あさや ホテル。 Bali Luxury Resort

東京前野原温泉さやの湯処

あさや ホテル

概要 [ ] 近くの右岸に「麻屋旅館」として(21年)に創業した老舗であり、全ての客室には自家源泉の温泉()が引かれている。 2015年現在は 秀峰館と形態の 八番館の2館体制で、客室数192室・収容人員876名。 3つの宴会場、最大1,500人収容のコンベンションホール、、屋上、個室などの設備を有し、鬼怒川温泉郷では最大手の宿泊施設である。 絶頂期の(2年)にメインバンクのの融資により総工費73億円をかけ、巨大な吹き抜け・シャンデリアが降り注ぐロビーや重厚な洋室など豪華絢爛な設備が特徴の秀峰館を竣工した。 しかし後は団体客の減少により売上が年々逓減。 11月末に足利銀行が経営破綻しが表面化したことで借入金返済が重荷となり、2004年12月に鬼怒川温泉の企業では初めての支援開始決定を受ける。 これにより足利銀行の207億円に上る債権放棄が実施された上で2005年4月に産業再生機構と機関投資家らの出資による(新)株式会社あさやホテルへが実施された。 産業再生機構が宇都宮市に設立した株式会社による事業支援策で、旅の目的やグループ構成に応じて部屋や料理を柔軟に選択できる仕組みを採り入れ 、八番館をにプロデュースさせ 、2005年7月に再建にともなう最初のリニューアルを果たした。 また、老朽化した渓風館を解体、観山館を従業員寮に変更し(後に解体)、再建前は4館で360 あった客室数を規模を縮小した。 なお、渓風館と観山館の跡地には貸切風呂「福満宝尽くし吉祥『打出の小槌の湯』」が2010年に竣工している。 なお、1973年に当館の北寄りに開業した「鬼怒川ホテルグリーンパレス」はあさやホテル創業家による有限会社あさやグリーンパレスによって経営されていたが、2009年1月26日に鬼怒川第一ホテルを経営する関係会社と共に宇都宮地裁へ自己破産を申請。 鬼怒川ホテルグリーンパレスについてはに買収され運営が行われている。 沿革 [ ]• (明治21年) - 八木澤善八により、鬼怒川温泉に「麻屋旅館」を創業。 (47年) - 地上11階建の渓風館を新築。 - 地下2階地上11階の観山館を新築。 - 地下2階地上7階の八番館を新築。 (平成2年) - 秀峰館(地上12階)を新築。 - の支援により債権放棄と新旧分離を実施。 7月にリニューアル。 - 産業再生機構が保有する株式およびを(当時)に譲渡し支援完了。 脚注 [ ].

次の

東京前野原温泉さやの湯処

あさや ホテル

施設紹介• お部屋で温泉をお楽しみいただけます。 客室内にはシモンズベッド2台と畳スペースをご用意しております。 また、栃木の伝統工芸... 温泉 四季折々に移ろう景色を眺めながら 身も心もリフレッシュ 川面から約80メートルの高さに位置する「空中庭園露天風呂」からは、季節ごとに多彩な表情を見せる山並みや満天の星を眺めることができる。 吹き抜けるやさしい風を感じながらリラックスして... 館内情報 岩盤浴「らくらく」ボディケア&クイックマッサージ 秋田県玉川温泉の湯の花をセラミックボールに加工し敷き詰めた、本格的な岩盤浴。 男女別に計23床が用意され、ぐっとしぼった落ち着く間接照明の中、ゆったり四肢を伸ばしてじんわり温まるこ... 観光・周辺情報 鬼怒楯岩大吊橋 2009年7月に誕生した鬼怒川の新名所である歩道専用の吊り橋。 40m下に鬼怒川の清流を望み、雄大な渓谷美を堪能しながら橋を渡ると、名勝・楯岩へ向かう遊歩道が。 木の階段を登り、まる... 施設からのお知らせ• 入館時やお食事の前など適宜ご利用をお願いいたします。 トングをご使用の際にご利用いただきますよう、お願いいたします。 また、一部お料理を大皿から小皿盛りへと変更しております。 温泉がある施設の場合は、別途、入湯税がかかる場合がございます。 予めご了承ください。 東京、大阪、京都、金沢、福岡の宿泊施設をご利用の際は、ご利用料金に応じて 「」 「」 「」 「」 「」 が別途かかる場合がございます。

次の

あさやホテル

あさや ホテル

概要 [ ] 近くの右岸に「麻屋旅館」として(21年)に創業した老舗であり、全ての客室には自家源泉の温泉()が引かれている。 2015年現在は 秀峰館と形態の 八番館の2館体制で、客室数192室・収容人員876名。 3つの宴会場、最大1,500人収容のコンベンションホール、、屋上、個室などの設備を有し、鬼怒川温泉郷では最大手の宿泊施設である。 絶頂期の(2年)にメインバンクのの融資により総工費73億円をかけ、巨大な吹き抜け・シャンデリアが降り注ぐロビーや重厚な洋室など豪華絢爛な設備が特徴の秀峰館を竣工した。 しかし後は団体客の減少により売上が年々逓減。 11月末に足利銀行が経営破綻しが表面化したことで借入金返済が重荷となり、2004年12月に鬼怒川温泉の企業では初めての支援開始決定を受ける。 これにより足利銀行の207億円に上る債権放棄が実施された上で2005年4月に産業再生機構と機関投資家らの出資による(新)株式会社あさやホテルへが実施された。 産業再生機構が宇都宮市に設立した株式会社による事業支援策で、旅の目的やグループ構成に応じて部屋や料理を柔軟に選択できる仕組みを採り入れ 、八番館をにプロデュースさせ 、2005年7月に再建にともなう最初のリニューアルを果たした。 また、老朽化した渓風館を解体、観山館を従業員寮に変更し(後に解体)、再建前は4館で360 あった客室数を規模を縮小した。 なお、渓風館と観山館の跡地には貸切風呂「福満宝尽くし吉祥『打出の小槌の湯』」が2010年に竣工している。 なお、1973年に当館の北寄りに開業した「鬼怒川ホテルグリーンパレス」はあさやホテル創業家による有限会社あさやグリーンパレスによって経営されていたが、2009年1月26日に鬼怒川第一ホテルを経営する関係会社と共に宇都宮地裁へ自己破産を申請。 鬼怒川ホテルグリーンパレスについてはに買収され運営が行われている。 沿革 [ ]• (明治21年) - 八木澤善八により、鬼怒川温泉に「麻屋旅館」を創業。 (47年) - 地上11階建の渓風館を新築。 - 地下2階地上11階の観山館を新築。 - 地下2階地上7階の八番館を新築。 (平成2年) - 秀峰館(地上12階)を新築。 - の支援により債権放棄と新旧分離を実施。 7月にリニューアル。 - 産業再生機構が保有する株式およびを(当時)に譲渡し支援完了。 脚注 [ ].

次の