美味しい チャーシュー の 作り方。 美味しいチャーシューの作り方。チャーシュー麺にチャーシュー丼に最高です。

60分でトロトロ!本格チャーシューの作り方レシピ、7つの簡単ステップ

美味しい チャーシュー の 作り方

美味しいチャーシューを作るには、煮る時や焼く時の方法やタレの調味料づくりなどにおいて、コツがあります。 美味しいシャーシューを作るコツを紹介しましょう。 タレに活用できるさまざまな健康効果のある素材も併せて紹介します。 レシピ・作り方 お母さんの作る料理はおいしいですよね。 特別料理学校に通ったわけでもないのに、母親に作る煮物は世界で一番おいしい、と思ってしまいます。 料理は経験を重ねることで、おいしくできあがることも多いものです。 どのような料理にも言えることだと思いますが、何度も作り、経験を重ねて作っていくことで、おいしくなる料理があります。 チャーシューはその一つなのではないでしょうか? 美味しいチャーシューの作り方は、ネットや本にたくさん掲載され、確かに簡単で手軽な作り方が載っています。 しかし、初めて作るのと、何度も経験を重ねて作ったチャーシューとでは味が違いますよね。 経験を重ねて作ることで、みんなが美味しいと思えるチャーシューができるのではないでしょうか? みんなが納得する美味しいチャーシューは経験が必要ではありますが、できるだけ美味しいチャーシューができる作り方を紹介しますね。 初めて作る人も、ぜひ参考にしてみてください。 メインの材料である豚肉は、脂身の少ないもも肉と肩ロースを混ぜて使います。 もも肉だけではパサつくので、肩ロースも混ぜます。 下味調味料としては、長ネギ、しょうが、しょうゆ、酒、砂糖、赤みそ、八角を使います。 煮込み調味料として、しょうゆ、砂糖、酒、水を用意します。 肉の量は鍋に隙間があかない程度に入れるといいでしょう。 作り方は次の通りです。 まずは豚肉に下味をつけます。 豚肉にフォークを刺し、味をしみこませやすくします。 下味をつけたら少なくても40分、時間があれば一晩漬けこんでおきましょう。 肉全体にタレが行き渡るように、途中で裏返します。 八角の量は好みで調節をします。 豚肉をフライパンで焼きます。 表面に焦げ目がつくくらい焼くのですが、表面を焼くことで、肉汁を閉じ込めることができ、香ばしさが出てきます。 油が浮いてきたら、キッチンペーパーなどで拭き取ってください。 豚肉を鍋に移して、残っている調味料を加え、40分程度煮込みます。 煮汁が少ない場合は、調味料を足してください。 肉がひたひたになるくらいの量がのぞましいです。 途中で転がしながら味が全体にしみこむようにします。 大事なのは途中で味見をすることです。 ただし、最初は味が薄いのですが、煮込んでいるうちに濃くなっていくので、最初から調味料を増やしたりしない方がいいですよ。 豚肉を煮汁につけたまま冷やします。 冷やすことで味がしみこんでいきます。 一晩置いておきましょう。 いそぐ時には鍋ごと氷水などで冷やすといいですよ。 おいしくなるコツと豆知識 美味しいチャーシューを作るには、コツがあります。 そのコツはレシピにも書いてあることもありますが、自分で経験を重ねて作っていくうちに見つかることも多いものでしょう。 美味しいチャーシューを作るには、何度も何度も挑戦してみることです。 他の料理にも言えることですが、何度も作っているうちに、コツやポイントが分かってくるものですよね。 美味しいチャーシューを作れるようになるのも、経験です。 そうはいっても、せっかく作るなら美味しいチャーシューを作りたいものです。 そのためには、美味しくできるコツを知りたいですよね。 例えば、調味料を工夫するのも、美味しくできるコツです。 例えばレシピでは砂糖を使うことが多いですが、それをはちみつや黒砂糖にするとコクがでますよ。 はちみつは肉をやわらかくする働きもあります。 黒砂糖は沖縄で生まれた自然食品です。 通常使用している砂糖は白砂糖のことですが、肥満などにつながりやすいです。 その点黒砂糖は、炭水化物、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富なのです。 さらに血糖値が上昇しにくい、コクがあるため満腹感が得られる、腹持ちがいいのでダイエットにも向いているといったメリットがあります。 黒砂糖にはオリゴ糖も含まれているため、腸内環境の改善にも役立つと言われています。 もちろん、摂り過ぎは健康によくないので、適度に使用するようにしましょう。 また酒の量を多くすると、甘すぎない程度の甘味が出ます。 チャーシューのタレは甘味が大切なので、酒を入れること、中でも紹興酒などを入れるとコクが出ますよ。 料理酒を使う場合は、塩分が含まれているので、しょうゆの量を調節した方がいいでしょう。 調味料のポイントとしては味噌を入れることです。 味噌を入れるだけで、味がまろやかになりコクを出すことができますよ。 チャーシューのタレの味つけは、季節ごとに変えていくのもいいでしょう。 夏などはさっぱりしたチャーシューの方が食べやすいですよね。 そこでオススメなの梅干しです。 梅干しには疲労回復効果や食欲増進効果があると言われています。 梅干しに含まれるクエン酸はそういった効果があるほか、効率よくエネルギーにしてくれるので、中性脂肪を蓄積させないという働きがあるのです。 血液をサラサラにする作用や、血行をよくする働きもあり、美肌にもいい食材です。 チャーシューのタレに梅干しを入れることで、酸味が苦手な人でも食べやすく、健康的にもいい効果をもたらしてくれますよ。

次の

おいしいチャーシューの作り方!コツはこれだけ知っておこう

美味しい チャーシュー の 作り方

もう、何はなくても焼豚だけはあってほしいと思いませんか? 脂が乗ったトロッとした部分と 肉々しい噛みごたえのある部分との絶妙な重なり合い。 口の中に入れた瞬間に感じる淡い塩気と甘みを、ラーメンのスープと一緒に味わう幸せ。 うん、やっぱり自分にとってトッピングの王様は焼豚で間違いありません。 スーパーなんかで売っているやつでもいいんですが、ハムっぽいっていうか何ていうか・・・ 求めてるのはそういうのじゃないんですよ。 そこで今回、理想のチャーシュー麺を食べるために焼豚づくりに挑戦してみたところ、予想以上に美味しく、しかも簡単に出来てしまいました。 自分の備忘録も兼ねて、この絶品焼豚レシピをご紹介したいと思います。 スポンサーリンク おいしい焼き豚の作り方 焼豚作るのって、何日もかけて煮込むみたいな、結構面倒くさいイメージがあったんですよね。 それに、頑張って作ってマズかったらどうしようという心配もありましたが、まあその時は切り刻んで炒飯の具材にでもしようかと。 でも、実際にやってみると全然簡単です。 焼豚作りの材料を用意 豚バラブロック 焼豚といえばやっぱり バラ肉ですよね。 肉と脂の旨味が強い部位です。 写真では隠れてますが、裏面は真っ白。 うーん、危険な香りがします。 今回はスーパーで350g程の大きさのものを購入。 できれば安い時にまとめて買っておきたいものです。 お肉が全体に浸かるくらいでOK その他 タコ糸 100円ショップで購入 肉を巻く 豚バラブロック肉の脂身部分が外側になるように丸く巻きます。 元に戻らないよう手で押さえながら、タコ糸で端からグルグル縛っていきます。 巻き方はそれほど気にしなくても適当で大丈夫。 グルッと巻いてギュ、グルッと巻いてギュ。 柔肌に容赦なく食い込むタコ糸。 「おらおら、どうだ、身動き取れないだろう、ふっふっふっ」 自分の中で何かが覚醒してしまったかもしれません。 縛ったバラ肉をフライパンで焼く 完全に縛り上げたら次に表面をフライパンで焼いていきます。 肉から油が出るので、フライパンにひく油はほんの少量で大丈夫です。 全体的に焼き色が着くように上下左右、ひっくり返しながらジュージューと。 焼き豚の作り方 圧力鍋があれば超簡単 普通のお鍋でも時間をかければ問題なく出来ますが、圧力鍋があるとホント簡単に時間が短縮できるので、持ってる人はぜひ使いましょう。 焼いた肉を材料とともに圧力鍋に入れる 野菜や調味料を入れた鍋の中に焼き目をつけたお肉をドボンと投入。 今回はちょっと大きめの圧力鍋で作ったんで汁の量がやたら増えてしまいましたが、小さな圧力鍋を使う場合はもっと少なくてOK。 お肉が全部浸かるくらいで大丈夫です。 加熱する 最初は中火で加熱していって、圧がかかったら弱火にしましょう。 20分経ったら火を止めて、圧が下がるのを待ちます。 肉を取り出す ほほー、なんかいい感じです。 ここまで難しいことは何もしてませんが、かなりそれっぽい雰囲気が漂ってます。 この時点で今すぐ食べてしまいたい衝動に駆られますが、ガマンガマン。 冷蔵庫でしばらく保存 粗熱がとれたら煮汁少々とともにジップロックなどの保存袋に入れて冷蔵庫で保存。 このとき、できるだけ空気を抜いておきましょう。 ついでに煮玉子も作っておくと後日食べるラーメンが豪華になります。 半熟ゆでたまごを作って煮汁に漬け込んでおくだけなので簡単簡単。 汁が全体にまんべんなく行き渡るよう、たまに方向を変えましょう。 焼豚・煮玉子とも、半日くらいで出来上がりますが、味をなじませたければ1日以上おくのがベター。 ラーメンを食べる日が待ちどうしくてたまりません。 余った煮汁は? 余った煮汁は捨てずにとっておくと調味料として使えて便利。 クタクタになった野菜を取り除いた後、冷蔵庫で冷やすとコワイくらい脂の膜ができるので、それを取り除いてから再度冷蔵、もしくは冷凍保存しておきましょう。 このときの脂も、実はラードとして炒飯なんかに使えたりなんかします。 スポンサーリンク タコ糸を取る 食べる直前に冷蔵庫から出してきたら、いよいよタコ糸を取りはずしていきます。 結構キツく巻いたせいか、かなり食い込んでて、取ろうとすると一緒に肉がついてきたりして痛々しい。 「やり過ぎたか。。 」ちょっと申し訳ない気分に。 軽い罪悪感に苛まれながらも無事タコ糸が取れたら包丁でスライスしていきます。 冷たい状態の方が薄く切りやすいです。 なかなかいい感じに。 端っこの部分を味見してみましたが、美味しくて思わず笑ってしまいました。 ラーメンに入れるには丁度いい具合の味の濃さに仕上がってます。 残った分もスライスしてから冷凍保存しておくと、次に使うときに便利。 イザ実食! 記念すべき一杯は、日清から発売されている「無鉄砲」さんのラーメンで。 焼豚と煮玉子をトッピングするとこんな感じ。 むむむ、う、美味いじゃないか! 噛むたびに口の中に広がる豚の旨味、熱々のラーメンの汁で徐々にトロッとしてくる脂部分の舌触り。 これぞ求めてた焼豚です! 煮玉子も程よく味が入ってますし、半熟具合も大成功。 トンコツスープとの相性も抜群で実にウマイっす! 関連記事 自家製焼豚レシピのまとめ いかがだったでしょうか。 普段から「美味しいものを簡単に」がモットーなんですが、この焼豚づくりも実際にやってみると思ってた以上に簡単でした。 調味料の量も「このくらいかな?」という感じで適当に決めた割にはかなり理想的な味になりました。 甘すぎず塩っぱすぎず、豚本来の旨味が感じられるくらいのちょうどいい味の濃さに仕上がったので、今回のこの分量を自分のレシピとして保存しておきます。 それにしても、食べるのってあっという間ですね。 作る手間は一緒なので、もっといっぱい作っておけばよかったです。 まあ、簡単にできる事がわかったので、また作ればいいんですけどね。 冷凍保存しておくこともできるので、次回は1kgくらい作ってみようかと考え中。 お家で美味しいチャーシューメンを食べたい人は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

次の

美味しいチャーシュー

美味しい チャーシュー の 作り方

日本ではチャーシュー・焼豚・煮豚の語の使い分けが明確でないこともあり、レシピ名も混在している。 だが家庭で食べるときは美味しさが一番であり、本場の味や本来の作り方について言い争うことには益がない。 家族が喜んで食べてくれるなら、料理の名前など取るに足らないことだ。 とは言え、客人にチャーシューを供するとなれば、本場・中国の伝統の味をベースにしたものを出したいような気もする。 本場の味と言っても、作り方はさまざま存在するが、共通した作り方は、やはり煮るのでなく「焼く」ということである。 チャーシューを漢字で書くと「叉焼」だが、「叉」の字は中国語ではフォーク状の串をあらわす。 串に刺した肉をあぶり焼きにするのが「叉焼(チャーシュー)」なのだ。 煮る場合は、煮る過程で煮汁の味が肉にしみ込んでいくが、焼く場合は、あらかじめタレに肉を漬けておく必要がある。 塩コショウを中心としたあっさり味のチャーシューもあるが、私たち日本人には、タレの味がしっかりとしみ込んだチャーシューの方が人気が高いだろう。 プラスチックバッグなどを利用して、肉をあらかじめ漬け込んでから焼くのがおすすめだ。 チャーシューを作るときのもう1つのポイントは、仕上げに蜂蜜を塗ることだ。 蜂蜜を塗るタイミングは、「焼く前」でも「焼き上がってから」でもなく、「焼きながら」である。 ここを間違えてはいけない。 順を追って説明しよう。 タレに漬けてあった肉は、タレの水分を切ってから焼くのだが、残ったタレは、焼きながら肉にかけて使い切ってしまうとよいだろう。 そして、「そろそろ焼き上がったかな?」と思われるタイミングで蜂蜜を塗る。 蜂蜜を塗る理由は2つあり、1つは仕上がりに照りをつけるため。 しかし塗るタイミングがあまり早過ぎると、この照りがきれいに出ない。 照りの視覚的要素は大きく、食欲を刺激する。 肉の表面のパサつきをなくし、なめらかなチャーシューに仕上げるために、ぜひ蜂蜜の力を借りよう。 蜂蜜を塗る2つ目の理由は、肉を柔らかく仕上げるためである。 一般的に、肉は焼くと縮むが、これはタンパク質が熱によって変性するため。 蜂蜜にはこの作用をやわらげる効果があるため、肉の縮みを防ぎ、さらに保水効果によってジューシーな肉の旨みを閉じ込めてくれる。 いよいよ自家製チャーシューの作り方における最後のポイントだ。 これはコツでも何でもなく、ただオーブンを使って焼き上げようということのみである。 そもそも、豚肉を「焼く派」と「煮る派」の人がいる。 味の好みは人それぞれなので正解はないが、煮る派の意見を聞くと、焼いたときの肉のパサつきが気になるという声も多い。 一方で焼く派の主張は、「煮ると肉の旨みが流れ出てしまう」「肉の旨みを凝縮して味わうなら、表面を焼き固めて旨みを逃がさない、焼く方法だ」ということである。 だが途中で蜂蜜を塗ることによって、焼いた時の肉のパサつきを防ぐことができることを学んだ。 パサつきさえクリアできれば、焼いて作る方が、肉の旨みが汁へ流れ出ず美味しいチャーシューを作れそうだ。 最近ではオーブンのない家庭も多く、鍋1つで調理できる「煮る」方法の方が手軽なことも「煮る派」を優勢にしている一因かもしれない。 しかし最近は、スチームオーブンやコンベクションオーブンなども手ごろな価格で手に入る。 チャーシューを含め料理全体の幅を広げる意味でも、この際、1つ持っておくのもよいのではないだろうか。

次の