じゃぶじゃぶ 課金 し たく なる よう な 射幸 心 を 煽り まくる 説明 文章。 (2ページ目)「ハルコ・オッペンハイマー」「じゃぶじゃぶ課金」……ゲーム業界に炎上マーケティングの嵐!?|日刊サイゾー

上司「じゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文章を入れろ」彡(゚)(゚)「おかのした」

じゃぶじゃぶ 課金 し たく なる よう な 射幸 心 を 煽り まくる 説明 文章

「じゃぶじゃぶ課金」!? メーカーの欲深い本音がダダ漏れ とあるブラウザゲームの「遊び方説明」がネット上で話題になった。 ブラウザゲームとはPCのブラウザ上でプレイするゲームのこと。 PCさえ持っていればゲーム機もソフトも購入する必要がなく、会員登録さえすればタダでプレイできる。 ただし、基本無料だが、一部アイテムやキャラクターが有料の場合が多い。 有名な例を出すと、ランダムでレアアイテムが獲得できるとうたい抽選権を得るために課金させる「コンプガチャ(コンプリートガチャ)」などだ。 このように無料ゲームを配信しているメーカーが稼ぐためにはいかにユーザーに課金させるかが勝負となることも。 とはいえこれはメーカー側の表に出したくない「本音」の部分だ。 しかし、1月27日にリリースされたDMM. comの「FLOWER KNIGHT GIRL」の遊び方説明の欄に、「プレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文章」というテキストが掲載されていた。 リリース当日にプレイしたユーザーが気づき、すぐさま2ちゃんねるでプレイ中のキャプチャ画面を晒した。

次の

【速報】DMMが「FLOWER KNIGHT GIRL」のじゃぶじゃぶ課金を事実と認めた!!

じゃぶじゃぶ 課金 し たく なる よう な 射幸 心 を 煽り まくる 説明 文章

テレビのニュースには拾われないかもしれないけれど、ネットの一部で盛り上がったあの話題。 知りたい人へお届けします。 「じゃぶじゃぶ課金」!? メーカーの欲深い本音がダダ漏れ とあるブラウザゲームの「遊び方説明」がネット上で話題になった。 ブラウザゲームとはPCのブラウザ上でプレイするゲームのこと。 PCさえ持っていればゲーム機もソフトも購入する必要がなく、会員登録さえすればタダでプレイできる。 ただし、基本無料だが、一部アイテムやキャラクターが有料の場合が多い。 有名な例を出すと、ランダムでレアアイテムが獲得できるとうたい抽選権を得るために課金させる「コンプガチャ(コンプリートガチャ)」などだ。 このように無料ゲームを配信しているメーカーが稼ぐためにはいかにユーザーに課金させるかが勝負となることも。 とはいえこれはメーカー側の表に出したくない「本音」の部分だ。 しかし、1月27日にリリースされたDMM. comの「FLOWER KNIGHT GIRL」の遊び方説明の欄に、「プレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文章」というテキストが掲載されていた。 おそらくこの文章はゲーム制作者に向けた「サンプルテキスト」で、何らかのミスで公開されてしまったものと推測される。 それにしてもここまで本音丸出しのサンプルテキストは珍しい。 日々大量のタイトルをリリースしているメーカーだと、制作の現場でも同時進行が多発しているのだろう。 うっかりミスが発生してもおかしくはないが、このミスは致命的といえる。 しかし実際の反応では「すげえ…欲望丸出しだあ…」「最高だよなこれ 今年始まって以来の爆笑だわ」「このまま直さないで欲しい 伝説になる」などと、本音の清々しさからかネタとしていじるユーザーが続出。 中には、「これは課金するわ」「急いで貯金おろしてこなきゃ」とネタに乗っかるユーザーも出てくるほど。

次の

ソシャゲで運営が炎上した、ガチャの確率操作疑惑など事件集

じゃぶじゃぶ 課金 し たく なる よう な 射幸 心 を 煽り まくる 説明 文章

DMMが新しくリリースしたゲーム「FLOWER KNIGHT GIRL(フラワーナイトガール)」にユーザー軽視のひどい文章が混じっていた事件についてDMMが誰かがつくったコラではなく事実であると認めた。 前回の記事: まずは事件についておさらい。 遊び方のところに「プレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文」と書かれており大変な騒ぎになった。 さらにイベント内容の箇所には「プレイヤーのモチベーションを引き上げるかっこいいイベント内容の説明文章」という文字が。 おいしいお米セシウムさんを彷彿とさせる事件だ。 ファンの間では変な文章が表示されるとして大変な騒ぎになったが、すぐに対応されたため多くの人が確認できず、後にコラ疑惑も浮上した。 すでに炎上はおさまっているが、この件についてWEDGE InfinityがDMMに電話で突撃。 DMMはなんと素直に認めたのだ。 ちなみに、2ちゃんねるにアップされた画像が悪質なコラの可能性もあるため、DMM. comに電話確認したところ、「間違いなく弊社のゲームです。 申し訳ございませんでした」とすぐに認めてくれた。 ということでじゃぶじゃぶ課金事件は誰かがでっちあげたイタズラなどではなく、紛れもない事実。 騒ぎになった当時、自称「画像解析のプロ」や「ゲーム開発者」がコラ画像と断定していたのは何だったのか…。

次の