勉強 やる気 が 出る 言葉。 勉強のやる気が出る英語の名言まとめ

勉強はやる気が全て!?勉強のやる気を引き出す方法10選

勉強 やる気 が 出る 言葉

学校の宿題、塾の宿題、受験対策、日々の予習復習…などなど、中高生の勉強は質・量ともに重いものです。 やらなければならない時に限ってどうしてもやる気が出ない、目の前に積まれた課題の多さに嫌になってしまう…大人でも、現実から逃げたくなってしまうような状況でしょう。 しかし、やるべきことから逃げるわけには行きません!自分なりの方法でやる気を出し、勉強に集中する方法をご紹介します。 勉強のやる気を出すコツ1 原因は環境?集中できる環境を整えよう! 勉強のやる気を引き出すためにまず大切なのは、「勉強モード」へのスムーズな導入です。 子どもの集中力は、一旦スイッチが入ると素晴らしい効果を発揮します。 できるだけスムーズに「集中スイッチ」を入れ、継続させるための環境を整えましょう。 部屋の温度は低めに設定/換気する まず、勉強部屋の温度は低めに設定し、換気は常にしておきましょう。 静かに扇風機を回し、外の音が聞こえない程度に窓を開けておくのもおすすめです。 また、集中するために大切なのは「頭寒足熱」です。 頭は冷やし、足元は暖かい状態を保ちましょう。 暖かすぎると頭がボーっとして集中力が途切れやすくなり、寒いと全身が冷え込んでゾクゾクしてきます。 部屋と机の上を掃除する 勉強部屋や机の上に余計なものを置いていないでしょうか。 勉強机に向かった時、お気に入りの漫画やキャラクターグッズ、テレビやスマートフォンなどが見える状態になっていると、集中力が削がれます。 勉強に取り掛かる時は、気が散る物が視界に入らないようにしましょう。 だからといって、テスト直前などに突然思い立って部屋を掃除しはじめることは、目の前の現実から逃げるための「逃避行為」になりかねません。 注意して!基本的に、常に机の上は何もない状態にしておきましょう。 リビングや図書館など、自分に合う環境を見つける もし、自室の勉強机でどうしても集中できないようであれば、リビングや図書館など、環境を変えてみるのもよいでしょう。 図書館のように「静かで、他に何もできない環境」のほうが集中できる子どももいれば、自宅リビングのように「家族の目があり、常に生活音がする環境」のほうが集中できる子どももいます。 カフェのような、「他人が多く出入りするざわついた環境」のほうが集中できる子どももいるでしょう。 行き詰まっている様子であれば、勉強環境を変えさせてみましょう。 そして、集中できたかどうかをさり気なく聞き出すことで、お子さまが自分の特性を自分で見つける手だすけができるでしょう。 勉強のやる気を出すコツ2 眠い頭を勉強モードに切り替えよう! 考えすぎて頭が痛くなってくる、気が付くとぼうっと遠くを見ている、何となくスマートフォンの通知をチェックしてしまう…など、ふとした時に頭が回らなくなってしまうのも、よくあることです。 そのような時は、頭を「勉強モード」に切り替える方法を試してみましょう。 軽く運動する どうしても頭が動かない、思考が行き詰まってしまう…。 そのような時は、軽く身体を動かすのも有効です。 身体を動かすことで凝り固まった筋肉がほぐれ、脳への血流を改善させることができます。 運動部に所属しているお子さまや、もともと身体を動かすことが好きなお子さまであれば、気持ちの面でも切り替えがしやすいでしょう。 勉強前に5分程度の筋トレをする、日課にしているジョギングの後、そのまま勉強机に座る…など、身体と頭が冴えてきたタイミングで勉強に取りかかれるような、生活の流れを作りましょう。 スマートフォンやマンガを触らないようにする(親に預けるなど) 勉強中の着信通知は、集中を妨げます。 無視しているつもりでいても、一度通知を受けてしまうと、気になって仕方がなくなってしまうものです。 勉強に取り掛かる時にはスマホをバッグにしまっておく、親がスマホを預かる、自室の机と本棚は離して設置する…など、集中を妨げるものからお子さまを引き離しましょう。 ただし、中高生にとって、大切な友達とのコミュニケーション手段を親に取りあげられるのは、場合によっては自尊心を傷つけられる嫌なことです。 ですから強制はせず、「もし気が散るなら預かっておくよ」と声をかけ、「もちろん中を覗いたりはしない」としっかりと約束するなど、あくまでお子さまとの信頼関係に基づいた提案をするようにしましょう。 適度に休憩をとり、メリハリをつける など ほんの少しだけ甘いものを食べる、冷たい飲み物で頭をスッキリさせる…など、机に座ったままでできる小休止も、気分の切り替えに有効です。 お子さまの集中が途切れるタイミングをはかり、お茶やおやつの差し入れをしても良いでしょう。 もし、「適度な休憩」の際限がなくなり、いつまでもダラダラとしてしまう様子であれば、おすすめしたいのが「お手伝いを頼む」ことです。 「もし一息つきたいなら」と前置きしたうえで、洗濯物の取り込みやちょっとした買い物など、10分程度で終わる手伝いを頼んでみましょう。 「勉強中なのに…」とぶつくさ言うかもしれませんが、実は気分転換になっている場合もあります。 また、手伝いが勉強よりも嫌なことであれば、かえって勉強に集中してくれるでしょう。 勉強のやる気を出すコツ3 勉強のやり方を効率よくしよう! 勉強は、成果が出てくると急に面白くなってくるものです。 学年別、科目別の中間、期末テストの勉強法をこちらの記事で紹介しています。 勉強法がわかればやる気が出てくるかもしれません。 合わせて参考にしてみてください。 目標設定する(目標を紙に書いて見えるところに貼るなど、目標=今日1日でやること&テストの点数など中期的なもの) 最も有効なのは、目標の明確化です。 人間は、具体的な目標を立て、結果をイメージすることで理想とする姿に近付けるようになります。 ・短期的な目標 今日、または今週のうちに終わらせること ・中期的な目標 ・最終的な目標 志望校に通って学生生活を楽しむ自分自身のイメージ など、お子さま自身が最もピンときて、最もやる気が出る目標を言葉にしてみましょう。 紙に書いて壁などに貼り出すのも効果的です。 「わからないところ」を特定する 人は誰でも得意な事ばかりを繰り返したがるものです。 しかし、勉強において「分からないところを分からないまま放置する」のは危険です。 基礎のつまずきを放置すると、後々「さっぱり分からない…!」となり、全面的にやる気が失せてしまう原因になります。 間違えたところは何を間違えたのか、何が苦手なのかをはっきりと特定しましょう。 そして、勉強し始めの集中力があるタイミングで、その部分の克服に取り掛かりましょう。 勉強する時間を決める など 会計士やMBAなど、大人になっても勉強をやめず、難関資格に挑戦を続ける人たちは決まって、努力を続けるコツとして「勉強時間を生活の中に組み込んで、『やらないと気持ち悪い」状態をつくりあげること」を挙げます。 努力を続けることは簡単なことではない、大人でも投げ出してしまいたくなるほどに大変なことだからこそ、無理やりにでも努力を続けるルーティーンを生活に組み込んでしまうのだそうです。 子どものうちから勉強の時間を生活に組み込み、それを続けることで、大人になっても向上心を持ち続けることができるでしょう。 勉強のやる気を出すコツ4 やる気UPの名言を心に刻もう! どうしてもやる気が出ない、何のために勉強をしているのか分からなくなってきた、「やらなきゃ」という焦りばかりで頭が動かない…そのような悩みに直面した時は、先人たちの名言を参考にしましょう! Everything you can imagine is real. (想像できることは、すべて現実なのだ) 意味:「できる」も「できない」も、自分が想像したとおりになる。 イメージの力は強い。 誰の言葉?:Pablo Picasso パブロ・ピカソ どんな人?:20世紀を代表する画家。 91年間の生涯でおよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を作成し、歴史上最も多作な芸術家としても知られます。 めまぐるしく変わる作風が、死の直前まで進化を続けたことを示しています。 一所懸命生きていれば、不思議なことに疲れない 意味:精一杯の努力は心地よいもの。 サボってしまった時のほうが、あれこれ考えて疲れていないか? 誰の言葉:松岡修造 どんな人?:スポーツキャスター、タレントとして活躍する元プロテニスプレイヤー。 「努力の男」「熱い男」として有名です。 エリート一族に生まれた立場を捨て、親からの援助なしで単身テニスの世界に入り、大変な苦労を経てプロ選手として成長しました。 1995年、日本人男子としては62年ぶりにグランドスラムベスト8に進出しました。 そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。 誰だってそうじゃないですか。 つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。 でも、僕は子どものころから、目標を持って努力するのが好きなんです。 だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか。 意味:目標のない努力は苦痛でしかない。 目標を持ち、それに向かって努力することで、どこまでも自分を伸ばしていける。 誰の言葉?:鈴木一朗 どんな人?:現役プロ野球選手「イチロー」。 打撃・守備・走塁の全てにおいて日米両国で数々の記録を打ち立て、高い評価を受けるオールラウンドプレイヤー。 サッカーの澤穂希・香川真司、テニスの錦織圭など多くの一流選手たちが「尊敬するアスリート」としてイチローの名をあげています。 いかがでしたでしょうか?「やる気」を高めるためには、お子さま自身の心構えだけではなく、いろいろな要因があることがお分かりいただけたかと思います。 勉強は多くの子どもにとってつらいものですが、やる気と集中力を身に付けて一度波にのってしまえば、苦もなく取り組めるようにもなるものです。 ぜひ、さまざまな方法を試してみてくださいね!.

次の

勉強はやる気が全て!?勉強のやる気を引き出す方法10選

勉強 やる気 が 出る 言葉

勉強をしようと思っても、なかなかやる気が出なくて、勉強に手がつけられないといった経験は、誰しもあると思います。 私もその経験者の一人です。 学生の方なら、テストや受験勉強。 社会人の方なら、資格取得や、自己啓発のために勉強することは欠かせません。 しかし、いざ勉強しようと思っても、ダラダラSNSや、TVを見たり、ゲームをしてみたりと、自分を律して勉強と向き合うには、誘惑が多いことも事実です。 そこで、このページでは、勉強へのやる気を引き出す方法を紹介します。 このページを読み終える頃には新しいあなたになって、スムーズに勉強と向き合えるようになると良いですね。 ではまず、勉強へのやる気が出ない理由を見ていきましょう。 勉強をしなければいけない。 または、勉強して自分を成長させたいと思っているのに、なぜ勉強へのやる気が出ないのでしょうか。 勉強へのやる気が出ない理由を見ていきましょう。 環境 勉強へのやる気は、あなたの勉強している環境にも大きく影響を受けています。 テレビや、パソコン、携帯電話等、勉強に必要のないものが近くにある環境では、いざ、やる気を出して勉強を始めたとしても、今やってるテレビ番組や、友達からのLINE、TwitterなどのSNSなどが気になり、気が散って集中できるはずがありません。 また、意外に思うかもしれませんが勉強関連の資料や本であっても、今やる勉強意外のものはできるだけ排除した方が、目の前のものに取り掛かりやすく、集中も持続するようです。 これは、社会人であろうが、学生であろうが同じことです。 疲労 あなたが疲れた状態では、勉強へのやる気が起きるはずがありません。 どんなにやる気を振り絞っても長続きしないでしょう。 勉強のみならず、全てに言えることです。 部活や、仕事で疲れてしまった時はは、勉強する前に、その疲労を身体から払拭することが必要でしょう。 睡眠不足 睡眠不足は、あなたのやる気の敵です。 どんなにやる気を振り絞って勉強しても、睡眠不足による眠気があなたのやる気をむしばみます。 また、病気や事故になるリスクも大きくなります。 睡眠をしっかり取って冴えた頭で勉強に取り組むと、やる気もみなぎり集中できるのではないでしょうか。 完璧を求めすぎている 勉強に完璧を求めてはいけません。 完璧を求めると、非効率で時間がかかり、とにかく大変です。 すべてを網羅しようとするあまりゴールが見えず、いつまでも勉強が終わらないというスパイラルに自分でハマって行くのです。 ノートや単語帳も同じです。 完璧なノートや単語帳を作ることに完璧を求めてしまうあまり、完璧なものを作ることがゴールとなってしまうのです。 そうなると、時間ばかりかかって、勉強の成果も上がりません。 それでは、やる気も起きなくなってしまうのは当たり前です。 勉強したその先の目標が見えない 何のために勉強しているのか、勉強の先の目標がはっきり見えていないと、やる気が出ないでしょう。 特に中学生や高校生の方は、やる気どころか、この勉強が将来どんなふうに役立つのかわからないまま習得していることも多いと思います。 何のためにこの勉強をしているのか、自分はこの勉強でどうなりたいのか、どうしたいのか・・・。 これは、社会人でも同じことが言えますが、ある程度、目標が見えないと、勉強のやる気も起きないのです。 勉強の仕方がわからない そもそも、勉強の仕方がわからないという人に、やる気が起きるわけがありません。 勉強しなければいけない。 あの科目を習得したい。 と思っていても、その手段がわからなければ達成のしようがないため、やる気が出ないのです。 勉強へのやる気を出す方法10選 前述の「やる気がでない理由」にも記載したように、スマホやテレビ、漫画はもちろんですが、勉強関連の資料や本であっても、現在行っている勉強意外のものが、視界に入ることで集中が途切れてしまうのです。 数学の勉強をしている時に、英語の教材が視界に入るだけで、脳がその情報を処理する無駄なエネルギーを消費してしまいます。 最低限、デスク周りは今こなしているもの以外は視界から排除するようにしましょう。 弊社()では、ロールスクリーンで中身をサッと目隠しできるラック、「スクリーンラック」をラインナップしています。 勉強に集中出来る環境を作りたい、受験生や社会人の方におすすめです。 散乱した集中力を乱す原因をまとめてシャットアウトし、集中せざるを得ない仕組みを物理的に作ってしまいましょう。 どんなに勉強へのやる気がみなぎっていても、息抜きがないとやる気は持続しません。 試験間近であれば、息を抜いてる余裕はないかもしれません。 しかし、息抜きもあなたなりのルールを作って、効果的に休めば、勉強へのやる気をUPさせることができます。 「昨日、勉強頑張ったから、今日は息抜きしよう」や「仕事が忙しくて疲れたから今日はやめておこう」というような、行き当たりばったりの息抜きはよくありません。 そのような息抜きをしていると、自分に甘えが生じて「息抜き」が「さぼり」になってしまうのです。 例えば、「水曜日は完全に勉強をしない」「日曜日の17:00以降は勉強をお休みする」など、あなたなりにルールを作って息抜きをすれば、息を抜ける時間が明確になり、その時間までは頑張ろうという、やる気にもつながるのです。 仮眠を取る ポモドーロ・テクニックとは、25分間の集中と5分間の休憩を繰り返し行う時間管理術のことです。 この時間管理術を、あなたの勉強に取り入れてみましょう。 「集中」と「休憩」のメリハリをつけるためのテクニックなので、うまく活用すれば、勉強の生産性を向上することができます。 勉強のタスクを決めたら、25分間集中し、5分休み、また25分集中したら5分休む。 その時、タイマーを使うことをおすすめします。 ちなみに、「ポモドーロ・テクニック」の名前の由来は、この方法を生み出した人が使っていたタイマーがトマト(イタリア語でポモドーロはトマトのこと)の形をしていたからだそうです。 瞑想 勉強しないお子さんに「勉強しろ」と言うのは逆効果でです。 これは、お子さんをお持ちのお父さんお母さんなら、一度は聞いたことがあると思います。 しかし、なぜ「勉強しろ」と言っちゃダメなのか認識している方は、そう多くはないのではないでしょいうか。 お父さん、お母さん。 「心理的リアクタンス」という言葉を知っていますか? 聞いたことはあるけど詳しくは知らないという方もいるでしょう。 「心理的リアクタンス」というのは、アメリカの心理学者が提唱した理論で、簡単に言うと、「強制されると反発してやりたくなくなったり、禁止されると反対にやりたくなったりする心理的傾向のこと」です。 つまり、勉強しようというやる気があるお子さんでも、「勉強しろ」と言われると「心理的リアクタンス」の心理的効果が働き「勉強したくない」とやる気を失ってしまうのです。 「勉強しろ」と言えば言うほど、お子さんはどんどん勉強がしたくなくなるのです。 東大や有名大学に合格している子供の親は決して「勉強しろ」といわなかったというのは、メディアや書籍でもよく取り上げられていますね。 親御さんが子供に勉強させたい、手助けしたい時は「勉強しろ」と言うのではなく、勉強する習慣がつくように支援してあげるのが大切だと言われています。 勉強のスケジュールを一緒に考えてあげたり、お子さんが夢中になれる体験をさせてあげたり、子供が勉強をやる気になる環境作りを、親であるあなたが最大限に行うことが必要なのです。 勉強へのやる気、集中力向上に役に立つアプリ.

次の

【やる気がない時に】勉強やる気が出る!「相田みつを」の名言・格言

勉強 やる気 が 出る 言葉

もっと熱くなれよ!熱い血燃やしてけよ!人間熱くなったときが、ホントの自分に出会えるんだ!! まとめ いかがでしたでしょうか。 若干、1名ほど「偉人」と言っていいのか微妙な方がいましたが、 名言の内容は、感動的で熱い気持ちにさせられますよね。 読者の方も、この中から、お気に入りの言葉を見つけていただき、 紙に書いて目立つ所に貼るなどされてみてはいかがでしょうか。 それでは、お勉強を頑張って、是非合格をつかみ取ってください。 ありがとうございました!• ライセンス スティーブ・ジョブズさんの写真についてのライセンス表示です。 Matthew Yohe, the copyright holder of this work, hereby publishes it under the following licenses: This file is licensed under the license. Attribution: You are free:• to share — to copy, distribute and transmit the work• to remix — to adapt the work Under the following conditions:• attribution — You must attribute the work in the manner specified by the author or licensor but not in any way that suggests that they endorse you or your use of the work. share alike — If you alter, transform, or build upon this work, you may distribute the resulting work only under the same or similar license to this one.

次の