ひぐらしのなく頃にリメイク。 ひぐらしのなく頃に 2020秋にアニメ放送決定!旧アニメ版を無料で見られる動画配信サイトはある?気なるリメイク版の声優は?

リメイク版ひぐらしのなく頃にのビジュアル、あまり怖くない

ひぐらしのなく頃にリメイク

「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。 山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」 「ははん。 ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」 魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。 「……へへへ、そうだな。 お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。 何しろ、」 「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」 「……へっへへははははは! そうだろうな。 そうだろうよ。 ……なら聞かせてくれ。 お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」 「隊長なんて興味ないね。 部長でいいね。 」 「……部長…。 英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。 」 「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!! 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね! 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ! トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!! そして期待の新人古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」 「…………勝てねぇ…。 ……勝てねぇよ……。 …こんなヤツが隊長だったんじゃ、 …勝てるわきゃねぇやな…。 へへへへはははははははは!!」.

次の

【悲報】リメイク版「ひぐらしのなく頃に」、絵が劣化してしまう

ひぐらしのなく頃にリメイク

新プロジェクト 『ひぐらしのなく頃に』(略称、ひぐらし)のON AIRが10月だと発表されました。 古株ファンの中には、今か今かと楽しみにしている人も多いハズ。 というのも、リメイク前の『ひぐらしのなく頃に』が放送されたのは、 実に14年前の2006年だからです。 そこで今回は、 『ひぐらしのなく頃に』ってタイトルはよく聴くけど、どんな話なのかよく知らない……。 そう思っている人へ向けて、『ひぐらし』とはどんなアニメなのか、その見どころを紹介していきます。 PVを見る限り、2006年版の 「鬼隠し編」の内容にかなり近いように思われます。 さらに新キャラクター等の発表もなくメインキャラクターがそのまま続投することが同時にうかがえます。 もし、新作エピソードや新キャラクターがあれば、情報を公開していても時期的におかしくないです。 これらの要素を踏まえると、 新プロジェクトの『ひぐらし』は2006年版のリメイクだと言えるのではないでしょうか。 序盤のほのぼの展開から一転……。 のどかな田舎で次々と起こる悲惨な事件 『ひぐらし』は、主人公の前原圭一が物語の舞台である 雛見沢村に引っ越してきたところから始まります。 圭一は学校で、 部活という集まりに入部。 竜宮レナや園崎魅音、北条沙都子や古手梨花といった部活メンバーと何気ない日常を過ごすします。 そんな中、村の祭りである「綿流し」の日に殺人事件が毎年起こっている事実を知り、そのことを隠していた部活メンバーを疑い始めます。 そして、この年の綿流しの日にまた人が死んでしまい、最後にその人と会っていた圭一も命の危険を感じ始めることに……。 『ひぐらし』の簡単なあらすじは上述のようなものです。 前半の部活メンバーとの交流を中心とした明るい雰囲気から、綿流しの日を境に不可解な事件が発生し疑心暗鬼に陥っていく後半のギャップ。 この落差が『ひぐらし』最大の魅力と言えるでしょう。 真のテーマは「仲間を信じること」の大切さ 残酷でショッキングなシーンばかりが取り沙汰される『ひぐらし』。 実際、2期の『ひぐらしのなく頃に解』は当時、暴力シーンが問題視され 放送中止に追い込まれたことがあります。 *1 ですが、本作の本当のテーマはそんな上っ面な暴力の肯定ではありません。 むしろ『ひぐらし』は 「仲間を信じる」ことの大切さを教えてくれる作品なのです。 詳しい内容はネタバレになるので述べませんが、主人公・圭一は人間不信に陥り大罪を犯してしまいます。 ですが、彼はその過ちを悔い二度と仲間を疑わないと誓います。 7月放送開始だったのが延期になったのは残念ですが、出演声優さんのTwitterを見る限り、制作も順調に進んでいる様子。

次の

【悲報】リメイク版「ひぐらしのなく頃に」、絵が劣化してしまう

ひぐらしのなく頃にリメイク

新プロジェクト 『ひぐらしのなく頃に』(略称、ひぐらし)のON AIRが10月だと発表されました。 古株ファンの中には、今か今かと楽しみにしている人も多いハズ。 というのも、リメイク前の『ひぐらしのなく頃に』が放送されたのは、 実に14年前の2006年だからです。 そこで今回は、 『ひぐらしのなく頃に』ってタイトルはよく聴くけど、どんな話なのかよく知らない……。 そう思っている人へ向けて、『ひぐらし』とはどんなアニメなのか、その見どころを紹介していきます。 PVを見る限り、2006年版の 「鬼隠し編」の内容にかなり近いように思われます。 さらに新キャラクター等の発表もなくメインキャラクターがそのまま続投することが同時にうかがえます。 もし、新作エピソードや新キャラクターがあれば、情報を公開していても時期的におかしくないです。 これらの要素を踏まえると、 新プロジェクトの『ひぐらし』は2006年版のリメイクだと言えるのではないでしょうか。 序盤のほのぼの展開から一転……。 のどかな田舎で次々と起こる悲惨な事件 『ひぐらし』は、主人公の前原圭一が物語の舞台である 雛見沢村に引っ越してきたところから始まります。 圭一は学校で、 部活という集まりに入部。 竜宮レナや園崎魅音、北条沙都子や古手梨花といった部活メンバーと何気ない日常を過ごすします。 そんな中、村の祭りである「綿流し」の日に殺人事件が毎年起こっている事実を知り、そのことを隠していた部活メンバーを疑い始めます。 そして、この年の綿流しの日にまた人が死んでしまい、最後にその人と会っていた圭一も命の危険を感じ始めることに……。 『ひぐらし』の簡単なあらすじは上述のようなものです。 前半の部活メンバーとの交流を中心とした明るい雰囲気から、綿流しの日を境に不可解な事件が発生し疑心暗鬼に陥っていく後半のギャップ。 この落差が『ひぐらし』最大の魅力と言えるでしょう。 真のテーマは「仲間を信じること」の大切さ 残酷でショッキングなシーンばかりが取り沙汰される『ひぐらし』。 実際、2期の『ひぐらしのなく頃に解』は当時、暴力シーンが問題視され 放送中止に追い込まれたことがあります。 *1 ですが、本作の本当のテーマはそんな上っ面な暴力の肯定ではありません。 むしろ『ひぐらし』は 「仲間を信じる」ことの大切さを教えてくれる作品なのです。 詳しい内容はネタバレになるので述べませんが、主人公・圭一は人間不信に陥り大罪を犯してしまいます。 ですが、彼はその過ちを悔い二度と仲間を疑わないと誓います。 7月放送開始だったのが延期になったのは残念ですが、出演声優さんのTwitterを見る限り、制作も順調に進んでいる様子。

次の