エルタシン 軟膏 陰部。 ゲンタシン軟膏の効果・効能は?やけどや切り傷、あせもには使える?

ゲンタシン軟膏の効能と副作用!虫刺されや水虫やニキビの効果や市販薬は?

エルタシン 軟膏 陰部

とびひの薬ゲンタシンとはどんなお薬? とびひの薬で良いといわれているゲンタシンというお薬ですが、どうしてとびひに効果があると言われているのかをご存知ない方もいると思うので説明いたします。 ゲンタシン軟膏というのは軟膏で処方されるお薬で、 細菌感染を起こしてしまった皮膚炎などに効果があると言われている殺菌作用のある軟膏です。 アミノグリコシド系の抗生物質が配合されており、とびひの原因と言われている黄色ブドウ球菌などにも効果を発揮してくれるお薬なのです。 どんな効果があるのか? ゲンタシン軟膏はレンサ球菌属やエンテロバクター属、プロテウス属、プロビデンシア族、クレブシエラ属、緑膿菌などなどの細菌にも効果があります。 感染してしまうとびひにも処方され、 二次感染などを防ぐ目的でも処方していただけるお薬なのです。 このお薬は単品で処方される事もありますが、とびひなどの二次感染が予想される場合には、他の抗ウィルス系のお薬と一緒に処方される事もあるようです。 ゲンタシンには副作用がないの? ゲンタシンはいわゆる ステロイド系のお薬ではありませんので、抗菌作用があるといっても副作用の報告は殆ど無いと言われています。 すると安心して使えるのか!と思うかもしれませんが、全くないという事ではないので用法用量を守ってお使いください。 ちなみにごく稀にですが、耳鳴りを感じたりめまいが起こったりする事もあるようですが、長期間使い続けた結果であるので長期間使わないようにするなど、 用法用量をしっかりと守って使いましょう。 全てのとびひに効果があるわけではない! ゲンタシン軟膏はとびひにとても効果がある薬だと言えるのですが、実はとびひの中でも ぐじゅぐじゅになってしまったような場合には効果がないと言われています。 その場合には別の薬を使う方が良いので使用をやめ、病院に行ってとびひの状態にあう薬を処方していただくようにしてくださいね。 とびひの薬リンデロンとはどんなお薬? リンデロンというのはどのようなお薬なのかというと、この薬はいわゆる ステロイド系のお薬ですので、もしも持っていたらとびひに塗ろうとはしない方がいいでしょう。 なぜならば、とびひの中にはステロイド系の薬を塗る事によって、治るどころかひどくなってしまう事があるからなのです。 例えば リンデロンを塗っても大丈夫なとびひというのは、じゅくじゅくとしている水疱が無い場合のとびひのみで、使い方を間違えてしまうととんでもない事になってしまいます。 余計にひどくなって重症化してしまう事が多いと言われていますので、リンデロンをやたらととびひに塗らない方がいいでしょう。 リンデロンはどんな薬なのか? リンデロンは基本的に炎症が起きている皮膚炎に適しているのですが、ステロイドというのは皮膚の免疫を落としてしまう事があるため、 細菌が増殖しやすくしてしまう欠点を持っています。 なので水疱などがあるとびひに使ってしまうと余計にひどくしてしまう事になるわけです。 リンデロンがあったからといってとびひに塗ってしまうと、余計にひどくなってしまい驚く程広がってしまう事があるというわけなのです。 リンデロンは病院でしっかりと症状を診て頂いてから処方してもらったものを塗るようにした方がいいでしょう。 とびひの薬を塗る時の注意とは? とびひの薬を塗る時にはまず 患部をしっかりとキレイにしてあげてから塗るようにしましょう。 まず患部をしっかりと石鹸をつけて触らないようにして泡で洗ってから、シャワーを使ってしっかりと石鹸を洗い流してください。 その後はしっかりと水分を拭き取ってから抗菌作用のある軟膏をぬり、ガーゼなどで保護してあげる必要があります。 定期的に薬を塗ってあげなくてはなりませんが、その都度キレイに洗い流してあげるといいですね。 あとがき いかがでしたか? とびひのお薬の中でも有名なリンデロンとゲンタシンの薬の説明をしてみました。 とびひはとても身近な皮膚病の一つなので、できればとびひにならないように注意をしてあげるといいですよね。 また、ひどくなってしまう事があるので、できるだけ リンデロンは素人判断では使わない方が良いという事もわかっていただけたら幸いです。 カテゴリー•

次の

ゲンタシン軟膏は陰部に効能がある?市販はされているの?

エルタシン 軟膏 陰部

ゲンタシンの陰部への使用 ゲンタシンは、やけどやニキビをはじめ、いろいろなできものにも効果があります。 ゲンタシンは抗生物質なので、その炎症の原因となる菌を直接退治してくれます。 また、刺激も少なく、副作用も比較的少ないので、陰部へ使用しても問題ありません。 ゲンタシンは無色透明で無臭なので、安心して使用することができます。 ただし、傷ができていたり、できものができている場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。 また、かなりべたつくので注意が必要です。 あまり多量に塗りすぎると、べたべたになってしまいかなり不快だと思うので、使用する量は患部に薄く塗る程度にしましょう。 使用頻度は、1日に2、3回程度が適切です。 たくさん塗れば、早く治るというわけではないので注意してくださいね! ゲンタシンの副作用 用法容量を守って使用すれば副作用がでることはほとんどありませんが、その人の体質や体調によっては副作用がでることがあります。 副作用としては以下の症状があります。 かゆみ• できものができる このような皮膚への副作用が現れたら、すぐに使用を中止して病院へ行くようにしてください。 また妊娠中、授乳中の方の使用は控えるようにしましょう。 ゲンタシンは市販されている? ゲンタシンはとても使いやすく、良い効果が期待できる塗り薬ですが、薬局やドラッグストアなどで 市販はされていません。 したがって、病院で処方してもらう必要があります。 皮膚科で症状を伝えれば、適切な治療薬を処方してもらえるはずです。 ただし、陰部の使用などにより病院で受診するのはちょっと、、という人は成分が似ている塗り薬が市販されています。 それは、 ドルマイシン軟膏という治療薬です。 この薬も同じように、皮膚の炎症作用を抑えてくれます。 この二つの薬の違いは含まれる抗生物質の成分が少し違うだけです。 厳密にいうと炎症を起こしている原因となっている細菌の種類によって、二つを使い分けるのがいいのですが判断が難しいと思うので、症状が軽い場合は市販されているドルマイシン軟膏を試してみるといいと思います。 その後、症状が悪化したり、なかなか治らない場合は病院で診察を受けて適切な治療薬を処方してもらいましょう。 他にも市販はされていませんが、有名なステロイド薬として アンテベート軟膏や リンデロンvg軟膏があります。 こちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 【】 【】 まとめ ゲンタシン軟膏は、刺激が少なく、体に悪影響を及ぼすこともほとんどないのでとても使いやすい薬です。 ただし、市販されていないので病院へ行くことができない場合はドルマイシン軟膏を代用として使ってみるといいと思います。 さらに、ゲンタシン軟膏で治療することができる病気についてはこちらで詳しくまとめています!ぜひ参考にしてみてください。

次の

ゲンタシン軟膏(ゲンタマイシン)の効果効能や副作用について!

エルタシン 軟膏 陰部

ゲンタシン軟膏とは ゲンタシン軟膏とは、「ゲンタマイシン硫酸塩」と呼ばれる「アミノグリコシド系抗生物質」が主成分である軟膏です。 細菌の増殖を阻害して、局所の感染症をなおす働きがあります。 無臭であり、半透明で伸びが良く、古くから、いろいろな皮膚のトラブルに対して使用されています。 ステロイドは含まれていません。 また、 市販薬としては販売されていません。 赤くなって腫れている赤ニキビには効果的ですが、黒ニキビやまた小さい白ニキビには効果が薄いです。 ニキビ治療は軟膏だけに頼らずに「きっちりと洗顔をする」「生活習慣をみなおす」などの基本的な対処法が大切になります。 やけどの患部はジクジクしすぎてもダメですが、乾燥しすぎると感染症を起こしやすくなることもあり、その結果、やけどの跡がひどくなることがあります。 皮膚が再生できる状態にしておくことが大切になりますので、手当の方法は重要ですね。 乾燥を防ぐために患部を覆うようにたっぷりとゲンタシン軟膏を塗って、その上からガーゼで覆い外の空気に当てない様に保護してください。 ただ、状態によって対処方法も違ってきますので、重症の場合には医師の指示を仰ぐことをお勧めします。 そのため、菌によってはほとんど効果がないこともあります。 またぐじゅぐじゅになってしまったような場合には効果がないとも言われています。 傷を早く治し、跡が残りにくく、痛みをやわらげる効果がるといわれています。 ケガから時間が経ち、化膿してしまっている場合は抗生剤入りの塗り薬を使用したほうがよいとされていますので、このような場合には患部に薄く塗った後で、絆創膏などを貼っておくと治りが早くなります。 ゲンタシン軟膏は抗ウイルス薬ではないので、ヘルペスを治癒することはできません。 化膿を食い止め、細菌による2次感染の予防するために併用して使用します。 ちなみにヘルペスに対する抗ウイルス薬としては「ゾビラックス軟膏」や「アラセナA軟膏」などがあります。 その他「虫刺され」「床ずれ」「おでき」「あせも」などにも効果があるとされています。 赤ちゃんや、女性のデリケートゾーンにも使用可能です。 何にでも効くと勘違いされる方が多いようですが、水虫には効果がありません。 水虫は細菌ではなく、カビ(真菌)が原因だからです。 また子供のオムツかぶれなどで処方されることがある「リンデロンVG」というお薬には「ゲンタマイシン硫酸炎」と「ステロイド」が入っています。 抗菌作用だけでなく消炎作用もあるため、治りが早いのが利点ですが、ステロイドを使用すべきでない場合や、ステロイドを使うことに抵抗がある場合などには「ゲンタシン」を使用するようになります。 スポンサードリンク ゲンタシンの製品例 ・ゲンタシンクリーム0. 1%1mg ・ゲンタシン軟膏0. 1%1mg 後発品(ジェネリック)としては ・ゲンタマイシン硫酸塩軟膏0. 1%「タイヨー」1mg ・エルタシン軟膏0. 1%1mg ・ゲンタマイシン硫酸塩軟膏0. 1%「イワキ」1mg などがあります。 用法・用量や使用上の注意とは 【用法・用量】 1日1回~数回、患部に塗布します。 結構べたべたするので、あまり多く塗らずに薄く塗るようにしましょう。 塗った部分を他の場所につけないためや保護するために、ガーゼなどに薬を伸ばしたものを患部に貼り付けるのも良い方法です。 もし塗り忘れたら、気がついた時点で1回分を塗りましょう。 次に塗る時間が近い場合は、塗らないで次の分から指示されたとおりに塗ってください。 2回分を一度に塗ったりしないようにしましょう。 医師の指示なしに、自分の判断で、量を変えたり、塗るのを止めたりしないでください。 必ず指示されたとおりの方法で使用しましょう。 眼や口には使用できないお薬です。 小さな子供は、なんでも口に入れてしまいますので特に注意しましょう。 【使用期限】 薬が残った場合、保管しないで廃棄するようにしましょう。 刻印されている日にちは未開封での使用期限です。 一度開封して使用したものは軟膏の成分がどんどん酸化してしまい、長時間経って使用すると逆にアレルギー症状でひどくなってしまう場合もあります。 比較的劣化しにくいお薬だとは言われていますが、注意が必要です。 開封後の有効期限は、薬局で確認するのが一番ですが、一般的には「 開封後は半年以内に使用」することとされています。 スポンサードリンク 副作用について 主な副作用として「 発疹」があります。 他にも「かゆみ」「赤み」「腫れ」「丘疹」「小水疱」などが報告されています。 症状に気づいたら、いったんお薬を中止して、医師に相談しましょう。 長い期間、広範囲に使用していると「耳鳴り」「めまい」、場合によっては「難聴」「腎障害」などを起こすこともありますので、念のため注意が必要です。 ちなみに使用する期間は、 長くても2週間くらいまでとされています。 塗り薬なので、飲み薬に比べると安全性は高いですし、副作用がほとんどないお薬だと言えるでしょう。 しかし、100%とは言えませんし、体調によって副作用が現れやすい場合もありますので、気を付けておきたいですね。 まとめ ゲンタシン軟膏は、ニキビ、やけど、とびひの治療など日常的に幅広く使用されています。 ステロイドも配合されておらず、比較的安全性の高いお薬ですが、 ・開封後の使用期限(半年以内) ・長期間の使用はやめる(2週間くらいまで) を忘れずに気を付けて使用しましょう。 関連記事としてはこちらをご参考下さい。

次の