いじめ 加害 者。 【青森中2女子自殺】葛西りまさんをいじめ自殺させた加害者の実名と顔写真画像が特定され流出!遺書の黒塗りに書かれた名前

岐阜 中2少女首吊り自殺“遺書に名前が残された加害者の言い分”

いじめ 加害 者

夏休み明けに子どもの自死が多発することから、この時期は、無理をしてまで「学校に行かなくていい」といった声かけが広くおこなわれている。 その一方で俳優の春名風花さんが、いじめる側こそ「学校には来ないでください」と訴えたところ、その一連のツイートが爆発的に拡散されている。 だれが学校に行くことを保障されるべきなのか。 いじめ加害/被害の視点から考えたい。 その主張は、明快だ。 ツイートの一部を紹介しよう。 他人の学ぶ権利を邪魔するのならば、学校には来ないでください。 いじめなんてせず、真面目に学校に通いたい人達の迷惑になります。 そして、いま現在いじめを受けている皆さん。 あなたがたには堂々と学校に行く権利があります。 出典: そもそもいじめを受けた側が学校を離れなければならないというのは、たしかに理不尽な話だ。 もちろん春名さんも一連のツイートのなかで述べているように、緊急避難的に学校を休むという選択肢は必要である。 自死を考えるほどに無理をしてまで学校に通うべき理由はない。 この点は、ここ数年の議論で広く理解されるようになってきている。 だがそれ以上に考えるべき点は、なぜいじめの 加害者側の出席が抑止されずに、 被害者側の欠席が促進されなければならないのかということである[注]。 注:夏休み明けの自死は、いじめ被害に限らず、友人関係の難しさや学業成績の不振といった理由も想定されうるものの、本記事では焦点をいじめの加害と被害に絞って、学校に通うことについて考えたい。 つまり、いじめ被害者が学校を休むのではなく、加害者こそが学校を休むべきではないか(出席を停止させられるべきではないか)という問題提起である。 出席停止は、第一に、校内暴力が全盛期であった1980年代の時期、第二に、刑事処分可能年齢が引き下げられた少年法の改正(2001年)に象徴される、「キレる世代」に対する関心が高まった2000年前後の時期に、積極的に議論された。 だが今日では、議論は下火になっている。 出席停止は、文部科学省が毎年秋に発表している「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(以下、問題行動調査)にその件数が記載されている。 同調査には、いじめ、不登校、暴力行為、自殺などの件数も示されていて、それらに対する人びとの関心は高いものの、出席停止についてはそもそも報じられることさえない。 その意味で、出席停止の 現状はブラックボックスのなかにあるといえる。 インフルエンザ等の感染症予防を目的とした学校保健安全法第19条における出席停止とは異なるものである。 最新の問題行動調査の結果報告では、2017年度において全国で出席停止となった事案は、小学校で1件、中学校で7件である。 この数字をみてすぐにわかるように、「学校に来てはならない」と出席停止が命じられるケースは、今日ではほとんどない。 なお「学校に行けない」という不登校の件数については、2017年度は小学校で35,032件、中学校ではさらに増えて108,999件にのぼる。 中学校の出席停止については、1985年度からの長期的な件数の推移が公表されている。 図からは、(1985年度の極端な数字を無視しても、) 出席停止の取り扱いが減少傾向にあることがわかる。 1985年度は137件、1986年度は65件であったのが、2015・2016年度に過去最少(当時)の14件にまで減り、2017年度はさらにそれを下回って7件にとどまった。 先述のとおり、1980年代といえば校内暴力が全盛期の時代である。 今日に比べて、積極的に出席停止という対応がとられていたと理解できる。 一方で今日では、もはや出席停止という方法自体が忘れ去られているといえる。 次いで、7~13日が27. 長期間にわたる出席停止は、ほとんどない。 2017年度の公立中学校における出席停止の理由別内訳(複数回答可)をみてみると、対教師暴力が5件、生徒間暴力/器物損壊/授業妨害/その他がそれぞれ1件ずつで、 いじめは0件である。 なお参考までに、生徒間暴力(生徒どうしのケンカなど)も広くいじめに含みうる場合を想定して、いじめ加害と生徒間暴力を合わせた件数も図示した。 過去にさかのぼって、いじめ加害を理由とした出席停止の件数を調べてみても、全国の中学校で、年に数件程度にとどまっていることがわかる。 いじめ加害による出席停止は、きわめて少ない件数で推移している。 なお、いじめ加害に生徒間暴力の件数を足し合わせた場合でも、例年15件程度と低い水準である。 それでは、いじめ被害者が「学校に行けない」という状況に追い込まれるケースは、どのくらい起きているのだろうか。 問題行動調査では、不登校の件数にくわえて、不登校の要因とされる事項についても学校に回答が求められている。 問題行動調査における不登校の要因(複数回答可)とは、具体的には、いじめ/教職員との関係をめぐる問題/学業の不振/クラブ活動・部活動等への不適応などである。 2017年度調査において学校が不登校の要因を「いじめ」と答えたのは、計404件である。 いじめ被害により、学校を頻繁に休むようになったケースが、404件あるということだ。 問題行動調査における不登校の要因に関する回答方法が2015年度から変更されているため、2015年度以降、2017年度までの平均件数で比較した。 図のとおり、いじめ加害による出席停止は、年に1. 7件にとどまっている。 他方で、いじめ被害による不登校は、年に433. 0件起きている。 いじめ加害による出席停止の254. 7倍の件数である。 件数ではなく日数に着目すると、上記の乖離はさらに大きく見えてくる。 不登校というのは、病気や経済的事情以外の理由で学校を年間30日以上欠席したケースをいう。 いじめ被害を受けたことで年間30日以上学校を休んだのが年に433. 0件ということである(いじめ被害を受けながらも欠席が年間29日以内におさまった場合には、統計上それが不登校として扱われることはない)。 先述のとおり出席停止の日数は、13日以下が84. 「学校に来てはならない」という指示は数日間にとどまるとしても、「学校に行けない」という欠席の状態は何日もつづいているということだ。 件数だけではなく日数の観点からも、出席停止と不登校の差はとても大きい。 出席停止とはいったい何なのか。 なぜ命令は発動されないのか。 出席停止のあり方は、学校教育法の第35条1項に、次のとおり定められている。 第三十五条 市町村の教育委員会は、次に掲げる行為の一又は二以上を繰り返し行う等性行不良であつて他の児童の教育に妨げがあると認める児童があるときは、その保護者に対して、児童の出席停止を命ずることができる。 上記の4つの行為のなかで、いじめ加害は「他の児童に傷害、心身の苦痛又は財産上の損失を与える行為」に該当する。 その行為により「他の児童の教育に妨げがある」場合に、市町村教育委員会から保護者に対して出席停止が命じられる。 「他の児童の教育に妨げがある」という文言は、出席停止の性格をよくあらわしている。 すなわち、1983年の文部省(当時)通知に記されているとおり、「出席停止の制度は、本人に対する懲戒という観点からではなく、学校の秩序を維持し、 他の児童生徒の義務教育を受ける権利を保障するという観点から設けられている」。 この姿勢は、2007年の通知においても踏襲されている。 教育行政学者の菱村幸彦さんは、出席停止への関心が高まっていた2001年に、学校側の懸念を次のように指摘している。 学校がなかなか出席停止に踏み切れないのは、子どもを学校から排除することにためらいがあるからだろう。 何かにつけ子どもの人権が強調される今日、一歩間違えば、出席停止で子どもの 学ぶ権利を奪ったと非難されかねない懸念もある。 出典: 不本意ながらも本人が学校に行きたくなくなった不登校とは異なり、出席停止とは、学校に行きたい生徒を学校側が無理矢理に排除し、その学習する権利を奪うことになる。 懲戒の扱いではないものの、学校にとってまたいじめ加害者にとって、きわめて厳しい対応であるといえる。 先に引用した学校教育法の第35条1項につづいて、第35条2項には「市町村の教育委員会は、前項の規定により出席停止を命ずる場合には、あらかじめ保護者の意見を聴取するとともに、理由及び期間を記載した文書を交付しなければならない」、第35条4項には「市町村の教育委員会は、出席停止の命令に係る児童の出席停止の期間における学習に対する支援その他の教育上必要な措置を講ずるものとする」と定められている。 こうした手続きの厳格さが、さらに出席停止発動のハードルをあげている。 時代をさかのぼれば、1980年代の学校は、荒れていた。 その意味で、今日において出席停止が発動されなくなったということは理解できる。 だが同じ「いじめ」を基点に考えたときに、いじめ被害を理由とした不登校が多発するいっぽうで、いじめ加害の側が学校に平然と来ているのだとすれば、これは重大な問題であると認めざるを得ない。 教育を受ける権利を重視するというならば、それはまずもって被害を受けた生徒の権利を保障しなければならない。 だが、現実にはまったく逆の状況が起きている。 坂田仰さんの論考は、2003年に発表されたものである。 しかし、学校現場に意識の変化が生まれない限り、これまでと同様の傾向が続くことは容易に推測できる」。 その推測どおりに2003年から15年ほどが過ぎて、出席停止という方法はむしろ忘れ去られてしまった。 そしていまや教員の多忙化が加速し、慎重な手続きを要する出席停止の執行を、さらに難しくしている。 その意味で「学校に行けない」は、学校を超えた社会全体の課題である。 被害を受けた子どもが、さらに不利益を受けるような学校であってはならない。

次の

いじめの加害者にこそカウンセリングが必要。日本のいじめ対策に思うこと

いじめ 加害 者

判決後の会見で涙をぬぐう自殺した男子生徒の父親(左)=2020年2月27日、大阪市 この事件では、2012年、被害生徒の両親が、加害生徒らを相手取って訴訟を提起した。 第1審の大津地裁は、2019年2月19日に、いじめと自殺との間の因果関係を認めて、加害生徒2名に対して約3750万円の支払いを命じた。 その後、本年2月27日、控訴審である大阪高裁は、認容額こそ減額したものの、大津地裁と同様に、いじめと自殺との間の因果関係を認めて、加害生徒2名に対して約400万円の支払いを命じた。 少年が自ら命を絶ってから既に8年以上の歳月が流れた。 事件が13歳の時に起きたとしたら、加害生徒は既に21歳になっている頃だ。 彼らは、青春を謳歌するはずの時期に、級友の死をめぐる裁判の被告として訴えられ、そして今、高額の損害賠償を支払うよう裁判所から命じられた。 当然であるが、20歳前半の青年が400万円もの金銭を支払うことは容易でない。 今後、彼らは、青年期の多くを被害者遺族に対する賠償のために費やすことになるだろう。 私は、スクールローヤー(学校の法律問題を扱う弁護士)として活動する傍ら、都内の小中学校を訪れて、いじめ問題について生徒や保護者に対して講演活動を行なっている。 講演では、生徒に対して、この賠償の問題を伝えるようにしている。 「子供だから」で許される問題ではないということをわかってもらうためだ。 いじめ問題は、被害生徒やその保護者の人生を狂わせるだけではない。 加害生徒やその保護者の人生をも大きく狂わせてしまう。 加害者の法的責任 大人の場合 一般に、大人が他人に迷惑をかけた場合に負う法的な責任には、刑事責任と民事責任の2つがある。 刑事責任とは、国家との関係で、刑罰を受けるかという問題だ。 対して、民事責任とは、被害者との関係で、損害賠償を支払うかという問題だ。 例えば、大人が他人を殴って怪我をさせた場合には、刑事責任として、刑法上の傷害罪(刑法204条)に問われる。 加えて、民事責任として、被害者に対して、治療費や慰謝料といった損害賠償を支払うことになる。 加害者の法的責任 少年の場合 子供の場合は、大人の場合と少し違うが、パラレルに考えるとわかりやすい。 まず、刑事責任についていえば、子供は、14歳以上であれば、刑事責任能力がある(刑法41条)。 よって、未成年であっても捜査機関によって逮捕や勾留されることがある。 「未成年であれば逮捕されない」と考えている人は多いが、それは誤解だ。 そして、その後は、少年事件として家庭裁判所で審判を受け、保護観察処分を受けたり、児童自立支援施設や少年院などに送致されたりする。 未成年の場合には、少年法が適用されるため、刑罰ではなく、あくまで、性格の矯正や環境の調整を行うことに主眼がある。 このように、未成年の場合は、少年法が適用されるため、大人とは扱いが異なる。 大津いじめ事件では、滋賀県警は元同級生3名を暴行容疑で書類送検するなどし、大津家庭裁判所は、2014年に、2名を保護観察処分としている。

次の

代表講師の研究➀いじめの被害者が加害者へ変わる理由:大学生への回顧法を用いたイメージをもとに

いじめ 加害 者

大半のいじめの被害者の人たちはいじめの加害者に対して並ならぬ怒りや恨みの感情を少なからず抱いていると思います。 かつての私も同じ気持ちを抱いたことがあります。 「地獄に行けばいいのに。 」 「不幸になって罰が当たればいいのに。 」 と、今となっては恥ずかしいのですが、正直このように思っていました。 しかし、いじめの加害者があなたと別れた後どのような末路を辿るか気になっていると思いますが、正直気にするだけ無駄です。 なぜならば、 人によって時間差でいじめをしたいじめの加害者は必ず天罰を受けるからです。 いじめの加害者はどのような罰を受けるのか? 結論はいじめの加害者は 多種多様な天罰が降ります。 どんな罰が降るのかを実際に天罰が降った具体例を紹介します。 就職して1週間で辞めて、やりたくない家業の後継者になり、周辺から信用を失くしている。 幸せのために友達を蹴落として、結婚したが離婚してシングルマザーになり、金銭的に厳しい生活を送っている。 交通事故で相手側を恫喝して、賠償金を払うことになった。 家族や嫁さん、お子さんに不幸な出来事がおこる。 いじめの加害者がサボって、家族を労働ささてから重い病気にかかったなど・・・• 首を吊って自殺をした。 影で「あなたのことをあいつが悪口を言っていた。 」と噂を流した結果、住民から信用を失くした。 など・・・ このように少なくともいじめの加害者やその仲間は幸せの人生を辿っている人を私はみたことがないです。 あえて私はいじめの被害者に言いたいことは・・・ いじめの加害者に対して怒りや恨みを抱くのは申し訳ないですが時間の無駄です。 とは言うものの、人間の感情はそんな簡単に解決できないというのは私自身も経験しています。 一度受けたトラウマはそんな簡単に解決できるものではありません。 ポイントはどこでそのいじめのことをポジティブにとらえるかによっては個人差によって解決する速さは変わります。 理由もなくいじめをするわけではない。 いじめの加害者に対して擁護するわけではありませんが、いじめの加害者の人も実は苦しんでいるのです。 抑圧された感情の吐け口やストレスで八つ当たりをいじめの被害者にやっているのです。 当然、いじめの被害者はたまったもんじゃないのも確かです。 実際に私もそう思いました。 いじめの加害者の苦しみをいじめの被害者が受ける必要はありません。 厳しい言い方になりますが、そもそもあなたの人生でいじめの加害者に与える時間がありますか?多くの人は「ない」と答えるはずです。 一度きりの人生であなたはやりたいことをやるだけでいいのです。 なぜかとういうと、 あなたがやりたいことをやることで結果的にいじめの加害者に対してやり返しに繋がるからです。 いじめの加害者は無自覚に自分のやりたいことをできない状態に陥っています。 一見自分がやりたいようにやっているように見えるかもしてませんが実は違います。 彼ら彼女らは 「不幸の蜜」でしか幸せを感じません。 自分自身とコミュニケーション(あるいは本心)をおろそかにしたいじめの加害者は 無自覚に普通の幸せを得ることはほぼできない状態になっています。 ショボいかもしれませんが、やりたいことをやるのがいじめの加害者に対してのやり返しには効果的です。 いじめの被害者が今後の人生を明るく過ごすために必要なこと。 (ごめんなさい、努力がいります。 ) 感情のコントロールできれば、今後の人生において役立つ場面があります。 身につけて損することはないです。 2:自分のやりたいことリストに書く。 あなたがやりたいことは何ですか? 人によって多少の差はありますが、少なくともこれがやりたいというものが必ずあるはずです。 そのやりたいことをやった時に待っているのは幸せを感じます。 経験や学びが刺激になり、あなた自身が大きく成長することなります。 まずやりたいことを決めて、どのようにしたらそのやりたいことを実現できるのかを論文を書くつもりで計画を立ててみてください。 おのずと答えが見つかり、それを忠実にやるだけです。 ワクワク感を持つことは幸せに直結します。 ぜひやってみてください。

次の