わいわい ゲーム 実況。 ゲーム実況者わいわいのwiki風プロフィール!顔や仕事、彼女や個人的な病気?までも徹底紹介!

ゲーム実況者わいわいの私的名言集

わいわい ゲーム 実況

わいわいのおすすめホラー実況動画とは? めちゃくちゃビビりなわいわいのホラー実況は、どんなに怖いゲームでも面白い!のが上回ってしまうので、ホラーが苦手な方も気軽に見られます!! ホラーゲームを実況する時はいつも部屋を暗くして爆音で実況をしているので、リアクションが新鮮なところも見どころ! 大声で絶叫するとともに、怒りも一緒に出るわいわいがめちゃくちゃ面白いので、おすすめです! わいわいのおすすめおもしろホラー実況動画5選 夏だから「SIREN2」へっぴり腰実況プレイ わいわいがホラーゲームを初めて実況したのが、この「SIREN2」。 わいわい名物ABCDboysが生まれたのもこの動画です!! Part数は多いですが、個人的にはわいわいの中で トップクラスの面白さを誇っています!かなりおすすめなので、見て欲しいです! 最初はビビりすぎて、ガクガクしながら一歩一歩進む姿が本当に面白い! 「純金じゃねぇのか?」や「燃えるゴミは燃やせるゴミへ!!」など、さまざまな面白いシーンが見られるこのシリーズですが、なかでもかなり笑ったシーンはPart14の 子供を操作しているのがわいわい、お姉ちゃんに守ってもらいながら目的地まで行くといったストーリーだが、敵に見つからないように木の後ろに隠れていると・・・ 【駆け出しYoutuber応援企画!】 「お姉ちゃん!?!?えっ!?何すんの!?!?何で押すの!?」とお姉ちゃんに押されて敵に見つかってしまうシーンは、めちゃくちゃ面白いので必見です!!(笑) ボスを倒したり謎を解いたりなど、見どころが満載なのでおすすめです! ものすごくうるさい絶叫の青鬼2 携帯のアプリゲームとなっている青鬼をわいわいが実況します。 ニコニコの時に一度、青鬼を実況しているわいわいですが、慣れていると思いきや今回もビクビクします(笑)わいわいの場合は、驚くと言うより怒りのが上回っている気もしますが(笑) 青鬼特有のさまざまなギミックをクリアして、脱出するのですが意外とスラスラと謎を解くわいわい。 また、ガチャをすると、色々な顔や形の青鬼を手に入れられます!めちゃくちゃでかい青鬼や顔だけの青鬼など、カスタマイズができるところも面白いポイントです! 冒頭で言った通り、ニコニコ動画で昔のわいわいが青鬼を実況している動画も見られるので、おすすめです! 【閲覧注意】もう手に入らない幻のホラーゲーム あの非常に有名になった幻のゲーム「P. f」を忠実に再現した「P. forPC」です。 正直に言って、めちゃくちゃ怖く、ホーラーが苦手な方は 閲覧注意です。 【駆け出しYoutuber応援企画!】 昔からホラーが苦手なわいわいのリアクションと画面に出てくる字幕が面白いので、怖さも少し軽減されます(笑) ちょくちょく休憩を挟みつつ、ゲームを行なっていますが、あまりの怖さですぐゲームをやめてしまいます(笑)もはや恐怖を感じすぎて、 わいわいはイヤホンをしていません(笑) 音楽を聞いたりタバコを吸ったりしてなかなか進まず、動画のなかでわいわいのお喋りが9割ほど占めていますが、トークが本当に面白い動画です!! 最狂の自宅警備員、現る【The Joy Of Creation:Reborn】 わいわいがこのゲームを実況した時はまだ試作段階で、ゴールが無かったのですが、謎の生物から追いかけられながら脱出するゲームです。 本来懐中電灯が使えるのですが、あまりにも焦りすぎて使うのを忘れているわいわい(笑)縛り実況みたいな感じになっています! 謎の生物に出会ったらものすごいスピードで追ってくるのですが、それがめちゃくちゃ怖い!近づいてくる足音が恐怖をより大きくさせます!!個人的には、 イヤホンで聞くとより、怖く感じます!! 永遠に追ってくる謎の生物に逃げてる時の躍動感がハンパではなく、めちゃくちゃ面白いです! 「やめてぇ〜何も悪いことしてへんやん!!助けて助けて!」と叫ぶシーンが腹を抱えて笑えます(笑) 動画時間が11分となっていますが面白さが全て詰まっているので、おすすめです!! ホラゲ「calling」爆音実況プレイ いつもホラー実況をする時は、部屋を暗くして爆音でやっているわいわいですが、今回も爆音で実況しています! 2013年前の実況なので、今とは違った雰囲気でめちゃくちゃツッコミが鋭いわいわいが見られます!(今も充分に鋭いですが) 今までのわいわいに無かった、字幕を多用して編集に凝った動画を投稿しだしたのがこの頃です! わいわいの名言がたくさん生まれたこの実況シリーズですが、もっとも人気な名言はPart5で出たこちら 「パズドラだろ?あいふぉんで」です(笑)この言葉だけ聞いても何のことか意味がわからないと思いますが、ゲームの流れの中でこの発言が出てきた時はめちゃくちゃ笑いました(笑) 当時の生放送でこの言葉が大量に流れていくほどの人気ぶりでした(笑) 他にも面白いシーンがたくさんあるので、おすすめです! まとめ わいわいのホラー実況どうでしたか? あまりにもわいわいが面白すぎて怖さよりも笑いが上回ったのではないのでしょうか。 いつもの冷静なわいわいとは一味違った姿が見られるにで、そんなところも好きになったかと思います! ホラー以外のわいわいおすすめ面白動画、神回集はこちらをご覧ください。

次の

【わいわい】っていうYoutuberがおもしろすぎるって話。あと、おすすめ動画10選!|ウィリスの宇宙交信記

わいわい ゲーム 実況

ゲーム実況者わいわいのwiki風プロフィール!顔や仕事、彼女や個人的な病気?までも徹底紹介! 今回ご紹介するのは 関西弁の男性実況者のわいわいさん。 見た目は某京都の大手ゲーム企業が輩出したモンスターゲームに登場する イシツブテ、中身は ピスタチオ。 また要素以外にも動物をモチーフにした アート性豊かなイラスト、 ギターや歌ってみたなど多彩な才能を発揮するクリエイターでもあるゲーム実況者わいわいさん。 今ではゲーム実況者の中でも有名になったわいわいさんだが、ここまでたどり着くまでに幾度の 挫折や 失敗などを経験しています。 今回は苦労人の関西弁ゲーム実況者わいわいさんをまるっとご紹介! ゲーム実況者わいわいさんのwiki風プロフィール 本名:不明 誕生日: 不明 年齢:33歳(設定上) 血液型:不明 実況デビュー:2009年4月デビュー わいわいさんの顔や仕事は? 現在ではゲーム実況者の間でもマルチな才能を見せるクリエイティブ実況者わいわいさん。 そんな人気者の彼ですが、 どんな顔をしているのか気になりませんか? 声から想像する感じ、 イケメンな感じもしますね。 実はわいわいさんの顔出しですが2016年9月に初めて顔を公開して動画配信をしたのです。 そのきっかけとなったのが下記のツイート はい18時ですがちょとイシツブテが通りますよっと。 — わいわい ABCDYY マスクをつけていますが、これは マスクを取っても普通にイケメンですよね。 動画のコメントでもマスクを外した顔を見てみたいとの要望の声もあるほど。 ゲーム実況者わいわいさんの実況デビューは2009年4月からなので(実はとある理由でその前から実況動画を配信しています、理由については後述)長いこと活動をしているだけに、今まで顔出しをしていなかったので、イメージばかりが先行してしまい、故にハードルが上がってしまいますが、わいわいさんはイメージどおりの クリエイティブ溢れる面影で彼の素顔からも滲み出ていますね。 わいわいさんの歌 わいわいさんはイラストなどの創作活動以外にも 、「歌ってみた」系の動画も投稿していることで有名です。 ギターや多用なメロディーを用いた多重録音でアレンジを最大限に活かしているあたりクオリティが高いのが動画からも伝わってきますでしょうか? またタグ付けも 「実況界からの刺客」と粋なタグがつけられていますね。 それほど音楽面でもわいわいさんの才能が評価されている証拠でもあります。 わいわいさんの彼女について 本名や年齢なども 非公開のわいわいさん。 さすがに彼のプライベートにまつわる情報は出ていませんね。 わいわいさんのTwitterでは、旅行や創作活動の一貫として外出をし おしゃれな写真を撮影してツイートをしていますが、 彼女に対しては言及していません。 よって確かな情報はないので彼女については分からないのが現状です。 しかし、これほどの才能を体現化したわいわいさんですから 彼女もきっといるのではないか?と個人的には思ってしまいます。 わいわいさんの病気とは?大丈夫なのか? ゲーム実況者として大変な人気を集めているわいわいさん。 しかし人気を集めるまでに彼にも 苦難な出来事から活動休止や引退騒動が何度も発展しているのです。 1回目の活動休止は2009年末〜2010年6月の約10ヶ月間。 彼の実況マシン(パソコン)の調子が悪かったりリアルの事情によって 予告されていた復帰時期を過ぎても音沙汰がなく周囲から 引退の2文字が噂されていました。 そして復帰した彼ですが、2011年8月〜9月に資格勉強のため 2回目の活動休止。 当時ゲーム実況者として30万達成と勢いに乗っていたのにも関わらずです。 しかし、復帰した際は、オーディオインターフェースを導入し音質が向上し 実況者として設備面を強化して戻ってきました。 しかし 3回目の休止が訪れてしまいました。 2012年9月から2013年4月に 病気のため活動を休止。 2回目と同様、音沙汰がなく周囲に心配をかけたが無事に復帰と 才能あふれるカリスマ性のゲーム実況者はどこか不安要素が払拭できません。 プライベートや周囲などの外部的な要素がわいわいさんの実況配信に影響を大きく及ぼすあたり不安定なところは感じますが、何度活動休止をしても、 彼を待っているファンが残っているあたり、リスナーから愛されているんだろうなと実感をします。 現在もわいわいさんは元気に活動中です。 今後の彼の多彩な才能をアウトプットした世界を堪能してみてください。 php on line 35.

次の

【わいわいゲーム実況】怒涛のボケ&ツッコミ『Art of Boxing』の全動画を振り返る

わいわい ゲーム 実況

ゲーム実況デビュー日・初投稿動画 ・ゲーム実況デビュー日は、2009年4月22日。 初投稿動画は、。 人物紹介 誕生日・・・3月27日 血液型・・・B型 身長・・・173cm 在住・・・ 趣味・・・猫の頭の匂いを嗅ぐこと、ギター、歌を歌うこと、イラストを描くこと 好きな食べ物・・・とろろ、カツオのたたき、刺身、鍋料理 嫌いな食べ物・・・セロリ、味の薄いおひたし、白い系のソース(シーザードレッシングなど) ・2009年から「」でゲーム実況活動を開始させ、2015年からは「」や「Pico」などでもゲーム実況プレイ動画の投稿を行っている。 ・名前の由来は、ユーザー名を登録する際に偶然「Y」を2回押したことからきている。 ・子供の頃の夢は社会人になることであり、現在の夢は奈良になることである。 ・猫(名前:ミュー)を飼っており、に画像を載せることがある。 ちなみに名前の由来は、「ミュー」と鳴くことからきている。 ・ゲーム実況プレイ動画の他にも、「歌ってみた」や「描いてみた」動画などの投稿も行っている。 「歌ってみた」では 「雰囲気ぶち壊しシリーズ」と称して、自身の声をいくつか重ねてギター共に録音し、自己流のアレンジを加えたり、自身が作詞作曲したオリジナル曲を歌ったりしている。 【ニコニコ動画】 「描いてみた」では、イラストメイキングの様子を実況しているがある。 また、自身が描いたイラストをゲーム実況プレイ動画内に入れたり、に投稿したりしている。 ・デザイン活動も行っており、2014年にネットショップサイトを開設し、自身が制作したを用いて、マグやTシャツ、iPhoneのケースなどを販売している。 ・2016年7月にニコニコチャンネルを開設する。 主な活動内容は、「ゲーム実況」や「歌ってみた」動画などの投稿、「ゲーム」や「雑談」、「ラジオ」などの生配信、ブロマガの更新などである。 スポンサーリンク ゲーム実況の特徴 ・ 主に実況プレイするゲームジャンルは アクションゲームであり、次いで ホラーゲームや である。 ま た、ゲーム実況デビュー当初は「人生オワタの大冒険」や「ア」シリーズなどの 鬼畜ゲームをよく実況プレイしていた。 【ニコニコ動画】 ・ ゲーム実況のプレイスタイルは、喋りが途切れず常にをしており、ゲームの仕様やキャターの発言に対して鋭いツッコミを入れている。 またプレイ面では、探索ややり込み、周回プレイはあまりせず、メインストーリーを重視してプレイするスタイルである。 ・ 編集スキルに定評があり、自身の発言をテロップにしたりBGMやスロー再生などを入れたりしている。 また、動画の冒頭に1人4役によるミトを入れたり、最後におまけとして4コマ劇場を入れたりなど、面白く見ることができる編集が数多く施されている。 ・ ホラーゲームが苦手であり、ホラーゲームの実況では常にビビリながらプレイをしている。 恐怖のあまりゲームの説明文に怒ったり息切れしたり、時には臨場感のあるリアクションを見せている。 ・ 「なりきり実況」というそのゲーム作品の主人公になりきって実況プレイしている動画シリーズもあり、「蚊2~レッツゴーハワイ~」のゲーム実況では「蚊」、「」のゲーム実況では「」になりきって実況プレイを行っている。 ・ 非常に読みが鋭く、「ア」シリーズのゲーム実況では、先の展開を予測して何度も好プレイを見せている。 しかしゲーム実況ということもあり、あえてトラップに引っかかる演出も行っている。 また 精神力や忍耐力も高く、「人生オワタの大冒険」のゲーム実況では、クリアするために約80時間をも費やしており、その中の約25時間をボスの動きの研究に費やしている。 ・ゲーム実況するジャンルや作品は、視聴者のアンケートによって決めることがある。 ・喫煙家であり、ゲーム実況中に吸うこともしばしばある。 ・英語の発音が独特であり、「difficult」を「ディフィクルト」、「impossible」を「インパッセボー」などと言う。 ・ゲーム実況プレイ動画の投稿頻度は 非常に高く、基本的に 1~5日。 投稿時間は 7:00であることが多い。 nicovideo. 度重なる理不尽なトラップに対し、高い回避能力や鋭い読み、トラップを避けるための目安となるマウスカーソルなどを駆使して、攻略のために奮闘している「わいわい」の姿を見ることができる。 また、この動画シリーズが初めて動画編集の意識を持つきっかけとなった作品であり、 今ある十八番編集はこの動画シリーズから生まれたものが多いため、 動画編集にも注目してほしい。 この動画シリーズの動画数は 全16件、動画再生時間は 約5時間であり、サクッと楽しく視聴することができる。

次の