酒列磯前神社。 茨城県の酒列磯前神社金運アップのパワースポットヒルナンデスで紹介

酒列磯前神社

酒列磯前神社

茨城県は、都道府県魅力度ランキングでは、6年連続の最下位ですが、 パワースポット好きとしてはたまらない、素敵な場所なんですよね。 先日、茨城の最強パワースポット三社(御岩神社・大洗磯前神社・酒列磯前神社)巡りをしてきました。 このサイトでも紹介している通り、前回も行っているので、今回は特にの奥宮・かびれ神宮に行くのが目的です。 (前回) ここは、宇宙飛行士の向井千秋さんが、「宇宙から地球を眺めたら、日本に光の柱が立っていてその場所を調べてみたら、ここだった」と言われています。 鳥居をくぐると、 霊感がない人でも 「ここは!」と思うくらいに 空気がガラリと変わります。 門をくぐると、さらに神聖な空間が。 緑豊かなんですよね。 御岩神社の御祭神は、 国常立尊 くにとこたちのみこと 大国主命 おおくにぬしのみこと 伊邪那岐尊 いざなぎのみこと 伊邪那美尊 いざなみのみこと この御岩神社の脇から山道を通ると、かびれ神宮があります。 通常は、表参道から登って、かびれ神宮で参拝後、裏参道で戻ると60分くらい時間がかかる、とのこと。 バスツアーでの自由時間はこの日は60分あったので(通常は50分)、 表参道を往復することにしました。 結構、登ってきました。 その中でも、「いい出来事も悪い出来事も結果的に自分の成長のために起こっているからそれをきちんと受け止めることが大切だと、悪い経験すらも、大切な経験である」というメッセージをいただいたような気がしました。 もう少しここにいたかったけど、バスの時間があるので、戻りました。 かびれ神宮まで、表参道の往復は、 登山15分、休憩5分、下山15分、 トータル35分でした。 だから、神仏混淆の霊場なんです。 だから、ここならではの神仏混淆のお守り(800円)もありました。 お札が入っている袋に水晶を納める御守りなんです。 ご利益ありそう! ちなみに御岩神社初心者の方は、かびれ神宮まで行かないで、御岩神社周辺に色々な参拝スポットがあるのでその方が楽しめると思います。 バスツアーで休憩が60分以内であれば、なおさら。 (周辺の参拝スポットについては前回の記事を参考にしてみてくださいね。 ) すごくシンプルな山道ですし、そこまで行かなくても、境内全体が十分に神聖な場所なので。 「宝くじが当たる」など、金運のご利益で知られていて、ここの金運のお守り(1000円)を購入して、参道の亀さんをナデナデすると、宝くじが当たりやすいのだとか!? ちなみに大洗磯前神社、酒列磯前神社、御岩神社に行くバスツアーは色々とありますが、このプランで言うなら、個人的には、のが特にお得感があるように思います。 肉厚で最高! 大洗磯前神社と酒列磯前神社については、前回の記事で詳しく紹介したので、こちらもぜひ、参考にしてみてくださいね! () この三社巡りは、かなりクセになります!大洗磯前神社で厄落としをして、酒列磯前神社で金運を上げて、御岩神社でパワージャージをする感じ。 リフレッシュできるので、オススメですよ! byコラムニスト・ひかり.

次の

【大洗磯前神社】アクセス・営業時間・料金情報

酒列磯前神社

もくじ• 大洗磯前神社(茨城県)とは?どんな神社? 大洗磯前神社は太平洋に鳥居が立ち、 鳥居と日の出の絶景を眺められることで有名な茨城県の神社。 あの水戸黄門も魅了したとか。 初穂料は500円です。 御朱印を頂くと一緒に頂けたクリアファイル。 この日は鳥居から登る朝陽を見たかったので、早朝の7時頃に参拝。 「大洗磯前神社(茨城県)」の参拝現地レポ 大洗磯前神社のご祭神は、 大巳貴命(オオナムヂノミコト)。 心身の病を癒やし 子どもの成長を見守る神様としても知られ、 子ども連れの参拝者も数多くいます。 目の前には太平洋。 高台にある境内からも美しい海岸線が拝めちゃいますよ~ 戦国時代に一時期、荒廃してしまうものの「水戸黄門(徳川光圀公)」がなどが復興。 水戸黄門もこの海に感動して一句も残しているとか。 鳥居から朝陽が登る・・神磯の鳥居 大洗磯前神社の前は太平洋が広がり、 会場の岩の上には鳥居が立っています。 ここは 「神磯(かみいそ)の鳥居」といい、 その名の通り、ご祭神が降り立った場所とされています。 ここから望む朝陽は絶景・・ 晴れた日はこんな光景が拝めちゃいます。 毎朝たくさんのカメラマンが待機しています。 なまこはコチラを使いました。 ガルパンとは? 女子高生が乙女の嗜みとして戦車道(せんしゃどう)を極めるなかで 心の成長をとげていくストーリー。 2015年に劇場版が放映されて人気も爆発。 境内にはファンの皆さんの大量の絵馬が奉納されています。 絵のレベルが凄すぎて圧巻。 声優さんからも奉納されてます。 大洗、愛されてますね・・! ガルパンの聖地を巡礼したい人は、 まずは大洗磯前神社を訪れ、朝陽を望む。 そのあと大洗の神様にご挨拶して聖地巡礼、なんてどうでしょうか? 「艦これ」ファンが集う軍艦「那珂」の慰霊碑 後悔しない大洗磯前神社。

次の

酒列磯前神社の御朱印|宝くじの高額当選者が出ると噂の海を臨む古社。

酒列磯前神社

概要 [ ] の東部、に面した岬の丘上に鎮座する。 対岸のにあると深い関係にあると言われ、2社で1つの信仰を形成している。 祭神 [ ] 主祭神• (すくなひこなのみこと) 大名持命とともに国造りを行ったとされる。 配祀神• (おおなもちのみこと) (大己貴命)の別名。 祭神で、その分霊。 少彦名命の力を借りて国造りを行ったとされる。 国造りにおいて『』・『』・『』などの神話では大名持命と少彦名命の2神が併せて登場することから、当社に限らずこの2神の組み合わせで祀る神社は多い。 また、当社では少彦名命をの、大名持命をとも見なしている。 歴史 [ ] 創建 [ ] 『』によると、3年()にの大洗磯前に神が現れたとされる。 常陸国上言。 鹿嶋郡大洗磯前有神新降。 初郡民有煮海為塩者。 夜半望海。 光耀属天。 明日有両怪石。 見在水次。 高各尺許。 体於神造。 非人間石。 塩翁私異之去。 後一日。 亦有廿餘小石。 在向石左右。 似若侍坐。 彩色非常。 或形像沙門。 唯無耳目。 時神憑人云。 我是大奈母知少比古奈命也。 昔造此国訖。 去徃東海。 今為済民。 更亦来帰。 ある夜、の者が海に光るものを見た。 次の日、海辺に二つの奇妙な石があった。 両方とも一尺ほどだった。 さらに次の日には20あまりの小石が怪石の周りに侍坐するように出現した。 怪石は彩色が派手で、僧侶の姿をしていた。 神霊は人に依って「われは大奈母知(おおなもち)・少比古奈命(すくなひこなのみこと)である。 昔、この国を造り終えて、東の海に去ったが、今人々を救うために再び帰ってきた」と託宣した。 — 『日本文徳天皇実録』斉衡3年12月戊戌条 そして、大己貴命(大奈母知)が大洗に、少彦名命(少比古奈命)が酒列に祀られ、両社の創建となったと伝えられている。 当社周辺海岸の岩石群は南に約45度に傾斜して並んでいるが、その内の一部の北に傾いた部分、すなわち「逆列(さかつら)」の地名が社名の由来とされる。 のちに酒の神様を祀るところから「酒列」となったとされる。 概史 [ ] 『』には「 酒烈礒前薬師菩薩神社」と記載され、に列している。 には廃絶し社殿もなくなっていた。 になって2代藩主・により造営の起工がなされ、3代藩主・により現在地に遷座がなされ再興された。 旧鎮座地は一の鳥居の辺りと伝えられている。 18年()、においてに列した。 現在では公称を「酒列磯前神社」としている。 神階 [ ]• 元年()8月7日、官社に預かる (『日本文徳天皇実録』)• 天安元年(857年)10月15日、「薬師菩薩名神」の号を授かる (『日本文徳天皇実録』) 境内 [ ] 拝殿正面上部のリスとブドウの彫刻は、の作とされる。 また、二の鳥居左右の狛犬は、昭和の石工・飯塚兵吉の作である。 参道の樹叢は椿・タブノキ・スダジイなどからなる広葉樹林で、茨城県の天然記念物に指定されている。 なお現在の一の鳥居近く、比観亭跡周辺が元の社地とされている(現在は小祠が鎮座)。 末社5社• 酒列鎮霊社 (さかつらちんれいしゃ)• 祭神:よりまでの戦没者506柱 本殿の北隣に鎮座。 稲荷神社 -祭神:• 天満宮 - 祭神:公• 事比羅神社 - 祭神:• 冨士神社 - 祭神:。 子安神として信仰されている。 水神社 - 祭神: 文化財 [ ] 茨城県指定天然記念物 [ ]• 酒列磯前神社の樹叢 - 参道両側や境内周辺に広がる広葉樹林(椿やタブノキ、スダジイなど)。 平成17年指定。 現地情報 [ ] 所在地• 磯崎町4607-2 交通アクセス• 最寄駅: (徒歩約15分) - 湊線終着駅。 比観亭跡 - 水戸藩が建てた東屋跡。 ひたちなか市指定史跡。 観濤所 - 水戸藩主が選定した景勝地。 ひたちなか市指定名勝。 川子塚古墳 - ひたちなか市指定史跡。 平磯白亜紀層 - 周辺海岸。 県指定天然記念物。 脚注 [ ] [].

次の