しめ縄 飾る 日。 お正月のしめ飾りの意味や飾り方を紹介、また飾る期間は?

しめ縄やしめ飾りの由来や意味!飾る時期はいつからいつまで?

しめ縄 飾る 日

POINT 年神様ってどんな神様? 年神様はお正月に各家々を訪れて1年の福を授けてくれる神様です。 豊作をもたらす穀物神であり、家を守ってくれる祖霊とも考えられています。 正月様、大年神(おおとしのかみ)、歳徳神(としとくじん)、恵方神など、さまざまな名称があります。 この13日はお正月の準備を始める日、「正月事始め」とされていて、煤払い(すすはらい)が行われました。 つまり大掃除ですね。 障子の張替えなども済ませ、家の内外がすっかりきれいになったところで、玄関や神棚に新しいしめ縄を飾るのが正式な飾り方なのです。 現代ではクリスマスの後、25日以降に飾るという家庭が多いようです。 それは12月29・30・31日の3日間です。 29日は二重苦が連想されて縁起がよくないためにNG、31日はお葬式の準備が一夜で整うことに通じることから「一夜飾り」と言われるタブーになります。 旧暦の大晦日にあたる30日も同様の理由で避けたい日です。 31日がダメな理由として、年神様は大晦日の朝早くにやってくるから(間に合わない)という説もあります。 しめ縄は「神様をお迎えする準備が済みました」という言わば神様への合図ですから、飾りのない家には年神様は寄ってくださらないのだそうですよ。 どのタイプにするかは飾る場所と好みで選べばOKですが、ごぼう注連のように1本の縄状のしめ縄については、向かって右に太い方がくるように配置する、右元と呼ばれる飾り方が一般的です。 逆の向きで玄関に飾ったとしても間違いではありませんが、たとえば三重県伊勢市のように左元で飾るのがスタンダードな地域もあります。 初めてしめ縄を飾るという人は、お住まいの地域のやり方に合わせるといいでしょう。 しめ縄の1つ目の処分法は、「どんど焼きで燃やす」というものです。 どんど焼きとは、松の内を過ぎて外したお正月飾りを神社や田んぼ、河原などに集めて焼く火まつりの行事のことで、一般的には15日前後に行われます。 左義長(さぎちょう)、どんと焼き、どんどん焼き他、地域によって呼び方はさまざまです。 本来はお迎えした年神様を天にお送りするものですが、家内安全・無病息災・厄払いなど、その1年の幸せを願う大切な行事でもあります。 どんど焼きで処分するのが一番ですが、当日都合がいいとは限りませんし、そもそもそうした行事がない地域もあります。 特別な日でなくても引き受け可としている神社も多いので、まずは電話やHPで確認してみましょう。 環境や安全面に配慮してお焚き上げを行わない神社もありますから、そんな場合は可燃ゴミとして出して構いません。 ただし、縁起物ですから、取り扱いは最後まできちんとしたいもの。 松の内を過ぎて玄関から外したら白い紙 なければ包装紙や新聞紙などでも可 に包んで保管し、他のゴミとは別にして出しましょう。 包む際、塩ひとつまみかけると簡単なお清めになります。 これらは見た目をよくするためだけではなく、1つ1つに意味があります。 しめ縄の装飾に使われる物の種類やその意味を見ていきましょう。 お正月飾りによく見られるオレンジ色の果物は「橙 だいだい 」です。 冬に橙色に色付いた果実は収穫しなければ木から落ちず、暖かくなると青くなり、また次の冬には再び橙に色付く…を繰り返す性質を持っています。 そのため1本の木に親世代・子世代の果実が一緒についていることも多く、代々 だいだい・橙 栄える、長寿や繁栄のシンボルとしてお正月飾りに欠かせない存在です。 ちなみにみかんの仲間ではありますが、実は種類が違うんですよ。 末広扇には文字通り「家が代々末広がりに栄えるように」といった願いが込められており、海老はその見た目から老人にも見えるため「長寿」の象徴として縁起物とされます。 しめ縄の扱い方を知って気持ちよくお正月を迎えよう しめ縄(しめ飾り)を玄関に飾るとき、玄関から外すときのタイミングや処分の作法などについてお届けしました。 これまでは適当にやっていたという人も、今回は正しい方法で進めてみてください。 新年、きっと気持ちのいいスタートがきれるはずですよ! さて、お正月と言えば、豪華なおせちが楽しみ!という人も多いのではないでしょうか。 実は重箱に詰めてあるお料理の1つ1つには意味があるんです。 それぞれの由来について以下の記事で詳しく解説しています。 こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

次の

しめ縄の正しい飾り方をマスターして、良い年を迎えましょう!|

しめ縄 飾る 日

しめ縄を飾るのはいつから? しめ縄はいつから飾るのかについて、まず注意しておきたい事がありますので、それを紹介しますね。 それは、しめ縄に限らず、正月飾りを飾るのにはよくないとされる日があるということです。 そのよくないとされている日は、12月29日と、12月31日の大晦日です。 29日がどうして縁起が悪いとされるのかというと、29は『にじゅうく』=『二重苦』に通じるからです。 31日の方は、『一日飾り』とか『一夜飾り』と言われ、神様をお迎えするのに、今年の間に一晩しか飾らないのは失礼とされ、これもよくないと言われています。 なので、しめ縄をいつから飾るかについては、12月29日と12月31日は避けるようにしましょう。 他にも、4や6の付く日は縁起が悪いのではとか、30日の『0』は『無』に通じるということで、これも良くないのではと言う人もいるようですけど、そこまで気にすることはないと思います。 では、しめ縄はいつから出せばいいのでしょうか? 明確に、「何日から出しましょう」という日は決まっていないのですが、 縁起がいいとされているのは12月28日です。 28の『8』が末広がりの『八』だからなんですね。 それよりも早い時期に、例えば大安吉日の日を選んでしめ縄を飾ってもいいのですけど、時期的にも28日が一番いいと思いますよ。 と言いますのは、12月だとクリスマスの飾りを出しているお家も多いと思いますので。 クリスマスツリーなどとしめ縄が同時に出ているって、ちょっと変ですよね。 玄関の扉に、クリスマスリースを飾っている家もあるでしょうし。 ですから、12月25日以降で、クリスマスの飾りを片付けていて縁起も良い12月28日が、しめ縄を飾る時期としてベストだと思います。 もう28日を過ぎちゃってるんだけど・・・という場合は、『二重苦』の29日と、『一日飾り』『一夜飾り』の31日は避けるようにしましょう。 その場合は、12月30日にしめ飾りを飾ることになりますね。 玄関に飾るしめ縄(しめ飾り)には、「お迎えする準備ができましたよ」と年神様にお知らせするという意味もあります。 ですから、しめ縄を飾るのは、大掃除が終わってからにするのが望ましいのです。 年神様というのは、その年の幸せを運んできてくださる神様です。 また、門松には、年神様が降りてくる時の目印になるという意味があります。 しめ縄の玄関への飾り方は? しめ縄は、家の中と外を隔てる結界を示す物で、不浄なものを家の中に入れないという意味もあります。 なので、 外に面した玄関の扉の上にしめ縄を飾って、しめ縄の下をくぐるようにする飾り方がいいですね。 でも、玄関の扉の上にしめ縄を飾るスペースがあればいいのですが、なかったら飾り方に悩みますよね。 その場合は、 玄関ドアに吸盤フックなどを付けて、そこにしめ縄をかけるという飾り方でも構いません。 吸盤フックが使えない扉でしたら、両面テープのフックなどを使いましょう。 この場合は、ドア自体が結界になります。 ちなみに、しめ縄には『三宝・車用』と書かれたものもあります。 三宝というのは、鏡餅などを乗せるお供えの台のことです。 つまり、三宝・車用のしめ縄というのは、お供えの台や車に飾るための物で、玄関用ではありませんので気をつけましょう。 スポンサードリンク まとめ しめ縄はいつ飾るのかについては、12月28日が末広がりの『八』ということで縁起が良く、一番いい日といえます。 逆に、12月29日は『にじゅうく』=『二重苦』ということで縁起が悪く、大晦日の31日も『一日飾り』とか『一夜飾り』と言われ、良くないとされます。 玄関へしめ縄の飾り方は、外に面した扉の上に飾るのが一番いいのですが、スペースがないのでしたら、ドアに吸盤フックや粘着フックなどで吊るしても構いません。 神棚には、しめ縄を絶対に飾らないといけないというわけではありません。 神棚にしめ縄を飾るのでしたら、一般の神様の場合、神棚に向かって右が太くなるようにしめ縄を飾ります。 出雲大社系の神様でしたら、飾り方はその逆で、神棚に向かって右が細くなるようにしめ縄を飾りましょう。

次の

しめ縄の正しい飾り方や飾る場所は?期間はいつからいつまで?

しめ縄 飾る 日

スポンサーリンク 2021年のしめ飾りはいつから飾る? お正月のしめ飾りは、 一般的には「12月28日まで」に飾るのが理想とされています。 2021年の場合は12月28日となり、このころから社会人なら冬休みに入る方も多いと思います。 また昔は正月始めというお正月を準備する慣わしがあり、 12月13日から飾っても良いとされています。 ただ12月13日はクリスマス前なので、ちょっとしめ縄を飾るには抵抗がある・・・という方は無理せず、クリスマスムードが終わった次の日などに飾るといいかもしれませんね。 クリスマスの片づけと、しめ縄飾りを一緒にすれば手間も少なくなりますね。 でもお正月前の12月31日などお正月休みに飾りたいという方もいらっしゃるかもしれません。 じつはこの12月29日~31日には、しめ縄飾りは飾らない方が良いとされているんです。 スポンサーリンク しめ飾りを飾らない方が良い日2021(避けた方が良い日) しめ縄飾りは縁起物となるので、飾らない方が良い日が12月29日~31日なんです。 2021年は12月29日~31日となります。 ちょうど社会人は冬休みに入るので、お正月の準備がしやすくなりますよね。 その理由としては、それぞれの日にあります 12月29日を避けた方が良い理由は、「苦」というイメージがあるからとされています。 苦しいには、「苦松」、「苦立て」などと言われているので、この日に飾るのは避けた方が良いとされています。 12月30日は旧暦だと晦日(みそか)とされ、月の最後の日だったそうです。 また晦というものは月に隠れる意味があり、縁起の良い日といわれていないそうです。 12月31日は一夜飾りとされていて、歳神様をお迎えする縁起物を1日で飾るのは良くないとされています。 (1日しか飾らないという誠意にかけるという意味あいがあるのだとか) また一夜飾りは葬儀の準備などのイメージがあり、しめ飾りを飾るには特に良くない日とされています。 ちなみに門松、お正月飾りなどもこの日は避けた方が良いとされています。 どうしても忘れてしまったという場合はしょうがないので、飾らないよりかは飾った方が良いとされています。 特に深く考えなければ、そこまで気にすることでもないのですが、一応気にする方は早めにしめ飾りを飾ることをおすすめします。 しめ縄を飾る場所はどこが良い? しめ縄を飾る場所は、玄関やドアなどの正面上部などに吊り下げて飾ると良いとされています。 特にここという場所は決まっていないので、できるだけ扉などや門など年神様がわかりやすいところに飾るとよいですね。

次の