純ココア 100均。 Q4 チョコレート・ココアは1日にどれくらい食べると健康によいですか? | チョコレート・ココア健康講座 | 日本チョコレート・ココア協会

純ココアどこで売ってる?スーパーのどの商品棚コーナーにある?

純ココア 100均

バレンタインデーやクリスマスなどのイベントが近づくと、 100円ショップの製菓用品コーナーには、色とりどりのラッピング用品や手作りお菓子用の材料がたくさん。 その充実ぶりときたら、手作り好きな人におなじみのCUOKAや富澤商店に匹敵するほど(…って言いすぎ?)で、「こんなものまで100均に!」と驚いてしまいますよね。 先日、ダイソーをパトロールしていたら、チョコのお菓子作りでよく使うココアパウダーだけでも、• ココアパウダー• ブラックココアパウダー• 溶けないココアパウダー の3種類を発見しました! 具体的にどのような差があるのか気になりますね。 そこで早速、3品をGET!それぞれの違いを比較してみたいと思います。 Contents• ダイソーのココアは3種類 画像左から、 「ブラックココアパウダー」「ココアパウダー」「溶けないココアパウダー」。 ココアパウダー 一般的なココアパウダー(100%純ココア。 原材料はカカオ豆のみ)。 色は濃い茶色で砂糖は入っていません。 パッケージには、 お菓子作りのほかに、ドリンクなど幅広く利用できると明記されています。 お菓子作りで余ったら、ココアとして飲むのもいいですね。 内容量は1袋30グラム。 クッキーやケーキをココア風味にしたい場合、小麦粉生地の10~20%をココアに置き換えるので、 1袋用意しておけば、小麦粉を150~300グラム使うお菓子に使えそうです。 税込108円で30グラムは高いの?安いの?と気になるところですね。 近所のスーパーでは、「森永 純ココア」(110グラム)が税込352円でした。 計算してみると、ダイソーだと10グラム36円、スーパーの純ココアは10グラム32円。 個人的な意見ですが、あまり差はない気がします。 原産国はオランダでした。 オランダといったら、ココアで有名な「バン・ホーテン」がある国ではないですか!それだけに期待も高まります。 販売者はドウシシャです。 パッケージを開けてみると…… おなじみの純ココアの色。 粒子も細かくて軽く、お皿に入れておくと、少しの風でふわっとココアが舞ってしまいます。 味はというと、 ココアの風味と苦みが強い印象です。 良くも悪くも、期待を裏切らない一般的な純ココアの味でした。 パッケージには、 焼き菓子で、黒さを際立たせるときなどに便利に使えると書いてあります。 原材料はカカオ豆100%。 原産国はアメリカで、販売者はドウシシャです。 内容量は20グラムでした。 ココアパウダーよりも少なめですね。 袋を開けてみました。 色が濃く、黒に近いです。 知らないでお皿にのせて置いたら、竹炭パウダーと間違える人もいるのでは?と思うくらい黒い。 粒子はココアパウダーと同様に細かく、指でつまんでもジャリジャリしません。 味はどうでしょうか。 ほんの少し口に入れてみると、あれれ? ココアの風味があまりしません。 ん?そして、はるか遠くから酸味がやってくる感じ。 ココア(チョコ)だと思ってこのパウダーを口にすると、あれっ?と違和感を感じるかもしれません。 溶けないココアパウダー 商品名からして気になる「溶けないココアパウダー」。 パッケージには、 油や水に強いので、デコレーションなどがきれいにできると書かれています。 こちらの内容量は20グラムでした。 ダイソーのココアパウダーは30グラムだったので、それよりも少ないですね。 富澤商店では、同様の商品が80グラム税込298円で販売されています。 コスパ的には富澤商店の方が安いですが、少量使うのであれば、ダイソーでも十分な気がします。 原材料の欄を見ると、ココアパウダーのほか、乳化剤が使われているようです。 販売はドウシシャでした。 早速、パッケージを開封してみると…… 色は茶色ですが ココアパウダーより若干薄いです(画像がわかりにくくてごめんなさい!)。 よくある調整ココアのように白っぽいのですが、砂糖は入っていません。 やはり他のココアパウダー同様に粒子は細かく、計量のためにとオーブンペーパーの上に置いておいたら、ちょっとした風でふわっとココアが舞ってしまいました。 味はココアパウダーより風味も苦みも少し弱めな印象です。 しかしブラックココアパウダーのような酸味は感じられません。 「溶けない」という加工のためか、他のココアパウダーより少しだけ、舌の先に残る感じがしました。 ダイソーのココア3種、仕上がりの違いは? それでは実際にお菓子作りで使ってみて、その違いを比べてみましょう。 今回は• 「ココアボール」• 「ティラミス」• 「クッキー」 の3つのお菓子で検証してみました。 ココアボール 丸めたカステラ生地にココアパウダーをまぶした「ココアボール」。 トリュフや生チョコを作るとき、最後にココアパウダーをまぶして仕上げますが、それと同じイメージです。 左から、「ココアパウダー」「ブラックココアパウダー」「溶けないココアパウダー」を使用したもの 一番違和感がなく、おいしそうに感じられるのは「ココアパウダー」のような気がしました。 「ブラックココアパウダー」は黒すぎるし、逆に「溶けないココアパウダー」は白すぎるし、個人的には、どちらもあまりおいしそうに見えませんでした。 子供たちに見せたところ、ブラックココアパウダーをまぶしたものは「何コレ?失敗したの?」と言われてしまいました。 どうやら、 焦げて真っ黒になってしまった失敗作に見えたようです。 肝心の味についてです。 ブラックココアは粉だけ舐めると若干酸味が感じられましたが、こうしてお菓子にまぶした状態で食べると、酸味は全く感じられませんでした。 ただ、やっぱりカカオの風味が弱めなので、パンチに欠ける気がしました。 風味を生かしたい生チョコやトリュフなどの場合、「ココアパウダー」がおすすめです。 左から「ココアパウダー」「ブラックココアパウダー」「溶けないココアパウダー」 普通のココアパウダーは、グラスに接するふちの部分が多少水分含んでいます。 少しだけまだらっぽく見えますね。 でも、ビショビショになるかと思いきや、想像以上に、きれいな状態を保っていてびっくり。 溶けないココアパウダーは、うん!さすが期待通り、 ふわふわとしたパウダー状で作り立ての状態を保っています。 色の変化もなくきれいです。 さて、とても気になるのがブラックココアパウダー……。 パウダーの周囲が何だか黒ずんでる……。 そして中央の部分だけが明るい色になっているんです。 これはなぜ……?? あくまでも推測ですが、グラスの内側についた水分が、パウダーに少しずつしみ込んだのではないかと思うのです。 冷蔵庫に保存している段階で、ティラミスの水分が蒸発し、グラス内側に付いていたんですね。 それが徐々にブラックココアパウダーにしみて、色が濃くなったのではないかな……??あくまでも推測ですが、 ティラミスの場合、ブラックココアパウダーはあまり向いていないような気がします。 クッキー 生地に練りこむココアパウダーの量が全体的に少なかったせいか(生地全体の8%。 通常は10~20%入れるといいようです)、全体的に色が薄くなってしまいました。 それでも差は歴然! ブラックココアは焼き上がりの色が他のココアと違いますね!黒さが際立っています。 もう少しココアの量を増やせば、以前の記事で紹介したのセリアのクッキーのように、より黒さが際立つクッキーになると思いました。 溶けないココアパウダー(右端)は色はあまり薄くなりませんでした。 しかし、他の生地と同じように練りこんだはずが、若干、色見がまだらになっています。 もしかしたら、生地の中の油分(バター)とうまくなじまなかったためかもしれません。 食べてみての感想ですが、カカオの風味が強く「ココアクッキーを食べている!」と実感できるのは「ココアパウダー」でした。 ブラックココアパウダーはココアの風味が控えめなように感じます。 ダイソー3種類のココアパウダーのまとめ ダイソーで入手できる3種類のココアパウダーの違いを表にまとめてみました。 トッピングも水分多めでなければ数時間持つ 焼き菓子。 見た目からトッピングには不向き? お菓子のトッピング。 練りこみは不向き? カカオの風味 強い 弱い 普通 量 30グラム 20グラム 20グラム まとめ 3種類試してみて感じたこととしては、 「ココアパウダー」はオールマイティーだということ。 水分がやや多めのティラミスでも心配していたほど状態が崩れませんでした。 お菓子が含む水分の量にもよりますが、作って5~6時間後に食べるのであれば、溶けないココアパウダーではなく、普通のココアパウダーでもいいような気がしました。 ただし、水分たっぷりの生クリームデコの場合は、念のため溶けないココアパウダーを使った方がいいかもしれません。 ブラックココアパウダーはココアの風味は控えめですが、インパクトある黒い焼き菓子を作るのにぴったり。 大人向けのココアのお菓子を作るときに使うといいかもと思いました。 普通のココアパウダーは常備しておけば、お菓子はもちろん、ホットココアを作るときにも使えるし、カレーのかくし味にも使えます。 あれこれ用意するのは面倒、という人は、 「ココアパウダー」だけでも十分やりくりできるのでは?と思いました。

次の

ダイソーのココアパウダー全3種、量から使い心地まで徹底比較してみた!

純ココア 100均

以下では主に狭義のココアを説明する。 のココアとには厳密な区別は存在しない。 区別をする場合、例えば、飲料のココアは、を減らすことで粘性を低くし飲みやすくするためにから作られ、ホット・チョコレートは、ココアバターをより多く含んだから作られる、などと区別する。 ココアの製法 [ ] ココアの原料はの種子(カカオ豆)である。 ココアはカカオ豆を・させた後、とを取り除いてすり潰したからと呼ばれる油脂分を搾油した残りのココアケーキとして得られる。 ココアケーキを粉砕しココアパウダーにする。 さらにココアパウダーに砂糖や粉乳を加えて「 調整ココア」にする場合が多い。 ココアパウダー(ピュアココア)はカカオマスをある程度脱脂した後、粉末にしたもので約300粒のカカオ豆からおよそ1kgのココアパウダーが取れる。 なおココアパウダーを生産する際、パウダーが水やミルクに添加されたときに生じるやを防ぐ目的で、ほとんどのにが添加される。 このアルカリ化はのオランダで開発されたため、ダッチ・プロセスと呼ばれる。 ココアの飲み方 [ ] 純ココア(ココアパウダー)を用いる場合はココアパウダーと砂糖、少量の熱湯(または牛乳)を混ぜ弱火でペースト状になるまでよく練る。 これを牛乳で伸ばして飲み、さらにやを添えることもある。 1人分、ココア5gである。 ココアを溶かす際は、水(または牛乳)を加える前に、砂糖とよく混ぜ合わせておくとダマになりにくい。 また、ココアパウダーをに練りこんでペースト状にしても、ダマにならず容易にお湯に溶ける。 飲む際の手間を省くため「ミルクココア」「アーモンドココア」「フレーバーココア」などといった名前で牛乳や湯を注ぐだけで飲める粉末のものや「練ココア」としてペースト状になったものも販売されている。 こうしたものは「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」では「 調整ココア」に分類され、同規約では「ココアパウダーに糖類、、、などを加えて飲みやすくしたもの」と定められている。 ではやと並んで定番のメニューでもあり、を浮かべた ウィンナーココアやミルク分を多くした ココア・ラテなどのメニューが存在する。 夏季には冷やして供されることもある(アイス・ココア)。 ほとんどの場合 はチョコレートソースかチョコレートシロップを溶かして提供される。 純ココアが粉っぽい風味なのに対してホットチョコはココアバターの多さと乳化剤の影響で滑らかで、かなり風味が異なる。 ただし「 調整ココア」はココアバターを除く多くの油脂と乳化材を添加し、湯に溶けやすくしているため、よりホットチョコレートに似ている。 歴史 [ ] 「」も参照 カカオはに自生している。 カカオは今日の南米の流域、山麓東部および流域が起源といわれる。 しかしながら到来のはるか以前にもその後同様にこれらの地域で栽培されていたため、過去においてどれだけ広域であったかについては不明瞭である。 カカオは古代によってに伝わり、、によりで栽培され、征服前にはとで共通通貨として用いられた。 カカオは、のでの重要な商品であった。 によるスペインのメキシコ征服の年代記にて、アステカの皇帝が金のゴブレット(酒杯)で給仕され金のスプーンで飲む以外何も飲まなかったことが記されている。 チョコレートはとで風味付けされ、口で溶けるようにホイップされていた。 モクテスマ2世は日常で50杯、貴族会議では200杯以上飲んでいたといわれている。 チョコレートはスペイン人により初頭にへ伝わり、当初は病人に与える薬のように飲用された。 初頭にスペイン国王の娘アナ()がに嫁いだことをきっかけとしてフランスにも伝わり 、17世紀中期に一般的な飲み物となった。 スペイン人はまた、カカオ栽培をおよびに伝えた。 カカオは、の自然科学者の植物分類学により初めて植物学名が与えられ Theobroma(神の食物) cacaoと呼ばれた。 17世紀以前にヨーロッパで飲まれていたチョコレートはスプーンを立てても倒れないほど濃い飲み物であり、になると牛乳を加えるようになったが大差なかった。 単にカカオをすりつぶしただけでは分が多く、湯や牛乳に溶けにくい難点があり、1828年ごろにの(1770年-1858年)が、カカオマスから油脂を分離し粉末化する手法を開発し、ココアと名付けて売り出した(参照 )。 カカオマスからココアバターを分離するようになるまでココアという言葉はなく、固形にも液体にもならないペースト状のチョコレートのみが存在していた。 脱脂することで当時の技術でも細かい粉にすりつぶすことができるようになり、湯に溶けやすくなった。 ここまでのココアパウダーはもっぱら飲料にするために開発され、油脂分のココアバターは副産物として利用価値が低かった。 その後、ココアバターを再利用する形で初めて固形チョコレートが発明された。 ココアパウダーに元のカカオマスより多くのココアバターを混ぜ合わせ調整すると固形チョコレートが実現する。 現在の主な製法ではチョコレートの固形分はカカオマスから直接作り、足りないココアバターが加えられる。 固形チョコレートを作るためにも一定量のココアバターが必要になり、ひいてはココアが生産される。 チョコレートの原料としての意味でも、両者は異なり、別に作る必要がある。 なるべくココアパウダーは飲料にする分だけ、かつチョコレートにココアバターを供給する分だけ作る。 最終消費者の嗜好により完全にバランスさせることは困難だが、当初より、ずっと有効利用できるようになった。 日本では、フランスに留学していたのに、1868年(4年)8月3日の出来事として「朝8時、ココアを喫んだ後、を訪ねる」と記しており、これが記録に残る限り、が初めてココアを飲んだである。 大正7年 1918年 に森永製菓が田町工場において日本で初めて、カカオ豆からチョコレートの一貫生産を開始した。 同年8月原料用ビターチョコレート、10月ポケット用ミルクチョコレートを発売している。 この頃から板チョコレートの量産化でチョコレートの普及が進み始め、また、価格も輸入品に比べて安くなった。 大正8年 1919年 ミルクココアを発売したのが日本のココア第一号である。 また、2016年森永製菓によりの日がココアの日として制定された。 チョコレートの製法 [ ] チョコレート 1kgのチョコレートを作るには、必要に応じて通常300から600gのカカオ豆を原料とする。 工場では混入した砂、鉄、カカオ豆以外の植物の組織などの異物をや吸引、ふるいにかけるなどして除去する。 こうした工程を経た後、カカオ豆はされ、されて外皮がふるい分けられる。 残った部は カカオニブと呼ばれ、これを磨砕してペースト状にしたをベースとし様々な方法でカカオリカーまたはココアペーストと呼ばれる厚いクリーム状のペーストを作る。 カカオリカーは更に(多くの)ココアバターと砂糖(場合により乳化剤としてのレチシンとバニラ)を加え次に精製(微粉砕)、練り上げ()、調温(テンパリング)を行いチョコレートに加工される。 高品質のココアバターは、カカオリカーを水平で圧搾することで得られる。 搾油の残滓であるココアプレスケーキを粉砕したものがココアパウダーである。 ココアバターはチョコレート、、他の菓子、、および化粧品の製造に使用される。 ココア消費による健康の影響 [ ] チョコレートおよびココアは多くの、特にに有益な健康の影響を与えるを含んでいる。 フラボノイドが豊富なココアの食物摂取は循環の急激な上昇、循環器を介した血管拡張および微小循環系の増大と相関する。 フラボノイドが豊富なココアの長期摂取は循環器系に有益な健康の影響を与えるが、これは純粋なココアとブラックチョコレートを示すことに注意すべきである。 ミルクチョコレートでの牛乳の添加は単位あたりのココアの量を減らし不飽和脂肪を増加させ、場合によってはココアの心臓への健康の利益を否定する可能性がある。 それでもやはり研究では引き続き、ブラックチョコレート消費による短期間のLDL値の改善が発見されている。 医学部のホレンバーグらは、ココアの摂取量が非常に多いパナマのクナ族のココアとフラボノイドの影響を研究した。 研究では島に住むクナ族が島の住民ほどココアを飲まない本土の人と比べて、心臓病や癌の率がに低いことが分かった。 フラボノイドが豊富なココアの消費により改善された血液循環が、心臓や他の臓器の健康に有益な影響を与えたと信じられている。 特に有益な影響は脳に達し、学習と記憶に重要な好影響をもたらす可能性がある。 の医学専門誌であるArchives of Internal Medicine(JAMAアーカイブジャーナルのひとつ)の号で発表された研究「血圧に対するココアとお茶の影響:()」によると、ココアに富んだ食事は血圧を下げるようであるが緑茶や紅茶ではそのような結果は認められなかった。 ココアには、血管収縮作用を有するが含まれているので、ココアを飲んでから数時間後にココアの血管収縮作用が消える際に血管が拡張する反動の影響としてを引き起こすことがある。 も参照のこと。 人間以外の動物の消費 [ ] チョコレートは人間だけでなく、他の数多くの動物も惹き付ける食物である。 しかしながらチョコレートおよびココアには多くの、特に、およびより少ない範囲であるがが含まれ犬と猫を含む多くの動物の健康に有害である。 これらの成分は人間には望ましい効果を与えるが多くの動物では効率的に代謝できず、心臓と神経系に問題を引き起こし多量に消費した場合は死に至る。 しかしながらの中期にキサンチンの濃度が低いココアの派生物がペットの消費に適するよう専門の産業により設計され、ペットフード産業は動物に安全なチョコレートとココア風味製品を提供することが可能となった。 これにより食物繊維とタンパク質を多く含み、砂糖と他の炭水化物を控えた製品となった。 その結果、ココアの健康的で機能的なペット製品の作成が可能となった。 ココア市場 [ ] ここでのココアはチョコレート原料としての広義のココアである。 カカオ豆、ココアバターおよびココアパウダーはロンドンとニューヨークの2カ所の商品取引所で取引されている。 ロンドン市場は西アフリカ産を、ニューヨーク市場は東南アジア産のものを主に扱う。 ココア市場は世界最小である。 ココアバターとココアパウダーの先物価格は、豆の価格に比率を掛けることで決定する。 バターとパウダー合算の比率はおよそ3. 5の傾向であった。 合算比率が3. 2を下回る場合、利益を上げられなくなるため、いくつかの工場ではバターとパウダーの抽出を停止し、代わりにカカオリカーのみを取引する。 ココア・ブーム [ ] にのシール付きココア「まんがココア」が大ヒット。 これを飲んで初めてココアの味を知った人も多かったという。 に第8回チョコレート・ココア国際栄養シンポジウムでココアの健康効果についての学術発表がなされ、それをもとにが司会をしているの番組『』で「ココアはを含む健康飲料であり、ピュアココアに入っている(の一種)が腸管の掃除に役立つ(朝に飲むと効果的)」として紹介され冬に一時社会現象にまでなりスーパーマーケット等小売店では関連商品の売切れ及び品薄が相次いだ (を参照)。 成分 [ ]• 脚注 [ ] []• チョコレート・ココアの用語辞典. 日本チョコレート・ココア協会. 2017年10月23日閲覧。 カカオマスの油脂を減らしていないもの、あるいは、ココアバターを加えて油脂分を増やした食品がチョコレートである。 やなどの製品包装• 製菓用ローファットココアの製品包装• ベケット、p. ベケット、p. (日本チョコレート・ココア協会)• カカオマスからを分離する手法を開発したのは、息子の(1800年-1887年)であるとする解説が多いが、特許申請はカスパルスによる• 日本チョコレート・ココア協会. 2018年11月25日閲覧。 ベケット、p. ベケット、p. 51 - 52。 Bayard V, Chamorro F, Motta J, Hollenberg NK 2007. Does flavanol intake influence mortality from nitric oxide-dependent processes? Ischemic heart disease, stroke, diabetes mellitus, and cancer in Panama. Int J Med Sci. 4(1): 53—8. 予防から治療まで見つかる、、2011-12-19閲覧• 10月 参考文献 [ ]• 『チョコレートの科学』峰屋巖、、1992年• 『チョコレートの本』晶文社、、1998年• ベケット 『チョコレートの科学 - その機能性と製造技術のすべて』、古谷野哲夫・訳、2008年。 河野友美編『水・飲料』(新・食品事典11, 真珠書院, 1992年10月)• Arch. Intern. Med. 167 7 : 626—34. 関連項目 [ ]• (ココアアレルギー)• () 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ココアパウダーとカカオパウダーの味と成分の違いとは?実際に飲み比べてみました。

純ココア 100均

純ココア ピュアココア は無糖になりますので、そのままお湯を入れるだけでは苦みを感じて飲みにくいと思われる方もいるかもしれません。 しかし、飲み方をちょっと工夫するだけで純ココア ピュアココア を美味しく飲むことができますので、美味しい飲み方をご紹介します。 純ココア ピュアココア の美味しい飲み方の材料• 純ココア ピュアココア :5g程度• 牛乳:120cc• 砂糖:7g• 水:適量 純ココア ピュアココア の美味しい飲み方• 鍋に純ココア ピュアココア 、水、砂糖を入れる• ペースト状になるまで練る• 牛乳を加える• 鍋を中火にかける• ココアが温まったら完成• アイスの場合は氷をたっぷり入れたグラスにココアを注ぐ 純ココア ピュアココア におすすめのトッピング• ホイップクリーム• マシュマロ• 抹茶クリーム 抹茶+生クリーム• シナモン• オレンジリキュール• ラム酒• 柚子茶• インスタントコーヒー• しょうが ホイップクリームやマシュマロなどはココアのトッピングの定番ですが、最近では抹茶クリームなども女性に人気です。 また柚子茶やしょうがなどは身体を温める効果のある食材ですので、冷え改善などの効果がよりアップします。 ぜひ、様々なトッピングで美味しい飲み方を見つけて下さいね。 純ココア(ピュアココア)を飲むのに効果的なタイミングは? 純ココア(ピュアココア)を飲むタイミング|朝食前で便秘予防・冷え改善 朝食前の空腹時に純ココア ピュアココア を飲むことで便秘予防や冷え改善の効果がアップします。 純ココア ピュアココア には食物繊維やリグニンなど腸内環境を整えてくれる成分が含まれていることは先ほどご紹介しました。 空腹時に純ココア ピュアココア を飲むことで腸が刺激を受け、排便を促してくれます。 そして、純ココア ピュアココア に含まれるポリフェノールが血行を促進してくれる効果があります。 朝起きると体温は下がっていますが、この状態で純ココア ピュアココア を飲むと血行を良くしてくれるので冷えが改善するというわけなのです。 便秘や冷えが気になるという方は朝食前に飲むという飲み方をしてみて下さい。 純ココア(ピュアココア)を飲むタイミング|夕食前で食欲を抑える ダイエットをする時に食事制限をするという方も多いのではないでしょうか。 しかし、食事制限をするというのは精神的には辛いものでストレスになってしまうということも。 そこで、食欲を抑えたいという方は夕食前に純ココア ピュアココア を飲むという飲み方をしてみて下さい。 純ココア ピュアココア に含まれているテオブロミンの効果で食欲を抑えることができます。 特に食事の量を抑えたい夕食ですので、夕食前に純ココア ピュアココア を飲めば、無理なく食事の量を減らすことができます。 またストレスを抑えてくれる効果もありますので、夕食前に飲む飲み方をおすすめします。 純ココア ピュアココア を飲むタイミング|夕食後で脂肪の蓄積を防ぐ 市販のおすすめの純ココア ピュアココア 1つ目は「バンホーテン・ピュアココア」です。 1828年に世界初のココアパウダーとしてオランダで誕生したバンホーテン。 古くから世界中の多くの人に愛され続けているのが人気のバンホーテンの純ココア ピュアココア でおすすめです。 バンホーテンの純ココア ピュアココア は原料となるカカオ豆選びからこだわりぬいています。 そして、世界最高級のカカオ豆の焙煎や粉砕などの工程にまでこだわりを持って作られた純ココア ピュアココア です。 自分のお気に入りのトッピングで飲むのはもちろん、お菓子や料理まで幅広く使うことができます。 創立60年を迎えたサッポロウエシマコーヒーは、北海道の食品やコーヒーなどを中心に販売している食品メーカーです。 国内で生産された純ココアですので、安心して楽しむことができます。 まろやかなコク、深い香りで純ココアの原料でもあるカカオ豆の贅沢な風味を味わうことのできる純ココアです。 ミルクココアなどとは違い、自分のお気に入りの味をココアを楽しむことができます。 もちろんお菓子や料理にも使えます。 純ココア(ピュアココア)を使った美味しいスイーツのレシピは? 純ココア(ピュアココア)スイーツレシピ|簡単フォンダンショコラ 純ココア ピュアココア を使ったスイーツレシピ1つ目は「簡単フォンダンショコラ」です。 フォンダンショコラというと難しいイメージもあると思いますが、実は簡単にできちゃうんです。 純ココアを使って、ぜひ作ってみましょう! 簡単フォンダンショコラの材料• ケーキカップ• ホットケーキミックス:150g• 純ココア ピュアココア :大さじ3• 粒状のミルクチョコレート:24粒• 牛乳:150ml• サラダ油:適量 簡単フォンダンショコラの作り方• ホットケーキミックスと純ココア ピュアココア をボールに入れる• 1の材料をよく混ぜ合わせる• 1の材料に牛乳とサラダ油を入れる• 3の材料をよく混ぜ合わせる• 3の材料をケーキカップの4分目まで入れる• チョコレート3粒を生地の中央に入れる• 6をレンジに入れ500Wで約2分加熱する• お好みで粉糖などをふりかければ完成 純ココア(ピュアココア)スイーツレシピ|チョコバー 純ココア ピュアココア を使ったスイーツのレシピ2つ目はサクサク食感の「チョコレートバー」です。 簡単に作ることができますが、可愛くラッピングすればちょっとしたプレゼントとしても渡しやすいチョコレートバー。 とても簡単に作れますのでチャレンジしてみて下さい。 チョコレートバーの材料• 焼き菓子用のケーキ型 長方形• ホットケーキミックス:150g• 純ココア ピュアココア :大さじ1• ビターチョコレート:2~3枚• 卵 Mサイズ :1個• 牛乳:150ml• くるみ:30g チョコレートバーの作り方• くるみは細かく砕き、ビターチョコレートを細かく刻んでおく• 耐熱ボールにホットケーキミックス、純ココア ピュアココア を入れて混ぜる• よく混ざったら卵と牛乳を加えてなめらかになるまでよく混ぜる• 3をラップをかけずにレンジに入れ500Wで約5分加熱する• 耐熱容器に刻んでおいたビターチョコレートを入れる• レンジに入れて500Wで約1分30秒加熱してチョコレートを溶かす• 4の熱が冷めないうちにフォークなどで細かく砕く• 砕いたら6とくるみを入れてゴムベラなどで混ぜる• 8が冷めないうちに型にギュッと詰める• 冷蔵庫で30分から1時間冷やす• 固まったら型から外し、お好みの大きさにカットして完成 純ココア(ピュアココア)スイーツレシピ|チョコブッセ 純ココア ピュアココア を使ったスイーツレシピ3つ目は「チョコブッセ」です。 ふんわりと柔らかな食感とチョコレートクリームが美味しいチョコブッセ。 こちらもおやつはもちろんちょっとした手土産にも持っていけるスイーツ。 手がかかりそうなチョコブッセですがとても簡単ですので作ってみて下さい。 チョコブッセの材料• ホットケーキミックス:150g• 純ココア ピュアココア :大さじ2• 卵 Mサイズ :1個• 牛乳:100ml• マヨネーズ:大さじ2• 【ガナッシュ】• ビターチョコレート:2枚• 生クリーム:50ml• バター:10g チョコブッセの作り方• バターを常温に戻し、ビターチョコレートは刻んでおく• ボールにホットケーキミックスと純ココア ピュアココア を入れて混ぜる• 1に牛乳、卵、マヨネーズを入れてしっかりと混ぜる• 3の4分の1の量を使いクッキングシートの上に約5. 5cmの生地4枚を並べる• レンジに入れ500Wで約2分加熱する• 加熱後レンジの扉を閉めたまま約1分程度放置する• 残りの分量も同じように4枚ずつ生地を加熱する• 耐熱容器に刻んでおいたビターチョコレート、生クリーム、バターを入れる• レンジに入れて500Wで約1分加熱する• 加熱後、材料をしっかりと混ぜ合わせる• 生地の間に10をサンドして完成• お好みでチョコペンやアラザンなどでデコレーションしてもOK 純ココア(ピュアココア)を美味しく効果的に飲みダイエットを成功させよう 甘くて飲むとホッとするココア。 ココアにはいくつか種類がありますが、その中でもカカオ豆100%の純ココアは数年前からダイエットに効果があるということで女性を中心に話題を集めています。 純ココアは甘い調整ココアなどとは違い無糖で添加物が含まれていませんので、飲むと苦みなどを感じます。 純ココアにはポリフェノールやテオブロミンなどの成分が含まれていて、この成分がダイエットに効果があるのです。 ココアは基本的には甘い飲み物ですので意外ですよね。 血行を促進し基礎代謝をアップ、食欲を抑える効果、ストレスを軽減する効果、腸内環境を整えたり便秘を予防するなどの効果もあります。 純ココア ピュアココア はトッピングなどで、お好みの甘さのココアを作ることができます。 女性には嬉しい効果もたくさんある純ココア。 ココアパウダーとしてスイーツなどにも使うことができますので、ぜひ純ココアを美味しく効果的に飲んでダイエットを成功させましょう!•

次の