前立腺肥大症。 前立腺肥大、薬の選び方次第では射精障害に?:日経ビジネス電子版

前立腺肥大症 (ぜんりつせんひだいしょう)

前立腺肥大症

前立腺肥大症と 前立腺炎は症状が一部重なります。 どんな違いがあり、根本的な治療法には違いがあるのでしょうか。 前立腺炎と 前立腺肥大症の 違い、また治療法などについて見てみましょう。 もし尿の勢いが弱く、急に尿意を催したり、尿意を我慢するのが 難しいような症状が現れた場合、それが20代の男性なら 前立腺肥大症である可能性はほとんどありません。 前立腺肥大症は年齢を重ねることで発生頻度が 増加していく疾患の代表だからです。 スポンサーリンク 一般的に、40歳以降でに排尿が何かしらの問題が起こった場合 前立腺肥大症の可能性があり、検査を受ける必要があります。 前立腺肥大症と前立腺炎の違いは何でしょうか? 前立腺肥大症は老年層に発生する疾患です。 ホルモンバランスが崩れた影響を受け、前立腺にある 細胞数が増加して肥大化することにより、尿道と 膀胱頸部を圧迫し、排尿が困難になります。 そのため、尿が完全に排出されず、排尿後も残尿感が 強く感じられ、また頻繁にトイレにいくようにもなります。 それでは、前立腺炎はどのようなものでしょうか。 前立腺炎は様々な原因で発生します。 前立腺に炎症が発生した場合全てが前立腺炎といわれ、 高熱、頻尿、残尿感、会陰部の痛みなど様々な症状が現れます。 これらをまとめると、前立腺炎と前立腺肥大症の最も大きな 相違点は、発症の年齢と会陰部痛みだとわかります。 50歳以降で多く発病する前立腺肥大症とは違い、 前立腺炎は一般的に健康で活発な年齢、 つまり50歳以前で主に発病します。 前立腺肥大症は前立腺炎とは違って痛みがほとんどありません。 前立腺肥大症が悪化すると前立腺がんになるのか?? 前立腺肥大症は前立腺がんにはなりません。 前立腺肥大症は前立腺癌とは全く別のの疾病です。 前立腺? が肥大化することで、前立腺がんが発生することはありません。 ただ、前立腺がんの症状は前立腺肥大症の症状と 似ているため、前立腺がんであるという自覚がない 場合も多く、そのため前立腺肥大症が前立腺がんへと 変化すると誤解される事もあるようです。 前立腺がん早期発見のために、男性で50歳を超えた際には、 1年に一度前立腺がんの検診を受けることをおすすめします。 前立腺肥大症を放置すればどのようになる? 放置をすれば、徐々に排尿が困難になっていきます。 尿意があるのにもかかわらず、排尿することができなくなり、 尿管カテーテルを用いて病院で応急処置を行う場合もあります。 また前立腺肥大症によって膀胱の機能が徐々に弱くなり、 ひどい場合は腎臓機能が損なわれ、尿路感染、膀胱結石などの 合併症が現れることもあります。 前立腺肥大症にはどのような薬が効果的でしょうか? また根本的な治療法はないですか。 前立腺肥大症は薬物治療、手術治療などの治療法がありますが、 薬による治療がもっとも一般的で、アルファ遮断剤を 服用することにより症状の改善をはかります。 漢方治療は前立腺肥大症が個人によって併発する疾患が 異なり、また症状の程度、腎臓の状態、肝臓の状態、 ほかに服用している薬、体質など個々の患者さんにあった処方を 行うため、治療率が高く、根本的な治療法になりえます。 腎臓や膀胱の機能を回復させる、免疫力をアップさせる、 排尿を補助する、下腹部の余計な水分、熱を排除する、 など様々な機能をもつ漢方薬がありますので、それらを複合的に 摂取することで総合的に症状が改善されていきます。 前立腺肥大症と前立腺炎は症状はどんな違いがあるか記事一覧.

次の

前立腺肥大症の原因

前立腺肥大症

PSAが高いと言われた PSAが高いと言われた PSA(ピーエスエー)とは PSAは「前立腺特異抗原、prostate-specific antigen」の略語で、前立腺の上皮細胞から分泌されるタンパクです。 多くは精液中に分泌され、精液のゲル化に関係しています。 ごく微量が血液中に取り込まれ、その値によって今回のように「PSAが高い」と指摘されることがしばしばあります。 健康診断、人間ドック、かかりつけの先生のところでの検査など、PSAをチェックする機会が増えています。 また、検診などでは若い方の場合に基準値を低く設定する場合もあります。 また、前立腺への機械的な刺激でも軽度上昇する場合があります。 この中で、もっとも重要な疾患が前立腺癌です。 図に示すように、PSAの値が高くなるに従って、前立腺の組織を針で採取して病理所見を確認する前立腺生検によって発見される確率が高くなります。 また、同じPSAの値でも、前立腺のサイズが大きい場合には癌が発見される確率が低くなります。 さらに、PSAは血液中でさまざまなタンパク質と結合しており、一部がPSAそのものとして血液中に存在し遊離型PSAと呼ばれます。 PSAが高い場合の検査について さて、「PSAが高いと言われた」場合にはどのようにしたらよいでしょう。 まず泌尿器科専門の施設を受診していただき、精密検査がさらに必要がどうか相談することが大切です。 一般的にはPSAをもう一度測定し、値の変動があるかみることが多く、直腸診で前立腺が腫大しているかどうか・硬い部分があるかどうかなどをみます。 また超音波検査で前立腺のサイズの測定や形態を観察することもあります。 さらに、症状や検尿などで前立腺に炎症があるかどうかなどを判断します。 こうしたことを総合的に考慮して、癌が疑われるようであれば精密検査(前立腺生検)が勧められ、肥大症や炎症が考える場合には適した治療がなされます。 放置せず、一度泌尿器科の専門施設を受診されることをお勧めいたします。

次の

前立腺肥大症により起きるED(勃起不全)とは?

前立腺肥大症

軽度から中度の患者が薬物療法の適応 前立腺肥大症に使用される医薬品一覧 前立腺肥大症に使用される薬剤は主に、• ホルモン系薬(抗アンドロゲン薬、5a-還元酵素阻害薬)• 非ホルモン系薬(植物エキス薬、アミノ酸製剤、漢方製剤) に分類されます。 比較的速効性で副作用も比較的軽い軽微なためです。 いずれの薬剤も30日の長期投与が可能とされています。 ただし、高血圧の治療薬として使用されている薬もあり、副作用として起立性低血圧やめまいに注意すべきです。 交感神経系の機能亢進による下部尿路閉塞を解除し、自覚症状を改善することが目的です。 ホルモン系薬と非ホルモン系薬 ホルモン系薬は前立腺の容積を縮小させることによって下部尿路通過障害を改善することが目的です。 ホルモン系の抗アンドロゲン薬(アンチアンドロゲン薬)は前立腺の内分泌環境に影響を与えることから、潜在する癌との診断を複雑にする可能性があります。 また、刺激症状がある場合には非ホルモン系薬を使用し、炎症の除去などで自覚症状の軽減を図ります。 漢方製剤(漢方薬)などは科学的根拠は少ないですが、抗炎症作用、抗浮腫作用、抗うっ血作用などによる効果があると考えられています。 以下に、それぞれの具体的な薬名を一覧で紹介します。 薬の分類 薬の商品名 一般名 抗コリン薬 ポラキス、バップフォー、デトルシトール、べシケア ステーブラ、ウリトス オキシブチニン塩酸塩、プロピベリン塩酸塩、酒石酸トルテロジンコハク酸、ソリフェナシン、イミダフェナシン 膀胱平滑筋弛緩薬 ブラダロン フラボキサート塩酸塩 副交感神経刺激薬 べサコリンウブレチド ベタネコール塩化物ジスチグミン臭化物 前立腺肥大症に使用される薬の副作用・注意点 まず、前立腺肥大症に使用される薬に共通する副作用はの立ちくらみ、めまい、ふらつきです。 めまい、立ちくらみ、ふらつきは前立腺肥大症に使用される薬に共通する副作用 次に、前立腺肥大症によく使用される薬の重大な副作用、主な副作用を表にして紹介します。 報告されている副作用一覧 薬品名 重大な副作用 主な副作用 ミニプレス 失神・意識喪失、狭心症 めまい、立ちくらみ バソメット、ハイトラシン 意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、立ちくらみ、貧血 エブランチル 肝機能障害 めまい、立ちくらみ、頭痛、頭重 ハルナールD 失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、胃部不快感 フリバス 失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、立ちくらみ、低血圧、起立性低血圧 ユリーフ 失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸 めまい、立ちくらみ、起立性低血圧、頭痛、口渇、下痢、射精障害、鼻閉 注意点・禁忌 ・フリバス、ユリーフは服用後約1時間で最高血中濃度に達するため服用初期や増量時には起立性低血圧を起こす可能性があり、低用量より開始していくのがよいとされます。 ・ハルナ? ルDは徐放性製剤であり、血漿中未変化体濃度は服用後約8時間で最高値に達するため、起立性低血圧が起こりにくいとされています。 ・ミニプレス、エブランチル、フリバスは主に肝代謝であり、肝機能障害のある患者には慎重投与となっており、低用量からの開始や必要に応じて減量するなど注意して服用する必要があります。 ・フリバスは肝機能障害のある患者において最高血漿中濃度およびAUCが、それぞれ約2倍、4倍に上昇した報告があります。 ・パソメット、ハイトラシン、ハルナールD、ユリーフは肝代謝および腎排泄それぞれの寄与があるため、腎機能および肝機能障害のある患者には慎重投与となっています。 ・ユリーフは腎機能低下のある患者において最高血漿中濃度およびAUCが、それぞれ3. 1倍、3. 2倍に上昇した報告があります。 ・ユリーフの代謝にはCYP3A4が閨与しており、抗真菌薬などCYP3A4を強カに阻害する薬物とは併用注意です。 併用時には減量などを考慮する必要があります。 ・それぞれの薬に共通する副作用は低血圧(起立性低血庄を含む)による立ちくらみやめまい、ふらつきです。 ・ユリーフでは射精障害の副作用が17. また、ハルナールDも、射精障害の副作用があるとする報告もあります。 ・抗アンドロゲン薬(プロスタール、パーセリン)は前立腺腺腫を縮小させる作用を有しますが、勃起障害、性欲減退などの副作用があること、効果発現まで1? 2カ月を必要とすること、中断すると前立腺の容積は再度増大してしまうことなどに注意が必要です。 また、両剤とも重篤な肝機能障害、肝疾患のある患者には禁忌となっています。 特にプロスタールは、劇症肝炎や肝機能障害、黄疸などで死亡例が報告されており、投与開始後3カ月間は1カ月に1回、それ以降も定期的に肝機能検査を行う必要があります。 薬よりおすすめなのがサプリメント 以上、前立腺肥大症に使用される薬を紹介してきました。 やはり、薬に共通するのが副作用です。 特に病院でもらう前立腺肥大症の薬は困った副作用が気になります。 私がおすすめするのは、病院で薬を貰う前にサプリメントを試すことです。 サプリメントなら副作用や薬の飲み合わせを気にすることなく気軽に飲むことができます。 以下に私も飲んでいるノコギリヤシのサプリメントをご紹介します。

次の