ヒョンビン ソン イェジン。 ヒョンビンとソンイェジンの関係!熱愛報道のきっかけ~写真流出まで総まとめ

ヒョンビン&ソン・イェジン、撮影現場でスキンシップ?3度目の熱愛説が浮上も否定「事実ではない」

ヒョンビン ソン イェジン

ヒョンビン&ソン・イェジン、再び熱愛説浮上…デート写真か 俳優のヒョンビンと女優のソン・イェジンがまたも熱愛説に巻き込まれた。 二人の交際説はこれで2回目だ。 特に今回は二人がデートするような写真も一緒に公開され、韓国はもちろん日本でも関心が高まっている。 2回目の熱愛説の発端は写真だった。 韓国コミュニティーサイトでは21日、ヒョンビン、ソン・イェジンと見える男女がスーパーで買い物をする姿が収められた数枚の写真が投稿され、大きな注目を集めた。 同写真はヒョンビンとソン・イェジンのデート写真としてSNSを中心に拡散されている。 写真で登場する男女は二人とも帽子をかぶっており、顔が鮮明に写っていない。 しかし、ファンたちは前回の熱愛説もあり、「動けない証拠」と見る雰囲気だ。 さらに写真と撮った場所が米国のスーパーにみえ、前回の熱愛説を裏付ける模様だ。 二人の事務所は「本人に確認中だ」とし、まだコメントを出していない。 ヒョンビンとソン・イェジンは今月9日にも熱愛説に巻き込まれた。 当時、韓国のコミュニティサイトには「ヒョンビンがソン・イェジンと一緒に米ロサンゼルスを旅行中」と題したスレットが立った。 内容には「二人は現在、仲良く旅行中。 米国で両親と共に食事をすることも目撃した」と書かれていた。 二人の事務所は熱愛説と関連して否定するコメントを出した。 【ヒョンビン&ソン・イェジン、1回目の熱愛説は?】.

次の

ソンイェジン結婚相手はヒョンビン?ドラマ共演で熱愛の噂も納得?

ヒョンビン ソン イェジン

ソンイェジンとキムナムギルの熱愛説が出たことで、映画「パイレーツ」側がコメントしました。 制作を担当したハリマオピクチャーズは「ソンイェジン、キムナムギルの熱愛説を記事で知った。 現場ではふたりの熱愛の気配は全く感じられなかった。 」と伝えました。 またキムナムギルの「パイレーツ」のキャスティングにソンイェジンが大きく関わっていると言う報道に対しても否定しました。 ソンイェジンの所属事務所は、「2人は、ドラマ「サメ~愛の黙示録~」に続く形で、映画「パイレーツ(海賊)」でも共演することから熱愛報道が出たようだ。 しかし、恋人関係ではない。 」と報道を否認。 一方のキムナムギルの所属事務所も同じく、「交際は絶対にありえない。 」と一蹴し「ドラマに続き映画でも共演させていただいているので仲は良い。 ただそれだけ。 」と熱愛報道を却下しました。 ソンイェジンの熱愛彼氏、チョンヘインの場合。 ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のソンイェジンとチョンヘイン。 まるで2人が本物のカップルのようで、実際に交際しているのではないかとの噂が出ました。 リアルな熱演のふたりに視聴者は心躍らせながらも、本当に交際しているではないかという疑惑が芽生えはじめたのです。 アンパンソクプロデューサーがこの視聴者の反応に応えました。 「2人が本当に付き合っているのかと言う質問がでると言うことは、『どれだけリアルに感じてもらえたんだろう』と思うようになる。 」と話しました。 しかし「一方では、そのような質問を受けたくない気持ちもある」と明かしたのです。 彼は「誰もが簡単にどんな噂でも話せる。 ソンイェジンには品格と威厳を感じている。 だから、そのような言葉が少し気がかりでもある。 」と彼女を心配しました。 チョンヘインとのリアル恋愛疑惑に対してソンイェジンは、「『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』を撮影しながら、普段の自分の話し方や個人的な性格なども取り入れている。 」と話しました。 「『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』は自分にとってリアルそのもので現実感がある。 誰もが恋愛しながら言ったことのある台詞や状況が多いので、共感しながら撮影している。 」と明かしました。 またチョンヘインは、ソンイェジンとリアル恋愛に見えるように、ドラマの中でのアドリブやスキンシップを多くしたと話しています。 ソンイェジンはチョンヘインと恋愛しているように見えると言われて「こんなに反応が熱かったことはなかった。 ヘインさんのおかげで羨望の対象になってありがたく、毎日が楽しい。 」と話しました。 2人のコメントから、ソンイェジンとチョンヘインはお互いに演技として恋人を演じていたようですね。 ソンイェジンの熱愛彼氏、ヒョンビンの場合。 1982年生まれで同い年の2人。 2018年9月に公開されたイ・ジョンソク監督の映画「ザ・ネゴシエーション」で初めて共演しました。 しかしその前に、ヒョンビンの大ヒットドラマ「シークレット・ガーデン」の最終回でソンイェジンがカメオ出演しています。 何かとつながりが多いように見えますが、「ザ・ネゴシエーション」でソンイェジンとヒョンビンは別々に撮影する撮影技法で撮影されたため、実際に対面して息を合わせるシーンや恋愛演技は全くありませんでした。 2018年10月、2人が一緒にアメリカ旅行中であるという目撃談がインターネット掲示板に掲載されました。 そこから一気に熱愛説が浮上。 2度目の熱愛説は2019年1月、あるネットユーザーがヒョンビンとソンイェジンだと思われる男女が、一緒に外国のスーパーで買い物をする姿が写った写真をSNSに掲載。 このことで、さらに2人の熱愛説を加速させることになりました。 これに対してヒョンビン側は 「二人がアメリカで会ったことは事実だが、交際してはいない。 この場には他に知人たちもいた。 ヒョンビンとソンイェジンの顔は知られているので写真が撮られたんだと思う。 」と伝えました。 また「親しい関係なので現地にいることを知り、会う事になったのだ。 」と説明し熱愛説を否定。 ソンイェジン側も「アメリカに知人がいて泊まっていた。 ちょうどヒョンビンがアメリカにいるという話を聞いて一緒に会おうと言って知人たちに付き合っただけだ。 」と説明。 そして「その過程でスーパーにも行ったが、2人が有名なので一緒に写真に撮られた。 交際している関係ではなく、親しい関係で会った。 」と明らかにしました。 熱愛説が浮上する度に、ソンイェジンとヒョンビンの所属事務所は「事実無根」と伝えたのです。 「愛の不時着」は、余韻を感じるハッピーエンドのエンディングでした。 そこから、また続きが始まります。 一部の視聴者がエピローグを見て、終了後のストーリーを予想して話題になったのです。 ドラマの公式サイトで「来年も、その次の年も、良い日だろう。 愛の灯火が君たちのことを考えているだろから」というタイトルで「愛の不時着」の現場写真が数枚掲載されました。 これを見たネットユーザーの想像力が、再会したリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)とユン・セリ(ソンイェジン)が結婚して子どもができたと推測。 この情報をオンラインコミュニティやSNSにコメントしたのです。 これに対して番組側は「(ユン・セリが妊娠したらしい写真は)視聴者の関心が高くここまでの話になった」と説明しています。 ソンイェジンとヒョンビンには、3度の熱愛説が出ています。 なんと、2人が撮影現場でスタッフたちの目を盗んで手をつないでいたというもの。 ことの発端は、ドラマの「愛の不時着」の未放送ビハインド映像を見た視聴者の声でした。 ソンイェジンとヒョンビンがテーブルの下で密かに手をつないでいるように見えるという推測が流れました。 ヒョンビンの所属事務所は「密かに手をつないでいたという推測は事実ではない。 写真だけ見ればそのように見えるかもしれないが、映像全体を見るとソンイェジンは自分の手を組んでいる。 」と説明。 続けて「撮影現場にはふたりだけでなく、多くのスタッフがいた。 誰でも見られる撮影現場で密かに手をつないでいたということはとんでもない推測。 」と付け加えたのです。 結婚間近と言われている理由は、このような熱愛説が出てくるのと視聴者の願望が大きく影響しているようですね。

次の

ヒョンビン&ソン・イェジン、撮影現場でスキンシップ?3度目の熱愛説が浮上も否定「事実ではない」

ヒョンビン ソン イェジン

最近、ネット上にはヒョンビンとソン・イェジンが撮影現場でスタッフらの目を盗んで手をつないでいたという説が浮上した。 2月5日、tvNドラマの公式YouTubeチャンネルを通じて公開されたtvN土日ドラマ「愛の不時着」未放送分のビハインド映像の中で、二人がテーブルの下で密かに手をつないでいるように見えるという推測が提起されたが、確認した結果、これは事実ではなかった。 ヒョンビンが所属するVASTエンターテインメントは本日(18日)、Newsenに「二人の俳優が密かに手をつないでいたという推測は事実ではない。 写真だけ見ればそのように見えるかもしれないが、映像全体を見るとソン・イェジンが自身の手を組み合わせている」と明らかにした。 続けて「当時、撮影現場には二人の俳優だけでなく、多くのスタッフがいた。 誰でも見られる撮影現場で密かに手をつないでいたということはとんでもない推測」と付け加えた。 二人の熱愛が報道されたことは初めてではない。 最近、2度の熱愛説が浮上したが「事実無根」と伝えられた。 1982年生まれで同い年の2人は、2018年9月に公開されたイ・ジョンソク監督の映画「ザ・ネゴシエーション」で初めて共演した。 タイでの史上最悪の人質劇を描いた「ザ・ネゴシエーション」でソン・イェジンはネゴシエーターハ・チェユン役、ヒョンビンは人質犯ミン・テグ役に扮し、好演を繰り広げた。 当時、映画は二人の俳優を別々に撮影する撮影技法で撮影され、二人の俳優が実際に対面して息を合わせるシーンや恋愛演技は全くなかった。 それから二人は2018年10月、2人が一緒にアメリカ旅行中であるという目撃談がインターネット掲示板に掲載され、熱愛説が浮上した。 当時、二人の事務所は個人的に旅行に行っただけで交際は事実ではないと解明した。 2度目の熱愛説は2019年1月に浮上した。 あるネットユーザーがヒョンビンとソン・イェジンだと推定される男女が、一緒に外国のスーパーで買い物をする姿が写った写真をSNSに掲載したのだ。 これに対し、ヒョンビン側は「二人がアメリカで会ったことは事実だが、交際してはいない。 この場には他にも知人たちもいた。 ヒョンビンとソン・イェジンの顔は知られているので写真が撮られたんだと思う。 親しい関係なので現地にいることを知り、会う事になったのだ」と説明した。 ソン・イェジン側も「アメリカに知人がいて泊まっていた。 ちょうどヒョンビンがアメリカにいるという話を聞いて一緒に会おうと言って知人たちと付き合っただけだ。 その過程でスーパーにも行ったが、二人が有名なので一緒に写真が撮られた。 交際している関係ではなく、親しい関係で会った」と明らかにした。 本人たちが自ら熱愛説について言及したこともある。 ヒョンビンは昨年12月9日「愛の不時着」制作発表会で「なんとなくそんなふうになったが、今のように笑い飛ばした。 (熱愛説が)作品を選定する過程で影響しなかった。 前の作品で親交があったし、もう一度共演したいと思った。 またこういう機会ができたので快く引き受けた」と話した。 ソン・イェジンは「もう一度良いラブコメディがしてみたいと思った。 共演したら本当にいいだろうと思った」と話した。 ヒョンビン、ソン・イェジンは16日に韓国で放送が終了した「愛の不時着」でそれぞれリ・ジョンヒョク、ユン・セリ役に扮し、熱演した。 「愛の不時着」はある日、突風によるパラグライダー事故で北朝鮮に不時着してしまった財閥の相続者ユン・セリと彼女を隠して守る過程で恋に落ちてしまう特級将校リ・ジョンヒョクの極秘ラブストーリーだ。 ビジュアルも、演技も阿吽の呼吸を誇ったため、実際に二人が交際に発展してほしいと応援する視聴者も少なくなかった。 しかし、ドラマの放送が終了しただけにこれ以上演技と現実を混同してはいけないという声も出ている。 ヒョンビン側は「ドラマの中でケミ(ケミストリー、相手との相性)がとても良く、そのように見ようとする方が多いようだが、熱愛報道は事実ではない」と明らかにした。 ・ ・ 元記事配信日時 : 2020年02月18日15時03分 記者 : ファン・ヘジン.

次の