小田急 女性 専用 車両。 小田急にも女性専用車登場: 写真撮っけど,さすけねがい?

女性専用車両は差別か。時間・場所ともにきわめて限定的な現実を見る

小田急 女性 専用 車両

概要 女性のみが乗車できるように指定した車両で、、・などにおいて設定されている。 但し、事業者によってはの同伴、、の乗車が認められることもある。 そのほか交通機関としては以外にも、等で同等のサービスを導入している事業者も存在する。 設定の理由は、などのやから女性を保護するもの、サービス向上による女性客の取り込み等が挙げられる。 また国や事業者によっては、宗教上の戒律による理由などで、男女別に車両を分離し、を設定することもある。 本項では便宜上「宗教的な意味合いによるもの」と「その他の導入例」に大別し、各国の状況を示していく。 宗教的な意味合いによるもの やでは男女の同席が忌避されるため、これらの宗教の信者の多い国では、に基づき女性専用車両(男女別車両)を設定している例がある。 では、の鉄道に終日女性専用車両が設定されている。 同国の国教ともいえるイスラム教の「男女同席せず」の戒律に基づいたものであり、女性専用車両にしか女性客は乗車しないため、他の車両は事実上「男性専用車両」となっている。 また同様に同地の路線バスは車内に仕切りが設けられ、前半分が女性席、後ろ半分が男性席となっている。 では、首都にイスラム教の戒律に基づいて女性専用車両が先頭と最後方のあわせて2両に終日設定されている。 女性が女性専用車以外に乗車するのは自由。 市内バスでは後に同国となるがテヘラン市長の時に、男性が前、女性は後ろに分かれて乗車するように決めたという。 のでは先頭1両目(時間帯により2両目も)に女性専用車両が設定されている。 イスラム教の戒律に基づいて設定されているが、男性であっても男児なら女性専用車両に乗車でき、また女性客が女性専用車両以外の車両に乗車していることがある。 では、の多い地区に、前半分は男性、後半分は女性に分けられたバスが運行されている。 夫婦と子は一緒に座る事ができる。 但し、バス路線全体からみればごく例外的な運用に留まっている。 国・地域別の事情 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 普通のタクシーと同じ車(いわゆる)を使用しているが、車体の色はピンク(普通のタクシーは黒色)で、女性が運転手を務めている。 利用時は会員が電話で自宅や勤務先などに呼び出す。 これは会員制なので、会員以外の女性は利用できず、駅や空港などでの客待ち営業や市中での流し営業も行わない。 モスクワ・ロンドンともに無許可で営業しているタクシー(いわゆる白タクシー)に乗車した客が運転手に乱暴されたり、金品を奪われる事件が多発したのが登場したきっかけである。 までは鉄道でも女性専用車両が設定されていたが、2010年代の性犯罪増加を受けた列車の女性専用車両の復活に関しては2015年に却下されており、2017年の検討の提言に対しても「女性に対して侮辱的」「女性が別の車両に追いやられるのはおかしい」「女性の行動の自由を抑制する」として批判されている。 インド の女性専用車両。 女性を象徴するが車体に施されている。 () 首都圏の鉄道網であるでは2010年8月、女性専用車両(KKW : Kereta Khusus Wanita)が導入された。 インドネシアにおけるイスラム教徒の人口は世界最大であるが、導入の目的は「セクハラ対策」とされている。 該当編成のうち両端の2両が指定されており、また女性と同伴の幼児は性別を問わず乗車可能である。 2012年10月には、全車両が女性専用車両である編成も追加導入された が、その7ヶ月後に廃止された。 においても、毎日朝7:00 - 9:00と夕方17:00 - 19:00の間は、Bundaran Hotel Indonesia行き、Lebak Bulus Grab行きともに先頭車両が女性専用車両となる。 韓国 の及びでは、1992年12月1日からから及びの区間の地下鉄1号線と首都圏電鉄区間で午前6時30分から午前9時の時間帯に女性・老弱者専用車両を先頭車両及び最後尾車両に導入した。 だが一旦導入はされたものの、いつの間にか有名無実化していた。 ソウルメトロは改めてから位置付けを明確化して全路線に導入を検討していると報じられている。 しかし、ソウル鉄道公社が10の女性団体を対象にアンケート調査を実施したところ、賛成は2団体、反対4団体、返事留保2団体、未回答2団体との結果が得られた(回答は6団体のみが行ったが中央日報は賛成が少ない事を強調している)。 反対の理由は、地下鉄性的暴行予防はキャンペーンやPRなどの手段が必要で、女性専用車両で解決できる問題ではない事や「一般車両に乗車する女性は性犯罪の対象としても良い」という歪曲された認識が生まれる事もあり得ることであった。 これを受けて、鉄道公社は当初計画を見直し、改めて一般にもアンケートを行った上で結論を出す事とした。 ではに2016年6月22日より午前7時~9時と午後6時~8時の時間帯に「女性配慮車」として女性専用車両を試験導入した(2016年9月19日まで)。 意見を取りまとめた上で、今後本格導入するかしないかを決めるとしていた。 その後、導入当初に比べて女性配慮車が定着しつつある上に、利用者へのアンケートの結果、賛成意見が反対意見を上回り、本格導入することとなった。 、、への導入は、2号線と4号線については混雑率が高くなく、比較的混雑する3号線については4両編成であるために導入すると他の車両の利用に不便をもたらすことから、白紙化された。 タイ のの路線バスではラッシュ時に限り女性専用バスが運行されている。 また、タイ国鉄はからバンコク - チェンマイ間の寝台急行列車に女性専用車両を投入した 台湾 では、より付近のに終日女性専用車両を設置した。 しかし、男性差別であるなどの反対意見から約3ヶ月で廃止となった。 チェコ では2012年2月初旬に複数の運行ダイヤで女性専用車両を導入している。 同年2月23日に東欧チェコの父親らの団体である「ファーザーズ・ユニオン」は上で「男性を特定の車両から隔離することは、人道に対する罪であり、一部の集団に対するアパルトヘイト(隔離政策)および差別の疑いがある」と主張し、チェコ鉄道を刑事告訴したことを発表した。 一方、チェコ鉄道側では性別隔離だとの考えは全くなく、むしろ差別とは全く逆であるとしている。 日本 詳細は「」を参照 における女性専用車両は、(明治45年)に東京のにおいて朝夕に限り導入された「婦人専用電車」が最初とされている。 その後短期間に興廃が繰り返されたが、1980年代末にはで痴漢を咎めた女性が逆に強姦被害にあうという「」が発生。 それを機会に結成された団体などが性犯罪防止を鉄道各社に訴えた。 この動きが底流のひとつとなり、の女性専用車両を形作ることになった。 (平成12年)にはで試験導入された「女性専用車」を皮切りに関東・関西の鉄道事業者を中心に導入が相次ぐ。 また、札幌、名古屋、福岡など各都市圏においても拡がりを見せた。 法的には第34条2号の「婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ」という文言があるものの、21世紀現在の女性専用車や女性専用車両においては国土交通省は「鉄道営業法34条2号」は適用されるものではない、との見解がなされ、各事業者が男性客に任意の協力をお願いする形で運用されている。 なお、主に東日本地区では「女性専用車」の名称を使用し、関西地区では「女性専用車両」の名称が使用されている。 フィリピン のでは、先頭車両を女性専用車両として運行している。 フィリピンでは、イスラム教徒は総人口1億800万人のおよそ5パーセントを占めているものの 、マニラ・ライトレールが運行しているでは0. そのため運営会社は、女性専用車両導入の理由として、他のイスラム諸国のような宗教上の理由ではなく、女性乗客のセクシャル・ハラスメントからの保護を挙げている。 では性別によって乗車する車両を分離しており女性専用車両と男性専用車両があることが報道されている。 ブラジル の女性専用車両。 の乗車位置と車体にの案内が施されている。 の通勤電車に車体の色がピンクで塗装された女性専用車両がある。 サンパウロでは、地下鉄に試験導入がなされた。 同地ではに女性専用車両を導入したものの、ラッシュ時に男性が乗車した事で定着には至らなかった。 導入を進めた理由は、性的な嫌がらせへの対策であるが、以前の試みは同国の憲法に抵触する事が指摘され、乗客や従業員のモラルの低さもネックとなっている。 ロシア 長距離列車に酔客対策として「 女性専用」がある。 首都には2006年より前述のインドや後述のロンドンと同様に車体がピンクに塗られた女性専用タクシー「ローズタクシー」がある。 インドやロンドンと同様に運転手は女性が務めている。 インドやロンドンの場合と異なり、女性に同伴している男性(父親・夫・恋人・息子など)なら一緒に乗車できる。 日本やイギリスの交通機関の女性専用サービスを見ての発案だと言う。 実施路線一覧 日本国内についてはを参照 鉄道• 飯塚正人 1999年. 一橋大学・中東・中央アジアの社会と文化・シラバス. 2011年9月18日閲覧。 田中宇の国際ニュース解説:イラン訪問記(、2006年4月14日)• NewSphere. 2018年2月23日閲覧。 インドチャネル:女性の特権(株式会社インド・ビジネス・センター)• :インド主要都市に女性専用列車(田北真樹子、2009年10月7日朝刊15版8面)• ロイター 2010年8月20日. 2014年3月25日閲覧。 BBC Indonesia 2012年10月1日. 2014年3月25日閲覧。 『鉄道ダイヤ情報 2014年3月号』、2014年。 - MBC news 1992年12月1日• - MBC news 1995年4月7日• 2007年10月31日. 2014年10月9日閲覧。 - 聯合ニュース 2016年6月16日• - 中央日報日本語版 2016年6月24日• (朝鮮語) - 釜山交通公社の報道資料 2016年9月20日• - 毎日経済 2016年9月21日• (中国語、2006年8月3日)• - 読売新聞、2006年9月4日• - AFP BBNews、2012年2月23日• yahoo! ニュース 2016年3月16日. 2018年2月23日閲覧。 DIAMOND online. 2017年7月25日. 2018年2月23日閲覧。 Light Rail Transit Authority. 2015年6月27日閲覧。 Philstar. 2015年6月27日閲覧。 CIA. 2015年6月27日閲覧。 Watanabe, Akiko 2007. English. Kasarinlan: Philippine Journal of Third World Studies University of the Philippines 22 2 : 72. 2015年6月27日閲覧。. Kehoe, Karrie 2014年10月29日. Reuters. 2015年6月27日閲覧。 - 【江藤詩文の世界鉄道旅】• ぶらじる社会:サンパウロ市地下鉄で女性専用車両を試験導入へ(有限会社イー・ブラジルによる翻訳記事、2005年9月6日)• モスクワ便り:【Volume. 11】女性専用タクシー(株式会社JSN、2007年3月) 関連項目•

次の

【これが現実です】女性専用車両の闇について話しておきたい|女性専用車両問題点・痴漢防止策

小田急 女性 専用 車両

当方男性ですが、すこし真面目にお答えします。 男性と同じ車両に乗るのを薦めていらっしゃる方は小田急線利用者とは思えません。 女性専用車に乗ることをつよくお勧めします。 女性専用車は、下北沢や新宿(ともに乗降客が多い)の改札には大変不便な位置 最後部 にあるため、女性でも利用を避ける方が多くいらっしゃいます。 私は女性専用車に乗ったことはありませんが、 他の車両のドアは一発では閉まらないほど混んでいることが多いのに対し、 女性専用車のドアは一度で閉まります。 つまり比較的すいているのです。 成城8:50ころはラッシュもピークを過ぎており、女性専用車の混雑は酷くとも他人と軽く触れ合う程度と思ってください。 痴漢は女性専用車なら当然大丈夫でしょう。 最悪に混んでいます。 死にそうになりました。 私は通勤で使用しておりましたが、男性と同じ車両に乗った方がいいです。 理由は女性は筋力がなく、電車が動くたびに揺れます。 それが群れとなって揺れて、ぶつかってくるので、すごく苦しいです。 窒息しそうになりました。 男性と同じ車両の方が空いていますし、何より、電車が揺れた時に、隣の人がぶつかってこないので、楽です。 絶対に男性と同じ車両の方がお勧めです。 昔は痴漢が多くいましたが、今は痴漢いませんよ。 10年以上小田急乗っていますが、痴漢に遭ったのは高校生の時だけです。 毎朝誰かに痴漢されましたが(泣) 今は痴漢の被害あまり聞きませんし、私も遭いません。 (歳だから?) それと、男性と一緒の車両は成城学園から大分ゆとりが出ます。 (混んでますが)下北と代々木上原で大分おりるので、それまでの辛抱ですね。 代々木上原以降はかなりゆとりがあります。 >補足 大体、質問者さんと同じくらいに成城学園を通る電車です。 急行です。 3年前くらいの話ですので、今はもうちょっとましになっていると思います。 昔はもっとひどかったので(笑).

次の

小田急の車両/形式別

小田急 女性 専用 車両

Thinkstock/Photo by Cebas 女性専用車両は、男性差別だと訴える団体がある。 2月 16日に東京メトロ千代田線沿線で、複数の男性に女性専用車両への乗り込みがあり、「お客様トラブル」のため遅延が発生した件は記憶に新しい。 女性専用車両へ乗り込んだ男性たちの主張は、女性専用車両は乗客への任意協力の要請に過ぎず、男性の乗車を断るのは不当であるという理屈だ。 「女性専用」の名称であっても実際には男性が乗車することを拒否してはいないことを公にすべきだ、という主張でもある。 痴漢被害に遭った経験から、男性客が多く混雑した車両には恐怖心などから乗車困難になってしまう女性もいるだろう。 女性専用車両と明示された車両を利用することでその不安感から解放され、公共交通機関での移動が可能になる。 少なくともそこに痴漢はおらず、仮に問題が発生しても周囲の乗客に異変を伝達しやすい環境下だ。 通勤ラッシュの時間帯に電車を利用する子供や、身体不自由な人、怪我や病気の人にとっても、他の車両と比較すれば混雑状況の緩和されていることの多い女性専用車両は助けとなる。 では実際のところ、首都圏の鉄道各社における女性専用車両の実施状況はどうなっているか。 基本的にはどの路線においても、混雑する区間・時間帯、いわゆる「ラッシュ」に限定した上で実施されている。 1本の列車につき 1両のみであることがほとんどで、 10両編成の電車なら全車両の 10%、 8両編成なら全車両の 12. 5%に過ぎない。 京王電鉄では、平日(朝)は「新宿・新線新宿駅に 7時 30分〜 9時 30分に到着する特急・準特急・急行・区間急行」に「全区間」で、平日(夕方・夜・深夜)は「新宿駅を 18時 00分〜 0時 34分に発車する特急・準特急」に「新宿駅〜調布駅間」で、いずれも「新宿寄りの 1両」と定めて設置されている。 JR東日本の、「最も痴漢被害が多い」と言われる埼京線・川越線では、「川越から大崎」区間 が「大崎方面に向かう全列車」の「平日/新宿発 7時 30分~ 9時 40分 10号車(最前部)」、「大崎から川越」区間が「川越方面に向かう全列車」の「平日/新宿発 23時 00分~終電まで 10号車(最後部)」と、平日朝の上りと平日深夜の下りに絞って設置されている。 そのほか、中央線・青梅線・五日市線、常磐線各駅停車、総武線各駅停車でも設置されているが、いずれも平日朝のラッシュ方向のみ、最後部もしくは最前部の車両と限定されている。 東京メトロはどうか。 日比谷線では、「全区間(北千住から中目黒まで)」の「中目黒方面に向かう全列車」、「平日/北千住発 7時 30分~ 9時 00分」まで、 1号車のみに設置。 東西線では、「西船橋から大手町まで」の 「中野方面に向かう全列車」、「平日/西船橋発 妙典始発含む 6時 57分~ 9時 00分」まで、 10号車のみに設置。 千代田線では、「全区間(綾瀬から代々木上原まで、代々木上原から綾瀬まで)」の 「代々木上原方面及び綾瀬方面に向かう全列車」、 「平日/綾瀬・代々木上原発 7時 10分~ 9時 30分」まで、 1号車のみに設置。 有楽町線では、「全区間(和光市・小竹向原から新木場まで)」の「新木場方面に向かう全列車」、「平日/始発~ 9時 30分」まで、 1号車のみに設置。 副都心線では、「和光市・小竹向原発 渋谷まで」「渋谷発 池袋まで」区間の「渋谷方面および和光市・小竹向原方面に向かう全列車」で「平日/和光市・小竹向原発 始発~ 9時 30分」「平日/渋谷発 池袋まで 始発~ 9時 30分」、 1号車のみに設置。 このほか、小田急電鉄の小田急線、西武鉄道の池袋線・西武有楽町線と新宿線、東急電鉄の東横線と田園都市線、相模鉄道の相鉄線などでも女性専用車両が導入されているのだが、やはりいずれも平日の朝や夕方や深夜といったラッシュ時間帯、混雑する区間や方面で 1車両のみと、限定的なものである。 また、京王井の頭線や JR南武線、東急大井町線など車両数が少ない( 5~ 7両編成)路線では、女性専用車両が設置されていないことも多い。 あらためて見てみても、女性専用車両は時間・場所ともに限定的だ。 限定的ゆえに女性専用車両は痴漢対策にならないという批判的意見もあるが、それでも前述のように被害経験者には安心感があるものだろう(もちろん、電車内での痴漢は混雑車両に限らず、逆に空いていて人の目の少ない車両で悪質な犯罪をする人間もいることは留意しておく必要がある)。 しかしながら私は、上京から 10年以上、東京近辺に住む「若い女性」であり、通勤ラッシュを利用していたこともあるが、女性専用車両に乗る機会は多くなかった。 最寄り駅、あるいは目的地の駅の改札から、女性専用車両は一番遠いケースが多く、効率良い移動方法を考えた時に選択しなかったのだ。 わざわざホームを長く歩いて(ラッシュ時は駅ホームも大変混雑して歩きづらい)専用車両まで移動するのは手間だと思っていた。 単純に効率よく移動するなら、また急いでいるときなど、女性専用車両を利用せず階段やエスカレーター付近の一般車両を利用したほうが(大変混雑しているにしても)早い。 だから女性専用車両は男性差別だという訴えに対しては、むしろ「痴漢に遭いたくない」と専用車両を利用せざるを得ない人のほうが、上記の面を見れば不利益を被っているようにすら思う。 幸運なことに私自身はこれまで電車で痴漢被害に遭った経験がない。 ただ一度だけビクッとしたことがあった。 数年前に京王線のひどく混雑した車両に乗り立っていた時、気づいたら四方八方全員が背の高い男性で、視界が遮断された。 車内の電子掲示板も見えない。 そのとき、仮にこういう状況下で痴漢被害に遭っても、自分から抗議することは不可能かもしれない、恐怖心を覚えたことを記憶している。 一度でも痴漢という性暴力を受けた経験のある女性であれば、そうした状況が起こり得る混雑時間帯の一般車両に怖くて乗車できなくなっても不思議ではない。 男性がそこに乗車していないこと、および一般車両よりは混雑していないことで、女性専用車両の乗客は安心感を覚えたり、危険を伴わずに目的地まで辿りついたりできる。 異常に混雑している現状の通勤ラッシュにおいて、女性専用車両が必要な措置であることは疑いようもない。

次の