おうちゃんひめちゃん。 おうくんとひめちゃん

プリンセス姫スイートTVが何かおかしい3

おうちゃんひめちゃん

香川家分裂? もとちゃんが加入してからチグハグな出来事が多くなった香川家。 家族4人が揃うことは滅多になくなり、また揃ってもプリ姫の主役である姫ちゃんから笑顔が消えて元気がなくなっていた。 そしてついに12月2日、パパと姫ちゃん2人の「」が配信開始。 これだけでも家庭内分裂を匂わせるには十分なのだが、更にママは炎上の最中に火に油を注ぐ。 プリ姫ブログの「あはは~」事件である。 com これ、最後の三行はいらないでしょ! とまたまた炎上。 さらにこの日以降、プリ姫ブログの結末は必ず「どの男とでしょうか?」で終わる徹底ぶり。 さすがにしつこいとアンチ組が飽き飽きしてきたところでネタばらし。 12月8日のブログの最後に さてここで問題です!! なぜ、「どの男と行ったでしょうか?」 と何度もクイズにしていたでしょうか?? 正解は・・・ パパに向けてのクイズでした!! パパに男好きって言われたんです~ あはは~ さらに、男好きって言われただけでなく、 毎日男と遊んでいいって言われたんです~ あはは~ 他にもいろいろ言われたんですけどね~ あはは~ うーん。 となっています) 明暗分かれる この通称あはは~ブログから、プリ姫は完全に分かれました。 は、ママ、おうくん、もとちゃん。 は、パパ、ひめちゃん。 もとちゃんを中心に30男集団が動画を配信する。 現在まで、この3つがプリ姫グループとして基本的には別々に活動しています。 この中で本家でもあるプリンセス姫スイートTVはやはり強く、以前のような数百万再生の回数は大きく減りましたがやはり強いです。 次いでPrincessひめちゃんねる。 姫ちゃんがいてこそのプリ姫、というファンはこちらを中心に見ているようです。 ただ現在姫ちゃんは学業中心の生活になったようで、ロケやイベント動画が無くなったためにゲーム配信や、チャンネル分裂時から飼い始めたトイプードルの「こちょ」と遊ぶほのぼの路線にシフトチェンジした模様。 人気の人形劇では数十万再生はいきますが、ゲーム配信では苦戦中。 やっぱり該当のゲームを持っていないと興味が薄れますからね。 最後のプリ姫ー。 これがちょっと意味不明。 メンバーはもとちゃん、伊崎兄弟、へいちゃん、かいちゃん。 それぞれに実績のあるタレントさんですが、なぜプリ姫グループなのでしょうか? プリ姫の所属事務所グッデイの絡みですかね? ただもとちゃんだけが2つのチャンネルで活動。 プリ姫会社の取締役にも就任したことで思わぬ逆風が吹きます。 香川家の不協和音が聞こえ始めた時期と、もとちゃんのプリ姫ファミリー加入の時期が重なったために、もとちゃんが香川家、ひいてはプリ姫チャンネルの分断の原因と批判の矛先を向けられたのです。 そしてもとちゃんを厚遇しているママへの批判も高まります。 炎上商法を狙ったものかはわかりませんが、明らかにパパを挑発するようなブログを書き、新しく出来た2つのプリ姫グループチャンネルのうち、ーへのリンクは貼ったのにひめちゃんねるは放置。 現在も無視しています。 出典:. com サブチャンネルにはプリ姫ーしか見当たりません。 これが姫ちゃんファンの怒りを買い、ママともとちゃんは悪者みたいな扱いをネット上で受けます。 一方のパパと姫ちゃんは被害者みたいな扱いになり、今まではパパも姫ちゃんも結構ネットでは叩かれていたのですが一気に擁護されるという現象が… 明と暗がくっきり分かれたのです。 そして例の大騒動が起きるのですが、今日はここまで。 つづく mihiro63.

次の

HIMAWARIちゃんねるって?まーちゃん、おーちゃんのプロフィール!

おうちゃんひめちゃん

終わりにするって書いたけど、これを本当に最後にして書いとくね。 私はHSP当事者だからか、我が子がHSCなのかな?という疑問には「せっかちなのかな?」「甘えん坊さんなのかな?」くらいに思ってる。 不登校に関しても、結局は個人差と環境などが大きく関わっているような気がするんだよね。 周りでもHSCだった人は不登校でなかった人が多い。 それにHSCではない人もやはり環境要因などから不登校になっていたからね。 HSCは感受性豊かで疲れやすいけど、だからと言って不登校とかネガティブなイメージとイコールにして考えてほしくない。 トピのアンチの書き込みが多い件についても、そこで発言する事そのものをアンチ行為に結び付けないでほしい。 私は他人のコメントにあまり興味が無いから、ほとんど遡って読んだりしないし、自分に対してのレスやその周辺のコメントは一通り目を通すけどね。 この発言の前にも、面白半分か知らないけどファーストパパさんのTwitterを紹介している人がいるよね。 ファンを名乗れば何を書いて誰を攻撃しても良い権利を得られる訳でもないのに。 そして受け手の事に触れてあるから詳しく書くね。 ファーストのお子さんの、プレゼントの絵本で泣いちゃう姿や視界を遮られて怖がってしまうところ、親しい人と合流した時も少し照れてはにかんでるところが幼い頃の自分にそっくりで親近感がわく。 きっと感性豊かなんだろうけど、どうだろう?という内容です。 HSCなのかな?だけを切り取れば確かに聞こえは悪い。 でも、文章の感情移入してしまう。 までを切り取らずに読んでほしい。 感情移入してしまうという言葉に子供を攻撃する意図が無い事は明確ではないでしょうか。 16439の応保です。 HSCの件については、一時期学校に行けなくなった、はちゅちゃんがそれでプチ炎上したし、 各種メディア媒体で不登校との関連性を問いかけてるから、 あまり良いイメージを持たれてないのでしょう。 子を持つ親なら皆さんHSCについて学んでいると思いますよ。 もし貴女のお子さんが、そんな事実はないのにそのように書かれたらどう思いますか。 悪気がなく書き込んだつもりでも、不特定多数が見る匿名掲示板ですので、 受け手がどうとるか予測困難ですよね。 あとここのトピは、アンチの書き込みの方が多いから、余計に悪くとられたのかもしれませんね。 長文失礼。 永承はどうしても私のコメントを誹謗中傷扱いしたいんだね。 それこそ永承の方が匿名掲示板だからって好き放題書いてるよね?匿名を変え忘れただけで粘着とか言われるのも初めてだし、なんか嫌な気分。 そして、誹謗中傷を無くそう!ってのはとても良い事だと思うけど、適当に相手見つけて誹謗中傷だ!って言うのは何の解決にもならないと思うんだよね。 誹謗中傷を弾糾する為なら「粘着怖い」だとかそれこそあらぬ事を妄想して物を言うのは良いやり方ではないし。 もし、コメント返信してくれた人がHSCについてネガティブなイメージを持っていて、それを発言した事が許せないなら謝ります。 ごめんなさい。 ただ、HSP当事者としてはそんな偏見で語られる者だと言うことがとても残念でならない。 せっかちとか甘えん坊とかと同じ括りで語られても良いはずなのに、そこだけ物凄く反応して叩かれるのは納得いかない。 もう一度だけ書いて終わりにするけど、 HSCやHSPって持って生まれた性格の一つです。 そんなに過剰に反応して誹謗中傷だと突っかかられた挙句、匿名だからどうのこうのとサンドバッグにされた事が残念でなりません。 因みに、私が最初にコメントした事はファーストのお子さんと私の幼少期が似ているから感情移入する、共感する。 って事。 しかもファーストのお子さんがHSCだ!なんて私は書いていない。 これでも誹謗中傷と言うのならもう私にはどうしようもない。 UUUM株式会社 コーポレートサイト UUUM クリエイターサイト 皆さん、UUUM所属のクリエーターへの誹謗中傷は今後取り締まりが厳しくなりますよ。 情報通報窓口も設けるようなので、目に余るアンチ行為はどんどん通報しましょう。 UUUM、クリエイターを守るための、誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チームを設置 UUUM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:鎌田 和樹、以下、UUUM)は、インターネット上の誹謗中傷および攻撃的投稿からUUUM専属クリエイターを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」を設置し、その対策方針を決定しましたのでお知らせいたします。 インターネットは誰もが自由に発言することができる場として発展してきました。 一方で、匿名や非対面によるコミュニケーションであることを背景に、誹謗中傷や、著しい侮蔑、危害の予告などの攻撃的書き込みによる被害が深刻化しており、UUUMクリエイターにおいても、ひとりひとりの個人として、誰もがそのターゲットとなる恐れがある状況です。 UUUMは、従前よりクリエイターサポートの一環として、UUUM専属クリエイターがネット上で受ける被害を防止・軽減するため法的措置等の対策に取り組んでまいりましたが、現在の社会状況を受け、改めて、より断固とした法的措置を講じていくことを基本方針とし、クリエイターを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」の設置を決定いたしました。

次の

【プリンセス姫】ひめちゃんとおうくんの年齢は?YouTuberデビューからの成長がすごい!

おうちゃんひめちゃん

amazon. youtube. youtube. amazon. youtube. youtube. amazon. youtube. amazon. youtube. amazon. youtube. amazon. youtube. amazon. youtube. amazon. amazon. amazon. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. amazon. youtube. amazon.

次の