ご理解くださりありがとうございます。 ふたたび志恩さんへ。 ご返答ありがとうございます。拝見しました。トキさん掲示板の有名な古参投稿人で信用できる人は志恩さんだけです。それで、このようにこだわっているのです。

「ご理解」の意味と使い方、類語「ご了承・ご容赦」との違い、敬語、英語表現

ご理解くださりありがとうございます

ビジネスシーンでは非常に重要になってくる敬語ですが、かなり使い慣れないと、なかなか使いこなすのは難しいですよね。 口頭でもメールでも敬語が使えるか否かによって相手の心証はかなり変わります。 今回のテーマである「調整」ですが、敬語の使い方として正しいのは「ご調整くださり、ありがとうございます」でしょうか、それとも「ご調整いただき、ありがとうございます」でしょうか。 「くださり」と「いただき」の違いを理解しよう 「調整」の場合に限らず、「くださり」も「いただき」も敬語でよく出てくる表現ですよね。 そもそもこれらが何を意味するのかを理解するのが先でしょう。 ちなみに、敬語の中にもいくつか種類があるのはご存知ですよね。 尊敬語、謙譲語、そして丁寧語です。 「くださり」は相手を敬う尊敬語なのに対し、「いただき」は自分をへりくだる謙譲語です。 つまり、「ご調整くださり」と「ご調整いただき」はどちらが正しいかわかりますよね。 「ご調整いただき」という敬語の使い方は誤り 正しくは、「ご調整くださり、ありがとうございます」です。 「いただき」は自分の動作に対する謙譲語ですので、「ご」を付けるのは間違いになります。 使うなら「調整いただき」とするのが正しい敬語の使い方となります。 これまで勘違いしていた人は以後気を付けてくださいね。 「ご調整くださり」より「調整いただき」の方が現代向き 「ご調整くださり」も「調整いただき」もどちらも正しい敬語の使い方ですが、 最近は「いただき」の方を使用する方が増えています。 言葉は時代とともに変化していきますから、「調整いただき」の方が現代向きといえます。 単純に「ご調整ありがとうございます」でも立派な敬語 上記では、「ご調整くださり」と「調整いただき」の敬語の使い方について詳しく説明してきましたが、これ以外にも表現の仕方はあります。 それは単純に「ご」を付けるだけで、「ご調整ありがとうございます」とする方法です。 「ご」はそれだけで敬語の役割を果たしますので、それほどかしこまる必要のない場合は「ご調整ありがとうございます」だけでも十分です。 「ご」は相手の行為に対して付ける尊敬語 「お〇〇」や「ご〇〇」の使い方って意外と難しいですよね。 簡単に説明すると、「お・ご」という言葉は相手の行為や所有物に対して尊敬語の働きをします。 相手には「お名前」や「ご家族」などと言いますが、自分に付けるのはおかしいですよね。 そのため、「調整」の場合も調整してくれたのは相手ですので、相手の行為に対して「ご調整ありがとうございます」という敬語が成り立つのです。 「調整」の敬語は「ご調整くださり」か「調整いただき」が正しい使い方 敬語の使い方は社会人になってもなかなか身につかないものです。 特に基礎を理解しないで中途半端に覚えているものをそのまま使っていると、それがクセになってしまっていた入りします。 「調整」の場合は、「ご調整くださり」か「調整いただき」が正しい敬語の表現です。 また、「ご調整ありがとうございます」だけでも十分敬語の役割を果たしていますので、これでもOKですよ。

次の

「教えてくださり」? 「教えていただき」?

ご理解くださりありがとうございます

いつも読んでくださりありがとうございます。 今日はピアノのお話。 DCD(協調性発達運動障害)(又は発達性協調運動障害) を持っているキッドなのですが、 「 あ、ピアノが苦手なんだな」 と私が思う事ができたのは小学生になってから。 それまでは 何で出来ないんだろう、ドレミファソだけなのに? ドはおとうさんゆびを押すだけなのに? とそれはそれは疑問を通りこして怒りが沸くほどでした。 では何故できなかったのか、 理解までに時間をとても要したのか 考えてみました。 鍵盤が白黒だから 当たり前なのですが、ピアノ鍵盤は白黒で、 「 ここがドです」「 ソです」とは元々書いてありません。 シールを貼ったり目印をつけたりしますが、 鍵盤ハーモニカや安価のキーボードまで、かなぁ。 (と言っても本物のピアノには付けないですが) 基本的には頭で覚えます。 指番号と鍵盤が合わない 基本的には ドレミファソに対して 12345、と指番号が割り当てられますが 「指をくぐる」「指越え」をすると ド=1じゃなくなってしまうんです。 しかし「 ド=1」と覚えてしまってる以上 どんな曲でも「 ドは1」なので 癇癪が起きたり混乱したりします。 楽譜が覚えられない 基本暗譜ではなくとも、基礎の 「 ドレミファソラシド」は覚えますが もちろん全部黒色なので ミも ファも ソも全部 同じ位置に見えてしまう。 しかもレッスン後家で練習する時には 全部忘れてしまうもんだから 最初から覚えなおし、なんて事もありました。 思った通りに指が動かない DCD特有のぎこちなさってやつです。 「 次右手でミを3番でひくよ」 もうこれは今思えば、 難題中の難題だったと実感。 こんな難しいことを本人はしていたのですから。 しかし当時は「 できるはず」と思って通わせていました。 (しかし先生はとても優しく半分をしてくれたり、 バランスボールでリズム遊びしてくれました。 ありがたい) 今は全くしていない 今はもう習っていないので ピアノに触れる機会がグンと減りました。 私も何であの時必死に習わせてたのだろう、と少し反省。 学年が上がれば鍵盤ハーモニカやリコーダーもスタートするので、 (コロナが終われば) 少しは出来るようにしてほしいなぁとまた思っています。 しかし指先しか使わないゲームは得意中の得意。 何ででしょうね笑 (当時はこうやって番号を書いた丸シールを 爪に貼り付けて練習していました) 一旦応援の意味もこめてポチお願いします! ninnisantokids.

次の

「教えてくださり」? 「教えていただき」?

ご理解くださりありがとうございます

この記事の目次• ご理解いただきありがとうございます の意味 「ご理解いただきありがとうございます」は「理解してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「理解してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご理解」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 理解 = 理解すること• すると「ご理解いただきありがとうございます」の意味は… 「理解してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご理解いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご理解いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご理解いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「理解」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「理解」に謙譲語「お・ご」で 「ご理解」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご理解いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご理解いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご理解いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、「理解してもらいたい」とお願いしたメールに返信がきたとき。 お礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご理解いただきありがとうございます」はとくに返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 在庫が無くて納期をのばすよう依頼して「OK」との返事をもらったとき。 -ビジネスメール例文- 在庫不足によりご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。 またこのたびの納期遅延に際して ご理解いただき厚くお礼申し上げます。 のようにして使うと丁寧です。 「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」が丁寧 ただ注意点として「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」としたほうが丁寧な印象となります。 お礼のフレーズは「ありがとう」だけじゃなくって本当にたくさんあります。 お詫びをともなう時は「ご了承」「恐縮」などを使うと丁寧 またお詫びシーンでは「ご理解」よりも「ご了承=納得すること」とするほうがベター。 さらに「お礼」よりは「恐れ入ります=申し訳なく思う」「恐縮です=恐れ入ります」というように申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかったほうがよいシーンもあります。 そうすると…以下の例文のほうがよいでしょうね… -ビジネスメール例文- 在庫不足によりご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。 また納期に関しまして ご了承いただき大変恐れ入ります。 ご留意ください。 「ご理解いただき vs ご理解くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご理解いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご理解くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご理解いただく=理解していただく」なのか「ご理解くださる=理解してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご理解いただきありがとうございます」「 ご理解くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご理解 くださいますようお願い致します」 「ご理解 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導 くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご理解」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご理解いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご理解」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 謝罪・依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご理解」 お礼シーンだけじゃない「ご理解」の使い方。 ほかには何かしらの不都合がおきて目上や上司・取引先に「理解してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 具体的にはたとえば、休業の案内メールをするとき。 -ビジネスメール例文- 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたび、店舗リニューアルにともない下記の期間を休業とさせて頂きます。 いろいろな「ご理解」の例文 あとは以下のような例文を使ってもよいでしょう。 例文「ご理解くださいますようお願い申し上げます」 意味は「理解してくれるようお願いします」• 例文「ご理解のほどお願い申し上げます」 意味は「理解してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご理解いただければ幸いです」 意味は「理解してもらえたら嬉しいです」• 例文「ご理解いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「理解してもらいたいと思います」• 例文「ご理解いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「理解してもらえたらと思います」 「ご理解いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするにどれも「理解してね!よろしく」という意味なのです。 ・「賜る(たまわる)」は「もらう」の謙譲語であり「いただく」と同じ ・「存じる」は「思う」の謙譲語 ・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+願望「~たい」 ・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご理解くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご理解くださいますよう お願いいたします」「ご理解くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご理解くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご理解」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「誠に恐縮ではございますがご理解〜」 「大変恐縮ではございますがご理解〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「誠に恐れ入りますがご理解〜」 「大変恐れ入りますがご理解〜」 「たびたび恐れ入りますがご理解〜」• お手数=お手間 「誠にお手数お掛けしますがご理解〜」 「大変お手数ではございますがご理解〜」•

次の