ポケモンウルトラサンムーン裏世界行き方。 【ポケモンサンムーン】簡単にレベル80まで上げる裏技が話題に!

ポケモン サン・ムーン 攻略情報【SM】

ポケモンウルトラサンムーン裏世界行き方

カビゴン いねむりポケモン ぜんこくNo. 143 アローラNo. USUM 043 アローラNo. SM 036 高さ 2. 1m 重さ• 460. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Snorlax タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• C ゴンベ呼出 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• ゴンベ呼出 主な入手方法 SM• 『ほのお』『こおり』タイプの技を受けた時、ダメージが半減する。 第6世代は威力:50 Lv. ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 自分が場を離れると効果は消える。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『きのみ』はなくなる。 ダブルバトル用。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 道具を持っている場合は失敗する。 USUM New! 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ダブルバトル用。 USUM New! 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 『きのみ』はなくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 29 金銀ク ,Lv. 19 RSE ,Lv. [Lv. [Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 [技36 赤緑青ピ ,ポケモンXDの教え技。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。

次の

【USUM】ウルトラワープライド操作方法の切り替え方!【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモンウルトラサンムーン裏世界行き方

Contents• ストーリー攻略時に強いポケモンってどんなポケモン? ストーリー攻略時に強いポケモンの特徴は、ある程度決まっているといえます。 攻撃or特攻と素早さが高い• 攻撃範囲が広い(相手の弱点をつきやすい) この二点が攻略時には最も大事だと思います。 ただ攻略時にはポケモンを選び放題というわけにもいかないので、タイプ相性の補完を重視しながらパーティを選んでいくことになるかと思います。 どうも 今作サンムーンの新登場ポケモンは素早さが遅いポケモンが多く、攻略時には使いにくいポケモンが多くなっている気がします。 御三家のおすすめは圧倒的にアシマリ 最初に選ぶポケモン、いわゆる御三家ですが、どれを選ぶのがおすすめかどうかは、 「序盤が楽かどうか」でだいたい決まってくるかと思います。 というのも、序盤は捕まえられるポケモン自体が少なく、パーティ構成の自由度も低いため、御三家の弱点を他のポケモンで補いにくいからです。 そして今回のサンムーンでは、 おすすめ御三家は序盤が圧倒的に楽なアシマリです。 アシマリを選ぶと本当に難易度がガクっと下がると思います。 むしろ下がりすぎでちょっと物足りないかもしれません。 その理由を列挙してみます。 最初の試練では ぬしのラッタにチャームボイスが効果バツグン。 しかも全体攻撃なのでコラッタを呼ばれても一掃できる。 ( ムーンのみ。 サンはデカグースが出現する模様)• 最初の大試練では島キングのポケモンが格闘タイプであるため、 チャームボイスが効果バツグン。 スイレンの試練で超優秀技である 「ねっとう」のわざマシンを入手可能。 今後しばらく等倍でも敵が一撃に。 カキの試練では 炎タイプのぬしポケモンが登場するので、これも超有利。 二つ目の大試練であるライチは岩ポケモンの使い手。 大試練が2連続で有利なのは大きい。 こんな感じに、序盤で有利な相手が続きます。 相性だけでなく「ねっとう」のわざマシンの存在が大きいですね。 また後述する他のおすすめポケモンとの相性もいい感じなんですよね。 技がテレポートのみですぐ逃げられるので、スーパーボールで即捕まえるかゴースで眠らせましょう。 チャージビームのわざマシンを入手するまで攻撃技がないという困ったヤツですが(昔は進化でねんりき覚えたような記憶あるんですけどね…)、それ以降は非常に高い特攻を活かして大活躍。 レベル21あたりでサイケこうせんを覚えてからは、 大体の相手は等倍でも一撃で素早さも高いので信頼感抜群です。 特にアシマリを選択していた場合は水タイプの相手に対してチャージビームで抜群を取れるのが嬉しい。 付加効果の特攻アップもかなり優秀です。 エーフィは進化条件がなつかせて昼にレベルアップと簡単で、高い特攻と素早さが魅力。 フーディンに比べると少し攻撃範囲で劣りますが、くさむすびは覚えられるので充分かと思います。 ニンフィアはポケリフレで仲良し度を2以上に上げて、フェアリー技を覚えた状態でレベルアップ。 こちらは貴重なフェアリータイプとして活躍できます。 ウルトラサン・ウルトラムーンでは、難易度が上がったスイレンの試練のためにサンダースも序盤からおすすめ。 スイレンの試練以前に進化させるにはポケモン預かり屋にいる女性に孵化させたイーブイを見せてかみなりのいしを貰う必要があります。 こちらも基本的には序盤は置物。 しかし補助技が非常に優秀で、「さいみんじゅつ」「のろい」あたりは是非覚えさせておきたい。 対強敵に対しての切り札として持っておきたいところです。 御三家でニャビーを選択しなかった場合、最初に手に入る炎ポケモン。 特性が二種類ありますが、 「いかく」のガーディを捕まえておくと、繰り出すだけで相手の攻撃を一段階下げることができます。 ) また、ノーマル、格闘、炎と使用可能なZワザが多く、最初からほとんどのZワザを使っていけるのも嬉しいところです。 ただ、 問題点はやはり進化が「ほのおのいし」を使用するものであり、進化後にほとんど技を自力で覚えないこと。 攻略用として使うなら、妥協してどこかのタイミングで進化させてしまったほうが良さそうです。 (妥協しないならレベル45でフレアドライブまで覚えてから進化させるのがベスト) 進化させるレベルとしては、21のほのおのキバ習得後、34のかえんほうしゃ、ウインディ34のしんそくあたりが妥協点かなと思います。 かえんほうしゃを覚えさせてレベルアップさせると同レベル習得のしんそくを覚えないと思うので注意です。 1番道路など色んな場所でゲット可能。 ツツケラの時点で攻撃種族値が75と高く、ドデカバシに進化するのもレベル28とお手軽。 特性は鋭い目とスキルリンクの2種類なので、出来る限りスキルリンクのツツケラを育てるとGOOD。 連続技が必ず5回当たる超優秀な特性で、ドデカバシのロックブラストとタネマシンガンが非常に使いやすくなります。 アシマリを最初にもらわなかった場合、最初に入手できる実用的な水ポケがギャラドス(あくまでギャラドスでありコイキングではない笑)。 レベル20で進化するので、それまではベンチでおとなしく学習装置の経験値を吸わせておきましょう。 ギャラドスにさえ進化させてしまえば、クリアまで活躍できます。 二つ目の大試練前にはディグダトンネルでも捕獲可能です。 今回、 アローラの姿では鋼タイプが追加され弱点であった耐久の脆さが和らいでいます。 (ただ、肝心のステータスが低すぎてそれでも柔らかい) 序盤では地面タイプの攻撃を使えるポケモンは貴重で、ダグトリオへの進化レベルも26とわりと低めなのが助かります。 また、なんといっても素早いため攻略向きのポケモンといえます。 御三家にアシマリを選択していると炎や岩にもともと強いですが、アシマリ以外の御三家を選択していた場合は相性補完に役立つ一匹になりそうです。 電気・鋼と非常に優秀なタイプを持ち、ポケモン交換時に頼れる耐久の持ち主です。 攻撃技は若干使いにくいものが揃っていて、チャージビームのわざマシン入手後はユンゲラーがのほうが使いやすくなってきますが、コイルは電磁波を覚えるのでポケモン捕獲時にも役立つのが強みです。 進化レベルは30。 貴重なじめんタイプのポケモンで、素早さは低いが高い攻撃と耐久が魅力。 特性:じきゅうりょくはダメージを受けると防御が上昇するので、長期戦では数値以上の耐久を発揮できます。 サトシゲッコウガ 体験版をプレイすることで製品版に送ることができるポケモン。 レベルが最初から非常に高く、2つ目の大試練をクリアするまで言うことを聞かないという最大の欠点を持っていますが、とにかくレベルの高さから絶対的な壁として活用可能。 また言うことを聞きさえすれば敵を倒せるという逆転性能も持っているので、初心者は是非パーティに置いておきたい切り札的存在です。 ただ、このポケモンでパーティの1枠を埋めてしまうのは結構勿体無いので、自身のプレイスタイルと相談しながら決めるのがいいかなと思います。 2016-11-21 13:16 NEW! 悪タイプでは使いやすいポケモンなのでここで捕まえておくといいかも。 進化レベルは30。 ちなみに 強すぎると話題のウルトラネクロズマ相手には、このゾロアークのイリュージョンでエスパー技が抜群のポケモンに化けてエスパー技を誘発し(等倍でも大丈夫かも)、イカサマを使えば簡単に倒せる。 NEW! ルチャブル 2番道路のポケモンセンター内の右側の女の子に話しかけてオニスズメと交換してもらうか、3番道路の草むらで出現。 ルチャブルはこの時点ではかなり種族値が優秀(攻撃92素早さ118)で、技もレベル8でつばさでうつを覚えており、羽休めや技マシンの瓦割りを覚えたりと序盤には破格なので超強いです。 交換でゲットした場合は経験値も多めにもらえるので初心者やさっさとクリアしたい方にはもってこいかも。 中盤〜終盤のおすすめポケモン サトシゲッコウガ ステータス高すぎ。 それもこれも個体値がACSがVの3Vであり、努力値もSに252、ACにも128程度振られているらしい。 甘やかしすぎぃ! 技も最初から非常にバランスがよく揃っていてめちゃくちゃ頼れる存在。 経験値も多めにもらえるのでまさに救済措置ポジですね。 使用すると難易度が格段に下がるのは間違いないので、プレイスタイルに応じて使うかどうか決めましょう。 私は使用していませんがそれでも簡単なくらいなので、使ってしまうと本当に手応えがなくなるかも…。 フーディン チャージビームやくさむすびなど、わざマシンで他タイプの特殊技にも恵まれていて、攻撃範囲が非常に広いです。 大試練2個目をクリアした後に訪れるエーテル財団でサイコキネシスのわざマシンが手に入るので、さらに強さが加速します。 終盤は使う機会が減ってきますが、マジカルシャインや気合玉でゴリ押し。 (しかし昔と比べて、最近の作品では火力が若干不足するようになってきましたね…) 今作はハノハノリゾートでレベル24付近のヒトデマンが出現します。 ヒトデマンはまともな水技をなかなか覚えてくれませんが、サンムーンではこの時点でわざマシンに「ねっとう」、この直後に「サイコキネシス」があるのですぐスターミーに進化させてしまっても使えるのではないかと思います。 ボーマンダ タツベイに仲間を呼ばせることで捕獲可能なボーマンダ。 まぁさすがにボーマンダなので、強いには強いです。 やっぱり。 つばめがえし、ドラゴンクローに加えてかわらわりやかみくだくで広い攻撃範囲。 特性のいかくも強いです。 でもやっぱり捕獲が面倒すぎます。 捕まえたらたしかに満足できる活躍を見せてくれますが、熟考してみて下さい! 2017-11-19 22:40 イーブイ進化系(ブースター、サンダース) イーブイ進化系はやはりパーティの相性補完に役立つ存在です。 パーティ攻略時に便利そうと感じるのは同タイプのポケモンが少ないブースターとサンダースあたり。 特にブースターは物理系でほのおのキバの威力も高く、レベルアップでフレアドライブも習得できるのでガーディに代わって活躍できる可能性が高いです。 (ただし素早さの遅さには注意) ただ炎タイプの攻撃範囲は、ストーリー攻略時は飛行タイプがいればなんとかなる場合が多く優先度は低いと感じます。 サンダースはレベル37の放電までわざマシンのチャージビームとボルトチェンジ頼りですが、でんきタイプのポケモンが少ないので役に立ちます。 またシャドーボールを習得するのが地味に重要で、ゴーストタイプ相手に大活躍します。 (ゲンガー等では相性がお互い抜群のため、先制されてやられるという場面も多いですが、サンダースは弱点をつかれないため。 (乱入以外では出現しない) 若干面倒ではありますが、性能に関しては全く文句なし。 ヤトウモリのメスがレベル33で進化です。 どく・ほのおタイプで素早さと特攻が高いエンニュートは攻略時に使いやすいポケモン。 強い毒技を全然覚えないのでしばらくはわざマシンのベノムショックで補うと良さそう。 同じほのおタイプのウインディやブースターと比べると毒タイプを持つので範囲が広がるのが魅力。 アローラのすがたでタイプが超優秀(どく・あく)になったベトベトンもかなり使いやすそうな一体。 弱点が地面だけ! 毒技、悪技に加えてわざマシンでもかわらわりやがんせきふうじが覚えられるので、物理火力として広い攻撃範囲を持てるのはやはり攻略時には便利。 後半はとけるの防御アップもいい感じです。 進化レベルは27と割りとお手軽。 貴重な格闘タイプのポケモンで、高いHPと攻撃が魅力。 つばめがえしやシャドークローなど、わざマシンのおかげで攻撃範囲も広くて便利。 同じ草ポケモンのアマージョと比べると、種族値では攻撃と素早さが物足りない(とくに素早さが遅く攻略時は不便)が、わざマシンでの技習得の選択肢が広く攻撃範囲が広い。 NEW! バンギラスに進化するのはレベル55と遅いですが、終盤にかけて備えたいプレイヤーの方に。 種族値だけでなく個体値も高いため、ステータスの圧倒的高さで四天王相手に大活躍です。 アシレーヌorギャラドスorサトシゲッコウガ 水タイプ要因。 ギャラドスとサトシゲッコウガはサブウェポンにも恵まれていて幅広く弱点を突ける。 ギャラドスは威嚇持ちで繰り出し性能が高く、チャンスがあればりゅうのまいから全抜きも狙える。 サンダースorジバコイル 電気タイプ要因。 ジバコイルは鋼タイプも併せ持つことで繰り出し性能が高く、サンダースは適性レベルで相手に先制を許さない高い素早さと、シャドーボールでゴーストタイプに有利を取れる点が優秀。 ボーマンダ 飛行タイプ要因。 高い攻撃で各種サブウェポンによる活躍(とくに瓦割りはあると便利)と、威嚇による攻撃下げが便利。 マンダがいない場合はドデカバシ、ファイアローあたりか。 タイプ別おすすめポケモン 進行度別だけでなく、タイプ別にも簡単にまとめてみます。 ノーマルタイプのおすすめポケモン• カビゴン(購入特典or1番道路、岩を壊した下の草むらのゴンベから進化)• キテルグマ• ポリゴン2(クリア後)• ポリゴンZ(クリア後) 炎タイプのおすすめポケモン• ガオガエン• ウインディ• ブースター• エンニュート• ガラガラ(アローラ) 水タイプのおすすめポケモン• アシレーヌ• サトシゲッコウガ• ギャラドス• スターミー• グソクムシャ• カプ・レヒレ(クリア後) 電気タイプのおすすめポケモン• ジバコイル• サンダース• カプ・コケコ(クリア後) 草タイプのおすすめポケモン• ジュナイパー• ラランテス• アマージョ• カプ・ブルル(クリア後)• カミツルギ(クリア後) 氷タイプのおすすめポケモン• キュウコン(アローラ)• サンドパン(アローラ)• マンムー(要島スキャン) 格闘タイプのおすすめポケモン• キテルグマ• ルカリオ• フェローチェ(クリア後) 飛行タイプのおすすめポケモン• ボーマンダ• ドデカバシ• ファイアロー• バルジーナ• テッカグヤ(クリア後) 毒タイプのおすすめポケモン• ゲンガー• エンニュート• ベトベトン(アローラ)• ウツロイド(クリア後) 地面タイプのおすすめポケモン• ダグトリオ(アローラ)• バンバドロ• ゴローニャ(アローラ)• ガブリアス(要わざマシン)• マンムー(要島スキャン) エスパータイプのおすすめポケモン• フーディン• スターミー• カプ・テテフ(クリア後) 虫タイプのおすすめポケモン• アブリボン• ハッサム• グソクムシャ• フェローチェ(クリア後) 岩タイプのおすすめポケモン• ルガルガン• ウツロイド(クリア後) ゴーストタイプのおすすめポケモン• ゲンガー• ジュナイパー• ミミッキュ• ギルガルド• ガラガラ(アローラ) ドラゴンタイプのおすすめポケモン• ボーマンダ• ガブリアス 悪タイプのおすすめポケモン• ガオガエン• サトシゲッコウガ• ベトベトン(アローラ)• バルジーナ 鋼タイプのおすすめポケモン• メタグロス• ダグトリオ(アローラ)• サンドパン(アローラ)• ハッサム• テッカグヤ(クリア後) フェアリータイプのおすすめポケモン• アシレーヌ• キュウコン(アローラ)• ミミッキュ• カプ系(クリア後) 2019-04-30 13:51 カテゴリー• 335•

次の

【USUM】ウルトラホール内の出現ポケモン一覧!伝説のポケモン・ウルトラビーストが捕獲可能!【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモンウルトラサンムーン裏世界行き方

白のウルトラホール 白のウルトラホールはウルトラビーストが出現する世界につながっています。 ウルトラディープシー 奥の台座を調べるとウルトラビーストのウツロイドが出現します。 ウルトラジャングル 木を登った先にウルトラビーストのマッシブーンが待ち受けています。 ウルトラフォレスト トレーナーのかみつかいと戦って奥に進んだ先でウルトラビーストのカミツルギが待ち受けています。 赤のウルトラホール 赤のウルトラホールは「ウルトラスペースゼロ(崖の世界)」に通じています。 ウルトラスペースゼロ(崖の世界) ひこうタイプのポケモンが多く出現するエリアです。 奥に土けむりがある場合は野生ポケモンの出現のみ、土けむりがない場合は伝説のポケモンが登場します。 ウルトラスペースゼロ(平地の世界) さまざまなタイプのポケモンが出現するエリアです。 奥に土けむりがある場合は野生ポケモンの出現のみ、土けむりがない場合は伝説のポケモンが登場します。 ウルトラスペースゼロ(洞くつの世界) さまざまなタイプのポケモンが出現するエリアです。 奥に土けむりがある場合は野生ポケモンの出現のみ、土けむりがない場合は伝説のポケモンが登場します。 ウルトラスペースゼロ(水の世界) みずタイプのポケモンが多く出現するエリアです。 奥に土けむりがある場合は野生ポケモンの出現のみ、土けむりがない場合は伝説のポケモンが登場します。

次の