ドイツ fkk 体験。 大人旅【海外版】/世界の風俗情報・体験記サイト

【ドイツ】FKKランキング(oase FKK,palace FKK)

ドイツ fkk 体験

FKK SHARKに到着して、シャワーを浴びて、身を清めました。 その後は、一度ロッカーに戻り先ほどしまった貴重品、というより財布を持って、FKK の内部へと入ることになります。 そして入ってすぐ右手(2018年10月時点)にあるロッカーへ財布を入れます。 これは嬢への支払いのためです。 嬢との対戦は基本50ユーロからになります。 その支払いはセッションが終わり次第、清算となるのですが、この時ロッカーに財布を置いてあるとわざわざ男性用のロッカーまで嬢と行かねばならず、女性に舌打ちされ・・・るかもしれません。 まあ、嬢からすれば面倒臭いでしょう。 そのため内部ロッカーへ財布を置いておいて、すぐに支払いができるようするわけです。 というわけで財布を持って早速FKK内部へと向かいます。 ちなみに私はFKKに行こうと決めてから、色々と調査をしました。 すると、そこにはFKKを褒めそやす美辞麗句が数多くありました。 それこそ、 男の桃源郷、常識が覆される、男なら死ぬ前に一度は行くべき、風俗の最高峰、日本(やタイなどその他の国)の風俗とは比較もできない、などなど。 しかし、そんな言葉を見ながらも私はどこか半信半疑でした。 そんなものが本当にあるのか?どうせ誇張されているに違いない。 実際に行ってみたらがっかりするに違いない。 しかし・・・扉を開けて中へ入ると目の前に広がっていたのは・・・まさに 海外版PLAY BOYの世界でした。 おおう・・・マジか。 リアルPORN HUB, XVIDEO,FC2で見たような世界がそこにはありました。 本当に金髪美女が全裸でそこここにいます。 そこには嘘偽り一切なし。 ・・・正直舐めてました。 話半分に聞いていました。 驚いた、というレベルではありませんでした。 というより期待していなかった分、余計に衝撃を受けました。 いや、どちらにしても、そんな補正がかかっていなくても十分驚く世界が目の前に広がっていました。 というか、もう驚きを通り越して笑えてきました。 これはすごい。 すごすぎる。 そう立ちすくんでしまいました。 しかし、ここでネットに書かれていたあることを思い出しました。 それはFKKにはFKK初心者狩りがいるということ。 それは今の私のようなFKK素人、FKKの光景を見て驚いているFKKバージンを専門?に狙う輩がいるとのこと。 つまり冷静な判断がつく客には選んでもらえない(それでも美人な部類に入ると思いますが)女性が、客をゲットするために電撃作戦を仕掛けてくるというわけです。 そんな情報を思い出し、全裸で絡んでくる金髪美女の波をかき分けて私は中央カウンターまで進みました。 さて、そんなドイツのフランクフルトの FKKを遊びつくすのにおすすめのホテルは何といっても、 、です。 特筆すべきはその立地。 なんとフランクフルト中央駅から 徒歩1分。 駅の目の前にあります。 そして同じく目の前にはトラムの駅があるため、そこからフランクフルト市内にある FKK MAINHATTANにも簡単に行くことができます。 ホテルの真下にはバーやインド料理店。 また徒歩100m内にレストラン、小さい商店、雑貨屋、怪しい店などなんでもあるので生活にとても便利です。 部屋はシングル、専用トイレ・バスルーム(バスタブあり)、朝食ビュッフェなど十分あファシリティ。 気になるホテル代ですが、時期によりますが大体 50ユーロ~となっています。 さて、そんなドイツでのインターネットの使用方法ですが、まず思い浮かぶのは、ホテルやレストランのWIFIを使うという方法。 これはとくに問題なく使用できます。 しかし、当たり前の話ですが、その場から離れてしまえばインターネットは使えなくなります。 次に、現地でプリベイトSIMを購入するという方法があります。 この方法は現在の海外旅行の主流?で、一番安価で確実にインターネットが使用できます。 しかし、ドイツでこの方法は難しいようです。 というのもプリベイトSIM自体はどこでも売っているようですが、それを有効にするにはかなり面倒くさい手続きが必要で、事実上短期旅行者は使えない制度になっているとのことです。 詳しくはして下さい。 つまりタイやフィリピン、その他の国のように持参した白ロムスマホに現地のプリベイトSIM(SIMの期限、速度、上限などの契約は別途必要)を差し込めば自動的に使えるというわけではないようです。 また、 現地のフリーWIFIを使う、という手もあります。 しかし、ドイツは日本と同じくらい、いやひょっとしたらそれ以上にフリーWIFIスポットが充実していません。 ある限られた場所、空港、駅、観光スポットに(一応)WIFIスポットはありますが、そのほとんどはそもそも速度が遅く、かつ時間制限 (30分~1時間)があり、接続しない時間をイライラして待ち終わる、という感じでまるで使い物になりません。 というわけで、結論としては、安定してドイツ旅行中にインターネットを使用したい場合、 日本からレンタルWIFIを持参する、というのがベターな方法と言えます。 頼る人のいない他国の空の下で常時ネットを使える、という安心感はもはや保険、心の精神安定剤とも言えます。 そういう意味でも日本で レンタルWIFIを契約しておくのをお勧めします。

次の

大人旅【海外版】/世界の風俗情報・体験記サイト

ドイツ fkk 体験

お酒なんて飲んでいようものなら喧嘩になることもしばしば! とりあえずシリーズ とりあえず行っときましょう! 〜ノイシュバンシュタイン城〜 ハイデルブルグ城 ハイデルブルグは古城の街 とりあえずシリーズ゙ とりあえず飲んどきましょう!本当にドイツ人は朝から暇さえあればビール飲んでます。 とりあえずシリーズ とりあえず食っときましょう! コレが本物のフランクフルト ソーセージ SEX先進国ドイツ!!1年のSEX回数も世界トップクラス。 さすがドイツ、ゲルマン魂!!風俗も豪快です。 FKK文化はいたるところに!! FKKビーチ=ヌーディストビーチも結構あります。 ドイツ国内でのストリートガールは意外と簡単に見つかるはずです。 内容としてはできれば車で行くのが一番ですが歩きで行ってホテルで!というのもOKです。 金額は車の中でBLOW JOB お口で!)20ユーロ〜。 宿泊先のホテルで!もしくは女の子の家でプレイする場合は50ユーロ〜というかんじです。 ただ、相場はエッチまでして100ユーロ程度でしょう! ・・・それと、女の子が車で待っていてそこに自分から歩いて行って女の子の車にのせてもらい移動してプレイするというのもあります。 車内灯がピンク色だったり、女の子がやけに派手だったりするので以外に見つけやすいと思います。 金額はこちらもほぼ一緒です。 ただ、どちらにしても事前に直接交渉なので英語が喋れるかどうかを確認してからのほうが何かと後々、都合がいいです。 まず、お店に入ったら適当に飲んでて下さい。 そうするとナイトクラブであればダンサーの女の子から話かけてくる場合が多いです。 その後は交渉で店が終わった後ホテルに来てもらうか、女の子の家に行くか?いくらか等を話合います。 ストリップクラブの場合は高めのお酒(シャンパンやワイン)を注文するとテーブルまで着てプライベートダンスを踊ります。 その時、チップをあげるのが重要です。 チップをあげた後そのダンサーの子にホテルにこないかと誘うわけです。 金額は1時間200ユーロ〜です。 自分も経験したことがないのでリンクだけにさせてもらいます。 すみません。 ドイツ特有の風俗FKK! ただ、そんなことはどうでもいいとして早速、システムをご説明しましょう!まず、FKKは郊外にあることが多いです。 街中にも在ることはあるのですが、是非タクシーを使って郊外のお店に行って下さい。 何故かといいますと郊外にある店舗の場合まるごと一軒の家がFKKになっていますので敷地が広いし施設が充実しています。 そしてFKKについたら、まず入場料60ユーロ前後を払います。 入場料を払うと閉店までいてもOKなところがほとんどで、しかもお風呂・サウナが入り放題、軽食が食べ放題・ドリンク飲み放題というところが多いです。 中には食事とドリンクは有料というところもありますが至ってリーズナブルな金額設定のはず!そして、次はロッカールームに行って、洋服を脱ぎ貴重品を入れバスタオルを腰に巻き、まずは軽くシャワーでも浴びてリビングへ行きましょう!そうするとそこには全裸もしくは下着だけの女の子がいっぱいいるはずです。 その女の子はどの子もエッチ可能な子達です。 後は自分の気に入った女の子を見つけ、そのままリビングでエッチするもよし、プレイルームに移動してエッチするもよしです。 夏になればお庭に行って芝生の上でのプレイも可能です。 要するにお店の敷地内であればどこでしちゃってもいい訳です。 "どんだけ自由なんだ!"ということです。 エッチが終わったら、その都度ロッカールームに戻り女の子に50ユーロを渡します。 後は体力の続く限り、お金の続く限り。 性欲が満たされるまでエッチを楽しんでください。 こんな美女が施設の中を下着、もしくは全裸でうろうろしてます。 郊外の1軒屋、もしくはお城みたいなことが多いです。 ロッカールームに貴重品等を入れて・・ 夏はお庭でするのもOKです。 圧巻です!! プレイベットルーム リビングラウンジ 綺麗なプールだって付いてます。 マッサージも受けられます 軽食&ドリンクもとれます。 大体、軽食は無料のところが多いです。 ドリンクは無料だったり有料だったり・・・・・ バーカウンター サウナ&ジェットバスはほとんどの施設で完備してます。 com.

次の

ドイツ・ミュンヘンのFKK・Sunshineでの遊び方

ドイツ fkk 体験

タグ 18サウナ css FKK GA technologies html Javascript PRESI Renosy webディレクター webデザイナー webデザイン おやつ アクセス解析 アパート アパート経営 アルギニン アンプルール ウェット エンジニア カリカリドライ キャットフード クラチャイダム クラチャイダムゴールド グライバル ゴリラクリニック サウナ サプリメント シェアハウス シトルリンDX スキンケア ソーシャルアパートメント チントレ ドイツ ナイトライフ ニキビ バリテイン フリーランス フルーツ青汁 ブラビオン プロキオン プログラミング プログラミングスクール プロパティエージェント ベルテックス ペニブースト ペプチア マカ マカオ マンション投資 ランキング ランドネット リオスパ ワンルーム ワンルームマンション 亜鉛 副業 即効性 受験勉強 在宅 増大サプリ 増大系アプリ 増大系サプリ 増大系プリ 大学受験 子猫 年収 投薬補助 栄養補助 民泊 治験 治験サイト 治験バイト 独学 猫 短小 筑波大学 精力サプリ 精力剤 美容法 美肌 美顔器 自己資金 芸能人 融資 転職 青汁 香港 目次• ドイツのFKKとは 早速ですがドイツのFKKとは、日本にはない形態で宿泊可能な夜の施設です。 ドイツFKKは、マカオのサウナに行ったことがある人であれば馴染みがあると思いますが、本当にあんな感じです。 違いといえば、金髪美女がメイン、外でもプレイ可能、といったところでしょうか?お客さんもドイツなので欧州の方が多いですね。 外国語が出来るに越したことはないですが、まあ最悪できなくても遊ぶことはできます。 この動画をご覧ください。 夢にまで見た世界がドイツのFKKにはあるのです。 さあ、お金を稼いでドイツFKKに旅たちましょう。 ちなみに似たような施設はマカオにもあり、で紹介しています。 金髪美女を抱ける ドイツのFKKの最大の特徴は先ほどの動画にもあるように、ほぼ在籍している女の子が金髪美女であることが特徴でしょう。 日本だとなかなか金髪美女に出会うことはありませんが、ドイツFKKではむしろ金髪美女しかいません。 あんな金髪美女に誘惑される世界がドイツFKKです。 こんな世界なかなかありませんよね。 ちなみに金髪美女たちは、欧米人を普段は相手にしているのでサイズ感は重要です。 宿泊可能 またドイツFKKは宿泊可能です。 なので、ドイツに訪問した際は絶対に訪れるべきホテル代わりの施設なのです。 宿泊だけならそこまでお金もかからず、入場料だけで50ユーロなので7000円もあれば十分です。 この辺りの金額はマカオのサウナと同じですね。 またマカオのサウナと同様に、ドイツFKKも食べ放題になっています。 欧州らしい豪快な肉料理を食べ放題で、金髪美女も食べ放題です。 年に1回はドイツFKKに訪問して英気を養いたいですね。 ドイツFKKは裸体主義先進国 世界を見てもドイツFKKはかなり稀な施設です。 合法ですし、基本的にそこらへんに裸体の女性がウロウロしています。 これの理由としては、ドイツは裸体主義でしてヌーディストビーチとかもあるんですが、裸体主義というところが大きな理由です。 FKKという意味自体も、原点回帰というドイツ語なんですが、裸体主義に原点回帰しようという意味合いが受け取れます。 他には、マカオのサウナなどもありますが、裸体ではないですしウロウロもしていません。 こういった体験ができるのは、裸体主義である先進国ドイツならではです。 男であれば、人生で1回は裸体主義であるドイツFKKを経験してみましょう。 ドイツのFKKで出来るプレイ そんなドイツFKKでは、日本ではなかなかできないプレイを堪能することも可能です。 そもそも、FKKとは、ドイツ語で確か人間本来に戻る、という意味です。 人間は本来は服を着ず、青空の下でヤッていたということですね。 そのため、青空の下で豪快に遊ぶことも可能で、そういうプレイ専用のマットも庭にあるようです。 また、女の子によってはどこまで出来るかは変わりますが、前だけでなく後ろでも遊ぶことも可能なようです。 こんな動画に出てくるレベルの金髪美女を後ろの方で突けるなんて想像しただけで、鼻血が出てきそうです。 ドイツのFKKでの遊び方 ドイツのFKKに初めて行く場合は、どう遊ぶのか不安に思うと思います。 マカオのサウナも同じですが、ドイツFKKも出来れば現地の言語が出来るに越したことはありません。 例えばドイツ語はできなくても英語が出来れば価格交渉だとかプレイの交渉だとか、人間としての会話が出来るのでプレイの面白さに拍車がかかります。 とはいえ、できなくても何も問題はありません。 ドイツのFKKも、会話ができずともやることといえばヤることなのでまあそこまで不安に思う必要はありませんね。 むしろ、大勢の男女がいる中で(もちろん最中では、部屋に入ります)、ちゃんと息子が立派になるかどうかの方が重要かもしれません。 ドイツのFKKにいる美人たち ドイツのFKKでは金髪美女が目白押しと言いましたが、具体的にどんな女の子が多いかというと、多くは出稼ぎの外国人でドイツ人は少ないようです。 もっとも多いのは、ルーマニアで過半数以上です。 いわゆる東欧美女です。 東欧美女は超美人が多いのでおすすめです。 あとは、周辺のハンガリーとかたまにイタリアやスペインのラテン系もいます。 ドイツ人の場合は、期間限定で働いている女子大生のようです。 まあ国籍を気にする必要がないほど、金髪美女のクオリティが揃っているので安心して下さい。 量的な話をいうと平均的なドイツFKKの施設で、だいたい30〜50人ほどですね。 ドイツにはFKKが各地にありますが、やはり都市部のフランクフルトがおすすめですね。 ドイツのFKKの料金相場 ドイツのFKKの料金相場を次は見ていきましょう。 日本からドイツに行くだけでも、かなり資金が必要なのでプレイ代金も気にしないとたくさん遊べませんからね。 では、見ていきましょう。 入場料 基本的に入場料は、安いところで20ユーロ、平均は50ユーロ、高いところで70ユーロ程度です。 なので、高くても8000円といったところです。 この料金で、宿泊サービス、食べ放題、フリードリンクがつきます。 プレイ料金 加えて遊ぶとなると、30分で50ユーロが相場です。 なのでそこまで長くはないですが、まあ普通に遊んでいろいろな金髪美女を抱く場合はむしろ好都合ですね。 注意点は、女の子によってかなりサービスレベルが変わるということです。 基本的には、口と本番になりますが、キスをしたくないという女の子がドイツFKKには多いようです。 文化の問題でしょうか?そのため、どこまで出来るのかというのは都度コミュニケーションを通して把握すべきです。 仲良くなれたら、向こうも人間なのでサービスがよくなるかもしれません。 特殊プレイの場合の料金 またドイツFKKでは、特殊というかオプションみたいなものがあります。 これもメニューがあるわけではなく女の子1人1人で変わります。 例えばキスするなら追加いくらとか、後ろの穴でしたいないくらとかそういう感じです。 あとは、お気に入りの女の子が見つかったら1000ユーロで1日中ずっと遊べるとかもできますね。 お金があればぜひやりたいものです。 だって、日本と比較したら圧倒的に安いですもの。 ドイツのFKKのおすすめの時期 そんなこんなでドイツのFKKを遊び尽くすコツも、あと少しです。 実はドイツFKKにも遊びやすいベストなシーズンというものがあります。 マカオのサウナでいう3月らへんですね。 ドイツの場合は、また地理的な問題でシーズンが変わります。 ドイツのFKKの場合は、外でも遊べることから暖かい時期に行くことを推奨します。 なので、5月から9月がおすすめです。 とはいえ、この時期は結構混む時期でもあるのでチケット代との相談でもいいかもしれません。 ドイツのFKKは、1年中営業していますが、シーズンによって女の子の質と量が大きく変動はしないのでまあいつでもいいかもしれません。 ドイツのFKKは合法 また、ドイツのFKKは大丈夫なの?危なくないの?というリスク面が気になると思いますが、結論安全です!というのも、ドイツのFKKは合法なのです。 合法なので、突然警察がやってきて取り押さえられるなんてこともありません。 安心して遊ぶことが可能です。 また日本と異なりドイツの法律によって、口でする場合もゴムが必要なので病気リスクも低いです。 プレイごとにシャワーで清潔にしていることもありますしね。 ドイツFKKオススメランキング では最後にドイツFKKのオススメランキングを紹介します。 オススメランキングといっても筆者のお気に入りに近いのであえて順位は書いていません。 どれもオススメです。 しかし、メリットとデメリットがあるので、どれを選ぶかであなたなりのドイツFKKランキングに昇華させてぜひドイツFKK巡りの参考にするといいでしょう。 Mainhattan 1つ目のドイツFKKのオススメは、Mainhattanです。 フランクフルト中央駅からすぐにアクセスできる場所的なメリットと、女の子の顔面偏差値が比較的高いのがMainhattanというドイツFKKのメリットだと思いますね。 また庭もあるにはあるが、都心部にある分だけ面積は小さいのがデメリットかなと思いますね。 初めてのドイツFKKではまずは、入り口としてMainhattanに通って顔面レベルの高い女の子と遊んでテンションをまずはあげるという戦法もオススメできますね。 Sharks 次のオススメのドイツFKKは、Sharksです。 筆者的にはSharksという店舗名もドイツFKKぽくって好きですね。 SharksというドイツFKKは、フランクフルト郊外のダルムシュタットにあります。 なのでちょっと遠いかもしれません。 しかしその分、敷地が大きいので庭も開放的ですね。 フランクフルトからアクセス自体はしやすいので、ちょうどいい感じです。 またドイツの現地の男性にも大人気なので、その分だけ女の子も数が多いです。 まあ、男性客も多いという裏返しですがね。 週末には100人超えないくらい女の子が揃うのでその眺めも壮観です。 デメリットとしては、人がうじゃうじゃいて若干バカンス感覚がないかもしれません。 ただ、お祭り騒ぎ感覚にはなれます。 FKK World 最後は店舗名にもFKKの名がつく、FKK Worldです。 FKK Worldは、フランクフルト郊外のギーセンというエリアにあります。 初めて行くとマカオでいうリオスパのような感じで、とても豪華な施設にテンションがバクあがりします。 初めてのドイツFKK遊びでは、最後にいくのをオススメしますね。 テンションが上がって終われるので、良い旅だったなとなると思います。 フランクフルト中央駅から、1時間ほどかかるものの、静かなエリアで楽しめますし、女の子が他のFKKよりもサービスレベルが高めなのでしっかりと満足できる可能性も高いです。 ドイツのFKKは最高! ということで最後ですが、ドイツのFKKは最高です!まさに男天国です。 20万円もあればチケット代と遊び代で2泊3日くらいは遊べると思います。 その代わりに、観光はできないですけどね。 ちなみに、ドイツFKKを最大限に楽しむには精力剤を事前に仕込んでおくと現地でバッチリと息子が大活躍してくれます。 筆者も絶対に仕込んでからドイツFKKに望んでいます。 最大限に楽しむための精力剤などは、で解説しています。 ということでドイツのFKKのレポートでした。 今年は3月くらいに行きたいなー。

次の