マンション 床暖房。 マンション直貼りフロアの温水床暖房

[ガス代高騰]床暖房つけっぱなし生活に突入しました…。

マンション 床暖房

床暖房の構造とメリット・デメリット 底冷えのするような寒い冬でも床暖房があると、床面から部屋全体を暖かくするため、室温自体はそれほど高くなくても快適に過ごすことができます。 暖められた床に触れることで熱が身体に伝わるほか、床の表面から放射される輻射熱が人をじんわりと暖めることも、体感的な心地よさに関係しています。 また、ファンヒーターやエアコンなどと比べてホコリやダニといったハウスダストを舞い上げないのは大きなメリットです。 ひとたび床暖房の入ったマンションで暮らせば、冬から春先までは毎日使い、なくてはならない設備であることを実感することでしょう。 床暖房は、温水式と電気式に大きく分けられます。 温水式はボイラーなどで暖めたお湯を床下に設置する温水パネル(マット)に循環させる方式です。 お湯をつくるための熱源にはガスや石油、電気(ヒートポンプ)などが用いられますが、マンションの温水式床暖房ではガスが一般的です。 また、タワーマンションなどに多いオール電化のマンションでは、ヒートポンプ技術を利用してお湯をつくるエコキュートによる温水式床暖房が採用される例もあります。 図2:電気式の床暖房の構造 構造上、温水式はスイッチを入れてから暖まるまでの時間が比較的長く、床面が暖かいと感じるまでに30~60分ほどかかります。 立ち上がりの間はエアコンを併用すれば、寒いと感じる時間が短くてすむでしょう。 いったん暖められれば持続しやすいので、日中家にいる時間が長い家庭には向いています。 また、オン/オフのタイマー設定ができるので、起床時刻の1時間前にオン、就寝時刻にオフなどと設定して運転するとよいでしょう。 電気式は比較的早く暖まりやすいので部分的に暖めたい場合や、オン/オフが頻繁な生活スタイルに向いています。 コストは、「イニシャルコスト」と呼ばれる導入費用と「ランニングコスト」と呼ばれる運転費用のどちらとも、各メーカーが競い合いながら抑えられてきました。 一般的には、導入費用は電気式のほうが安く、運転費用は温水式のほうが安い傾向にあります。 床暖房からさらに変わりつつあるガスの使い道 マンションの床暖房で多く採用されてきたことで存在感を増したガスですが、現代の住まいでのガスの使い道は大きく分けて5種類あります。 ガスコンロ、ガスオーブンなどの調理機器 2. キッチンやシャワーなどの給湯や風呂の湯はりなどを行うガス給湯器 3. 温水床暖房やファンヒーターなどで暖房として使うこと 4. 浴室やサニタリーで使う暖房・乾燥としての設備 5. ガスを利用した発電・創エネルギー 温水式の浴室暖房換気乾燥機は、洗濯物を乾かせるほか、浴室の除湿やカビ予防にも効果的で人気があります。 そしてお湯を細かい霧状にして噴霧する「ミストサウナ」が組み込まれる仕様もあります。 以前のいわゆる団地では、ガスはキッチンのコンロと瞬間湯沸かし器、また浴室の「バランス釜」と言われた給湯器で主に使われていましたが、これらの機器は1990年代頃から徐々に姿を消しました。 代わって普及したのが、水を温めてお湯をつくる「給湯」と、浴槽の水を追い焚きする「風呂釜」を組み合わせた「ガス温水機器」です。 さらに給湯器では約80%が限界だった給湯熱効率を、排気熱・潜熱を回収するシステムによって約95%にまで向上できるようになりました。 これが「エコジョーズ」と名付けられている次世代ガス給湯器です。 そして、この給湯器でつくった温水を、配管を通して各部屋に循環させることで、どの部屋でも暖房できるシステムが「TES」です。 給湯のほか、温水式床暖房や浴室暖房換気乾燥機などに用いられ、近年の新築マンションで多く採用されています。 家庭用ガス温水床暖房を居室で使用する場合、ガス料金が割引になる契約プランもあります。 図3:東京ガス「エコジョーズ」の仕組み (より引用) ガスを利用した発電・創エネルギーとしては、燃料電池で都市ガスから水素を取り出し、空気と化学反応させて発電、そのときに生まれる熱で給湯するシステム「エネファーム」があり、マンションタイプも近年開発されました。 自宅で発電するため送電のロスがなく、排熱も利用するので節電のほかCO2削減効果も見込まれ、普及が進んでいます。 新築マンションの場合/リフォームする場合の床暖房の選び方 方式や給湯器などが多様化している床暖房ですが、現在販売されている新築マンションであっても、床暖房が敷設されている部屋は、ほとんどが10~15畳のリビング・ダイニングに限定されています。 家での過ごし方も多様化しているため個室などにも床暖房がほしいところですが、なかなかそうはいきません。 主な理由は、温水式床暖房の熱源機と供給できるお湯の関係にあります。 ガスの熱源機は、お湯を一度に使える量によって「号数」が定まっています。 人数が多い家庭では、夕飯の後に床暖房を付けながら、入浴でシャワーを使い、キッチンで洗い物をするようなシーンがあります。 こうしたファミリー層では24号が選ばれますが、それでも例えばリビング・ダイニング以外の個室などにも床暖房を設けようとなると、お湯が足りなくなります。 図4:給湯器の仕組みとお湯の流れ そこで「ガス暖房専用熱源機」という、床暖房や浴室暖房乾燥機などに使う温水暖房機能のみを備えた熱源機をさらにプラスし、暖房回路を増設する必要が出てきます。 このときに新築マンションであれば、供給側では増額するコストをかけて入居者全員がそこまでのお湯を使うだろうかとブレーキがかかるでしょう。 リフォームでは、玄関ドアの脇などにあるパイプスペースに熱源機をもう1つ設置できるだけのスペースがない、また共有部である外壁などに新たに配管を通すための孔を開けられない、という問題があります。 マンションリフォームでは、既存で温水式の床暖房が入っていれば、床仕上げとともに温水パネルを取り替えるかたちで工事できます。 既存に床暖房が入っていない場合、新たに導入するのは先述したように共有部との兼ね合いで基本的には難しいですが、マンションの個別の構造によっては可能性があるかもしれません。 いずれにしても、設計者や工事業者、管理組合によく相談することが必要です。 電気式は分電盤から電気回線を取ることができれば設置できるため、リフォーム向けの製品も多く出ています。 ただし運転費用は比較的高く、電気代は床暖房の広さによって変わりますので、敷設する範囲を吟味して限定したり、節約できるように電気プランを見直す必要があるかもしれません。 温水式の床暖房のような穏やかな輻射熱の暖かさをより暮らしに取り入れたいのであれば、電気を利用したパネルヒーターを設置するのもよいでしょう。

次の

マンションの床をリフォームしたいならこの6つのポイントを押さえるべし!

マンション 床暖房

床暖房導入のメリットは?注意すべき点は? 「床暖房ってどれくらい気持ちいいの?」「『すごくいい!!』って聞く一方で、『入れて失敗した!』って声も聞いたことがある。 どっちが本当なのか?」とマンションで床暖房リフォームをするにあたって、迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは実際にマンションの床暖房リフォームを行ったお客様の声もご紹介しながら、お悩みにお答えします。 1-1. エアコンと比べて、床暖房は体が芯から温まる! マンションで床暖房リフォームするメリットはたくさんあります。 とりわけ、足元から温めるので寒さが厳しい冬場は、エアコンに比べてかなり快適な暖かさになる点が魅力です。 <実際に使っている人の声>• エアコンだけだと足元が寒くて靴下を2枚はいていたのに、床暖房はそれをしなくても十分暖かいから驚いた。 床暖房を入れることで家族みんなが自然にリビングに集まる機会が増えて、会話が多くなった。 床暖房を入れることで灯油を給油することもホットカーペットをしまうスペースをとる必要もないため、かなり楽になった。 1-2. 体の芯から温まる床暖房にしたいなら、「温水式」を選ぼう! ただし、このような床暖房の恩恵を享受できるかどうかは、どのタイプの床暖房を入れるかで変わってきます。 床暖房には、大きく分けて「温水式」と「電気式」の2種類がありますが、今回おすすめするのは「温水式」です。 「温水式」は初期費用こそ「電気式」を上回りますが、その後の光熱費を押さえることができます。 さらに、部屋が温まるスピードが速く、かつ陽だまりのような自然な温かさを得ることができます。 <実際に使っている人の声>• 依頼した業者の方に「電気式ならお安く取り付けることができますよ」と言われ「電気式」床暖房を設置したが、月の電気代が想像を超えるほどの高さだった。 これからも長く使うため、光熱費を抑えることのできる「温水式」もきちんと検討すれば良かったと感じた。 きちんと暖かい時はすごく快適。 でも、「電気式」床暖房は部屋全体が暖まるのに1時間以上かかるため、できるだけ早く暖まりたいときはエアコンを使ってしまって無駄な電気代もかかってしまうのがちょっともったいないかな。 「電気式」か「温水式」か• 直張りか張替えか によって異なります。 今回費用対効果の観点から特におすすめなのが、「温水式で直張りの床暖房リフォーム」です。 3-1. 光熱費も踏まえると、「温水式」がお得! 「温水式」床暖房は「電気式」より初期費用こそ高いものの、9年を超すとトータルコストで「電気式」床暖房より安くなります。 3-2. バリアフリーを意識しないなら「上張り」で問題なし! 費用を抑えたいのであれば、直張りを選びましょう。 多少床が高くなるのの、張替のコストがかからないのでリーズナブルです。 張替えは、バリアフリーの観点から、少しの段差も避けたいときに行うものと考えて問題ありません。 2万円程度)もしくは「暖房専用熱源機」( 交換費用:14. 4万円程度)を入れる必要があります。 マンションの床暖房リフォームの事例と実際の費用 ここでは、マンションの床暖房リフォームの施工事例と実際にかかった費用をご紹介します。 実際にどのようにリフォームされたかをご確認ください。 出典: 出典: 6. リフォームはやりたいと思ってもすぐに完成するものではありません。 ここでは、思い立ってから施工完了までの流れや期間、実際に床暖房を設置するリフォームの細かな工期について紹介します。 6-1. 例えば、寒さが厳しくなる12月までに施工を完了させたいなら、9月から検討を始め、複数の業者から見積りをもらうと、タイミングよく床暖房を使用することができます。 6-2. 「直張り」の工期は1~2日、「張替え」の工期は4~5日! 実際のリフォーム期間中は自宅内が使用できません。 なぜなら、リフォーム箇所の床が使えなくなり、足場がなくなることによって生活に多くの支障が生まれるからです。 そのため、工期を考慮に入れたうえでリフォームを検討していく必要があります。 これらの工期の違いは、「直張り」が既存の床の上に新たな床暖房対応の床材を施工するのに対し、「張替え」は一度既存の床を撤去した後に新たな床材を取り入れるという工程の違いから生じます。 それらの規約は、施工主となるみなさんが目を通しておく必要があります。 なぜなら、リフォーム業者が管理規約を確認することなくリフォームを始めてしまい、後々痛い目にあった施工主がいる、という事実があるからです。 そのため、リフォーム業者に丸投げではなく、みなさんが一度管理規約に目を通しておくことを推奨します。 マンションに床暖房を取り入れるリフォームにおいては、管理規約上に以下の2点がどのように書かれているかを確認してからリフォームに臨みましょう。 床材の張り替えは許されているか• フローリング等級(遮音性能)はどのようになっているか 築年数の古いマンションでは床のリフォームは騒音トラブルのもとになりやすいため、床のリフォームを禁止している場合や、承認するものの「遮音等級L-45~L-55のフローリングを使用すること」など、リフォーム内容に制約を設けているマンションも少なくありません。 近隣住民や管理組合とトラブルになることを避ける意味でも、「管理規約」を事前に確認しておきましょう。 満足度の高いリフォームを予算内で収めるポイント! 「どうせマンションの床暖房リフォームするのであれば、『温水式』床暖房を入れたい!でも予算オーバーは避けたい・・・」とお悩みの方は、まずはご希望の施行を得意としている業者を探すことから始めましょう。 ここでは、コストを抑えつつご希望通りのマンションの床暖房リフォームができる業者の選び方を、具体的にお教えします。 8-1. リフォームの目的や趣向によって選ぶべき業者は変わる! リフォーム業者はそれぞれ得意分野や特徴が大きく異なります。 満足の行くマンションの床暖房リフォームを実現するためには、皆様の趣向に応じて最適の業者を選ぶことが重要です。 マンションの床暖房リフォームでおすすめしたいのは、地元の工務店です。 マンションの床暖房リフォームは、メーカー既製品を導入すればほぼ完成するため、デザイン力や提案力をそれほど必要としません。 そのため、ある程度価格で業者を選んでも差支えないのです。 8-2. 紹介サイトを活用してあなたに最適な業者を見つけよう! 業者によって得意とする工事や提案内容は大きく異なるため、リフォームの目的に適した業者を見つけられるかどうかで満足度は大きく変わります。 一般の方には、 マンションの床暖房リフォームを得意とする優良業者を探すのは至難の業です。 リフォーム業者紹介サイトなど、専門家のアドバイスを活用して最適な業者を見つけましょう。 紹介サイトには、各工務店が公開している情報以外に、お客様からの口コミや独自取材に基づき、マンションの床暖房リフォームが得意な業者・お客様からの評判がよい業者の情報が集約されています。 また、複数の業者をまとめて紹介してもらえるので、比較検討しながら自分に合う業者を選ぶことができます。 (ご参考)リフォームガイドのご紹介 ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。 リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめて紹介できます。 リフォームガイド: 電話番号:0120-395-120 営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土) 9. まとめ いかがでしたか?この記事を読むことで、床暖房の良さや床暖房を取り入れる費用などについてご理解いただけたことと思います。 マンションに床暖房を取り入れるリフォームの費用とランニングコストはかかりますが、床暖房があると住まいの暮らしやすさが大きく変わってきます。 皆様に満足するリフォームを行っていただけるよう、リフォームガイドはこれからもより良い情報のご提供をしてまいります。

次の

[ガス代高騰]床暖房つけっぱなし生活に突入しました…。

マンション 床暖房

温水式床暖房の欠点とは? 温水式床暖房の欠点とは、メンテンスが大変ということです。 温水式床暖房は、床の下に温水を流すためにシートを設置しています。 温水シートは、長い年月で劣化する可能性があるので、定期的にメンテンスが必要になります。 温水シートに不具合があれば、最悪の場合は床に水漏れが発生して、1階の天井が水浸しになる可能性もあります。 ですので、温水式床暖房の欠点として、温水式の設備を維持するためのメンテンス費用が掛かることが欠点だと言えますね。 マンションでは温水式床暖房は難しい 温水式床暖房は、床の下に温水が流れるので、マンションによっては、温水式床暖房が利用できない場合が多いです。 温水式床暖房に不具合があった場合には、階下の住宅に影響を与えてしまうので、温水式床暖房の設置が難しいことは当然だと言えます。 マンションでの床暖房は、電気の電熱線式が殆どですが、電気の電熱線はメンテンスも殆ど不要なので、マンションという共同で住む場所にとっては、温水式の床暖房よりも電気の電熱線の方が欠点がなくて、良いとも感じます。 ただし、電気の電熱線式の床暖房は、温水式床暖房よりも毎月の光熱費が高いことが欠点としてありますね。 温水式床暖房の欠点を検討 温水式床暖房の欠点として、メンテンス費用が高いことを伝えました。 定期的にメンテンスをすることは、面倒なこともありますが、メンテンスをしないで水漏れが発生したら更に大変なことになるとも言えます。 温水式床暖房のメンテンスでは、床を剥がしてメンテンスをする必要もあるので、いつもの日常の暮らしが出来なくなる場合もあるので、温水式床暖房の欠点として感じることは当然ですね。 温水式床暖房に対して、電気の電熱式の床暖房はありますが、電熱式に床暖房であればメンテンスの部分では欠点が少ないと言えます。 電気の電熱線式の床暖房ではメンテンス費用は、殆ど不要だと言えるのですが、電気なので光熱費が高いことが大きな欠点です。 でも、温水式床暖房の初期費用とメンテンス費用を含めて検討すると、光熱費が高い電気の電熱線式の床暖房の費用とは、あまり変わらない感じもあります。 メンテンスが面倒と感じる方は、温水式床暖房よりも電気の電熱線式の床暖房の方が、欠点が少なく良いと感じる方もいると思います。 もちろん、電熱線式の床暖房では、光熱費が掛かることを納得していることは必要ですね。 以上、温水式床暖房の欠点とは?の話でした。

次の