テセウスの船黒幕は。 テセウスの船考察!犯人黒幕が原作違う理由は?さつき先生最終回は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

テセウスの船でみきおの共犯者黒幕は誰?原作とは異なる結末に衝撃か!?

テセウスの船黒幕は

tbs. 音臼村祭の実行委員だった石坂校長が1977年を最後に祭りは中止になってしまったことに対して、佐野文吾を恨むきっかけになったのではないかと考えられます。 石坂校長が犯人、黒幕である考察は以下のとおりです。 佐野一家拉致監禁事件は不可能ではない 石坂校長が犯人だったとすると和子が重すぎて運べないと思いますが、和子が出発したのは早朝で、学校に子どもたちが集まってくるまでには時間があったと思うので、加藤みきおが手伝ったと考えると不可能ではありません。 遺留品の行方を見守っていた• 佐野文吾に疑いがかかるように作られたフロッピー• 三島明音を盗撮したと思われる写真• 金丸刑事が持っていたと思われるライター これらを村外れに捨てて、その行方を見守るように、陰から第1発見者である田中正志を見ていたと思います。 これは自分が捨てたものを警察によって発見してもらうところを自分で確認したかったからなのではないでしょうか。 文吾に自供を促す 10話では佐野文吾が「犯人は俺だ」と自供するようです。 音臼村祭での出来事に対して、文吾は石坂校長に何らかのうしろめたさがあったのではないでしょうか。 例えば音臼村祭で亡くなってしまったのは徳本の母だけだったのかもしれないが、石坂校長の息子もキノコ汁で食中毒を起こしてしまい、三島医院に急いで運ぼうとしたが、スピード違反か何かの取り締まりで佐野文吾に車を止められてしまい、治療が遅れたため、後遺症が残ってしまったということも考えられます。 息子に後遺症が残ってしまったことで、三島一家にも恨みを抱いてしまったとも考えられるため三島千夏を殺害し、明音を監禁することにもなったのではないかと思います。 金丸殺害は加藤みきおが実行犯 石坂校長が実行犯だとすると金丸が「おーい、この辺りかー?」という言い方はしないと思うので、崖の上にいたのは加藤みきおで、それを見ていた佐々木紀子が「小さな子どもがこんなことするなんて・・・」と思って怖くなり、村を出たのではないでしょうか。 校長室にあった人形がみきおの部屋にもあった たまたま、石坂校長がみきおにプレゼントしただけかもしれませんが、同じものがみきおの部屋にもあったということは何かしらのつながりがあるのではないかとも考えられます。 石坂校長は現役時代は美術教師? ポスターの絵も描くほど、絵が上手なことから犯行の予告に使われた絵も 石坂校長が描いたものではないかと考えられます。 あの程度の絵であれば誰でも描けるような気がするので絵だけでは犯人とは断定できないものの絵を描くことが得意、もしくは趣味である人が犯人である可能性はとても高いと思います。

次の

『テセウスの船』まさかの黒幕に衝撃&現代の佐野家の姿に「やられた」「最高」の声(ネタバレあり) /2020年3月23日 1ページ目

テセウスの船黒幕は

もくじ• 食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。 するとそこに、校長先生が入ってくる。 「興味ありますか?」 それは村のお祭りで使うものだと校長は説明する。 村では1月7日に狐のお面を被ってお供え物を捧げるのだそうです。 その話を聞き、心は以前タイムスリップしたのも1月7日だったことを思い出す。 その時校長にさつきの行方を聞かれ、職員室にいるはずの心が姿を消したことに驚く。 すぐに文吾に連絡すると、文吾は 「心さんは学校で待機してて!」 と言う。 さつきの家を回ってみるという文吾にざわつきながらも心は学校に留まる。 そんな時、心は加藤の絵画を見つける。 気になった心は加藤の絵画を書き留めていたが生徒たちの声に気づき、お泊り会の持ち物検査をするために移動する。 さつきの行方は相変わらずわからずに文吾がパトカーで合流する。 「加藤は来るの?」 何も知らない生徒が聞いてくるが、加藤は心たちの動向に感づいており、別の方法で犯罪を仕掛けてくるはず・・・。 そんな時、校内放送が流れてくる 「あっ、加藤くんの声だ」 放送室に加藤がいると確信した文吾と心は向かい、少年加藤を見つける。 さつきの居場所を少年加藤に尋ねるが、知らないとかわされてしまう。 さらに心たちは少年加藤の荷物検査を要求するが 「プライバシーの侵害だ!」 と少年とは思えぬ事を言う加藤少年。 無理矢理荷物検査をしようとするものの、大声を出されてしまい心たちは他の教員によって引き離されてしまう。 「荷物検査に対するクレームがきてる」 文吾の異常な警戒心に不信感を表す他の教員たち。 しかし、大量殺人を起こさないために警戒する心たちは、なんとか少年加藤の荷物検査を行うことに成功! そして水筒の中身を捨てるのだった。 毒物の混入を恐れた2人は時間まで 「水道水以外は口にしないでくれ!」 と他の人に念を押します。 しかし、そんな心たちをあざ笑うように少年加藤は子供たちにお土産だと 「溶かすとジュースになるよ」 と粉を渡すのでした。 一方、鈴の行方が音臼岳の小屋にいると確信した心は文吾と別れて山を登ります。 小屋に着くと中からは加藤が事件を告白するカセットテープの音が漏れ聞こえてきていた。 その次の瞬間、心は何者かに石で殴られ気絶してしまう・・・。 心が目を覚ますと、廃棄されたテープのそばで倒れているさつきを発見する。 心自身も頭部からの出血が酷く、意識が朦朧としている・・・。 するとそこに1人の男が現れる。 男の正体はなんと、加藤みきお本人であった・・・。 和子と鈴の居場所を問い詰める心。 そして加藤は自分も心同様、2017年からタイムスリップしてきたと語る。 ドラマでは2020年ですね 鈴たちはここにはいないと加藤は答え、さらにはお泊り会での大量殺人も飽きたからおらないと明言する・・・。 「僕は鈴が欲しかった・・・最初の鈴が・・・。 」 加藤は小学校の時に転校してきて知り合った鈴に惹かれた。 そしてこの世界が自分と鈴だけのものになれば良いと願っていた・・・。 さらに加藤は鈴に結婚するならどんな人が良いかを尋ねる。 鈴がお父さんみたいな人がいいと答えた事に怒りを感じる加藤は、 「正義感を振りかざすだけの警察」 と強い口調で鈴を否定する。 そしてすぐに謝罪するも、この時から加藤は鈴に執着するようになった。 事件後のことを語る加藤。 行方をくらませた鈴を粘着して追いかけていたためにどこの児童養護施設にいるのかなど、顔を整形した事実まで全て知っていたのだった。 「お前の狙いは鈴だったのか!?」 加藤は愛する鈴と再会を果たすが、もうあのころの純粋な鈴はどこにもいない・・・。 と加藤は絶望する。 いやいや、お前のせいやがな・・・。 そして絶望した加藤は慰霊祭にて全員を巻き添えに自殺をしようとするけど、そこに現れた心と一緒にタイムスリップしたのだと語る。 タイムスリップした加藤はまず、幼少期の自分に会いに行く。 そしてこのままでは愛する鈴が変わってしまうことを告げる。 すると少年加藤は 「おじさんの言う通りにするよ」 と言う。 少年加藤、物分かりが良い 笑 そして火事が起きた日、加藤は心を消すために家を訪れ、心を妊娠中の和子を襲おうとするが、鈴が文吾からの伝言を伝えに来たため中断する。 「なんで消さなかったの?」 少年加藤に問われた加藤は鈴が変わってしまったのは幼少期の辛い体験が原因かもしれない・・・と考え 「このまま何もしない方が良いのかもしれない」 と話す。 そして加藤信也として全ての罪を被り、自殺すると言い、心もろとも焼身自殺を図ろうと小屋に火をつける。 一方、別の場所に囚われていた文乃と鈴の元に、ある人物が助けに来る。 「大丈夫?助けてあげる!」 そしてそれから時間が経過し、小屋に火をつけた加藤は心を捜しに来た文吾を殺すために襲い掛かる! すると、その間に焼き殺したはずの心が割込み、心が刺されてしまう・・・。 「しっ、心さん!!」 拳銃で加藤を撃退した文吾は、心に駆け寄る! 息も絶え絶えの心に、文吾は話を聞いてくれと語りかける。 「心!死ぬな!お前は俺の息子なんだ!!」 その言葉を聞いた心は、満足そうに微笑み、息を引き取る・・・。 これは原作漫画では最終巻である10巻の出来事です。 本当はここからもちょっと続きがあるのですが、ドラマではまだ8話ですし、そこは割愛させていただきます。 もし、原作10巻を最後まで見たい場合は、下記の記事からご確認してくださいませ。 「テセウスの船」原作とドラマでは、過去に戻ってからの物語が違う 正確には、心が再び過去に戻ってから・・・というよりも、未来に戻ってから、原作と違う点が増えてきました。 気になるが、佐々木紀子です。 原作では、佐々木紀子は結婚して、上野紀子になっておりました。 しかし、ドラマでは松尾紀子・・・となっています。 それを8話の予告を見て思いました。 加藤みきおは確かに色々な事を実行している犯人ではありますが、やはりドラマ版にはその裏に黒幕、真犯人がいるようです。 ドラマ版の7話では木村みきお出てきてなかったし・・・。 木村みきおも過去にタイムスリップしてるよね?きっと・・・。 ここも含めて、8話で明かされる!? テセウスの船でもそういったチェインストーリーが今後配信されるのか・・・。 それとも、下町ロケットなどのように、ディレクターズカット版だったり、完全版が配信されるかもしれませんね。 何にしても、テレビやTVerで観るだけでも満足は出来ると思いますが、更に作品を深く楽しむにはParaviを観るしかありません。 本当の真相はパラビで!なんて、どこぞのテレビ局とどこぞの動画配信サービスが行ったような愚行がない事を祈りましょう・・・。 そして電子書籍は、U-NEXTにあります! 原作をじっくり読みたいという場合は、是非U-NEXTをご利用になられては如何でしょうか。 それではこれからストーリーが展開されていく「テセウスの船」を楽しみにしていましょう! 真実は何なのか! 親子の絆を見届けましょう! 【関連記事】.

次の

テセウスの船|黒幕は誰?Twitterでは佐野文吾へ恨みがある人と予想!

テセウスの船黒幕は

竹内涼真が主演するTBSのドラマ「テセウスの船」の原作のあらすじとネタバレです。 このページは「」からの続きです。 さて、行方不明になっていた三島明音が、新聞配達員・長谷川翼と一緒に死体で見つかった。 死因は2人とも青酸カリによる中毒死だった。 三島明音は長谷川翼に乱暴されていたことが判明し、現場に落ちていた「S」のキーホルダーは姉・佐野鈴の物だと判明した。 田村心は三島明音らを殺害した容疑で追求されていたが、釈放され、佐野家に戻った。 父・佐野文吾が「音臼村で何が起こるのか教えて欲しい」と頼むと、田村心は重い口を開き、音臼小学校で21人が青酸カリで殺害され、その犯人が父・佐野文吾だと教えた。 そして、田村心は、自分は父・佐野文吾の息子だと明かし、家族は誰も父・佐野文吾の無罪を信じず、事件後に家族が崩壊した事を教えた。 それを聞いた父・佐野文吾は、自分が人を殺すはずが無いと言い、証拠が無いのなら出て行けと激怒した。 このため、田村心は佐野家を出たのだが、再び霧に包まれタイムスリップし、現在(2017年)に戻った。 一方、28年前の犯人は、田村心が捨てた免許証とノートを拾うと、自分がやろうとしていた計画がノートに記載されていたので「これは夢のノートだ」と喜んだ。 (注釈:ここからの登場人物は、2017年の登場人物になります。 ) さて、田村心は、2017年6月10日に戻ったので、28年前の「音臼小学校無差別殺人事件」をスマホで検索してみると、事件の発生日も内容も少し変わっていた。 事件の発生日は1日遅れた6月25日で、事件の内容も、青酸カリの入ったジュースから、青酸カリの入った牛乳に変わっていた。 しかも、母は田村心を出産した後に一家心中を図り、母と長男は死亡し、田村心と姉だけが助かっていた。 驚いた田村心は、娘・未来の事が心配になり、慌てて東京へ戻ると、娘・未来は居なかった。 妻・由紀の実家に取られたのかと思い、妻・由紀の実家へ行くと、妻・由紀は生きていたが、妻・由紀の両親は田村心の事を知らないようだったので、田村心は立ち去った。 さて、田村心は児童養護施設「しらぎくの杜」から連絡を受け、「しらぎくの杜」を訪れ、自分と姉が28年前の事件後、「しらぎくの杜」に居たことを知る。 田村心と姉は事件後、「しらぎくの杜」に入ったが、やがて「音臼小学校無差別殺人事件」の犯人の子供だと知られてしまい、イジメを受けるようになり、姉は高校進学を拒否し、田村心を残して「しらぎくの杜」を出て行ったのだという。 翌日、田村心の部屋に郵便が届いた。 開けると、中から気持ち悪い絵が出てきた。 絵には、子供を身ごもっている女性が描かれていた。 田村心は、その絵を見て、28年前の音臼村の田中義男の家で見た絵を思い出し、妻・由紀が狙われてるのではないかと考え、妻・由紀の実家を訪れ、由紀が危ないと訴えた。 しかし、過去が変わったため、由紀の両親は田村心の事を覚えておらず、田村心を不審者だと思い、警察に通報した。 田村心は慌てて立ち去るが、そこへ、由紀が帰宅したので、連絡先を交換したのだった。 岸田由紀は、記者として28年前の「音臼小学校無差別殺人事件」を追っており、田村心を事件の加害者家族として取材しに来たのだ。 田村心は、怒って岸田由紀を追い返し、岸田由紀がもう自分の知っている妻・由紀ではないことにショックを受けた。 さて、田村心は、何者かから送られてきた気持ち悪い絵の消印が札幌だと気付いたので、もう1度、北海道の音臼村へ行くことを決意した。 さて、北海道を訪れた田村心は、音臼村へ行く前に、拘置所に居る父・佐野文吾に面会する。 父・佐野文吾は28年前の田村心を覚えており、再会を喜ぶと、田村心が消えた後の事を話した。 28年前、田村心が消えた後、学校は対応に追われたが、田村心は東京へ帰ったということになった。 さらに、三島明音が死んだ事件の真相をつかみかけていた刑事・金丸が崖から落ちて死んだため、事件の真相は変わらないままに終わった。 姉・佐野鈴は吹雪になったので停留所で避難していただけだと言い、三島明音の事件には関係は無かった。 そして、三島家は病院を廃業して音臼村を出た。 新聞配達員・長谷川翼の婚約者・佐々木紀子も音臼村を出た。 その後、父・佐野文吾は「音臼小学校無差別殺人事件」を阻止するため、学校でのお泊まり会の中止を訴えたが、理由を説明することができず、聞き入れられなかった。 このため、父・佐野文吾は学校の警備を強化したので、6月24日の「音臼小学校無差別殺人事件」は起きなかったが、翌日の6月25日に青酸カリ入りの牛乳を飲んで、21人が死んだ。 結局、父・佐野文吾が疑われ、佐野家から青酸カリが見つかったため、逮捕された。 青酸カリは「木村鍍金工場」から盗まれた青酸カリと一致したが、どうして佐野家に青酸カリがあったのか、父・佐野文吾も理由が分からないのだという。 さて、拘置所を後にした田村心は、「音臼小学校無差別殺人事件」について調べていると、被害者が変わっていることに気付いた。 教師の木村サツキも死んでいなかった。 田村心は、父・佐野文吾に住所をおしえてもらい、姉・佐野鈴に会いに行き、道ばたで姉・佐野鈴と再会する。 すると、姉・佐野鈴は整形で顔を変え、名前も「村田藍」に変え、別人として生きていた。 2人は簡単な話をして、連絡先を交換して別れた。 注釈:ここから、姉・佐野鈴は「村田藍」で表記します。 ) さて、姉・村田藍は車椅子の男性と暮らしていた。 男性は内縁の夫で、内縁の夫は姉・佐野鈴が田村心と会っている所を目撃しており、「誰と会ってたの?」と尋ねた。 姉・村田藍が弟だと説明すると、内縁の夫は「弟が居たなんて初めて聞いた。 友達にも会わせてくれないし、弟にも会わせられないって何?」と不満を漏らしたので、姉・村田藍は田村心を食事に招くことにした。 そして、姉・村田藍は田村心と一緒に最後の面会に行くと、父・佐野文吾は再審請求に向けて有力な証拠が見つかりそうだと話した。 28年前に「木村鍍金工場」でパートをしていた佐々木紀子が、佐野家から押収した青酸カリは佐々木紀子が「木村鍍金工場」から持ち出した物だと証言してくれ、他にも証拠を持っているのだという。 さて、面会を終えた田村心は、姉・村田藍の自宅へと向かい、姉・村田藍の内縁の夫と、その母と会う。 内縁の夫は、木村ミキオと名乗った。 田村心は、木村ミキオという名前に聞き覚えがあり、不思議に持っていると、姉・村田藍の部屋で音臼小学校の写真を見つけた。 なんと。 木村ミキオは、田村心の教え子・加藤ミキオで、その母親は女教師・木村サツキだった。 木村ミキオは、28年前の音臼小学校無差別殺人事件の被害者で、青酸カリ入りの牛乳を飲んで下半身不随となり、親戚の女教師・木村サツキに引き取られたのだ。 田村心は、動揺しながらも、姉・村田藍の家を出ると、姉・村田藍が追いかけてきて、木村ミキオと知り合った経緯を話した。 木村ミキオは、姉・村田藍の素性を知らないのだという。 それを聞いた田村心は、一生、素性を隠し通せるはずがないので、新証拠を見つけて、父・佐野文吾のえん罪を証明するしかないと考えた。 そこで、田村心は、記者・岸田由紀を北海道に呼び、佐々木紀子が証言するので、父・佐野文吾のえん罪が証明される可能性があることを教えた。 その話を偶然、聞いていた木村サツキは、遺族会の会長に電話をして、佐々木紀子の住所を入手した。 そして、木村サツキは、村田藍を呼び出すと、「佐野鈴。 貴女のことは全部、知っている」と言い、秘密を守る代わりに、佐々木紀子の証言を止めるように命じた。 そして、木村サツキは村田藍を連れて、佐々木紀子の部屋を訪れると、佐野鈴も一緒だと言い、佐々木紀子の部屋に上がることに成功したのだった。 「」へ続く。

次の