ハイキュー 375話。 ハイキュー!!377話【感想・ネタバレ】378予想

ハイキュー最終回(完結)の漫画の発売日はいつ?何巻の何話までかとアニメについても

ハイキュー 375話

ハイキュー!!【第375話】のネタバレ スポンサー 日向とサンタナは、2-0で試合に勝利。 次の競技会出場まで、あと1勝のところまできた。 サンタナは、日向の服に縫い付けられたロゴを見て、日本の企業のスポンサーなのかと尋ねる。 日向は、そうだと興奮気味に話、友達の会社のロゴだと答えた。 その友達とは、孤爪研磨。 大学生、株式トレーダー、プロゲーマー、YouTuberでありながら、日向のスポンサー企業、 株 BouncingBall バウンシングボール の代表取締役だった。 どうしてスポンサーになってくれたのか訊くと、そこに理由はなく、ただ「お金があるから」。 つまらないと思ったらやめると言う研磨に、日向は震えるのだった。 本人にとっては努力じゃない 次の試合に勝ったら、ニースにプロポーズするつもりだと宣言するサンタナ。 そんなサンタナを応援するため、日向も頑張ると言うと、サンタナは前祝いと称して飲みに誘う。 この後トレーニングがあるからと断る日向。 そんな日向に、「ちゃんとやってて疲れない?」と訊くサンタナ。 「毎日8時間寝てるから疲れない」と答える日向。 サンタナはそういうことじゃなくてと呆れ気味に話し、自分と日向のバレーへのスタンスの違いを知る。 サンタナにとってはバレーは仕事だが、日向にとっては趣味なのだ。 練習もトレーニングも「生活」の一部であり、本人にとっては努力じゃない。 サンタナはそう言うと、また明日と言って去っていくのだった。 無事を習慣に 夜、カリフラワーを手にする日向を偶然見つけたルシオ。 日向が驚くほどこの地に馴染んでいるとともに、時折ふと、日本の冬の冷たい風を思わせると感じていた。 油断してはすぐに身体の内側が凍ってしまう。 無事が当たり前でないと知り、鍛え、補い、管理し、無事を習慣にする。 そんな日向は、何か痛い目に合ったのかと思うルシオ。 一方の日向は、晩飯を何にするかに頭を悩ませていたのでした。 空中は不自由な場所じゃない solaced ソルカード 杯最終日。 ニースも応援に駆けつけていた。 サンタナの結婚を見届けて、日本に帰ると宣言する日向。 そこには、日向のルームメイトであるペドロもこっそり見に来ていた。 そして、ついに試合が開始される。 敵チームのカルバリョが、日向を狙ってサーブを打ち込んでくる。 セットが苦手ならサンタナと、背が小さく打つのが苦手な日向。 サンタナに上げさせて日向に打たせるのは当然の戦略だと、サンタナは納得の表情をみせる。 だが、今は違う。 日向は、飛びながら思う。 砂の上で上手く跳べないのは、脚の力が足りないのではなく、助走の勢いを上へと向けることが重要だと。 そのことを理解した日向は、 観ていたペドロやニースが驚くほど飛び上がり、強烈なスパイクを決めるのだった。 ジャンプネタバレ記事はこちら!• 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 ハイキューを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の

ハイキュー!!377話【感想・ネタバレ】378予想

ハイキュー 375話

スポンサーリンク MSBYブラックジャッカル(以下、BJ)と3年連続王者のシュヴァイデンアドラーズ 以下、AD)との一戦がついに始まります。 最初のサーブはAD背番号20の影山からです。 世界選手権でフランス相手に驚異の5連続ポイントを決めたサーブが一直線にBJのコートに向かっていきます。 しかし、このサーブを1本で綺麗にレシーブしたのは日向でした。 すぐさま体勢を整えると、「ちゃんと挨拶せなな」と宮侑の粋な計らいで日向にトスを高く上げます。 ドゴッ!という音と共に高く舞い上がる日向のスパイクがADのコートに突き刺さります。 日向の日本帰還を喜ぶ烏野OBたち。 その帰りをずっと待っていた影山は「遅ぇ」と呟きながらも、どこか表情は嬉しそうでした。 ウシワカは日向が押し掛けてきた宮城県の1年生選抜強化合宿の時を思い出します。 そのころ宇内と赤葦がやや遅れて会場入りしてきました。 現在26歳の宇内は漫画家として「週刊ヴァーイ」に『ゾンビ剣士ゾンビッシュ』を打ち切りになりそうながらも執筆中です。。 一方、メガネをかけた赤葦は大手出版社の週刊漫画雑誌に配属された編集者です(本当は文芸希望)。 試合よりもまずは「おにぎり宮」だと赤葦は相変わらず淡々とした口調です。 赤葦と宮治はお互いがうろ覚えながらも、赤葦は「おにぎり宮」の東京進出を希望しているようです。 コートではBJのサーバーは宮侑になります。 古舘春一「ハイキュー」381話より引用 盛り上がる応援席ですが、宮侑が左拳をグーにすると、敵味方ともピタリと歓声が鳴り止みます。 ぞくっと春高時代を思い出す澤村たち。 しかし強烈なジャンプサーブは惜しくもアウト。 治はダサッ、はしゃぎ過ぎだと悪口を言うと、それを察したのかコートにいる侑が治を睨みつけます。 宮兄弟は上がるボールを見ながら、高校2年生の時の出来事を思い出します。 それは治がバレーを高校で引退すると決めた時です。 侑と治はお互いに背を向けて言葉を交わそうとしません。 そして、80歳になった時にバレーを選ばなかった自分よりも幸せだったらばバカにしろと、治は侑の胸ぐらを掴み語気を強めます。 今、日向、佐久早、木兎の妖怪共を全部手玉にとって一番楽しんでいる侑は、その時治に大声でこう反論したのです。 この速攻に影山はレシーブしてボールを拾いましたが、ボールの勢いが強くコートの外に出てアウトになります。 高校時代に日向-影山の変人コンビが見せた超高速速攻が決まりました。 「ニンジャ、ニンジャ」と興奮するペドロたち。 満足そうな全日本男子バレーの雲雀田監督。 古舘春一「ハイキュー」381話より引用 日本バレー協会大会運営事業部の桝本は、春高バレーで宮兄弟が変人速攻を決めた時、日向にとって影山だけが唯一無二の存在とは限らないことは吉報ではないかと話した、監督の言葉を思い出します。 ネット越しに火花が散る影山と宮侑。 武田先生も宮兄弟の双子速攻を覚えていましたが、鵜養コーチと月島の感想は違います。 今の披露した速攻のスピードはもっと早いです。 宇内は鴎台戦で「やりたいことがある」と日向に言い、高校でバレーを辞めていましたが、マンガ家を目指していたようです。 年下の編集者に振り回される宇内の悲哀(涙) 赤葦のプロフィールがやたら詳しいのは、身内にモデルとなった編集さんがいるのでしょうか? 宮治にお店の東京進出を尋ねるあたり、地元宮城で仕事をする宇内に東京から赤葦が出張に来ていた、という状況かもしれません。 まだ全員の進路が明らかではありませんが、公務員、先生、警察官、医者、獣医、大手出版社と、皆んな良い職業に就いていますね。 研磨というYouTuberもいますが(笑) 古舘春一「ハイキュー」381話より引用 お話は宮兄弟のエピソードが中心でした。 治がバレーを辞めたのはケガとかの故障ではなかったようです。 侑の方は春高バレーで日向にトスを上げると宣言したシーンが回収されました。 スピードアップした超速攻に影山が反応出来たのは、かつての得意技を知っていからか、それともやはり意地からでしょうか。 いきなりサービスエースを決めたロメロ。 味方である影山も興奮するレジェンドぶりでしたが、日本に来日する辺りはリオから東京へと、オリンピック2020を意識した流れなのかもしれません。

次の

【漫画】ハイキュー!!43巻の続き385話以降を無料で読む方法

ハイキュー 375話

ハイキュー!!【第374話】のネタバレ 徐々にコツを掴みはじめる2人 チームメイトから茶々を入れられながらも、少しずつコツを掴み始める及川。 日向がレシーブしたボールを及川がトスし、それを日向が打ちますが、ボールは風に流されてしまいます。 すると、得点が14点になったので、コートチェンジが行われる。 ビーチでは風向きや日光等、環境が戦況に強く影響するので、コートチェンジが頻繫に行われるのだ。 コートを移動しながら、どう攻めるのがいいのか模索する日向。 高いトスは風の影響を受けるから打ちづらいが、レシーブが悪かったり、スパイカーの攻撃態勢が整っていないと、トスを高くして時間を稼ぐしかない。 それが嫌なら、もっと早く攻撃態勢をつくること。 理想は、倒れないことだと日向は認識する。 どう見るかではなくどう見られているか 日向は、レシーブをすると、出来る限り速く攻撃態勢に入ろうとすぐに立ち上がろうとする。 それを見た及川は、日向に「相変わらずイヤな存在感だな」と思うのだった。 すると及川は、日向の存在感を利用して、ツーアタックを決める。 及川は背中にも目があるみたいだとという日向。 及川は、なんでそれを知ってるいるのかと言い、相手にどう見られているかも計算に入れなくてはいけないと話す。 ビール奢らせブラザーズの2人は、日向と及川が1プレーごとに上達しているのを感じ取っていた。 勝利した2人 今度は及川がレシーブして、日向がトスを上げる。 日向の背後へと回った及川は、走りながら「チャレンジャー」と叫んだ。 日向は、及川の位置やブロッカーの位置、風やトスの高さを瞬く間に考え、「チャレンジャ-」と叫びながらトスを上げる。 及川は「いいじゃん…!」と笑い、スパイクを決める。 向かい合う2人。 及川は、ビーチは2人だからいっぱいボールを触れるんだし、色々やらなきゃもったいないと語ります。 結果、試合は日向たちが勝利を収める。 プロテインを奢ってもらう予定だったが、及川はプロだからと遠慮すると、日向は4人でご飯を食べようと誘うのだった。 日本の忍者とまで言われるようになった日向 —後日。 及川は帰国の日を迎える。 涙を目に浮かべる日向。 がっちりと握手を交わし、お礼をつげる。 及川も初心に帰れたと言い、 全員倒すから覚悟しておけと言い残して去っていった。 その後、リオデジャネイロで本格的なトレーニングに臨んだ日向。 そしてついには、 「日本の忍者」だと評されるまでいたったのでした。 ジャンプネタバレ記事はこちら!.

次の