ヴェンデリン 意味。 ドイツ語 男性名

ヴェンデッタ 雑談・質問掲示板

ヴェンデリン 意味

ヴェンデリン・ヴィーデキング(Wendelin Wiedeking, 1952年8月28日 - )は、ドイツの実業家。 現在ポルシェのCEO、及びフォルクスワーゲンの取締役会役員を務める。 ドイツ南西部の都市、アーレン生まれ。 1980年代にピークを迎えた販売台数が急降下し、1990年以降には倒産の危機に瀕していたポルシェを再建したことと、2005年以降にフォルクスワーゲンの買収を決断・実行したことで知られる。. 5 関係: 、、、、。 ヴォルフガング・ポルシェ(Wolfgang Porsche 、1943年5月10日 - )は、ドイツの実業家、ポルシェ監査役会会長。 フェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェの四男として、シュトゥットガルトに生まれる。 1978年からポルシェ監査会メンバーとなり、2007年1月から現職。 元・映画プロデューサーである妻・Susanne Porscheとのあいだに四子がある。. 新しい!! しばしばF・A・ポルシェと表記されるほか、ブッツィー・ポルシェ(Butzi Porsche )の愛称でも知られる。 12-13「ポルシェ社の歴史と現況」。。 911のデザイナーとして知られ、ポルシェデザインを創業した。. 新しい!! ポルシェ その生涯と作品』pp. 223-227。 12-13「ポルシェ社の歴史と現況」。 9月19日『F. ポルシェ その生涯と作品』pp. 137-141「フェリィ・ポルシェ」。 - 1998年3月27日)は、オーストリアの実業家、自動車工学技術者、自動車デザイナー。 フェリー・ポルシェ(Ferry Porsche)の愛称でも知られる。 フェルディナント・ポルシェの長男として父親とともにポルシェの創設に関わった。 自身も356を設計し、ポルシェの監査役会長、名誉会長などを歴任した。. 新しい!! ベックムは、の小連山ベックマー・ベルゲ(ベックム山)の名前の由来となった。. 新しい!! ミュンスター行政管区に属す同郡最大で経済的に最も重要な都市である。 バーデン=ヴュルテンベルク州の都市アーレン Aalen と混同しないよう注意が必要である。. 新しい!!

次の

「八男って、それはないでしょう!」ヴェンデリン役・榎木淳弥、全話総括インタビュー 役への向き合い方は「特別な意気込みはあえて持たない」

ヴェンデリン 意味

2016年 フィンランド 主なキャスト: ネリー・ハースト=ジー ミモサ・ヴィッラモ ミカエル・ガブリエル サンテリ・ヘリンヘイモ・マンティラ 監督:タネリ・ムストネン 脚本:タネリ・ムストネン、アレクシ・ヒヴァリネン ネタバレ無しのあらすじ フィンランドの首都、ヘルシンキの西にある「ボドム湖」 ここでは1960年の夏、キャンプをしていた若い男女4人が何者かに襲われ、3名が死亡・1名が重傷を負う事件が発生しており、未解決のままとなっていた。 この事件の真相を解明したいアッテ(サンテリ・ヘリンヘイモ・マンティラ)は友人のエリアス(ミカエル・ガブリエル)と共に2人の女子ノーラ(ミモサ・ヴィッラモ)とイーダ(ネリー・ハースト=ジー)をキャンプへと誘う。 当時の状況を再現しつつ事件の謎を追うアッテだが、事態は思わぬ方向へと展開していく・・・ ・・・といった内容の作品。 まずはこの映画の題材にもなっている「ボドム湖殺人事件」についての豆知識から! ボドム湖殺人事件 1960年、フィンランドのボドム湖畔にキャンプに訪れた15歳から18際の男女4名のうち、3名が刃物と鈍器によって殺害され、1名は重傷を負うものの生存・・という事件。 事件の12年後に 「私がボドム湖殺人事件の犯人である」という遺書を残して自殺した男が現れ、被害者との接点や動機などから真犯人であるとされるものの・・・事件時に自宅にいたというアリバイから、警察は「犯人ではない」と断定。 さらに事件の44年後に医師のヨルマ・パロが 「事件の真犯人はKGB諜報員であった」とする書籍を発行して注目を集めるが、警察はこれも否定。 そして事件から45年後、2003年に 「唯一の生存者だった男が犯人であった」として警察に逮捕される。 様々な状況証拠に加え、古い証拠を最新のDNA捜査などで再調査した末に犯人と断定されたが・・・こちらも最終的には無罪とされている。 そして2019年現在も、未解決事件のままとなっている。 未解決事件を題材に・・ 実際に起きた未解決事件を題材にした映画は多くありますが・・・なにせ「未解決」のまま終わっているものですから、そのまま映画にしても 「犯人は誰なんだろうね」で終わってしまいます。 冒頭引き合いに出した「ソディアック事件」に絡んだ映画もいくつも制作されていますが、やはり独自の解釈や、フィクション要素を入れたものが多くなっています。 これはこれで有りなんじゃないかと思ったのですが・・・残念ながら 「グダグダの展開がダラダラ続く。 そして最後もしょんぼり…」という、残念映画でした。 下手クソな二転三転は嬉しくない 単純などんでん返し系映画はもう古くなり、今では二転三転は当たり前。 「じゃじゃーん!これが真相でしたー!」からの… 「なーんちゃって!それも嘘でした!」という映画はずいぶん多くなりました。 いや、三転といっても良いでしょう。 しかし…申し訳ない、クソつまんないです。 リアリティもなく盛り上がりに欠ける展開に「あー、こういうオチね。 うん、それでいいよ」とこっちがダルくなっているところへ、予想通りのどんでん返しを持ってきて 「ドーン!実はこれが真相だったよ!驚いた!?」とかやられても・・・「ああそう、じゃあそれでいいよ」という気持ちにしかなりません。 そしてさらに 「ババーン!!なんとここでさらにどんでん返しです!!」と、再び「・・・だろうね」という展開を得意げに披露されても・・・正直帰りたくなります。 ここからネタバレを含むよ!! 最初っからグダグダな展開 アッテが 「ボドム湖殺人事件の状況を再現する事で、事件の真相を解明したい」ってのはまぁ良いんです。 若い頃って、意味のわからん事に情熱を燃やしたりしますし。 私も 「どうやったら階段から華麗に落ちる事ができるか」という事を追求して、前歯を折った事があります。 そんなもんです、若い頃は。 しかしなんとなく映画として観ていられたのは、アッテが殺されるあたりまで。 そこからは不自然な動きや展開が許容量を超えすぎて、もう「こりゃダメ映画だ・・・」の気分が止まりません。 実はノーラ達の策略だった!衝撃!・・とは思えず。 そしてエリアスも殺害。 犯人はノーラ・・・ここ、残念ながら驚きも衝撃もありません・・・。 「ああ、たぶんそんな展開だと思っていたよ。 でもまぁいいや、それで終わりにしようね」って気分です。 でも終わらないんですよ。 だってまだ半分なんですもの、時間的に。 このへんで 「肌着のイーダが水中で艶めかしい動きを魅せる」という、無駄に美麗な映像が長めの尺で挟まれるのですが・・・いかんせん、彼女がブサ・・あー、えーと、好みではないので、全然嬉しくありません。 さっさと潜れ。 鍵拾ったらさっさと上がれ。 長いわ。 そんな冷めた目でしか見れません。。。 ええ!?驚愕の回想シーン!・・・が無意味に長いね。 犯行を終えた二人が車で戻る中、回想シーン付きで明かされる事の真相。 「別にそんなん、わざわざ回想でやる必要ないでしょ」という、驚きもクソもない映像がダラダラとタレ流されます。 しかも無駄に長い。 しかし!ノーラ達以外に殺人鬼がいた!・・・とは思ってたよ。 もうこれも予想通り。 そういう展開だろうね…と想定していたので、無駄に長いだけです。 そして相変わらず、細かいツッコミどころ満載の不自然な展開。 目まぐるしく衝撃的な映像が流れているのですが、気持ちは平穏そのもの。 アメリカンなレッカー車、カッコいいなー。 ミニチュアで買おうかなー・・・。 そんな事ばかり考えてしまい、スマホで検索してしまいました。 そして映画鑑賞中なのに、これを買ってしまいました(笑) ただただ、流れを受け入れる・・ 最終的に、なんかよくわかりませんがイーダだけ生き残りました。 警察的にも 「殺人犯などいない。 イーダが犯人だが、精神が壊れてしまった」という結論になったようです。 ちょっとムリヤリにもほどがある。 あまりにも強引な結論なので 「そのまんまイーダが犯人。 作品中のアレコレは精神的に病んでいための妄想」と解釈した方もいるようですが・・・それだと明らかに矛盾する点が多すぎますし、そういう描かれ方はされていないので違うのではないかと・・・。 全体的にアレな映画でしたが、 「考察できる部分」を挙げるとすれば・・ 犬を連れた大男は、ボドム湖殺人事件の犯人か? 作品中で「事件当時若ければ、まだ生きていてもおかしくない」というセリフがあるので、この大男が当時の事件の犯人である・・という可能性は無くもないです。 「まだ殺人犯は生きている。 そして、再び機会を伺っている」という、当時の事件の解釈の1つなのでしょう。 冒頭のナイフを研ぐ男は・・ 冒頭、意味深にナイフを研ぐ男がでてきます。 周囲にはテントと、ちらかった衣類など。 私は実際の「ボドム湖殺人事件」を表現していると解釈しました。 一見「若者たちを狙う犯人」のように勘違いしてしまいますが、湖に入ってはしゃいでいる男女は3人です。 ですので彼はグループのうちの1人。 「生き残った男性が犯人である」とされた経緯があるので、おそらくそういった演出ではないかと思われます。 画は綺麗。 とにかく綺麗。 私がどうにか最後まで鑑賞できた大きな理由の1つに 「とにかく画が美しい」というのがありました。 フィンランド映画ってのはあまり馴染みがなかったのですが、こういう表現が多いならば他の作品も観てみたくなります。 職業柄、森や湖などの自然風景の表現には食いついてしまうんですよね・・・。 しかし「綺麗だから観てみ?」と人にオススメはできません。 ・・・だって内容が内容ですから。 なお、若い男女4人が森の中・・という、ホラー系なら確実にアレなシーンが期待できる設定なのに・・.

次の

「八男って」主役ヴェンデリン役の榎木 淳弥 プロフィールや画力など

ヴェンデリン 意味

先日最終回が放送されたばかりのTVアニメ 『八男って、それはないでしょう!』(以下、『八男』)。 6月28日(日)にはABEMAでのキャスト出演の特番や一挙放送も控えており、放送終了後も勢いが止まらない。 『八男』は、貧乏貴族の八男・ヴェンデリン(ヴェル)として異世界に転生してしまった元サラリーマンが活躍するファンタジー。 貴族社会のしがらみやお家騒動などに巻き込まれながらも、自力で人生を切り開いていく物語が見どころだ。 ヴェル役の 榎木淳弥はアフレコを振り返り「最終回も含め、あえて意気込まなかった」と語る。 貧乏貴族の八男から自立をしていく役どころは、やもすると肩に力が入ってしまいそうだが、なぜ自然体で演じきることを選んだのだろうか。 その背景には榎木のアフレコに対する姿勢や、ヴェルならではの価値観があった。 本稿では榎木とともにTVシリーズを振り返りつつ『八男』で印象深かったエピソードや、役との向き合い方をうかがった。 けっこう前になりますが、さかのぼって今でも忘れられないアフレコのエピソードはありますか? 榎木:『八男』のアフレコは2019年末に終わりましたが、西明日香さん(エリーゼ役)と三村ゆうなさん(ルイーゼ役)の元気さは今でも印象に残っています。 とくに西さんが演じているエリーゼは清楚なキャラクターなので、本人の元気さと良い意味でギャップがありました。 ガヤの収録では、2人が男性役を演じることもあって、下野紘さん(エルヴィン役)が少し離れた場所からツッコミを入れていたんです。 休憩中も、作中でヴェルたちが組んでいるパーティのような賑やかな雰囲気がただよっていました。 『八男』に限らず、アフレコにはいつも特別な意気込みを持ちこまないようにしているんです。 僕自身の感情は、役を演じるうえでは関係ない。 むしろ意気込むと今までの演技と変わってしまいますし、役は普段通りなのに僕だけが気合を入れてしまうのは少し違う気がします。 とくにヴェルは余計な力が入っていないキャラクターなので、作り過ぎず、自然体で演じようと思っていました。 榎木:異世界に来たばかりのヴェルは、現代世界の尺度で物事を考えていました。 でも転生後を幼年期から過ごしていたので、現代の人間よりも異世界の人間の価値観に近づいていったのかもしれません。 (注:幼年期のヴェルを演じたのは石上静香さん。 榎木さんは転生前のサラリーマン・一宮信吾と12歳以降のヴェルを演じる) もしヴェルのように自分の見た目が若返ったら、精神も身体に合わせて若くなってしまうと思うんです。 お芝居で衣装を変えて別の人になりきるように、普段とは別の側面が出てくる。 現代の記憶や価値観も意識しつつ、「見た目が変わったことで新しい人間として生まれ変わっているのかもしれない」と想像して演じていました。 たまに現代人らしくない反応を見せるのも、精神を異世界の身体に合わせた結果なのだと思います。 だからヴェルも、あれだけ見た目や衣服が変わればずっと現代と同じ精神ではいられないと思いました。 ちなみに今日の衣装は、このあとすぐ配信を控えている『声優と夜あそび』の雰囲気に合わせて、あえてチャラそうな服を選んでみました。 これは私服で、普段使いづらい服で着る機会がまったくなかったのですが、今回ようやく着ることができました(笑)。

次の