過食ブログ。 過食症な私の食べた物日記の感想

過食嘔吐と私のブログの感想!

過食ブログ

「えれみ」の過去のブログと被る点も多々ありますが、そちらも合わせて読んでいただけると幸いです。 中学生の時人間関係が原因で拒食症に 中学1年生の時部活内で同級生に仲間外れにされたり、陰口を言われたり、裏切られたりしました。 その部活は辞めることができ辛い状況からは抜け出すことができましたが、そのことをきっかけに人から嫌われたり裏切られたり仲間外れにされたりすることに過度な恐怖を覚え、人間関係に慎重になり人目を常に気にするようになりました。 そして、「痩せて人に好かれたい」「痩せたら嫌われなくなる」という思いが芽生えました。 そこからダイエットを始めだんだんエスカレートし、半年で15キロ程体重が落ちてしまいました。 これが私の摂食障害の始まりです。 幸い両親が私の異変に気づき病院に行き、母親の協力もあって1年くらいで10キロ程戻りました。 それから3年間くらい拒食にも過食にもならず健康的な食生活をしていましたが、満腹感と空腹感がよくわからず毎日頭の中でカロリー計算をしていました。 受験のストレスで過食症に 高校3年生の時受験のストレスで強迫症状が出て、うつ状態になりました。 勉強が思うよにできないストレスで、ある日突然「お菓子を思い切り食べたい」という思いが頭をよぎりました。 そして、実家に1人だったこともあり家にある食べ物を食べまくりました。 その日を境に、2日に1回は過食をするようになり、その量は日に日に多くなっていきました。 しかし、食べ物が勿体無いという思いと、これ以上過食を悪化させたくないという思いがあったので嘔吐はしませんでした。 その代わり運動や絶食だけでは体重がどんどん増えるので、過食の後は罪悪感と嫌悪感にいつも襲われてうつ状態になっていました。 その後6年間くらい頻度や量や形を変えながら過食が続きましたが、ここ半年程過食をしていません。 過食症改善に少しでも効果があったこと ネガティヴな感情を受け入れる 私は、人と会って別れた後や、部屋に1人になった時など寂しい時に過食することが多々ありました。 寂しい気持ちを抑制したり、紛らわしたりするために過食していました。 しかし、寂しいという感情を受け入れ体全体で感じることで、過食をしなくて済むようになりました。 感情を感じることは、涙が出るくらい苦しい時もありますが、少し経つと苦しさはなくなり、「今回も過食をしなかった」という自信に繋がりました。 このように、寂しい時だけでなく腹が立った時や辛いことがあった時、ストレスが溜まった時など自分の感情を受け入れ、向き合うようにしました。 過食をしたくなったら「今何が辛いの?何が嫌なの?」と自分に問いかけ、過食の衝動を引き起こしたネガティヴな出来事を思い出し、食べる代わりに泣くようにしました。 泣き終わるとスッキリし、過食衝動も収まっていました。 過度な食事制限をやめる 私が過食をしていた時は、過食をした分普段の食べる量を減らさないと太ると思って、過食以外の食事の量を制限していました。 ひどい時は1日ほとんど何も食べないこともありました。 しかし、環境が変わり過度な食事制限をできない状態になったため、過食以外の食事も普通の量を食べるようになりました。 すると、過食衝動が食事制限をしていた時より減りました。 お腹いっぱいを感じる 過食をしていた時は、いくら食べてもお腹いっぱいと感じることができず、食べるのを止めることができませんでした。 しかし、何か食べたくなって食べ始めてもある程度の量を食べると「お腹いっぱい」と思うようにすると、自然と過食まで行かず少し多く食べたかなというくらいで止めれるようになりました。 まだまだ、人よりお腹いっぱいというのを感じるのに時間がかかりますが、以前よりお腹いっぱいを感じられるようになってきました。 食べ過ぎた自分を許す 以前の私は、食べる量をいつも決めていて、それより少しでも多く食べたり予定外のものを食べると自分を責め、食べたのをなかったことにするために過食をしていました。 しかし、少し食べ過ぎても「大丈夫」と自分に言い聞かせ自分を許すことによって、過食することがなくなりました。 EMDR 眼球運動による脱感作および再処理法 との出会い 私の働いている職場の臨床心理士さんに1年半程前から、EMDRというトラウマ療法を受けさせてもらっています。 まだまだその最中ではありますが、その心理療法を通して涙を流しスッキリしたり、話を聞いてもらうことで自分自身の生い立ちや母親との関係について様々な発見ができたり考えさせられたりと、過食衝動が減ったことに何らかの良い影響を与えているのではと思っています。 人との繋がりを通して 私は、人間関係が得意な方では決してありません。 どちらかというと苦手な方だと思います。 しかし、人と関わることは好きです。 人との関わりの中で「心が繋がった」と思う瞬間や、人に「ありがとう」と言われるのが好きです。 また、人との関わりの中で少しずつ信頼関係が築ずかれて行くのも好きです。 人との繋がりが、寂しさや心の空虚感を埋め、心を温かくしてくれている気がします。 たくさんの人と関わり繋がることで、過食で寂しさや心の空虚感を埋めなくてもよくなったのではと思っています。 過食症を経験して今感じていること 私は過食症や他の精神疾患になったことで気づけたことがたくさんあります。 人はたくさんの人に支えられて生きているということ、目に見えるものだけがすべてではないということ、生きることの大変さそして素晴らしさ・大切さ、人との心の繋がりの温かさ。 また、病気になったことで人の痛みが以前よりわかるようになりました。 本当に苦しかった時はずっと病気を恨んでいましたが、今では病気に感謝できるようになりました。 病気が私をたくさん成長させ、優しく強くしてくれました。 ありがとう。 病気を乗り越えた私は、あんなに苦しかったのに乗り越えられたからこの先何があっても大丈夫だと不思議とこれからの人生に自信が持てています。 少々辛いことがあっても「あの頃に比べたら全然大したことない」と思うと気持ちが楽になります。 過食症の人たちへメッセージ 過食症に苦しんでいる時は先が全く見えなくて、不安で辛くて苦しくて今にも消えてしまいたいと思う時もあるとき思います。 でも、どんなことがあっても、どんなあなたでも生きていてほしい。 過食が止められなくても、学校や仕事に行けなくても、人と会えなくても、何もできなくても、ただ生きていてほしい。 あなたが生きている事は本当にすごい事だと思います。 本当に本当に生きていてくれてありがとう。 そして、ここのサイトに辿り着いて、私の文章を最後まで呼んでくれてありがとう。 皆さんの笑顔が、少しでも増えますように… このブログと一緒によく読まれているブログ.

次の

過食嘔吐と私のブログの感想!

過食ブログ

元々痩せてた幼少期 元々痩せ型だった私は中学校に入るまでは30kgもありませんでした。 周りからは細い細いと毎日のように言われ、この頃はまだ食に関しても特別興味はありませんでした。 しかし、中学2年生あたりから所謂思春期太りが始まります。 その頃は自分の体型について太りだしたという認識もなく、食べる事も楽しくなってきて、好きな物を食べて今まで通りの生活を送っていました。 しかし高校生になると徐々に「あれ?私ってもしかして太ってる?」と思うように。 当時のBMI数値は20~21程。 確かに少しポッチャリな体型ですね。 親からデブと言われる日々 それでも深くは気にせず、太ったのか~位にしか感じておりませんですが、徐々に母親から「デブ」と言われるようになりました。 我が家の家系は痩せ型で、親族誰一人太っている人が居なかったことも含め、母からは毎日「肉団子」「こんな時間にそんな物食べるの?信じられない」と言われるようになり食べる事への罪悪感が生まれは始めました。 また高校生となると、異性の目も気になり始める時期。 色々な事が相まってダイエットを始める事にしました。 ダイエットには成功するも… 当時行ったダイエットはどれも極端で過酷な物でした。 過度な食事制限に、運動。 断食をした頃は目の前が真っ白になって倒れた事も…。 しかしどんなに頑張ってダイエットをしても5kg程しか痩せる事が出来ず、しかも食べる事が大好きなのに、食事制限をしなくてはならなくて本当に辛い日々を送りました。 「この先一生好きな物を存分に食べられないなんて辛すぎる」と絶望した時もあります。 過食嘔吐を始めた21歳の時 ダイエットをしては辞め、太り、またダイエットをする、そんな繰り返しを5年ほど続けたある日、とある漫画で過食嘔吐という存在を知りました。 確か魚喃キリコ先生の ストロベリーショートケイクスという漫画です。 安易な私は食べたら吐けばいいのか?と思い、家族が居ない時に挑戦してみる事に。 はじめての時はかなり苦労しましたが、1時間位かけて何とか吐く事に成功。 するとどうでしょう?今まで膨れてたお腹 胃 が吐いた途端にぺちゃんこに。 あの時の感動は今でも覚えています。 そして「これからは好きな物を好きなだけ食べられる!!!!」という喜びを感じたました。 ここからが過食嘔吐の始まりです。 私は今までの我慢が崩壊したかのように食べまくり、そしてその都度吐くようになりました。 体重は緩やかに減って行き、1年経った頃には4キロ、2年経つ頃には6キロ、3年経つ頃には7キロ近く痩せる事に成功。 沢山食べて、しかも太らずに痩せていくなんて最高!!!!そんな風に思っていました。 10年経った今は、過食嘔吐を始める前に比べて10キロは痩せた計算になります。 過食嘔吐を始めたきっかけはダイエットです。 私の場合ダイエットの延長線で過食嘔吐が始まりました。 最初は過食嘔吐に喜び、その後徐々に自分の身体は大丈夫か?と心配になるも、健康診断でも特に異常はなく、現在では日常になっています。 いつか辞めなくちゃと思いながらもズルズルと続けてしまっている過食嘔吐。 辞められる日は来るのかなぁ・・・。 今回のブログはここまで。 また次回!.

次の

「下剤90粒」の過去、ブログで公開 過食で悩む「普通の子」救いたい

過食ブログ

「毛穴」と「過食嘔吐」のためにプロテイン? きっかけは、毛穴のためでした。 【毛穴ブログ】 「」ってことらしいです。 嘔吐はしばらくご無沙汰なので、過食対策かな。 プロテインと過食嘔吐 ほとんどの過食症はプロテインで改善する? プロテインを飲むと、かなりの飽満感があるので、食べ過ぎが抑えられるという分かりやすい効果も、なくはないと思います。 しかし、過食嘔吐の経験者の方なら分かると思いますが、 満腹感なんて、過食嘔吐するかしないかに、あまり関係ないですよね。 甘いものをやめられないのは、意思が弱いからではありません。 あら、そんなこと言ってくれると嬉しいわ 笑 信じようかしら。 プロテイン+鉄+糖質制限 糖質を用いたエネルギー代謝ではATPが少量しか生産できず、生きるエネルギーが足りなくなり、懸命にエネルギー源を摂ろうとするからです。 ATPを量産できる好気性解糖(クエン酸回路+電子伝達系)が働くようになれば、パンやお菓子などの糖質への欲求に悩まされることはなくなります。 ということで、 「プロテイン+鉄+糖質制限」で 「好気性解糖系」が働くようにしたら、一日何回もしてしまうような過食嘔吐が止まった、という症例が紹介されていました。 #プロテイン、マズいんですけどね・・・(美味しいプロテインは、砂糖がいっぱい入っているので、糖質制限もしたいならやめましょう!) 単純にエネルギー代謝だけの問題で片づけられるものではないとは思いますが、 タンパク質が満たされていくことで、「甘いものがほしい」という偏った食欲が治まってくるからです。 分子栄養学の視点からのアプローチとして、まずはやってみよって思って、2ヶ月近く経ちました。 プロテイン+糖質制限+鉄の現状 プロテインでタンパク質を1日40g 藤川先生のおっしゃる通り、タンパク質実質20g分のプロテインを朝晩飲んでいます。 ・ アイハーブ: 私のおススメ、ベストプロテインです。 【ブログ】 在宅勤務でランチはパスタですし(60g程度に抑え、卵も食べる)3時のおやつも食べますが(たまにゆで卵も食べておやつを減らす)、夜は白米は50g。 和食は砂糖やみりんを沢山使うので、肉を沢山食べる洋食も、積極的に取り入れるようにしました。 っていうか、「いいところだけ切り取っている」食卓ブログに上がらない、 こっそり食べている、パンやお菓子の量が減らせたので、炭水化物、糖質の摂取量は大きく下がっていると思います。 ここはずっとダメな所だったので、それだけでも、藤川先生に御の字! ちなみに鉄 藤川先生の理論では「鉄」が欠乏していることが、うつをはじめとするあらゆる精神疾患の原因になっていると書かれています。 (ドーパミンの生成に必要だから) なんですが、サプリメントの中でも、鉄は「素人が手を出しちゃいけないもの」として、カルシウムと共に筆頭に上がる成分。 【毛穴ブログ】 来週、現在の鉄の値を測るために血液検査に行く予定で、その後に鉄のサプリメントを再検討する予定です。 プロテイン摂取の結果:過食嘔吐0回、過食1回! 最近少なかったし、しかも過食と言っていいのかも憚られる内容ですが・・・この程度の過食が1回です。 ヨーグルトとロールパン、チーズ1切は「朝ごはん」としてなので、甘いもの食べ過ぎてしまった程度。 しかも、過食って 「スイッチ入って来たのに、オフに戻す」のがもう、ミッションインポッシブルなんですが(こっから食パン食べ始めるとキケンなんです、私の場合。 )、入りそうになったところで自分の意志で「オフ」できて、むしろ自信につながりました。 「私はもう、大丈夫。 」 意図的に、強く、確信を持ってそう思うことにしました。 こう思うことが、意識下で自分に自信を持たせてくれて、次に神経系が暴走しそうな時に、踏ん張ってくれるような気がして。 ・ でも、大幅に生活スタイルが変わって、どこかで何かストレスを感じているのかもしれない。 メンタルな症状は、抑圧された気持ちの代弁者。 家族を失うなどの不幸にあっても気丈にふるまっていた人が、数年後に突然声が出なくなるとか、そういうことはよくあるらしい。 うまくいってると信じ込むのも、自分の調子を上げる一つの「手」だけど、自分の本当の感情を抑え込んでしまっては、逆効果・・・。 自分が「本当に感じていること」を、なるべく感じないようにして40年以上生きてきたから、定期的に誰かに傾聴してもらえるような環境を作ると、いいのかもしれないな~。

次の