はらだいこ 対策。 【受けル】受けループ使用者側から見た受けループ対策一覧【対策】

マリルリ対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

はらだいこ 対策

氷はあられが降ると元に戻る。 特性「アイスフェイス」で物理技を一度無効化することが出来るため、物理アタッカー全般を起点にして「はらだいこ」を狙える。 メインの氷技の選択肢 メインの氷技は威力重視で怯みの追加効果もある「つららおとし」、命中重視の「れいとうパンチ」、連続技でミミッキュやきあいのタスキに強い「つららばり」の選択肢がある。 ダイマックス時の威力は同じだが、通常技として撃つ際はそれぞれメリット・デメリットがあるためパーティや好みに合わせて選ぶと良い。 サブウェポンの選択理由 水技で「アクアブレイク」を採用メインの氷技との相性補完で考えると、氷を半減する鋼や炎に等倍以上で通る技が好ましい。 「アクアブレイク」は雨を降らせると次ターン以降もサブウェポンの威力が実質タイプ一致に跳ね上がる。 天候書き換え自体が相手のバンギラス+ドリュウズ等に刺さるため、最もオススメでほぼ確定。 ダイマックス前提のサブウェポン 氷+水では相手の水タイプ、特にラプラスに手が出せないため「もろはのずつき」や「きしかいせい」は有力な選択肢。 ただし、通常技として使うと反動が痛かったり威力が安定しないので、ダイマックス前提での運用が主になる。 鋼技はフェアリータイプ意識 「アイアンヘッド」は、ダイマックス技で防御を上げる動きや対フェアリーで有効。 氷を半減する鋼や炎に半減されてしまい攻撃範囲が狭いのが難点。 エスパー技は対ドヒドイデ用 「しねんのずつき」は、ドヒドイデの弱点を突けるため「くろいきり」で全抜きを止められずに済む。 「ダイサイコ」を撃てばサイコフィールドで相手の先制技を無効化して、全抜きをサポート出来る点が優秀。 はらだいこ型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・特性「てんねん」で「はらだいこ」を無視 ・特殊技主体で特性「アイスフェイス」を発動させない ・ヌオーと違い「フリーズドライ」で弱点を突かれない ・氷・水半減、サブウェポンでも弱点を突かれない ・アイスフェイスより速い ・上からの「おにび」や特殊打点 ・特性「かたやぶり」で特性「アイスフェイス」無効 ・タイプ一致鋼技で弱点を突ける ・「がんせきふうじ」のSダウンで全抜きの妨害可能 特性「てんねん」で積み技無効化コオリッポの脅威は「はらだいこ」による攻撃上昇なので、これを無視してしまえば素の攻撃が高くないコオリッポの攻撃を受け切るのは容易である。 特性「てんねん」持ちは後出しから「みがわり」を残されても積み技自体が無効なため余裕を持って対処が可能。 ヌオーで対策する場合は注意 ヌオーは物理耐久は高めだが「フリーズドライ」が4倍であるため、型の読み間違いによっては倒されることも。 一致技で弱点を突かれず、特殊技で安定して「みがわり」の破壊が可能なピクシーや、氷半減で特殊耐久にも余裕があり2倍「フリーズドライ」程度では突破されないナマコブシが有効。 氷半減の特殊技軸のポケモン メイン技の氷技を半減し、サブウェポンでも弱点を突かれない水タイプ全般はコオリッポに強く出られる。 氷、水耐性に加え、特殊アタッカーでありアイスフェイスのコオリッポより速いウォッシュロトムは、後出しからの行動が安定するので対策として有効。 「はらだいこ」を積んだコオリッポの各ダイマックス技も「おにび」をするか、こちらもダイマックスすれば耐えられる。 特性「かたやぶり」で攻撃 コオリッポの性能は特性「アイスフェイス」に依存する場面が多く、特性「かたやぶり」で無視して攻撃を通せれば展開を阻止出来る。 上からのタイプ一致鋼技で弱点を突いて倒しに行けるドリュウズは対策として有効。 「はらだいこ」を狙う場面で対面していればHPを半分以下まで削れるため技の成功を許さず、ドリュウズがダイマックスすればしっかり倒しきれる。 「はらだいこ」をされても対応可能 先に「はらだいこ」を積まれた場合もドリュウズの攻撃では特性を発動させずに済むため、相手の素早さを上げさせない。 また「がんせきふうじ」で素早さを下げて後続に任せるという手も取れる等、コオリッポの妨害に長けている。 これはカムラの実発動後のHPをなるべく多く確保することで、相手の先制技や砂嵐のダメージ等で処理される可能性を減らすため。 素早さは最速にする 素早さは最速とすることで、アイスフェイス時でもカムラの実発動後に最速100族まで抜けるなど、多くの敵に先手を取れるようになる。 技構成 確定技 ・氷技1枠 ・みがわり ・はらだいこ 選択技 氷技1枠候補 ・れいとうパンチ ・つららばり ・つららおとし ・しねんのずつき ・きしかいせい ・アイアンヘッド ・もろはのずつき ・アクアブレイク 役割・使い方 カムラの実発動で全抜きを狙う 「みがわり」+「はらだいこ」+カムラの実で攻撃最大、素早さ1段階上昇から全抜きを狙う型。 特性「アイスフェイス」で物理技を一度無効化することが出来るため、物理アタッカー全般を起点にして「はらだいこ」を狙える。 特殊アタッカーに交代されても対応可能 特性「アイスフェイス」が発動すると素早さ種族値が一気に上がるが、発動しないと遅いため全抜きが難しい。 そのためコオリッポの対策として「上から特殊技で処理する」という行動が存在し、それだけで簡単に止められてしまうことがある。 今回は特殊アタッカーへ交代されても全抜きを狙えるように「みがわり」とカムラの実を採用した。 実際に想定されるパターンに分けて詳しく見て行く。 特性「てんねん」持ちは後出しから「みがわり」を残されても、積み技自体が無効なため余裕を持って対処が可能。 ピクシーが対策に有効 ナマコブシは耐久が高いが「みがわり」を壊す手段が「カウンター」しかないため、処理に時間がかかるのが難点。 ヌオーは物理耐久は高めだが「フリーズドライ」が4倍であるため、型の読み間違いによっては倒される可能性があることに注意。 一致技で弱点を突かれず、特殊技で安定して「みがわり」の破壊が可能なピクシーで相手にするのが無難だろう。 「みがわり」貫通手段持ちの特殊アタッカーに交代 特殊を繰り出したターンに「みがわり」から「はらだいこ」を決められると返り討ちに遭う可能性が高い。 ただし、特殊アタッカーが本体に直接攻撃を当てられる音技や特性「すりぬけ」を持っていれば、「はらだいこ」を許さずに返り討ちに出来る。 ラプラスを筆頭にアシレーヌや特性「すりぬけ」シャンデラ等は有効だろう。 特性「すりぬけ」の特殊ドラパルトも有効だが、氷技が弱点なことに注意。 素早さ169以上の特殊アタッカーを後出し アイスフェイス時の最速コオリッポはカムラの実が発動しても素早さが168。 素早さ169以上の特殊アタッカーであれば「みがわり」への後出しから「はらだいこ」でカムラの実を発動されても、先制出来るため全抜きを許さない。 水タイプの高速アタッカーで対応 「みがわり」を盾に攻撃されても倒されないよう、素早さが高いだけでなくコオリッポの攻撃に耐性がある方が望ましい。 そのため、インテレオンなどの水タイプの高速アタッカーが有効。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキ氏 の監修・考案となります。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】コオリッポの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

はらだいこ 対策

Contents• 対ラプラスで抑えるべきポイント 強み ・ぜったいれいど(つのドリル)で受けループを崩せる ・水技+フリーズドライで、大抵のタイプは等倍以上になる。 ・一発で落としづらい耐久で、キョダイセンリツで更に打ち合い性能を高めてくる。 ・弱点を突いたら弱点保険が発動する危険性がある。 しかし等倍の殴り合いをしようとすると、ラプラス側が壁を張っているため有利である。 ・ラプラスを倒した後の後続が、壁を活かした積み技で詰ませにかかってくる可能性が高い ・雨+うるおいボディで、状態異常の搦め手を拒否していくることも。 ・シェルアーマーの可能性があり、壁を急所で貫通するのは難しい 弱み ・5ターンしのぎ、ラプラス側のダイマも壁も終了してしまえば、こちらのダイマックスで返していける。 弱点保険発動の危険性はもちろん、後手からキョダイセンリツで壁を張り直されてしまい、実質壁のターンを伸ばしてしまうことも。 ・構築(ラプラスの後続)への対策をダメージ計算で予習する場合、「壁込み」「雨込み」の計算もする場面があるかもしれない。 キョダイラプラスに負けるポケモン、並び ・カバギャラ、カバドリュ ・トゲキッスなどのダイジェット組 ・ガマゲロゲ、トリトドンなどの水・地面組 この辺りが環境から減るかと思っているが、劇的に変わっているのかと言われると微妙(後述のパッチラゴン対策として結局ドリュウズが使われたりする)。 ・はらだいこカビゴン 壁以上のアドバンテージを得てしまえばいいじゃない、という理論。 はらだいこかみなりパンチでH4+ラプラス(S振り型)を壁込みで高乱一(81. もちろんダイサンダーなら安定して倒せるが、 ダイマックス権を残したまま2vs2の状況を狙えるのがポイント。 ・はりきりパッチラゴン ガラルビギニングの時点から挙がっていた対策候補。 壁を貼る前に上からでんげきくちばしで、H252ラプラスを確定1発。 b252振りの場合は低乱1(31. 25)なので、命の球など火力補正アイテムがあるとよい。 ダイサンダーは命中安定だが、球込みじゃないと安定して落とせない、ダイマ権を消費するところに注意。 また、選出の時点から分かりやすく警戒されるので、くちばしを流された場合のケアを用意する必要がある。 ・すりぬけドラパルト すりぬけは壁を無効化する。 先発、後続どのタイミングでも投げられるが、先発で投げるなら弱点保険ダイサンダー型などでラプラスにも撃ち勝てる。 一番環境で影響の受けてないポケモンかもしれない。 ・鉢巻ヒヒダルマ 主にS振りラプラス対策。 いじっぱり鉢巻ばかぢからで、H252ラプラスを低乱1(37. こだわっているのを利用して、死に出しor馬鹿力読み交換から起点にされる可能性には注意。 ・かげふみゴチルゼル 逆にラプラスを逃がさず、めいそうの起点にする型。 絶対零度はみがわりで避けられ、みがわり貫通であるうたたかのアリアもあまり効かない。 こちらも選出時点で警戒されることには注意。 ・ひかりの粘土壁持ち全般 今の型は弱点保険が多く、単純な壁合戦なら、こちらは後続にダイマックス権を残したまま2vs2の状況を作れる。 エーフィ、いたずらごころニャオニクスなどが候補か。 HDタラプのみアーマーガア キョダイセンリツ読み後投げで(対面からだと、相手側はぜったいれいど安定になってしまう) キョダイセンリツ+ダイストリームはタラプ込みで2発耐えられるので、それを活かして積んでいく。 相手の手持ちにもよるが、ダイストリームで雨を降らせた場合、炎技に対する耐性を得ることも出来る。 追記するかも……バトン(ポットデス)など 微妙なラインの候補(ピン刺しレベル) ・ユキノオー(+ローブシンなど) ぜったいれいど耐性、オーロラベールを張れる。 HD+やどりぎでダイアイスを二耐え、やどりぎやこごえるかぜでターン稼ぎ、起点拒否可能。 ベールはバンギ後投げで止められてしまうが、その場合はブシンに交代で、格闘の一貫を取れる。 苦手なポケモンが多いため、初手でラプラス以外を投げられ、結果として選出不利を取られるリスクもある。 ・ヌケニン ラプラスの技候補を基本的に無効化、封殺できる。 後投げからキョダイセンリツをすかし、壁を張らせない動きが出来るのが最大の特徴。 ・つのドリルラプラス 身も蓋もない候補。 ダイマックスの撃ち合いが終わったあと、壁を無視して処理していく。 ラプラスミラーに対する答えの一つ。 うるおいボディにあくびを打つとどうなるの? 1ターンは眠ってしまう。 次ターン雨が残っていれば起きるが、この1ターンを大きいと取るか、安いと取るかはプレイヤー次第。 ちなみに、「ねむる」使用については、次ターンにはすぐ起きるので、ノーリスクな回復手段となる。

次の

キョダイマックス+はらだいこ型カビゴン

はらだいこ 対策

相手の攻撃をアイスフェイスで受け、その間に「はらだいこ」で攻撃力を上昇、その後ナイスフェイスになったことで上がった素早さで先手を取り、相手を倒していきます。 攻撃回数にダメージが左右されないため、ダメージが安定している。 ひるみを狙うことも可能。 つららばりなら「きあいのタスキ」や特性「がんじょう」「ばけのかわ」などを気にせず攻撃できる。 水タイプの攻撃技。 対炎・岩タイプ。 上記アクアブレイクとの選択肢の水技。 威力は5ほどこちらのほうが低いが、ひるみを狙えるのが利点。 主に対格闘、及びにドヒドイデ。 ナイスフェイス時は先手を取りやすいのでひるみも狙える。 物理アタッカーに対して繰り出し、「あられ」を使って攻撃で割れたアイスフェイスを復活、その後「オーロラベール」を貼っていきます。 オーロラベールを使った後は、「もろはのずつき」で相手に大ダメージを与えつつ反動ダメージで自分から退場するのが基本です。 しかし相手の素早さが高い場合などは、「こごえるかぜ」で後続のポケモンがより動きやすくなるように素早さを下げるのも有効です。 ゴーストタイプに無効にされるものの、命中はこちらのほうが高い。 後続サポート用、控えているエースが水タイプに有利な場合だと特に有効。 コオリッポ(アイスフェイス)の役割と立ち回り タイプ問わず物理アタッカーに強い特性 「コオリッポ」が持つ特性「アイスフェイス」は、相手の物理技を一回無効にし「ナイスフェイス」にフォルムチェンジする専用の特性です。 物理技を一回無効にする効果はタイプを問わないため非常に強力で、確実に得られる1ターンをどう活用するかが重要となっていきます。 コオリッポ(アイスフェイス)の対策 特殊アタッカーで弱点をつこう 「コオリッポ」は物理アタッカーに強い半面、特殊アタッカーだと特性が活かせず立ち回りにくくなります。 「はらだいこ」を使われる前に、特殊技で弱点をついて倒してしまいましょう。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の