門医を受診もせず、素人判断で『慢性上咽頭炎かもしれないのでBスポット療法を試そう』みたいな感じで来られるのは困ります。 お互いに不幸になるだけです。 耳、鼻、のど、以外の症状や疾患の場合は必ず当該科の専門医のところで相談してからにしましょう。

次の

上咽頭炎の5つの症状は?のどや鼻の奥が痛い!病院での治療について

慢性 上 咽頭 炎 完治

は、咽頭(鼻の奥からのどまでの部分)がウイルスや細菌の感染により炎症を起こしている状態のことをいいます。 一般的には、急性炎症で発症する「」と、その炎症が長く続き慢性化する「慢性咽頭炎」があります。 日常的にかかることが多い病気ですが、どのような症状が出るのでしょうか。 また、どのくらいの期間で治るのでしょうか。 この記事では、咽頭炎の症状や受診目安などの疑問について医師がお答えします。 咽頭炎の主な症状は? はのどに起こる炎症のため、のどが痛む、のどに赤みや腫れがある、 白苔 はくたい (白い苔状のもの)や 膿 うみ の栓がつく、熱が出るなどの症状がみられます。 急性咽頭炎 上記症状以外に、声が出なくなったり、食べ物を飲み込みにくくなったりします。 これらは炎症初期から現れ、の代表的な症状と考えられます。 慢性咽頭炎 急性咽頭炎のような咽頭の炎症が長く続き、喉頭まで広がったものが慢性咽頭炎です。 喉頭の腫れを伴うと気道が狭くなり、息苦しさを感じる場合もあります。 症状が治まるまでの期間はどれくらいなの? では軽症の場合、比較的短期に症状が軽減することが多く、およそ4~7日程度で改善することもあります。 しかし、炎症の程度が強く、発熱などのほかの症状も伴う場合は、治癒するまでより長い日数を要することもあります。 慢性では、炎症の範囲が広く、薬などの治療で改善されない場合は点滴を要することがあります。 この場合には入院治療が実施されることもあり、長期間の治療を要するでしょう。 咽頭炎が長引いたり繰り返したりするのはなぜ? では、咽頭に痛みがある、発熱があるなどの場合には、炎症を抑える薬やうがい薬での治療が行われます。 このような治療によって多くの場合で症状が和らぎますが、周囲に炎症が広がっている場合は炎症が長引いたり、いったん和らいでも繰り返したりすることがあります。 ほかにもによってのどへの刺激が続いていたり、飲酒によって炎症を起こしやすくなっていたりする状態では、症状の改善に時間を要し、炎症を繰り返すこともあります。 また、治療において必要な薬が使用されない場合や必要な薬でも量が少ない場合は、十分な治療効果が得られないことがあります。 そのような場合では炎症が慢性化し、慢性になることもあります。 慢性咽頭炎では、炎症が周囲に広がっていることも多く、治療が遅れることがあります。 どんな場合に病院を受診するべきなの? 咽頭の痛みがあったり発熱があったりする場合には、炎症を抑える薬や、うがい薬などでの治療を要することがあるため、病院への受診を検討するようにしましょう。 特に炎症の程度が強く、仕事や学校に行くことができないほど疲労し、食事がとれない、38. 6度以上の発熱がある、咽頭の発赤と腫れが顕著であるような重症例では薬物療法を要します。 炎症が強い状態では、咽頭周辺の腫れのため呼吸が困難になることもあります。 このような状態では早急の受診を検討しましょう。 そのほか、高齢の方や基礎疾患(もともとの体の病気)を持つ方は2次感染を起こす可能性が高く、細菌感染を発症した場合に重症化しやすくなるため、早めの受診が望ましいです。 炎症が広がった慢性では、のどの違和感や痛みが症状として現れることが多くなり、これらは急性の炎症よりは比較的軽度です。 しかし、年に何回も症状が現れる際には受診することを検討しましょう。 、慢性咽頭炎は、ともに耳鼻科で対応が可能です。 最後に 軽度のでは特に治療を行わなくても改善することがありますが、気になる症状がある場合は、早めに受診を検討して医師に相談するようにしましょう。

次の

つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい―――鼻の奥が万病のもと!退治する7つの方法

慢性 上 咽頭 炎 完治

上咽頭炎の症状 上咽頭と呼ばれる部分は鼻と喉の境目にあります。 鼻呼吸をするとき外の空気はここを通って出てきます。 ここが細菌やウイルスに感染したりすると上咽頭炎を発症するのです。 上咽頭炎の症状は• 鼻と喉の間の違和感、痛み• 喉の痛み• 体のダルさ• 頭痛 など様々です。 しかしこれだけ見ると風邪の症状とどこが似ています。 じつは風邪を引いたとき上咽頭も炎症を起こしている場合が多いのです。 普通の風邪なら2、3日も安静にしていれば次第に良くなっていきます。 夏風邪は長引くと言われていますがこれも2週間ほどで治る場合が多いです。 しかし僕の場合 1ヶ月以上も喉の不調や体のダルさが続きました。 一体どうしてなのでしょうか。 上咽頭炎には2種類ある 実は上咽頭炎には2種類あるのです。 それは 急性上咽頭炎と 慢性上咽頭炎です。 この2つの違いを説明していきます。 風邪をひいて上咽頭が細菌に感染したときは 急性上咽頭炎と呼ばれます。 読んで字のごとく急激に悪化して急激に治るものです。 風邪は急性の上気道の炎症が組み合わさったもので上咽頭だけでなく急性扁桃炎や急性気管支炎などと一緒に発症することもあります。 みなさんも経験があるように病院で薬を出してもらえば多くの場合完治します。 一方で急性があるということは 慢性上咽頭炎があるのです。 慢性上咽頭炎は長期間症状が持続するものです。 僕の場合はこの慢性上咽頭炎になっていたというわけですね。 慢性上咽頭炎が起こる原因は急性上咽頭炎の悪化やストレス、体の冷えなどです。 この2つの違いはあたりまえですが「長引くかどうか」ということです。 風邪の症状がずっと続くと考えてみてください。 とてもつらいですよね。 さらにこの 上咽頭と呼ばれる部分は自律神経を司っていると言われています。 つまり上咽頭の不調が続くと自律神経失調症のような症状が出ることがあるのです。 慢性上咽頭炎は治らないのか Googleで「慢性上咽頭炎」と検索すると関連項目に「慢性上咽頭炎 治らない」といった不穏な文字が出てきます。 はたして上咽頭炎は治らない病気なのでしょうか。 次回は今僕がおこなっている上咽頭炎の治療、なぜ治らないと言われているのかについてお話したいと思います。 人気記事• みなさんこんにちは!えふわんです! 理系の大学生なら入学したら関数電卓を買うことになると思います。 3,309件のビュー• 前回は関数電卓の使い方基礎編を書いたわけですが、1年経って今まあまあ見られてるということを知ったので第二弾を... 297件のビュー• 今回は少し応用的な関数電卓の使い方をいくつか紹介したいと思います 前回の記事を読んである程度使いこなせ... 266件のビュー• えふわんです! さて、このブログでも何度かMSMプレフィアについては書いていますが、MSMプレフィアって... 141件のビュー• 口内炎や肌荒れにきくチョコラBB、僕が今まで飲んでいたサプリの中で一番効果があると思います。 できれば... 128件のビュー.

次の