あわび 下 処理。 蒸しあわび(あわびの酒蒸し)のレシピ/作り方:白ごはん.com

蒸しあわび(あわびの酒蒸し)のレシピ/作り方:白ごはん.com

あわび 下 処理

パスタ160g• バイ貝10個• 塩 塩もみ用・パスタを茹でる用 適量• 水400ml• 白ワイン50ml• 玉ねぎ3分の1個• トマト2分の1個• 塩小さじ2分の1杯• 黒胡椒少々• バイ貝を殻ごと塩もみし、ぬめりを取ります。 ふたの部分にキリで穴を開け、唾液腺を取り出します。 バイ貝と水、白ワインを鍋に入れて中火にかけ、煮立ったら火を弱めてアクを取ります。 バイ貝を取り出し殻から外し、一口大に切ります。 玉ねぎとトマトをみじん切りにし、バイ貝とともに鍋に戻します。 別の鍋に湯をわかし、塩を入れてパスタを茹でます。 パスタを湯切りして器に盛り付け、5. のソースをかけたら完成です。

次の

焼いても蒸しても生でも♪アワビのおいしい食べ方や調理法をご紹介!

あわび 下 処理

下ごしらえは何で食べるかによって違います。 刺身は皆さんの言うとおり塩して綺麗に洗うのが理想でしょうけど、陶板焼きや、バター焼きは私は軽くしか洗いません。 理由はあまり綺麗に洗うと、磯の香りがなくなってしまいます。 陶板焼きは特にですね。 刺身は殻からはずしてひだひだの部分は硬いので外します。 で、貝柱みたいなところを薄くスライスして肝醤油で食べれば美味しいです。 ひだひだは、酒と水の同割り(玉酒っていいます)で柔らかくするために大根入れて30分ほど蒸して食べれば、柔らかくて美味しいです。 酒でくさみ取れ大根入れる事で柔らかくなります。 勿論アワビの身ごと蒸しても柔らかくて美味しいです。 ボイルは中に火入るまでやると、かなり小さくなってしまいます。 生きているの触れないのであれば、殻のほうを良く洗ってそのまま蒸して、そのあと外してもいいかも。 肝は緑の部分ですが、全て食べられるわけではありません。 説明しにくいですが、砂が入っている部分があります。 生ではさすがに食べない方がいいでしょう。 食べるなら、玉酒で蒸すか、ボイルしてからですね。 加熱した肝を裏ごして刺身醤油に混ぜれば、肝醤油の出来上がりです。 バター焼きは生きているの触れないのであれば、これも殻のほうを良く洗ってそのまま焼けばよいでしょう。 熱したフライパンにアワビ入れ、白ワイン入れてアルミホイルで素早くフタをして蒸し焼きみたいにするといいでしょう。 その後に塩なり、胡椒なり、醤油なりいれて味付けすれば良いとおもいます。 そして最後あたりにバター入れて完成。 この場合は最後にバター入れたほうが、バターの香りが飛びすぎず良いでしょうね。 家庭ではなかなか難しいかも知れませんが、頑張ってみて下さい。 身の方をたわしでガシガシこすって、ヒダヒダのすきまのゴミをきれいにとります。 以上、下ごしらえ終了。 さわれない人が殻からはずして刺身、引けますか? お魚屋さんに頼んだ方がよいと思います。 でも、水貝(お刺身のこと)って硬いだけのような気がしますが・・・。 踊り焼きがおいしいですよ。 カセットコンロに焼き網を置いて殻のままあわびを置きます。 (殻は下です) バターを一欠のせて点火!(弱火がいいです) アワビがうにょうにょ動き出します。 (ちょっとかわいそう) 動かなくなったら火をとめてステーキ用のナイフで殻から身をはずして、あまり薄くなく切ってお醤油で食べます。 ほんとうは、キモをさきにはずして「キモソース」を作れればよいのですが、素人さんには難しいでしょう。 これを食べたら、刺身なんてかすみますよ。 A ベストアンサー 一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。 両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。 [あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。 [とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。 [とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性がみられますが一般に夏に解禁時期を迎えています。 [とこぶし]の美味しい所は、東京近辺では伊豆下田、火山被害で心配な「三宅島」が有名です。 [あわび]の美味しい所は、エサの海藻が美味しければ[あわび]も旨く北海道北部の昆布産地の[蝦夷あわび]は最高だと思います。 okweb. php3? okweb. php3? the-kaiya. html・・・こんな鮑もあります。 *中華料理では[鮑魚]とかいてある場合、特にアワビとトコブシを区別しないようです。 *[あわび]の大きいものは、殻の長さが約15~25cmにもなり[くろあわび][まだかあわび][めかいあわび]などがあります。 一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。 両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。 [あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。 [とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。 [とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性... A ベストアンサー 私の田舎では茹でる時に塩を入れて茹でます 沸騰したお湯に塩を入れてサザエをいれ 再び沸騰して5分くらいしたらざるにあげ 食べてます 沢山とれすぎると茹で上がったものを さまして冷凍して 次回食べる時には水から入れて 塩も入れます 沸騰してから5分くらいでざるにあげます 生で食べない時は茹でるか 茹でたものを身を取り出して 甘辛く煮て食べたりもしました 刺し身、壷焼きもいいですが 甘辛く煮るのも個人的には大好きです あと、ナスと身を炒めて 酒と醤油で軽く味を付けるとか 酢の物にするとか結構いろんな事をして食べてました 田舎を離れてしまうとなかなか こういう食べ方は出来ませんが チャンスがあったら是非試してみてください A ベストアンサー こんにちは。 ふわっと優しく包んでタッパーなどに、「ふた」部分を下にして、 冷蔵庫の野菜室 温度の高い場所 で保存します。 タッパーの蓋は不要です。 保存場所の温度加減によって、動きが鈍くなる場合もありますが、 生きた状態で上記の方法で保存すれば、2日くらいは生存しますよ。 こちらは、サザエのさばき方です。 ocn. ご参考までに。 ocn. htm A ベストアンサー こんにちは。 さざえも生息地によって砂の入ったものがあります。 若い頃よく潜って、サザエを採りましたが、完全な岩場なら砂はありませんが、砂浜と岩場が交わるようなところだと、結構砂が入っています。 砂出しはしたことはありませんが、私の場合、まず茹でます。 茹ですぎると味が抜けるので、火が通ったなと思うところで、いったん湯から上げ、身を抜きます。 実は、生のまま焼くと、くるると巻いたワタが、貝殻に焼き付いてしまって、一番美味しいところが食べられなくなります。 ですから茹でて一旦身を抜きます。 この時に、砂を噛んだものがあれば、洗って取ってやります。 同時にはかまも外します。 はかま=薄いビラビラしたもの。 これは苦いです。 そうして置いてもう一度殻に戻し、酒と醤油を入れて焼きます。 だいたいこれで、美味しい壺焼きになるのですが、こうしておいても、砂のあるものがあります。 ワタの方ですね。 この場合、身だけ食べて、「育ちの悪いやつに当たってしまった」とあきらめます。 Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...

次の

柔らか煮

あわび 下 処理

スポンサーリンク アワビとてもおいしいですよね~。 なかなか食べられない高級なイメージがありますが、食べる機会があるとそのおいしさに感動する方も多いのではないでしょうか。 アワビ、食べるときはどこで食べることが多いですか? 私は専らお店で食べることが多いのですが、スーパーや魚屋さんを見てみると、アワビが売られていることってありますよね! 他にも、いただきものでたくさんもらったけど、どう食べていいかわからない!一度に食べきれない!という羨ましいお悩みを持っている方もいるかもしれません。 そこで、アワビって冷凍することってできるの? おすすめの 冷凍アワビ肝の激ウマレシピもご紹介します! 冷凍アワビの賞味期限ってあるの?やっぱり腐るもの? そもそも殻付きのアワビの賞味期限は、夏が2,3日、冬が3,4日です。 あっという間に賞味期限になってしまいますね! 冷凍しておいたアワビですと、約3ヶ月持ちますので、賞味期限内に食べきれないとわかった時点で冷凍しておくと安心ですね。 もちろんずっと冷凍していると質が落ちて腐りますので、注意してください。 ではまず、アワビの冷凍保存の方法をご紹介します。 ・まずアワビを殻から取り出し、塩を振ります。 ・手だけでなく、たわしなどでしっかりとぬめりを取りましょう。 ・ヒダと内臓を手ではがします。 ・赤い部分が口です。 そこを包丁で切り落とします。 ・身と肝を水でよく洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。 ・身と肝を分けて、1つずつラップで包みます ・ジップロックに空気を抜いて入れて、冷凍庫に入れます。 殻のまま冷凍したり、殻から取り外してすぐ冷凍するのではなく、 しっかりと下処理をすることが大切です。 ちなみに身と肝に分けて冷凍する理由は、肝の匂いが身に移らないようにするためです。 アワビというと、身だけを食べるイメージがあるかもしれませんが、実は肝もとてもおいしいんですよ。 そして冷凍したアワビを食べる際は、冷凍庫から取り出してラップのまま 流水に5~10分浸します。 指で押せるようになったら解凍完了です。 大事なのは、冷凍したアワビは必ず加熱処理するということです。 生のアワビはとてもおいしいですが、一度冷凍したアワビは加熱してから食べるようにしましょう。 高級品だけど食べたい!冷凍アワビ肝の激ウマレシピ!!! ではここで、アワビの肝を使った激うまレシピをご紹介します! アワビといえば、身のイメージが強いかもしれません。 しかし肝もとてもおいしいですし、一緒に冷凍保存すれば身と一緒に食べることができます! 無駄にしないためにも、この激ウマレシピを試してみて下さいね。 ・肝ソースのアワビ焼き これは私も大好きなメニューで、ポイントは肝をソースにしてアワビ全体を味わえるレシピなんです! ・解凍したアワビの肝を、滑らかになるまで潰します。 スプーンの後ろを使って潰すと簡単にできます。 ・醤油少し、塩、砂糖をひとつまみ程度肝に入れて、混ぜ合わせます。 ・フライパンにオリーブオイルをしいてアワビの身を焼きます。 焼きすぎないことがポイントです。 ・先ほど作った肝ソースを入れて、絡ませます。 これで完成です!! なんといってもこの肝ソース、味が濃厚でおいしいですよ! アワビをまるごとおいしく食べられますし、簡単なのでぜひ試してみてください! 続いてご紹介するのが、 ・肝の煮つけ です。 肝をそのまま煮て食べるので、余った肝を消費したいときにおすすめです。 ・しょうが1かけらを千切りにします。 ・鍋に出汁720cc、醤油適量、酒大さじ1、みりん大さじ1、昆布10gを入れます。 ・煮立ったら肝を入れて、弱火で10分煮ます。 ・しょうがを入れて、30分程度煮ます。 ・火を止めてそのまま冷めるまで置いておきます。 これで完成です!火にかけておくだけで味がしっかりとしみこんで、簡単です。 今回は肝だけを入れましたが、家にある残りの野菜や卵なんかも一緒に入れて煮ると、おいしい煮物ができますよ。 意外とアワビの肝はあまりがちですが、肝の旨味を使ったこのようなレシピがありますので、ぜひ作ってみてくださいね! まとめ アワビは贅沢なイメージがありますが、自宅でも簡単に調理をして食べることができます。 もしいただいたり、買う機会があれば家で召し上がってほしいと思います。 ちなみに冷蔵ではあまり日持ちがしませんが、どうしても生で食べたい場合は そのアワビを生で食べてもいいか、必ず確認してから食べるようにしましょう。 そして買ったりもらったりしてすぐに食べることがポイントです。 少しでも冷蔵庫に入れておくとどんどん質が落ちますし、鮮度が悪くなります。 火を通すのであれば賞味期限だけ気を付けていればいいですが、 生で食べるときは早めに食べる、生で食べても大丈夫かどうかをしっかりと確認してくださいね。 生のアワビもとてもおいしいですよね~。 お刺身にしたら最高です。 ぜひアワビの冷凍技も駆使して、おいしいアワビを食べましょう!.

次の