家計 簿 ノート 自作。 家計簿が続かない人は簡単な無印良品のノートを使うのがおススメ!

【エクセル自作】一人暮らし家計簿の作り方

家計 簿 ノート 自作

どもっ、もいちです。 元来メモ魔のもいち。 なんでもメモします。 思いついたこと。 気になったこと。 書いたメモはしっかり見直して活用しなければいけません。 ところがどっこい、もいちのメモはたまる一方であります。 見直すと、同じことが書かれたメモが何枚も出てきます。 ダメな典型例です。 そんなメモ魔なもいちはやはり。 「家計簿」もつけています。 記録するのが好きなのか、しなければいられない性分か。 家計簿をつけ始めたのは数年前・・・どのくらい前だったかな。 ちょっと思い出せませんが。 家計簿をつけるのは良い習慣のようです。 家計簿をつけると節約出来たりお金が貯まったりするそうです。 スポンサードリンク 【家計簿の自作にトライ】 毎年年末に市販の家計簿を購入して、年始からの記帳に備えていました。 今年は年末に新調出来ず、年を越しても家計簿が手元にありませんでした。 年末は風邪をひいてはこじらすのコンボで、休みの日でも家でゲホゲホ言っていたため、年末の買い出しにも行けない始末。 そのまま年が明けてしまったのです。 これは良い機会なのかもと家計簿の自作にトライ。 ネットで検索すると自作している方がチラホラいらっしゃる。 そんな諸先輩方のブログなどを参考に、自分なりのノート製作に取りかかりました。 正月の三が日中に雛型が出来れば良いかな・・・ なんて思ったものの、科目やらなにやら。 どう書くべきか悩むばかりで形にならない。 イタズラに時間が過ぎるばかりで 2日目で諦めて3日に本屋へ。 買ったほうが早い。 ここは時間を買う事にしました。 自作家計簿は来年以降チャレンジで。 【細野真守の家計ノート】 そして購入したのがこちら。 細野真守の「節約力」がアップする家計ノート 2017 この「家計ノート」を買いに行きました。 店頭で選んだのではありません。 この家計ノートも今年で3回(年)目。 お気に入りです。 数種類使って来ましたが「家計ノート」に落ち着きました。 ネットで調べた時に一番売れていると言われていたのと、実際店頭で中身を確認して選びました。 使ってみないとわからない点もありますから。 これに関してはそれまでに使用した家計簿の使い勝手が参考になります。 とどのつまり、使ってみなければ良し悪しは判断できないのが家計簿かなと。 「家計」こそ人それぞれ、所帯それぞれ。 相性みたいなものかな? 後はお値段。 ワンコインプライスの500円(税抜きで、ですが)もお安く決め手になりました。 中身をチラッとだけご紹介。 科目費目は既に用意されている方かと思います。 空欄多目で自由度を求める場合だと使い辛いかも。 好みの分かれるところですね。 月毎の固定費を記入する頁。 巻末には年間の「月収入」と「固定支出」を記入するシートが三つ折りで実装。 一年を通しての動きを把握しやすくなっています。 来年つける家計簿の参考にできそうです。 後は無いよりはあった方が良い程度のポケット。 レシート、用途別に小分けした封筒や、払い込み用紙など。 利用法はそんな感じでしょう。 【家計簿をつけるようになって効果はあったのか?】 家計簿をつける目的はなんでしょう? 家計における収支を把握する為です。 把握してどうする? 節約する為でしょう。 なぜ節約する? お金を残す為。 残してどうする? 貯めるなり欲しかったものを買う資金にしたり。 ですよね。 家計簿をつける事で望むのは、ノートが綺麗に埋まっていくことではありません。 もいちはそういうところ、あるのです。 書いたら満足。 当然ですが書くだけでは全く意味がありません。 書くだけで成果が上がるなら、もいちはとっくに貯金王です。 そのくらいしっかりと記入してますから。 書くのが好きなんですね〜。 ところが目立った効果は感じられません。 毎年同じ感じで年を終えています。 今のところ、家計簿をつけるのもただの習慣でしかありません。 メモも家計簿も同様に。 まずは「つける」。 「つける」習慣が身についたら、 「見直す!」これこれこれ! 書いて終わりでは、そんなもの時間とボールペンのインクのムダであります。 まず見直しましょう。 見直したなら比較します。 前月などと比較。 お金の使い方にムラがないか。 そしてムダがないか。 見つけたなら今日明日からのお金の使い方を修正できるはずです。 ケチケチやるのは心が疲れてしまいそうです。 ですが明らかなムダが視覚化されることで、意識下に無駄を省く心が芽生えればしめたものです。 毎日の仕事帰りに、当たり前の様に菓子パンを買って帰る回数も減るかもしれません。 僕の場合ですけどね。 【まとめ】 家計簿つけたらお金が貯まると言う事はありませんね。 黄色い財布使えばお金が入ってくるかと言えばそんなことはない。 ですが。 日々の金使いを意識するようにするだけでも効果はあります。 その為にも定期的に見直すのが大事だと思います。 数年に渡って家計簿をつけているのに、見直すことをしてこなかったもいち。 毎日似たような買い物をする日々を繰り返しています。 これらを節約出来ていたなら・・・そう考えるとひじょーーーーにもったいない。 いやあ、もったいなかった。 無駄にした金を留保できていたなら、今頃あれもこれも手に入ったかも! ね?こう思いますよほんとに。 お金のために節約するのではありません。 使って幸せを感じるために節約するのです。 その手助けになるのが「家計簿」ですよ。 フィナンシャルプランナーの助言なんていりません! お金もかかるし。 家計簿なら500円程度と毎日の10分ほどの投資で、 未来の幸せを手に入れられるかも、しれないのだから。 色々試してやってみましょう。 きっとご自身にあった未来コントロール術があるはずです。 さ、みんなで家計簿つけましょ~。 それではまたっ! もいちでした。

次の

【エクセル家計簿】無料でかわいいテンプレートおすすめ3選!自作応用のコツも

家計 簿 ノート 自作

あきの家計簿(毎月の家計簿)記入例 毎月の家計簿とは? 毎月の家計簿とは、 食費や 日用品費など、おもに 日々の生活の中でやりくりする支出を記入する家計簿のことです。 これらの支出のことを変動費と呼ぶこともありますが、わが家では生活費と呼んでいます。 毎月の家計簿で扱うのは おもに生活費(変動費)と現金で支払っている固定費(習い事の月謝など)となりますので、毎月引き落としになる固定費は毎月の家計簿には記入せず 年間の家計簿に記入します。 わが家では、「小遣い」のように月1回だけの支出も年間の家計簿で管理しています。 なお、毎月の家計簿には「現金」の支払いだけでなく「電子マネーやクレジットカード」といった「キャッシュレス」の支払いも書き方を工夫して記入しています。 私も家計簿をつけ始めたばかりの頃はたくさん費目を作って細かく管理していましたが、食費、日用品、外食費、衣服費、交際費、消費税…たくさん費目がありすぎていやになってしまいました。 費目を少なくするだけで書く量が少なく続けやすい家計簿になりますよ。 その時、「つけるだけで貯められる」家計簿にする費目選びにはコツがあります。 それは、 1.毎月必ずかかる支出 2.毎月のお楽しみ支出 3.その月だけの臨時支出 にわけて費目をつくることです。 我が家の場合は 1.毎月必ずかかる支出 食費、日用品費(ガソリン代含む)、夫小遣い、教育費(学校の教材費)、習い事費。 2.毎月のお楽しみ支出 衣類、外食、ちょっとしたレジャーなど。 毎月または数ヶ月に一度などちょこちょこ発生する比較的少額な支出。 季節やイベントに関連しない支出です。 3.その月だけの臨時支出 旅行、美容室、イベント費(誕生日プレゼント代)、クリーニング代、冠婚葬祭費など。 毎月あるわけではないけれど、季節やイベントに関連してときどきある支出です。 となります。 我が家は上記の点を踏まえ、 1.食費 2.日用品費 3.夫小遣い(週払いのため) 4.教育費 5.娯楽費 6.特別費 7.習い事費 の7つを費目としています。 1.食・日用品費 2.教育費 3.習い事費 4.娯楽費 5.特別費 始めて家計簿をつけるみなさんに特におすすめしたい費目は 「食費」「日用品」「娯楽費」「特別費」の4つ(食費・日用品をまとめて一つにしたい人は食・日用品費にして3つでもOK)の費目です。 この 4つの費目を必須として、あとはいくつか各ご家庭で 必要な費目を追加し、 全体で4~8費目程度にまとめましょう。 この「あきの家計簿」のポイントの1つは 「費目分け」にあります。 特に「娯楽費」「特別費」という費目があるのが一般的な家計簿と違う わが家の家計簿の最大の特徴です。 家計簿はただつけるだけではただの「記録帳」。 上記のように工夫することで、つけるのに楽ができるだけでなく、予算が守りやすい家計簿になり、したがってお金が貯まりやすい家計簿になる可能性が高まります。 毎月の家計簿の記入表を手書きする方法 費目を作ることが出来たら、 上記の費目に、 日付 支出合計 残高 の記入欄も追加して B5のノートに以下のように表を作っていきます。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 夫小遣い 教育費 娯楽費 特別費 習い事費 支出計 残高 大学ノートならば横線はすでに引いてあるので、縦線だけ定規で引けばOKです。 面倒ならば縦線は引かなくてもかまいません。 私は手書きの家計簿をつけていた時はB5のノートの片面を使ってこの表を書いていましたが、片面だと小さく記入しにくい、と言う場合は、両面、見開き1ページを使って記入してもかまいません。 毎月の家計簿の記入方法(基本) <例1> 現在の現金の残高(てもとにあるお金)が3000円で、 1日にスーパーで1500円分の食材の買い物をし、 支出の合計は1500円、残高は1500円となった <例2> 3日に、銀行から2万円を下ろし、 ドラッグストアで日用品を1000円購入、 支出計は1000円、残高は下ろした2万円を足して、 残り20,500円となった このような場合は、以下のように記入します。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 1,500 … 1,500 1,500 3 ドラッグ 1,000 … 1,000 20,000 20,500 このように、 スーパーで何を買ったか、ドラッグストアで何を買ったか、という細かい明細は記入せず、1つのレシートの合計金額を1行だけ書きます。 銀行などからお金を下ろした場合は、残高にかっこで入金額をメモし残高に反映させます。 カード払いで購入したものは、年間の家計簿で管理するので、基本的にはここでは記入しません。 (カード払いを現金で支払ったことにする場合は支出として記入し、お財布から現金を取り分けます) このように記入していくと、1日分の支出がたった1行で済むので、記入量が少なく 最小の労力で済ませることができます。 また、レシートさえとってあれば何日分かまとめてつけることも簡単なので、毎日毎日家計簿をつけなくてはいけないということもありません。 毎月の家計簿の記入方法(小計、集計欄) さらに、上記の表に 1週間ごとに小計をいれ、月末には、 1ヶ月の合計を入れると便利です。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 1,500 … 1,500 1,500 3 ドラッグ 1,000 … 1,000 20,000 20,500 小計 1,500 1,000 … 2,500 20,500 … … … … … … 合計 50,000 10,000 … 15,5000 20,000 上の例の場合は、 1ヶ月の現金支出の合計は15万5千円で、 月末に2万円の残金があったことになります。 毎月の家計簿の記入方法(月末、翌月への繰越) 上記の月末の残金が、次の月の最初の残高になります。 例えば、5月分の最初の買い物が以下の例の場合。 <例1> 先月からの残高(てもとにあるお金)が20000円で、 1日にスーパーで3000円分の食材の買い物をし、 支出の合計は3000円、残高は17000円となった ~〇〇〇〇年度5月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 3,000 … 3,000 17,000 このように前月の残高を翌月の残高に反映させていきます。 このように記述していくと、今お財布にいくら残っているか、正確に算出できます。 お財布に残っている残高まで正確に書いていくのが苦痛だという場合は、残高欄は省略してもかまいません。 クレジットカードの支払いと毎月の家計簿 クレジットカードの支払いがあるとき家計簿のつけ方は、以下のようになります。 カード払いの家計簿のつけ方(現金払い) クレジットカードの支払いと分かるように書いておきます。 電子マネーの支払いと毎月の家計簿 近年では、waon,nanaco,suica,PayPay,LINEPayなど様々な電子マネーを利用した支払いが増えてきましたよね。 わが家の家計簿はもちろん電子マネーの支払いにも対応しています。 電子マネーの支払いがあるとき家計簿のつけ方は、以下のようになります。 キャッシュレスと毎月の家計簿 近年では支払いはほとんどキャッシュレスという方も増えてきました。 わが家でもすでに支払いはほとんどキャッシュレスです。 わが家の家計簿はキャッシュレスでもつけることができます。 東京都在住。 子供3人の5人家族の主婦。 家計簿歴15年以上。 「ケチケチ節約術」を卒業して、わずか2年で約350万円以上資産(現金、株、生命保険)を増やすことに成功! テレビや雑誌でも紹介されたあきの「家計簿・家計管理・節約術・貯金法」の公式ブログです。 ポイ活もしています。 家計相談への回答1000件以上。

次の

家計簿のつけ方がわからない人は「手書き自由ノート家計簿」が簡単でおすすめ!自分流が1番貯められる

家計 簿 ノート 自作

あきの家計簿(毎月の家計簿)記入例 毎月の家計簿とは? 毎月の家計簿とは、 食費や 日用品費など、おもに 日々の生活の中でやりくりする支出を記入する家計簿のことです。 これらの支出のことを変動費と呼ぶこともありますが、わが家では生活費と呼んでいます。 毎月の家計簿で扱うのは おもに生活費(変動費)と現金で支払っている固定費(習い事の月謝など)となりますので、毎月引き落としになる固定費は毎月の家計簿には記入せず 年間の家計簿に記入します。 わが家では、「小遣い」のように月1回だけの支出も年間の家計簿で管理しています。 なお、毎月の家計簿には「現金」の支払いだけでなく「電子マネーやクレジットカード」といった「キャッシュレス」の支払いも書き方を工夫して記入しています。 私も家計簿をつけ始めたばかりの頃はたくさん費目を作って細かく管理していましたが、食費、日用品、外食費、衣服費、交際費、消費税…たくさん費目がありすぎていやになってしまいました。 費目を少なくするだけで書く量が少なく続けやすい家計簿になりますよ。 その時、「つけるだけで貯められる」家計簿にする費目選びにはコツがあります。 それは、 1.毎月必ずかかる支出 2.毎月のお楽しみ支出 3.その月だけの臨時支出 にわけて費目をつくることです。 我が家の場合は 1.毎月必ずかかる支出 食費、日用品費(ガソリン代含む)、夫小遣い、教育費(学校の教材費)、習い事費。 2.毎月のお楽しみ支出 衣類、外食、ちょっとしたレジャーなど。 毎月または数ヶ月に一度などちょこちょこ発生する比較的少額な支出。 季節やイベントに関連しない支出です。 3.その月だけの臨時支出 旅行、美容室、イベント費(誕生日プレゼント代)、クリーニング代、冠婚葬祭費など。 毎月あるわけではないけれど、季節やイベントに関連してときどきある支出です。 となります。 我が家は上記の点を踏まえ、 1.食費 2.日用品費 3.夫小遣い(週払いのため) 4.教育費 5.娯楽費 6.特別費 7.習い事費 の7つを費目としています。 1.食・日用品費 2.教育費 3.習い事費 4.娯楽費 5.特別費 始めて家計簿をつけるみなさんに特におすすめしたい費目は 「食費」「日用品」「娯楽費」「特別費」の4つ(食費・日用品をまとめて一つにしたい人は食・日用品費にして3つでもOK)の費目です。 この 4つの費目を必須として、あとはいくつか各ご家庭で 必要な費目を追加し、 全体で4~8費目程度にまとめましょう。 この「あきの家計簿」のポイントの1つは 「費目分け」にあります。 特に「娯楽費」「特別費」という費目があるのが一般的な家計簿と違う わが家の家計簿の最大の特徴です。 家計簿はただつけるだけではただの「記録帳」。 上記のように工夫することで、つけるのに楽ができるだけでなく、予算が守りやすい家計簿になり、したがってお金が貯まりやすい家計簿になる可能性が高まります。 毎月の家計簿の記入表を手書きする方法 費目を作ることが出来たら、 上記の費目に、 日付 支出合計 残高 の記入欄も追加して B5のノートに以下のように表を作っていきます。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 夫小遣い 教育費 娯楽費 特別費 習い事費 支出計 残高 大学ノートならば横線はすでに引いてあるので、縦線だけ定規で引けばOKです。 面倒ならば縦線は引かなくてもかまいません。 私は手書きの家計簿をつけていた時はB5のノートの片面を使ってこの表を書いていましたが、片面だと小さく記入しにくい、と言う場合は、両面、見開き1ページを使って記入してもかまいません。 毎月の家計簿の記入方法(基本) <例1> 現在の現金の残高(てもとにあるお金)が3000円で、 1日にスーパーで1500円分の食材の買い物をし、 支出の合計は1500円、残高は1500円となった <例2> 3日に、銀行から2万円を下ろし、 ドラッグストアで日用品を1000円購入、 支出計は1000円、残高は下ろした2万円を足して、 残り20,500円となった このような場合は、以下のように記入します。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 1,500 … 1,500 1,500 3 ドラッグ 1,000 … 1,000 20,000 20,500 このように、 スーパーで何を買ったか、ドラッグストアで何を買ったか、という細かい明細は記入せず、1つのレシートの合計金額を1行だけ書きます。 銀行などからお金を下ろした場合は、残高にかっこで入金額をメモし残高に反映させます。 カード払いで購入したものは、年間の家計簿で管理するので、基本的にはここでは記入しません。 (カード払いを現金で支払ったことにする場合は支出として記入し、お財布から現金を取り分けます) このように記入していくと、1日分の支出がたった1行で済むので、記入量が少なく 最小の労力で済ませることができます。 また、レシートさえとってあれば何日分かまとめてつけることも簡単なので、毎日毎日家計簿をつけなくてはいけないということもありません。 毎月の家計簿の記入方法(小計、集計欄) さらに、上記の表に 1週間ごとに小計をいれ、月末には、 1ヶ月の合計を入れると便利です。 ~〇〇〇〇年度4月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 1,500 … 1,500 1,500 3 ドラッグ 1,000 … 1,000 20,000 20,500 小計 1,500 1,000 … 2,500 20,500 … … … … … … 合計 50,000 10,000 … 15,5000 20,000 上の例の場合は、 1ヶ月の現金支出の合計は15万5千円で、 月末に2万円の残金があったことになります。 毎月の家計簿の記入方法(月末、翌月への繰越) 上記の月末の残金が、次の月の最初の残高になります。 例えば、5月分の最初の買い物が以下の例の場合。 <例1> 先月からの残高(てもとにあるお金)が20000円で、 1日にスーパーで3000円分の食材の買い物をし、 支出の合計は3000円、残高は17000円となった ~〇〇〇〇年度5月分の毎月の家計簿~ 日付 食費 日用品費 … 支出計 残高 1 スーパー 3,000 … 3,000 17,000 このように前月の残高を翌月の残高に反映させていきます。 このように記述していくと、今お財布にいくら残っているか、正確に算出できます。 お財布に残っている残高まで正確に書いていくのが苦痛だという場合は、残高欄は省略してもかまいません。 クレジットカードの支払いと毎月の家計簿 クレジットカードの支払いがあるとき家計簿のつけ方は、以下のようになります。 カード払いの家計簿のつけ方(現金払い) クレジットカードの支払いと分かるように書いておきます。 電子マネーの支払いと毎月の家計簿 近年では、waon,nanaco,suica,PayPay,LINEPayなど様々な電子マネーを利用した支払いが増えてきましたよね。 わが家の家計簿はもちろん電子マネーの支払いにも対応しています。 電子マネーの支払いがあるとき家計簿のつけ方は、以下のようになります。 キャッシュレスと毎月の家計簿 近年では支払いはほとんどキャッシュレスという方も増えてきました。 わが家でもすでに支払いはほとんどキャッシュレスです。 わが家の家計簿はキャッシュレスでもつけることができます。 東京都在住。 子供3人の5人家族の主婦。 家計簿歴15年以上。 「ケチケチ節約術」を卒業して、わずか2年で約350万円以上資産(現金、株、生命保険)を増やすことに成功! テレビや雑誌でも紹介されたあきの「家計簿・家計管理・節約術・貯金法」の公式ブログです。 ポイ活もしています。 家計相談への回答1000件以上。

次の