早い 返信。 返信早い女の心理・脈あり態度を判断するコツ

メールの返信が早い人って仕事できるって本当?レスが早い人が行なっている5つのコツ

早い 返信

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

早い 返信

その前に、まずはLINEの既読は早いけど返信の遅い女性の心理についてお話しさせていただきます。 既読がつくのが早いけど返信が遅い女性心理 返信が遅いのはなぜ? そもそも、女性の返信が遅いということは自体には脈あり脈なしの参考にはなりづらいでしょう。 返信の速度=好意のバロメーターではありません。 女性は、興味のない男性とのLINEをダラダラ続けるようなことはしないため、完全に脈なしならそもそも返信はせず、既読スルーをします。 女性が時間が掛かってでもLINEの返信をしてくれているということは相手の女性はあなたのことを少なくとも悪くは思ってないでしょう。 女性は意外とマイペース 実は、意外にも女性に比べて男性の方がLINEの既読がついたつかない、返信が来た来ないを気にする傾向は強いことがわかっています。 基本的に恋愛では男性から女性にアプローチすることが多いため、男性は相手の反応をいちいち気にして一喜一憂するのです。 それに比べて女性は、男性からアピールされることの方が多いため、「この人を私に好意がある…」ということに気付きやすいのです。 そのため、相手との関係性に焦る必要がないため、LINEの返信も「自分の返信できる時にすればいいや〜」と考え、返信が遅いということがあります。 既読をつけるのが早い心理とは? さて、ここからが本題です。 そもそも既読がつくのが早いのはなぜなのでしょうか? その理由は、その女性とのLINEの内容が大きく左右されてきます。 返信内容を考えている 女性でも、気になる男性からのLINEの内容は気になるものです。 でも、その場でよく考えずに適当な返信をして相手の男性に嫌われるようなことは避けたいと思います。 そのため、一旦、LINEの内容を読んでから後から返信しようと既読をつけている可能性がありますね。 特に、話が盛り上がっている時はそのやりとりの内容が気になって既読を付けているのでしょう。 つまり既読がついてから返信まで時間が掛かっているけど返信内容がしっかりしているというような場合は脈ありパターンです。 ただし、最近では、iPhoneの一部の機種では既読を付けずにLINEの内容を確認できるものありますが、そうでない場合はその可能性が高いですね。 返信内容に困っている あなたの送ったLINEの内容をよく見返してください。 ちゃんと相手の女性が返信しやすい内容のLINEを送っていますか? 女性も、あなたに興味のあるうちは時間が掛かってでも返信内容を考えてLINEを返してくれますが、あまりに返信しづらい内容が続くようだと「この人合わないかも…」と、見切りをつけられてしまいます。 既読はつけたものの、「なんて返そう…」と思われるような内容でないか脈なしになる前に確認して改善してみましょう。 忙しいから返せない おそらく最も多くの女性が忙しいを理由に返信が返せないということも。 男性からすれば、「LINEなんて仕事の合間でも返せるでしょ!」と思うかもしれませんが、これは男性的考え方。 女性の中にはLINEの優先頻度が低く、気が向いたときにしかLINEを見ないという人も多いのです。 仕事が終わる時間が遅い女性や趣味が多い女性はこの傾向が強いと言えます。 こんな女性には、返事がしやすく、返信を急がせるような内容のLINEをしないように気をつけましょう! 男性からのLINEが多い 特に相手の女性が異性からモテるタイプの場合は男性からのLINEが溜まって一人一人に返信を返すのに時間が掛かるから返す時間があまりないということが多いでしょう。 モテる女性というのは男性からのLINEが1日に何件も来るという人も少なくありません。 そのLINEが何日も溜まってしまい返信し切れてないという状況なのでしょう。 でも、この場合、あなたのLINEには既読をつけて時間が掛かってでも返信をしているということは、あなたは脈あり選定されている可能性が高いです。 ただし、いつまでもあなたからアクションを起こさないとアプローチされる機会の多い女性は、他の男性との恋愛にコロッと心変わりしてしまうかも。 お相手が見るからにモテそうな容姿の女性場合は、LINEで共通点を探って早めにデートに誘うことが最善策だと言えます。 スポンサーリンク 既読は早いけど返信が遅いのは脈あり? 結局のところ、既読は早いけど返信が遅いのは脈ありなのでしょうか?脈なしなのでしょうか? 最初にも触れた通り、既読がつくのは早いけど返信が遅いのは脈なしではないということが正直な答えになります。 そして、返信が遅いのも、相手の女性のあなたの優先順位が生活の中で最優先ではないということ。 女性は、好きな男性からのLINEは即レスが基本です。 ただし、先に触れた通り、あなたのことが気になっていてちゃんと内容を考えて返信をしたいと思って既読してから返信まで時間が掛かっているという場合もあります。 相手からLINEの返信が来ているようなら 「返信が来るってことは脈なしではないな」とポジティブに捉えましょう! 女性のLINEの既読は早いけど返信が遅い時の対処法は? いかがでしたか? 最後に女性のLINEの既読は早いけど返信が遅い時の対処法についてお話をして終わりたいと思います。 あなたが気にしなければいけないことは、その女性とどうやったら付き合えるかということです。 まずは、時間が掛かってでも返信がくるようなら、デートに誘ってみてはどうでしょうか? 最初にも触れましたが、 「返信の速度=好意のバロメーターではない」のです。 そして、相手の女性に 「この人のテンポ心地いいな」と思わせるのも一種のテクニックです。 相手の返信が遅いからとしつこく返信が来てないのに何通もLINEを送るのだけは絶対にNGです。 相手の女性の返信の頻度に大体でいいので合わせてあげましょう!.

次の

早い対応のお礼 ありがとうございますを敬語で言う表現はコレ!

早い 返信

仕事ができる人はメールの返信が早い。 もちろん頭ではわかっているけれど、実際やるとなるとなかなか……という人、いますよね。 素早く返信するコツを聞きました。 ちょっと放っておくと、あっという間に未読メールが数十通単位でたまっていく受信箱。 たくさんたまると開封作業すら億劫になるし、「早く返信しないと」と気持ちばかり焦って、つい返信が遅くなってしまうことも……。 わかっちゃいるんです。 サクサクやりとりできる相手とのほうが、仕事がスムーズにいくことは間違いない、と。 相手からメールがテンポ良く返ってくると、「誠実・真摯な態度で接してくれているなぁ」と嬉しくなりますよね。 そう、だから、メールの返信が早い人になりたい! メールをササッと返信するために、どんな工夫をしているのでしょうか。 20~30代の働く女性に尋ねてみました。 Case. 1「社内で検討し、改めて返信する」旨返信する 「一次回答として『質問いただいた件については、社内で検討後、近日中に改めてご返信します』と返すようにしています。 そうすれば相手を心配させたり、返信を催促されたりしませんから。 「社内で検討します」程度であれば、返すのに10秒もかかりません。 相手との関係性を良好に保つ意味でも、検討に時間のかかりそうなメールにはまずはいったん返信しておくのがおすすめです。 Case. 2 メールを受け取った旨を伝える 「即レスできる内容であれば、当然すぐに返しますが、そうじゃないメールも多いですよね。 長文だったり、トピックがたくさん詰まっていたり。 そんなときは『取り急ぎ、メール拝受のお礼まで』みたいに、『メールは届いています。 確認しています』とだけ知らせるようにしています。 後で電話がかかってきて『メール見てくれました?』とか聞かれるのも、お互いにとって面倒ですから」(32歳/飲食) Case. 逆の立場で考えて、丸1日以上返信がないと不安になります。 1日以内、できるだけ早めに「取り急ぎ返信」をしておきたいもの。

次の