尿 潜血 原因。 尿潜血が陽性になる原因は病気?ストレスや病気でも出る?

尿検査で潜血反応がプラスに。 意味や原因には何があるの?

尿 潜血 原因

尿潜血(血尿)の概要 この項目は、血尿であるかどうかを調べる検査です。 尿潜血検査は試験紙(定性法)で行われ、厳密に言うと、血液に存在する赤血球中のヘモグロビンが尿中に存在するかどうかを調べています。 主に腎・尿路系に炎症や損傷、腫瘍などがあると、そこから出血し、尿の中に血液が混入(血尿)するため、尿潜血検査は陽性を示します。 また、溶血性貧血などのように体内で赤血球が大量に壊される疾患の場合、赤血球に含まれるヘモグロビンが大量に放出されるため、結果的に尿の中にヘモグロビンが排泄されるので尿潜血検査は陽性となります。 尚、筋肉疾患などでミオグロビンと呼ばれる、ヘモグロビンに似た蛋白が尿中に存在しても、試験紙法の場合、尿潜血検査は陽性を示します。 肉眼的血尿と顕微鏡的血尿の違い 通常、血液が尿に混じったものを血尿といいますが、尿が赤く見た目で血尿と分かるものを「肉眼的血尿」と呼び、肉眼では分からず顕微鏡を用いた検査によって血尿と判断されるものを「顕微鏡的血尿」と呼びます。 通常、肉眼で尿潜血が陽性と判断できる肉眼的血尿は、尿1 リットル中に血液が1 ミリリットル以上混入している状態になります。 肉眼では分からない顕微鏡的血尿の場合、顕微鏡を用いて400 倍まで拡大し、1視野に5 個以上赤血球が存在していれば試験紙は陽性を示します。 健康診断で尿潜血陽性(血尿)と診断されたら・・・ この尿潜血検査は、健康診断の尿検査の項目に含まれていることがあり、みなさんのなかにも陽性と診断されたかたもいらっしゃると思います。 この尿潜血検査が陽性になる割合は、男性より女性の方が多く、年齢が高くなるにつれて陽性率が上がる傾向があります。 この尿潜血陽性になる原因には、激しい運動後や発熱・過労などにより起こる生理的な血尿や、女性では生理中のために尿に血液が混じってしまうために起こる血尿などがあり、病的でないものが多くあります。 また、尿潜血が陽性と判定され、二次検査で尿潜血が陽性になる原因が特定できるのは30~40%前後で、その特定された原因のなかでも、すぐに治療を必要とされるのは40%程度といわれています。 乳幼児の血尿は、一般的に7歳くらいになると半数近くの方が尿潜血が陰性となります。 また、ナットクラッカー現象や良性家族性血尿などによって陽性とあらわれることがありますが、ともに予後は良好です。 このように尿潜血陽性のなかには、生理的に出現するものや、良性疾患によって出現するものが多くありますが、なかには、尿路(腎臓、膀胱、尿管など)の悪性腫瘍や腎炎、その他の尿路系疾患などが原因であらわれていることがありますので、尿潜血が陽性といわれた方は、定期的に尿検査を実施するようにしましょう。 補足 1)ナットクラッカー現象(くるみ割り現象) 左腎静脈が腹部大動脈と上腸間膜動脈に挟まれて狭窄を起こす現象です。 狭窄が起こることにより、左腎静脈圧が上昇し、その結果血尿が出るようになります。 2)良性家族性血尿 遺伝性のもので、腎臓にある糸球体基底膜と呼ばれる膜が生まれつき薄い病気です。 一般的に予後の良い病気です。 尿潜血が陽性を示す病態 腎臓の病気 急性、慢性腎炎(糸球体腎炎、ループス腎炎など)、腎結石、腎腫瘍、遊走腎、腎外傷、のう胞腎 など 尿管の病気 尿管結石、尿管腫瘍 など 膀胱の病気 膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍 など その他泌尿器関連の病気 前立腺炎、前立腺がん、尿道炎 など 泌尿器以外の病気 白血病、溶血性貧血(発作性夜間ヘモグロビン尿症など)、心筋梗塞、筋ジストロフィー、筋損傷、重症の火傷、発作性寒冷血色素尿症 など 検査時の注意事項 女性の場合、月経中や月経後数日は経血により尿潜血が陽性となることがありますので、可能であればこの期間は尿潜血の検査は避けたほうが良いでしょう。 尿潜血の検査は一般的に試験紙で行われます。 この検査方法の場合、大量のビタミンC(アスコルビン酸)が尿中に存在すると、偽陰性(実際は陽性でも陰性になってしまう)になることがあります。 ビタミンCは大量に摂取してもそのほとんどが24時間で尿の中に排泄されますので、前日から清涼飲料水やジュースなどビタミンCを多く含む飲料や食物は摂取しないように注意しましょう。

次の

男性の血尿の原因は何?泌尿器科医165名に聞いてみました

尿 潜血 原因

com よく「血尿」「血便」といいますが、そうしたものは「血が混じっているのが目に見える状態」を指します。 潜血とは文字通り「血が潜んでいる」状態のことを指し、血が目に見えることはありません。 日本腎臓学会においては、血尿とは「尿に赤血球が混入した状態」のことを呼んでいます。 しかし、目に見えないからといって決して安心することはできないのが潜血です。 排泄物に血液が混ざっているということは、はっきりとした病気の症状がなくても体のどこかで異常が起きていることを示しています。 ここでは、潜血があることによって考えられる病気を尿潜血・便潜血に分けて紹介します。 com 尿潜血の検査で陽性が出た場合に多いのが尿路結石症です。 尿路とは腎臓で作られた尿が膀胱にためられ、尿管を通って体外に排出されるまでの経路のことをいいますが、その途中のどこかに老廃物がたまって結晶化する症状のことを結石症といいます。 尿路結石症は結石のできた場所によって呼び名が異なり、腎臓にできた場合なら腎結石、膀胱ならば膀胱結石、尿管ならば尿管結石と呼ばれます。 結石の成分はカルシウムやシュウ酸ストルバイトなどですが、こうした結石が尿管まで達すると腰や下腹などに「七転八倒」ともいわれるほど非常な痛みが走ります。 しかし、そのような症状はなく健康診断で潜血のみが出ることで結石の存在に気づくことも多いです。 com 腎臓は胴体下部の背中側にある臓器で、血液中の老廃物をこしとって尿として排出する機能のほか、血圧を調節する機能などが備わっている、とても重要な器官です。 この腎臓に炎症が起きるのが腎炎です。 腎炎にはいくつかの種類があり、いずれも潜血が症状として出ることがあります。 ・糸球体腎炎(急性・慢性) 糸球体とは、腎臓の中で特に老廃物のろ過を行っている部分のことを指します。 この糸球体に炎症が発生するのが糸球体腎炎です。 急性糸球体腎炎は特に幼児などの若年者に多く、血尿や手足のむくみ、発熱などの症状が現れます。 慢性糸球体腎炎はたんぱく尿や血尿が1年間以上現れ続けるものを指し、1つの病気ではなく様々な症状の総称です。 ただし、潜血が出たからといってすなわち病気にかかっているというわけではありません。 潜血は病気以外にも痔・月経血の混入・一時的なストレス・激しい運動などによっても陽性となることがしばしばあります。 また病気が発見された場合でも、自覚症状がない程度の段階ならばその後の経過観察のみで済むケースも多いようです。 このため、潜血が陽性だったからといってすぐに慌てる必要はありません。 しかし病気の可能性もあることは事実ですので、自己判断はせず必ず病院で診断をうけることが大切です。 再受診をうける際は何科に行けばいいのか迷ってしまいますが、泌尿器科や腎臓内科など、泌尿器を専門としているところを受診するとよいでしょう。 便潜血から考えられる病気.

次の

尿検査で潜血反応がプラスに。 意味や原因には何があるの?

尿 潜血 原因

尿潜血というのは何なのか? 尿に血が混じる血尿は知っているけど 尿潜血とは何なのか分からないと いう方も少なくありません。 尿潜血とは尿の中に血液の中の赤血球 が混ざってしまう状態のことですが、 一般的に言われている 血尿とは違いが あるのです。 血尿は目で確認できるほど尿に血が 混じっていて赤かったりするのですが 尿潜血は目で見ても分からない程度の 血が尿の中に潜んでいる状態なのです。 また何らかの症状があれば分かり やすいのですが、これと言った症状が 無いことが多く、健康診断などの検査 で陽性と判定されてはじめて気づく ことが多いのです。 健康診断などで陽性と判定された場合 には、何らかの病気が隠れている可能性 が考えられるので、一度病院で精密検査 を受けることも大事です。 スポンサードリンク 尿潜血反応が陽性の原因が病気の場合 尿の色がいつもの色と変わりなくて 何も症状が出ていない場合が多いの です。 しかし、検査で尿潜血反応が陽性と なっていることは潜血として少量の 血液が混入していることになります。 少量の血液が混入するのは、 腎臓や 尿路などに何らかの異常があることが 考えられますし、その他にも様々な 全身疾患の兆候という可能性も考え られます。 尿潜血が陽性になる原因の病気と しては、糸球体腎炎・腎梗塞・ 腎のう胞・水腎症・前立腺疾患など が考えられます。 また、腎臓・尿管・膀胱・尿道など 尿が通過する部分に発生している癌 ・結石・外傷もあります。 結核菌や病原菌などの感染症や心臓 血管疾患・膠原病・出血性素因など 様々な病気があるのです。 その為、検査で尿潜血が陽性反応した 場合には、そのような疾患が原因に なっていることも視野に入れて精密 検査を受けることも必要です。 それにより様々な病気の早期発見・ 早期治療につながるのです。 尿潜血反応が陽性の原因が病気じゃない場合 尿潜血が陽性反応をしたとしても先に 触れた疾患が原因とは限りません。 激しい運動・過労・ストレス・寝不足・ 寒冷への曝露・月経血の混入など、 一過性の原因というのも考えられる のです。 このように病気でない原因もあるので、 健康診断などで陽性反応が出た場合 には、精密検査が必要なのか、潜血 反応が続いているのか、他の症状は ないのかなどを冷静に判断し対応して いくことも大事です。 健康診断などで尿潜血に陽性反応が 見られた方が精密検査を行った場合 に、 腎結石・腎のう胞・軽症の腎炎 などが発見される方は約3割です。 しかもその多くは治療の必要がなく 経過観察を続けるだけということ です。 残る約7割の方は異常なしで、激しい 運動・過労・ストレス・寝不足・ 寒冷への曝露・月経血の混入など 一過性の原因と考えられます。 つまり、健康診断などで判明する症状 のない尿潜血陽性に関しては、すぐに 治療を必要とする重大な病気である 可能性は少ないということです。 ただし、 逆に膀胱癌や腎臓癌などが 発見されることもあるので、激しい 運動・過労・ストレス・寝不足など 一過性の原因と自己判断することなく 必ず精密検査を受けることが大事です。 小児の尿潜血反応が陽性の原因 小児の尿潜血は3歳児検尿や学校検尿、 あるいは偶然の検査で発見されること が多いことです。 その原因は ナットクラッカー現象や 良性家族性血尿など良性疾患という ことがあります。 ナットクラッカー現象とは、腹部 大動脈と上腸間膜動脈に挟まれて 左腎静脈が狭窄してしまう現象です。 クッションとなる内臓脂肪が左腎静脈 周囲に少ないやせ型の子供に多く 見られます。 この狭窄が発生することによって 左腎静脈圧が上昇して、左腎杯や尿管 から破れて出血して血尿が出るのです。 (血管と血管に挟まれて血管が圧迫 されて破れるってこと) ただし特に治療を必要とするわけでは なくて、1年に1から2回程度の検尿と、 必要に応じて年1回程度の血液検査を して経過観察することになります。 良性家族性血尿というのは、腎臓に ある糸球体基底膜と呼ばれる膜が 生まれつき薄い遺伝性の病気です。 これも学校健診時の検尿で発見される ことが多いです。 特に治療を必要とする症状ではなくて、 家系に重い腎臓疾患の人がいなければ、 年に何回かの検尿をして経過を観察する ことになります。 ただし、家系に重い腎臓病の方がいる 場合やたんぱく尿がみられる場合には 腎生検を行うこともあります。 このように、病気の場合や病気じゃない 場合など様々な原因で尿潜血が陽性 と判定されてしまうことがあります。 精密検査で一過性の原因と分かっても 実際は何らかの病気が隠れている ケースもあるので、尿潜血反応が陽性 と判定されたことを機会に自分の健康 と向き合うことも大切なことです。 スポンサードリンク この記事を読んで気に入ってくださったら シェアして頂けると嬉しいです!!.

次の