暗黒 大陸 じゃ が たら。 第575話 いざ暗黒大陸で九尾なのじゃ

ハンターハンター連載再開に向けて「暗黒大陸編」のストーリーを整理してみた

暗黒 大陸 じゃ が たら

友達なんか作れないし、ハンターにも向いてないよ」 キルア「ぐ……!」 イルミ「ハンターの資格が必要になったらオレや親父から指示する。 今は必要ない」 イルミ「どうしてもハンターになりたいなら、オレと戦うしかないね」 イルミ「オレと戦えるかい?」ズ… キルア「……わ、分かったよ。 オレは……ハンター試験、辞退するよ……」 イルミ「あーよかった。 これでお前と戦わずに済んだよ」 イルミ「ってことで、99番はハンター試験を辞退するってさ」 ネテロ「ふうむ……仕方あるまいのぉ」 ネテロ(闇の住人キルア……まだその闇からは抜け出せぬ、か) ゴン「……っ!」ギリッ ヘルベル「……っ!」ギリッ ヘルベル「あ〜……やっと講習も終わったな」 パプ「これでボクらも晴れてプロハンターってわけですね」 ゾバエ病「暗黒大陸じゃ、ライセンスあってもなんの意味もないゾバけどね」 ヘルベル「オレらは暗黒大陸に帰るけど、お前らはどうするんだ?」 ゴン「オレはさっきいったようにキルアの家に行くよ!」 レオリオ「オレもゴンに付き合うぜ!」 クラピカ「私もひとまずゴンに同行しようと思う」 ヘルベル「キルアをゾルディック家とかいう殺意の餌食にさせないでくれよ!」 パプ「ええ……兄のくせに弟をペットのように扱うなんてとんでもないことです!」 ゾバエ病「キルア君を暗殺一家という病気から解放してあげるゾバ!」 ゴン「うん、もちろん!」 特徴: SS専門ブログ 管理人: 暇P 移転先URLはこちらになります。 以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。 もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。 minnanohimatubushi2chblog. blogher. ニュー速SSVIP. sc 上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。 支援などもしておりません。 旧: minnanohimatubushi livedoor. com 新:minnanohimatubushi gmail. livedoor.

次の

姫「勇者に魅力を感じない」: 暗黒大陸

暗黒 大陸 じゃ が たら

ハンターハンターの連載再開のニュースを見ました。 2018年4月2日の『週刊少年ジャンプ』18号から休載されていて、5ヶ月ぶりの復活です。 さて、今回の話は「暗黒大陸編」 長い休載の後はストーリーを追いかけるのが大変ですが、正直今回はしんどかった。 「蟻の王メルエム」のようなわかりやすい敵がいるわけでもなく、バトルに勝てばOKという展開でもないため、 細かい設定もしっかり読み直さなければ話が全く頭に入ってきません。 複数のストーリーが同時並行で動きまくっているのも「暗黒大陸編」の特徴です。 せっかくのハンターハンター復活です。 ここで改めて、暗黒大陸編に関係する主だったストーリーを整理してみましょう。 暗黒大陸とは No. 340「特命」にて、中国を思わせるカキン帝国のホイコーロ国王が暗黒大陸への進出を宣言しました。 暗黒大陸は人類最大禁忌の絶対不可侵領域であると言われています。 幽遊白書でいうと「魔界」 ドラクエでいうと「裏の世界」 といったところでしょう。 人類の世界は暗黒大陸中央にある巨大湖メビウスの中に位置しています。 案内人とは暗黒大陸を出入りするための「門番」を召喚する亜人種です。 人類と大陸とのパイプを持つ魔獣族で、彼らとの交渉なしに暗黒大陸への渡航は困難と言われています。 ちなみにこの案内人はまだ本編では登場していません。 人類が大陸へ進出しようとする度、大きな災いがふりかかったと古文書や遺跡に記されていて、 近代5大陸(V5)によって不可侵条約が締結されたのが200年以上昔の話です。 そんな禁忌を破り、新興国のカキン帝国が暗黒大陸に進出を宣言したのです。 339「静寂」で暗黒大陸に行くために必要なものが4つ述べられています。 契約 No. 339の時点でジンはまだ何も手に入れていませんでした。 「特別渡航課」と呼ばれる、暗黒大陸への渡航の権利を管理する組織があります。 全大陸の特別渡航課を束ねる特務課に配属された新人の業務の説明が描かれていました。 彼らの業務は平たく言うと、 「誰も新世界へ行かせない」 ことです。 新世界の門番は無礼な輩を最も嫌うからです。 人類は新世界に挑戦するたびに人類滅亡級の厄災を抱えて敗走してきました。 かつてV5はハンター協会を避けて独自の調査団を秘密裏に作りました。 その調査団の専門家の一人として、ハンター協会元会長の息子・ビヨンド=ネテロも帯同していたのです。 目的はメタリオンと呼ばれる錬金植物を持ち帰ることでした。 が、未踏ルートを探検することにこだわった結果、新たな厄災 ゾバエ病 を抱え、多大な犠牲者を出して戻ってきたのでした。 その他、本編で描写されていた厄災の例は、• 縄状に捻り殺された人間• 自給自足で50年近く生きる元人間 おそらくゾバエ病 などです。 『新世界紀行』には人類が暗黒大陸から持ち帰った5大厄災についての記述があります。 謎の古代遺跡を守る正体不明の球体 兵器 ブリオン• 欲望の共依存 ガス生命体 アイ• 殺意を伝染させる魔物 双尾の蛇 ヘルベル• 快楽と命の等価交換 人飼いの獣 パプ• ちなみにキルアの妹であるアルカも暗黒大陸出身です(コミックス33巻に書かれてます) 大陸のリターンは以下のようなものがあります。 水に沈めると発電する鉱石 無人石• 万病に効く香草• 究極の長寿食ニトロ米• あらゆる液体の元となり得る三原水• メタリオンという錬金植物 前ハンター協会会長であるアイザック=ネテロは新大陸をこう説明します。 「戸愚呂を倒す」 とか、 「黄泉と軀に勝つ」 みたいな話にはならないでしょう。 一同は、カキン帝国が製造した巨大輸送船「ブラックホエール1号」に乗って、新大陸を目指します。 20万人収容できるこの船には、ビヨンド=ネテロと共にホイコーロ国王と14人の王子も乗船します。 この14人の王子もまた、「王位継承戦」で暗黒大陸のストーリーに深く関わってきます。 王位継承戦編ではクラピカが主役となります。 その総責任者の名は ビヨンド=ネテロ 伝説のプロハンター、ハンター協会元会長であるアイザック=ネテロの息子です。 ビヨンド=ネテロは演説でこう語ります。 V5直轄運営の外来渡行許可庁に申請を出す• 許可庁に申請するために申し込み手続きを行う• その後、1ヶ月契約と説明で拘束される• 特別渡行課の課長に会うためには国会ギイの紹介状が3枚必要 などのややこしい手続きが山積みとなります。 ビヨンド=ネテロはそんな申請など知らん!と跳ね除け、自由な身として暗黒大陸に行くことを仲間に宣言したのです。 なぜ今になって突然ビヨンド=ネテロが現れたかというと、 彼は一度暗黒大陸に挑戦して敗れており、その際にハンター協会会長から 「ワシが死ぬまでは再挑戦は許可しない」 と枷を与えられていたからです。 アイザック=ネテロが死んで枷が解けたので、今になって新大陸挑戦を引っさげて公の舞台に姿を現したのです。 このように何十年も前から新大陸挑戦の準備をし続けた夢想家は人類で二人だけ。 ビヨンド=ネテロとジン=フリークスです。 達成条件は暗黒大陸より抱えた「厄災(リスク)」の何れかを攻略し、「希望(リターン)」を持ち帰ること。 難易度は文句なしのA。 実質的に指令であるため、"十二支ん"は従うことに決めます。 DVDの話と同時にハンター協会にV5から直々に特命が来ました。 「ビヨンド=ネテロをハントせよ」 と。 "十二支ん"は迷います。 ビヨンド=ネテロをハントする意味はあるのか。 V5は正しいのか。 迷っている間になんと、ビヨンド=ネテロ本人がハンター協会に現れます。 自ら拘束されつつも、こう宣言します。 「オレは解放され 十二支んはオレと共に暗黒大陸を目指す事になる!」 V5の表向きの目的は、新大陸進出を目論むカキンを止めることです。 ハンター協会にビヨンド捕獲を依頼し、説得工作させるつもりでした。 では、V5の本音は? どうせカキンを公に止める手段は限られている。 それならカキンをV5に迎え入れ、 「V6としてカキンの渡航を他の五カ国が裏でサポートする」 という形を取りたい。 カキン国王の名前は新大陸の開拓者として公式に歴史に記す。 その代わりに、リターンの分配は6等分であるとカキンに認めされたい、というものです。 ビヨンド捕獲の真の目的も、 「ハンター協会にビヨンドを見張らせて威厳を保ちたい」 程度のものでした。 ビヨンドは「ハンター協会の監視付きの渡航なら認める」とV5は言うはずだと予言しています。 ハンター協会としては、ビヨンドを監視しながら暗黒大陸に向かい、 「5大厄災を攻略し、リターンとなる人類財産を持ち帰ること」 が目的です。 ビヨンドはハンター協会の拘束を逃れ、自由に暗黒大陸を探検するのが目的です。 これでやっと、ハンター協会 vs ビヨンドの構図がわかりやすくなりました。 ハンター協会からビヨンドへの条件は• 24時間監視付きの部屋での生活• 協会への反抗は一切許さない• 追跡装置付きリングとの二重体制で所在を把握• ビヨンドの行動によって生じた全ての取得物はV6に帰属する• あらゆる媒体での情報開示を禁ずる この条件を飲んだビヨンド=ネテロはこう言います。 これでお前たちの「許可」を得た。 残るは3つ。 これはジンが新世界に行くために必要なものを指しています。 契約 の4つのうち、「許可」を得たということです。 クラピカは相変わらず殺された仲間の緋の目を探していました。 協会側は「緋の目の持ち主を特定した」と言って、クラピカを十二支んに誘ったのです。 持ち主はカキンの第4王子 ツェリードニヒ=ホイコーロです。 ホテルで女の子を引っかけて部屋に連れ込み、無残に傷つける頭のおかしな奴です。 十二支ん側は、「船上ではクラピカの都合を優先してもいい」と言って説得していました。 で、わかりやすかった構図にもう一つミッションが加わります。 パリストン側のスパイである「サイユウ」を新大陸到着直前に拘束することです。 新大陸(仮)に上陸直前でビヨンドに気付かれないようにサイユウを捕獲する必要があります。 パリストンとジン 「オレも仲間に入れろよ」 とビヨンドの一味に突然姿を現したのがジンでした。 「今日からオレがNo. 2だ 文句ある奴ァ前へ出ろ」 と突然現れて、突然の宣言。 本来、彼の目的は2つです。 ビヨンドへの協力とパリストンの抑止。 ただ、登場シーンはめちゃくちゃでした。 突然現れたジンに、元々いたパリストンの一味は抵抗を示します。 抵抗を示すメンバーに対して、ジンはこう言いました。 「ビヨンドが払う報酬の倍を前金で支払おう 他は全て今まで通りでいい」 後に、なぜこんな金を払うと言い出したのか説明するシーンがありました。 金に目がくらむ連中はいねーと思ったから だから金を受け取ってくれる時はそれなりにオレを認めてくれる時だと思った おそらく 嬉しかったんだ 同じようなバカがいっぱいいるってな 元々はオレがこっそり楽しみにしていた渡航計画に横ヤリが入ったみたいな感覚でムカついてたんだが でもさらにさかのぼるとビヨンドの方がオレより先に挑戦してたわけだし まぁ正直感情を整理し切れないままここに来たんだ とにかく何か文句が言いたくてな... でもここに来て最初にオレの口から出た言葉が 「オレも混ぜろ」だったのには自分でも少し驚いた 結局、パリストンの一味もジンを認めることになり、 ジンはビヨンド=ネテロの解放を手伝うことになりそうです。 カキン帝国の王位継承戦 「今回の渡航で生き残った1名を次期国王とする」 と王が宣言したことがきっかけです。 ルールは以下の通り。 セレモニー以前に候補者が死亡した場合、継承戦そのものが中止• 継承戦開始はブラックホエール号が出港する歳の長声一発が鳴り終えた瞬間• 王子一人につき船内の従事者15人まで連れて行くことができる• 生き残った唯1名が正式な王位継承者となる• 船は2ヶ月かけて暗黒大陸を目指す• 実際は新大陸(仮)までの渡航である カキン王は8人の正妻をかかえ、14人の正室子がいます。 本編で登場している王子の一覧は以下の通りです。 ベンジャミン(第1王子)• カミーラ(第2王子)• チョウライ(第3王子)• ツェリードニヒ(第4王子、クラピカが倒したいやつ)• ツベッパ(第5王子• タイソン(第6王子、イズナビが警護)• ルズールス(第7王子、バショウが警護)• サレサレ(第8王子)• ハルケンブルグ(第9王子、抜きん出たスペックを持つが不遇だった。 唯一認めるのはツェリードニヒだけ)• カチョウ(第10王子、センリツが警護)• フウゲツ(第11王子)• モモゼ(第12王子、ハンゾーが警護)• マラヤーム(第13王子、ビスケが警護)• ワブル 第14王子、まだ赤ちゃん。 クラピカが護衛することになる) 権力も財力も有する上位の王子は施設の軍隊を持ち、今回の継承戦を歓迎しています。 王子たちは壺に血を一滴注ぐことで特別な力を得ることができます。 自身を形どる器が守護霊獣なのです。 守護霊獣の正体は念獣です。 子孫繁栄を願う者が遺した強い念によって産み出されました。 取り憑いた者のオーラを糧とし、その者の人となりに影響を受けた形態・能力に変貌します。 ただし、本人が創り出したものではないため、自分の意志で動かすことはできません。 今回の王位継承線で6人の王子がプロハンターに警護要員を募集しました。 クラピカの目的はツェリードニヒに近づくこと。 王子の警護に潜入してもらうために、クラピカが協力を要請したのが5名です。 イズナビ(クラピカの師匠)• ハンゾー(クラピカの同期)• バショウ(ノストラード組)• センリツ(ノストラード組)• ビスケ(キルア経由で依頼) クラピカが望むのは「第4王子ツェリードニヒをできるだけ近くで見るための有益な情報」です。 クラピカはツェリードニヒに近づくために、ハルケンブルグの護衛を望んでいましたが、 ワブルの母親であるオイトの 「ハルケンブルグ王子だと予想しやってきた者を望む」 という戦略に引っかかり、ワブルの護衛に当たります。 船の構造上、王子同士が接触するのは困難ですが、念能力を使えばそれぞれ殺し合うことは可能です。 1層にはビヨンド拘束室があります。 十二支んは3人、ビヨンドを監視しています。 今回の連載再開はおそらく王位継承戦から始まります。 王位継承戦はとても複雑なので、別の記事でもまとめます。 ドン=フリークス 300年以上前にたった一人でメビウス湖(無限海)沿岸をくまなく探検した男です。 狂人の妄想だと思われていた奇書『新世界紀行』という旅行記が数百年前に発行されました。 発行当時は空想小説の棚に並べられたほど。 今では特務課に配属された新人の仕事は、この『新世界紀行』を一文字余さず読むことです。 そこには人間が新世界に足を踏み入れた代償が描かれています。 その『新大陸紀行』には「東」と「西」があり、見つかっているのは「東」だけです。 西は一冊も見つかっていません。 ジンはまだ書いている途中なのではないか、と考えています。 本の著者の名前がドン=フリークスです。 338「樹上」からだと考えています。 ジンはかつて、王族の秘密を追っていました。 自分が行きたい場所に入るのにハンターが一番現実的だったから、ハンターになったのです。 ジンが行きたがっていた王族の埋葬施設の調査をする条件は、• 一切口外しないこと• 信頼に足る団体であること• 自費で調査すること でした。 「金も名誉もいらないから ただ真実を知りたい」 という仲間を10人ほど集め、法人を設立し、王墓の調査計画を進めました。 つまり、• 現在オレが必要としているもの=仲間• 本当にほしいもの=王墓の真実 ということです。 念願かなって王墓の中に足を踏み入れた時、 ジンが一番嬉しかったのは、 「ずっと願ってた王墓の「真実」を目の当たりにした事じゃなく いっしょに中へ入った連中(そいつら)と顔を見合わせて握手した瞬間だった」 と語っています。 この連中と比べたら王墓の「真実」はただのおまけ。 大切なものは ほしいものより先に来た、と。 では、今ジンが追っているものは何でしょうか? 世界樹の上でゴンとジンは話します。 世界で一番高い、1784メートルの木です。 でも世界樹の「真実」は「成長の止まった若木」です。 栄養が足りなくて、これしか育たなかった世界樹が、ゴンが登った世界樹だったのです。 本当の世界樹はマグマを吸って、山脈に根付き、大気圏を越えてなおデカくなる。 キメラアントも外側から来た外来種だったのです。 なんか戸愚呂が魔界でB級妖怪だったのと似てますね。 ジンは続けて語ります。 オレ達が知ってる「この世界」はとてつもなく大きな世界のほんの一部だ と。 ジンがほしいものは今も昔も変わりません。 目の前にない「何か」なのです。 その「何か」が「暗黒大陸」なのでしょう。 道中を楽しんでいる最中だ、と言っています。 そしてゴンにこう言い残したのです。

次の

第575話 いざ暗黒大陸で九尾なのじゃ

暗黒 大陸 じゃ が たら

友達なんか作れないし、ハンターにも向いてないよ」 キルア「ぐ……!」 イルミ「ハンターの資格が必要になったらオレや親父から指示する。 今は必要ない」 イルミ「どうしてもハンターになりたいなら、オレと戦うしかないね」 イルミ「オレと戦えるかい?」ズ… キルア「……わ、分かったよ。 オレは……ハンター試験、辞退するよ……」 イルミ「あーよかった。 これでお前と戦わずに済んだよ」 イルミ「ってことで、99番はハンター試験を辞退するってさ」 ネテロ「ふうむ……仕方あるまいのぉ」 ネテロ(闇の住人キルア……まだその闇からは抜け出せぬ、か) ゴン「……っ!」ギリッ ヘルベル「……っ!」ギリッ ヘルベル「あ〜……やっと講習も終わったな」 パプ「これでボクらも晴れてプロハンターってわけですね」 ゾバエ病「暗黒大陸じゃ、ライセンスあってもなんの意味もないゾバけどね」 ヘルベル「オレらは暗黒大陸に帰るけど、お前らはどうするんだ?」 ゴン「オレはさっきいったようにキルアの家に行くよ!」 レオリオ「オレもゴンに付き合うぜ!」 クラピカ「私もひとまずゴンに同行しようと思う」 ヘルベル「キルアをゾルディック家とかいう殺意の餌食にさせないでくれよ!」 パプ「ええ……兄のくせに弟をペットのように扱うなんてとんでもないことです!」 ゾバエ病「キルア君を暗殺一家という病気から解放してあげるゾバ!」 ゴン「うん、もちろん!」 特徴: SS専門ブログ 管理人: 暇P 移転先URLはこちらになります。 以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。 もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。 minnanohimatubushi2chblog. blogher. ニュー速SSVIP. sc 上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。 支援などもしておりません。 旧: minnanohimatubushi livedoor. com 新:minnanohimatubushi gmail. livedoor.

次の