海外 fx a book 業者。 ボーナスでおすすめの海外FX業者No.1は?ボーナス比較徹底検証

Myfx Markets(マイFXマーケッツ)はNDD業者とは?A

海外 fx a book 業者

・ディーラー不在の取引 NDD方式は、ディーラーを介さない注文方式です。 海外FX業者のほとんどがNDD方式です。 DD方式は、顧客とカバー先の間にFX業者のディーラーが入ります。 国内FX業者の多くはDD方式です。 ・注文がカバー先に直行 DD方式の場合、顧客の注文を全てカバー先に流しているわけではありません。 一旦自社で注文を溜め、一定量の注文が溜まるまでカバーしない場合や顧客同士の注文をぶつけて相殺させることもあります。 DD方式の場合、顧客とカバー先の間にFX業者のディーラーが入ります。 一方NDD方式はディーラーを介さない方式ですので、顧客の注文は自動的にカバーされます。 複数のカバー先の提示レートの中から最良のレートで注文が執行されます。 ・FX会社は手数料で利益を得る NDD方式では、業者と顧客は利益相反関係にはありません。 FX業者はインターバンクなどカバー先のレートに自社の手数料分のスプレッドを上乗せして配信し手数料で利益を得ます。 ・NDDを採用している国内業者 国内のFX業者は、基本的にDD方式を採用しています。 そのためにNDD方式が主流の海外FX業者が人気なのです。 ただ、国内でもNDDを採用している業者が少しだけあります。 ・ヒロセ通商(LION FX) ・GMOクリック証券 くりっく365 ・サクソバンク証券(アクティブトレーダーコース) ・セントラル短資FX(ウルトラFX) などです。 国内のFX業者ランキングなどを見ると、上記の業者をオススメしているサイトが多く目立つのはこのためです。 ここで言う透明性とは、ディーラーなどが介在し顧客に不利な注文執行をされていないか、などです。 一方NDD方式では、顧客とカバー先の間にディーラーは介在せず自動的に注文がカバー先に流されるので取引の透明性が確保されています。 ・FX会社の呑み行為がない NDD方式の場合は、透明性が確保されているので、呑み行為がありません。 しかしDD方式の場合、カバーするかしないかはFX業者の判断に委ねられます。 利益相反関係のFXブローカーを「OTC業者」、カバーしないで顧客の注文を呑む方式「OTC方式」と呼び、DD方式の中にOTC方式が含まれています。 OTC方式では顧客と業者が利益相反関係になるのでスキャルピングは嫌われます。 スキャルピングが何故嫌われるのかというのを簡単に説明します。 仮に同じタイミングで100枚の買い注文と100枚の売り注文があったとします。 通常100枚の買いと100枚の売りに対して、それぞれカバー取引を行うべきですが、両方の注文をぶつければカバーを行う必要はありません。 両方の注文をぶつけて相殺させた場合、カバー先に注文を流しませんので本来は提示しているスプレッドからカバー先のスプレッドを引いた分がFX業者の利益ですが、この場合FX業者は顧客が支払うスプレッドを丸々儲けることが出来ます。 このような理由からOTC方式のFX業者では、スキャルピングや利益を上げるトレーダーは嫌われます。 一方NDD方式では、FX業者は手数料収入で利益を得ますので呑み行為は行いません。 そのため顧客と業者は利益相反関係にはありませんので、 スキャルピングを歓迎しているNDD業者は多くあります。 ・STP口座とは STPとはストレート・スルー・プロセッシングの略です。 STP方式では顧客の注文は、銀行やリクイディティプロバイダーなどのカバー先に流します。 STP方式の約定力はFX業者のカバー先に依存しますので、 STP口座を利用する場合はカバー先の多さやカバー先の流動性を考慮する必要があります。 ・ECN口座とは ECNとは、エレクトリック・コミュニケーションズ・ネットワークの略です。 日本語に訳すと電子取引所取引です。 ECN方式は、株の板情報をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。 ECN方式では、 市場参加者の注文が板情報として確認出来ますので非常に透明性が高いと言えます。 市場参加者が注文を出し合いマッチングした場合に注文が成立する注文執行方式です。 この市場参加者には、銀行・リクイディティプロバイダー・FXトレーダーなどが含まれます。 ECN方式の場合、FXブローカーに支払う取引手数料は外付けタイプが多いです。 どのようにしてECN方式の板情報を見るかですが、MT4業者の場合は板情報が見る専用のプラグインを配布している業者がありますのでそちらを導入することで板情報が確認出来ます。 MT5の取引システムでは板情報が確認出来ますし、Ctraderの取引システムも板情報を確認することが可能です。 取引の方式としてまず、NDD方式とDD方式に分類され、さらにNDD方式がECN方式とSTP方式に分類されます。 これまでの説明を読むとNDD方式の場合、顧客と業者が利益相反関係にはありません。 しかしながら、実際はNDD方式でも出金トラブルになる場合があります。 実際に私もNDD方式を謳っているFX業者で、出金トラブルになったことがあります。 これは何故かと言うとNDD方式を謳っていても、実際にはNDD方式でない業者が存在するからです。 NDD方式を謳っていても、DD方式で中にはOTC方式(呑み行為)のFXブローカーが存在するからです。 ではどのようにして、本当にNDD方式を採用しているかを見分けるかをご説明します。 サーバーは非常に高額なので、OTC方式(呑み行為)を行って儲けようとするFXブローカーがわざわざ借りる可能性は低いです。 こうした、FXトレーダーの利益となるようなサーバーなどに設備投資する業者というのは信頼度が上がります。 情報が開示されない場合は、実際にはカバーしないで呑み行為を行っている可能性が高くなります。 ブリッジとは、FX業者がリクイディティプロバイダーに注文を出す際の仲介業者のようなものです。 メジャーなのはPrimeXM社というブリッジブローカーです。 海外FXをされている人なら名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。 リクイディティプロバイダーやブリッジの情報を問い合わせても答えてくれない業者は、何か公表出来ない理由がある可能性が高いです。 見分ける目安は大きく分けてトレーダーの利益となるような設備に投資しているか、情報開示に積極的であるかの2点です。 上記の2点は、本当にNDD方式を採用しているか?、名ばかりのNDD方式なのか?、を見極める目安となります。 またこの方法は詐欺業者を見分けるのにも役立ちますので、海外FXで取引される際は参考にしてみて下さい。 詐欺業者を見分けるには上記の方法に加えて、金融ライセンスをキチンと取得しているか信託保全があるか出金拒否の情報がないかを加えて判断して下さい。 国内FX業者でトレードしていると、注文執行方式などあまり知ることのない知識ですがつい先日も国内FX業者で大きな枚数で取引しているトレーダーの口座や、スキャルピングを疑われるFX口座が大量に凍結される騒ぎがありました。 システムによる自動検知だったようで、ネットで騒ぎとなり顧客が問い合わせた結果、一部凍結が解除されたFX口座もあったようです。 国内FX業者のほとんどはOTC方式(呑み行為)ですので、顧客と業者は利益相反関係にあります。 FX取引で稼げるようになると、どうしてもこのような問題が出てきます。 国内FX業者で口座凍結を回避するには、スキャルピングなどから取引方法を変えるしかありません。 また2017年2月27日より、国内FX業者では法人口座のレバレッジが引き下げられます。 ですからFX取引で稼げるようになると、どうしても海外FXを検討せざるを得ない状況が出てきます。 そして海外FXを利用する際は、NDD方式の意味を知った上で、自分がECN口座とSTP口座のどちらが向いているのかをしっかり理解してから取引を開始してください。

次の

海外FXは無登録業者だから違法で危険? 金融庁の警告は?

海外 fx a book 業者

目 次• a-bookとは? a-bookとは、顧客の注文がすべてインターバンク市場(LPなど)に流される取引方法のことを言います。 海外FX a-bookのメリット・デメリット 投資家が注文を出したら、海外FX業者はインターバンク市場に注文を流すだけで、基本的な収入形態は注文を提示するときの手数料になります。 手数料だけで収入をとっているため、ノミ行為などの悪質な操作をされる危険性もなく、非常に透明性の高いところがメリットと言えます。 そんなa-bookは、投資家が買ったとしても負けたとしても、海外FX業者の収入には影響がないような仕組みになってなっています。 つまり、投資家との利益相反がないので、大口(上級者)の投資家も集まりやすくなっています。 デメリットとしては、スプレッドが広かったり、ボーナスがない場合があったり、レバレッジが低め(それでも200倍など)に設定されていることです。 他には手数料が高い場合や、約定拒否が起こるかもしれない場合もデメリットとになるでしょう。 a-bookをおすすめするトレーダー 以上のa-bookのメリット・デメリットを踏まえると、 トレードコストが高く、なおかつ約定拒否やスリッページなどがあっても利益が出せると自信のある海外FX上級者にはa-book(Aブック)を採用している海外FX業者がおすすめです。 トレードコストが高くなったとしてもその分利益が出せ、レート操作などが起こる余地がないa-bookを採用している海外FX業者の方が安心してトレードできるからです。 b-bookとは? 一方の b-bookとは、顧客の注文をFX業者が一旦持ち、FX業者が取引を行います。 投資家が負けるとFX業者の利益になり、投資家が勝つとFX業者の損失になってしまうため、利益相反と言われています。 海外FX b-bookのメリット・デメリット 実際にインターバンク市場に流さずに取引することになるので、利益が大きくなることや、スプレッドを狭くできます。 ボーナスや高いレバレッジを提供しやすい環境もあります。 また、スリッページが発生しないなどもメリットです。 しかし、優秀な投資家が多くなると海外FX業者の損失が拡大するので、勝てば勝つほど海外FX業者には歓迎されませんので、利益相反が起こる点がデメリット・注意点と言えます。 b-bookをおすすめするトレーダー 以上のb-bookのメリット・デメリットを踏まえると、 海外FXの初心者、中級者、小口投資家であれば、単純にトレードコストの安いB-book(Bブック)の海外FX業者がおすすめです。 稼ぎやすいのはB-bookを採用している海外FX業者だからです。 その一方で、利益相反ということで、利益を出す投資家はよく思われないということです。 どの海外FX業者がA-book?B-book? どの海外FX業者がa-bookなのか、また、b-bookなのかというと、結論はどの海外FX業者もa-book、b-bookを併用している場合が多いのです。 つまり、どの海外FX業者もa-bookとb-bookをうまく組み合わせることでメリットとデメリットを活用しています。 例えば、「a-book」は、• 「初心者(初回)トレーダー」は「b-book」(初心者向け、トレーダーが負けると利益になるから)• 「ボーナス対象の口座」は「b-book」(ボーナスを提供できるから)• 「狭いスプレッド口座」は「b-book」(スプレッドを狭くできるから)• 「高いレバレッジのある口座」は「b-book」(最大レバレッジが高いから) このように、口座やボーナス、投資成績、証拠金額などを海外FX業者側の人達が総合的に判断して「a-book」「b-book」のどちらかを切り分けています。 どのように切り分けているのかは、その海外FX業者の一部の人にしかわからないため、知りようがありません。 また、その運用ルールも常に見直されており、更新される続けているそうですので、なおさらトレーダー側にはわからないということが言えます。 つまり、 外部から自分が「a-book」なのか「b-book」なのかはわからないのです。 そのため、利用したいと考えている海外FX業者がA-bookであるのか、B-bookであるのかを見分けることには大きな意味はありません。 どの業者もどちらも併用しているということが実情です。 それでも知りたいという人は、実際に使ってみながら「透明性」「約定力」「スプレッド」「スリッページ」等で総合的に判断していく方法しかないのです。 しかし、どちらを採用されているにせよ、自分では見極めるのは難しいでしょう。 ですので、そこに力を入れる時間を、トレード分析に当てるほうが懸命だと言えます。 B-bookよりもA-bookのほうが良いのでは? 「B-bookの海外FX業者にとっては儲けるトレーダーは歓迎できないから、故意的に出金拒否したり、レート操作をされたりするのでは?」 という疑問を持つ人もいるかと思いますが、それは違います。 現状では、上記でも説明した通り、「A-book」「B-book」を併用している海外FX業者がほとんどの状況ですので、仮に儲けるトレーダーはB-bookからA-bookにすればお互いにとって良いトレード環境を提供し続けることができます。 このようにトレード成績等で、途中から「A-book」から「B-Book」へと変更されることもあるため、一概に儲けるトレーダーだからといって不利な状況でトレードをさせられ続けることにはならないのです。 では、国内FXと海外FXではどうなのか? 日本の国内FX業者の場合は、基本的に「b-book」です。 上級者トレーダーにはカバー取引などでリスクヘッジしています。 海外FX業者の場合は、「a-book」「b-book」を併用しています。 「a-book」「b-book」の切り分けルールは海外FX業者ごとに違いやルールがあります。 国内FXではスプレッドが原則固定であるなど、海外FXよりも「b-book」が強いということがわかります。 「b-book」が強い国内FXよりも、「a-book」「b-book」を併用している海外FXがおすすめ 海外FXは「a-book」と「b-book」を併用しているため、トレーダーにとっても海外FX業者にとってもメリットのほうが多いと言えるでしょう。 それでも海外FX業者の方が得をしているのでは、と思う方は「国内FXよりはまし」だと考えると良いかもしれません。 海外FXをやる上ではどんなにリスクヘッジを行ってもリスクはついてまわるので、国内FXの「b-book」だけよりかは、両方を併用して、その人にあったトレード環境を与えてくれる海外FXがおすすめです。

次の

FXで利益を上げるならA

海外 fx a book 業者

本ページの記載事項一覧• 【忖度・フィルターなし】海外FX業者おすすめランキングTOP11 実際に運用歴がある海外FX業者の中から、 忖度なし・バイアスなしで本当に自信を持っておすすめできる海外FX業者をランキング形式で紹介する。 1位:TitanFX:本格トレード派におすすめのハイスペック業者(管理人のメイン口座) 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 500倍 追証なし 1. 全ての口座タイプで業界最高水準のスプレッド• タイムラグが起きないリクォートなしの屈強な約定力• 透明性の高いNDD方式採用、取引制限なし• 日本語サポートが優秀。 日本語チャットで質問できる• 最大レバレッジ500倍、追証なし• 国内銀行入金、ビットコイン入金対応• 口座開設時に身分証提出の必要なし TitanFXは特に下記トレーダーにおすすめ• 本格トレード派。 ボーナスキャンペーンよりもスペック重視• 口座開設後、即時トレードしたい 管理人から見たTitanFX 派手なボーナスキャンペーン等はないが、スプレッド・約定スピード・取引の透明性・運営のサポート体制、 どれをとっても高水準で非常に満足している。 しかし、不利なスリッページだけ起きるということはない。 NDDのため、有利なスリッページも当然起きる。 スキャルピング規制やEAトレードの縛りもないため、どんな取引方式でも安心して取引できるのも大きな利点だ。 本格派トレーダーにおすすめの海外FX業者と言える。 2位:XM XM Trading :安全性・人気ともにNo. 1の海外FX業者 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 888倍 追証なし 2. 海外FX業者最大手。 日本人トレーダー口座開設数No. 1ブローカー• 入金なしで3,000円分のリアルマネー取引ができる• 海外FX初心者でもスムーズに取引できる• 最大レバレッジ888倍、追証なし• 最低入金額500円~、最低取引枚数100通貨~• 入出金手数料無料 XMは特に下記トレーダーにおすすめ• とりあえず海外FXってどんなものか使ってみたい• 海外FXトレードに不安を感じている海外FX初心者• 少ない取引枚数で海外FXトレードがしたい• 最大レバレッジ888倍でダイナミックトレードがしたい 管理人から見たXM XMは 日本人トレーダーの口座開設数ダントツNo. 1の超有名海外FXブローカーだ。 どの海外FXトレーダーも一度はXMを使ったことがある、というくらい知名度は高い。 入金なしで3000円分の取引ができるので、『海外FXってどんなものなの?』と心配な方もリスクなしで海外FXトレードを始められる。 プラットフォームや取引ツールは、完全日本語対応しており、海外FX初心者でもとても扱いやすい。 英語が全く読めなくても大丈夫 これから海外FXを始めようという方はとりあえずXMを口座開設して使ってみることをおすすめする。 3位:GEMFOREX:ド派手なボーナスとEA使い放題が魅力 口座 レバレッジ ドル円 スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 1000倍 2. 20,000円の口座開設ボーナス付与• 200種類以上のEAを使い放題 GEMFOREXは特に下記トレーダーにおすすめ• ノーリスクで海外FXのハイレバトレードを体験したい• 一発狙いのデイトレーダー• 定期的なボーナスキャンペーンを開催してほしい 管理人から見たGEMFOREX GEMFOREXは以前から口座スペックは優秀だったものの、ライセンス無登録の業者ということで著しく信頼性が欠けていた。 しかし 2019年についにニュージーランドライセンスを取得。 また世界的なプロボクサーであるマニー・パッキャオ氏のスポンサーを務めるなど、一気に信頼性を向上させた。 今ではシンプルに豪華なボーナスと高いハイレバレッジが魅力の業者となっている。 今なら 未入金で20,000円分のボーナスを最大レバレッジ1000倍で取引できる。 オールインワン口座 またボーナス対象外だが、 極限にスプレッドが狭いノースプレッド口座も用意されているので、スキャルピングトレーダーもGEMFOREXの利用を検討する価値はある。 全通貨バランス良くスプレッドが狭い• スキャルピング特化型のcTrader対応• 運営方針がクリーン。 情報開示性が高い• NDD方式採用で取引の透明性が高い• 最大レバレッジ500倍、追証なし• 国内銀行送金対応• ダイナーズ、アメックスからも入金できる AXIORYは特に下記トレーダーにおすすめ• ハイレバレッジを効かせたスキャルピングがメイン• ダイナーズ、アメックスカードで入金したい• クリーンな運営をしている業者で取引したい 管理人から見たAXIORY AXIORYは非常にバランスが整った海外FX業者だと言える。 スキャルピング特化型プラットフォーム cTraderに対応しており、 高水準のスプレッド ドル円0. 9pips・ユーロドル0. 8pips で短期売買ができる。 リクイディティプロバイダー情報・ティックデータ・NDD保証・約定率を開示するなど運営の透明性が非常に高い。 公式ホームページやマイページもわかりやすく、 初心者でも安心してトレードできる業者だ。 運営歴20年。 最も老舗の海外FX業者• 数々の伝説トレーダーを生み出している• 固定スプレッド制採用• 数千万円の出金報告多数• 口座開設は1分。 すぐに始めれる• 入金はクレカか海外銀行送金のみ iFOREXは特に下記トレーダーにおすすめ• アグレッシブに海外FXトレードをしたい• 数万円から一攫千金を狙いたい• 指標トレードがしたい 管理人から見たiFOREX iFOREXは、海外FXブローカーとしては最も老舗の部類に入る。 数千万円の出金報告が多数あり、1000万越え・億越えなど多くの伝説トレーダーを生み出している。 ロスカット ゼロカット ギリギリまでポジションを持つことができるため、 非常にアグレッシブな海外FXトレードが可能。 ただしiFOREXでは入金手段がクレジットカードか海外銀行送金しか選べないため、クレジットカードを持っていない人は要注意だ。 9pipsの低スプレッドを両立 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 500倍 追証なし 0. 8pips 固定スプ 1,000通貨 〇 LAND-FXの特徴• ボーナス提供業者なのにスプレッドが狭い• レバレッジ500倍で追証なし LAND-FXは特に下記トレーダーにおすすめ• 豪華な入金ボーナスでお得に海外FXトレードをしたい• ボーナスもほしいけど、スプレッドも狭い方が良い 管理人から見たLAND-FX LAND-FXは豪華なボーナス提供を行っていながらも、スプレッドもしっかり狭い ドル円0. 8pips,ユーロドル0. 8pips という珍しいブローカーだ。 期間限定の上限50万円の入金ボーナスはとにかくお得なので、ボーナス分だけでも取引することをおすすめする。 口座開設する際は必ず LPボーナス口座を選択しよう。 通常のライブ口座だと、ボーナスの反映がされないので要注意だ。 7位:is6com:信頼性は未知だが、超絶豪華なボーナスで人気沸騰中 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 1000倍 1. 6pips 1000通貨 〇 is6comの特徴• 日本語サポート万全• ライセンス未所持の完全無登録業者 is6comは特に下記トレーダーにおすすめ• とりあえず口座開設ボーナスだけで遊んでみたい• なくなっても良いお金でアクティブなトレードを楽しみたい• ボーナスの充実度は海外FX業者の中でもトップクラス。 しかし 完全無登録業者で、利用するなら資金の持ち逃げや出金拒否の可能性も織り込まなければならない。 今のところis6comが出金拒否をしたという報告はないが、今後はどうなるかわからないのが正直なところだ。 くれぐれも口座開設は自己責任でお願いしたい。 7pips 1000通貨 〇 HotForexの特徴• 取引スタイルに合わせて3タイプの口座から選択できる• キャッシュバックを利用して取引コストを抑えつつ取引したい• 口コミ評価の高い信頼できる海外FX業者を使いたい 管理人から見たHotForex HotForexは 世界的FX口コミサイト「」で世界中のトレーダーからすこぶる評価の高い業者だ。 XMを意識しているのかかなり似通っている部分があり、総じてスペックが高い。 特にボーナスの豪華さは海外FX最高峰。 かなりおいしいボーナスなので、これだけでも十分に口座開設する価値のある業者だ。 9位:FBS:資金効率No. 1の最大レバレッジ3000倍 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 3000倍 0. 海外FX業者の中でも群を抜くレバレッジ3000倍• まずは無料で業者の使い心地を試したい 管理人から見たFBS FBSは2016年より日本人向けプロモーションを開始したブローカーだ。 10位:Tradeview:超低スプレッドで海外FX中上級者におすすめ 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 200倍 追証なし 0. とにかくスプレッドが狭い。 海外FXブローカーダントツ1位の狭さ• スキャルピング特化型のcTrader対応• サクサク約定。 約定スピードはかなりのハイレベル• NDD方式採用で透明性あり• わかりづらい• 初回最低入金額10万円~、最低取引枚数1万通貨~• 国内銀行送金非対応 Tradeviewは特に下記トレーダーにおすすめ• スキャルピングトレードがメイン• とにかく狭いスプレッドの海外FX業者で取引したい• 海外FX上級者で、よりハイスペックなブローカーを探している• クレジットカードや決済サービスで入金できる 管理人から見たTradeview Tradeviewはスペック的に海外FX中級者~上級者向けだ。 ある程度海外FXトレードに慣れており、よりハイスペックなブローカーを探している人にはうってつけだろう。 特に スプレッドの狭さはダントツ。 平均スプレッドで、ドル円0. 60pips・ユーロドル0. 6pips・ユーロ円0. 8pipsで、 国内FX業者に劣らない水準だ。 また、国内銀行入金に未対応のため、海外銀行送金ができる方か、クレジットカードを持っている方、もしくは決済サービス Bitcoin,Unionpay,OKPAY,ecoPAYS ユーザーに限られてしまうのも注意が必要だ。 11位:Tickmill:日本人向け対応は未熟だが、勢いのある低スプレッド新興ブローカー 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 500倍 0. 口座開設ボーナス3,000円• 親会社がFCAライセンス取得で信頼性が高い• プロ口座のドル円平均スプレッドが0. 6pipsと激狭 Tickmillは特に下記トレーダーにおすすめ• まずは少額の口座開設ボーナスで小ロットで取引してみたい• スプレッドと約定力にこだわるスキャルピングトレーダー• 取引制限なしでEAをぶん回したい 管理人から見たTickmill Tickmillは知る人ぞ知る優良海外FX業者。 どちらかというと ある程度海外FXに慣れてきた中上級者のスキャルピングトレーダー向けの業者だろう。 他業者からの乗り換えを検討しているなら、まず口座開設ボーナス3,000円を利用した取引でリアルタイムスプレッドや約定力を確かめてみてほしい。 3つの条件別・目的別でおすすめ海外FX業者を整理してみた 初心者向け。 安全で信頼性が高い海外FX業者を選びたい 海外FX業者を利用する上で、とにかく信頼性や安全性が不安な人は以下の4つのポイントを必ず確認しよう。 少なくとも1つ金融ライセンスを保有している• 最低4年以上FX事業者として運営している• 追証なしのゼロカットシステムを採用している• 世界的なFX掲示板サイト()でSCAM認定されていない 管理人は基本的にこの4つを満たしていない海外FX業者とは付き合っていない。 でも紹介しているが、 安全性で選ぶなら特にiFOREXとXMがおすすめだ。 iFOREX:最も信頼性が高い老舗ブローカー 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 400倍 追証なし 2. 高額出金の実績も多く、最も信頼できる海外FX業者と言える。 結論からいうと、海外FX取引は 違法でもなければ、業者選びさえ間違えなかれば危険性もない。 ボーナスキャンペーンが豪華な海外FX業者を選びたい 以下が今回紹介した海外FX業者のボーナス対応一覧だ。 期間限定と銘打たれているのものの、ほぼ常設で新規トレーダーに2万円配っている。 他にも口座を開設しておけば、不定期の入金ボーナスキャンペーンにも参加可能。 ボーナス目当ての人は口座開設しておいて間違いない海外FX業者だ。 ボーナス最新情報: 完全NDD方式でスプレッドが狭いスキャルピング向けの海外FX業者を選びたい 短期売買・スキャルピング向けの海外FX業者を探しているなら、• NDD方式採用でスキャルピング取引の制限なし• 全通貨ペアで平均してスプレッドが狭い 上記2つの特徴を兼ね備えた海外FX業者を選ぼう。 NDD方式は国内FXのDD(OTC、ノミ取引)方式とは異なり、トレーダーの注文はそのままインターバンクやカバー先の金融機関に流れる。 非常に透明性が高く、トレーダーと利益相反が起こらない。 トレーダーが取引すればするほど業者も潤うことになるので、いくらスキャルピングで稼いでもレート操作や利益没収されることはない。 (参考:) また短期売買では取引コストがかさむので、言うまでもなくスプレッドにはこだわるべきだ。 「」でも比較しているが、TitanFXとAxioryはNDD方式採用の海外FX業者の中でもスプレッドが狭い部類に入る。 関連記事: TitanFX:管理人のハイレバスキャルピングメイン口座 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 500倍 追証なし 1. TitanFXのブレード口座 ECN の平均スプレッドは• ドル円 0. 33pips• ユーロドル0. 20pips• ユーロ円 0. 74pis• ポンドドル0. 57pips と、業界TOPクラスの低スプレッドを誇る。 約定力も非常に優秀で、サクサク利幅を抜いていけるのも強み。 関連記事: Axiory:裁量スキャと相性抜群のcTraderが利用できる 口座 レバレッジ ドル円 平均スプレッド 最低取引枚数 日本語サポート 500倍 追証なし 0. ドル円0. 50pips• ユーロドル0. 30pips• ユーロ円0. 80pips とスプレッド水準は優秀。 またAxioryの強みは 裁量スキャルピングと相性抜群なcTraderプラットフォームに対応していること。 直感的で分かりやすいインターフェイス、ワンクリック注文が標準搭載されているだけでなく分割決済も可能。 MT4よりも使い勝手が良いというトレーダーが急増中の話題の取引ツールである。 (参考:) 関連記事: 海外FX歴10年の管理人が直伝するFX海外口座選びのコツ 大前提として出金拒否・詐欺業者は避ける 管理人が海外FX業者を選ぶ時に一番重要視しているのは「ちゃんと出金させてくれるかどうか」。 いくらボーナスが豪華でスプレッドが狭い海外FX業者で数億円の利益を上げたとしても、 出金できなければ何も意味がない。 もっと言うと入金額すら出金させてくれない業者なんて、論外だ。 管理人は10年間様々な海外FX業者を見てきたが、スペックやキャンペーンが優秀な業者は要注意。 魅力的なスペックやキャンペーンで顧客の口座開設を促す• このページで紹介した海外FX業者は実際に管理人が使ってみて、• 実際に管理人が100万円以上出金できた• 悪質な出金拒否の報告が一度もない の2つを満たしているので、安心して利用できる。 ボーナス特化業者かスプレッド特化業者かを選ぶ FX海外口座は大きく分けて以下の2パターンに分かれる。 スプレッドが狭くないが、ボーナスが豪華なFX海外口座• ボーナスがないが、スプレッドが狭いFX海外口座 スプレッドを狭くするのも、顧客にボーナスを付与するのも、業者自体の利益を削る行為。 低スプレッドとボーナスを両立しようとすると業者の利益が極端に削られてしまうので、どうしても難しいのだ。 「ボーナスが豪華でスプレッドも狭い海外FX業者を利用したい」と思う方もいるだろうが、二兎追うことはできないので、2択を迫られることになる。 あなたが 本当に重視するのは「低スプレッド」「ボーナス」のどちらかを今一度見つめ直して、業者選びの軸にしよう。 8pipsの低スプレッド」を両立しているので、口座開設するなら今がチャンスだ。 関連記事: 複数業者・口座を利用して用途に応じて使い分ける 「1つの業者・口座でしか取引しない」というのは愚の骨頂。 上述したように、スプレッドが狭くてボーナスも豪華、強制ロスカット水準も低い「完全無欠の海外FX業者」なんて存在しない。 だからこそ口座スペックにそぐわない取引をしてしまうと、結果的に損をしてしまう。 たとえばドル円スプレッドが平均2. 0pipsの業者でスキャルピング取引したてしまった場合。 1ヵ月で100回取引したとすると、スプレッドが平均1. 0pipsの業者で取引した場合と比べて、 約100pips分も損してしまう。 平均エントリー取引量が、1lotだったとすると100pipsは約10万円相当。 取引に利用する業者を間違えただけで10万円も損してしまうなんて目も当てられないだろう。 当ページを参考に複数業者・口座の運用も視野に入れていただければ幸いだ。 以上が「おすすめの海外FX業者が知りたい」という人に向けた、管理人の全身全霊を込めたメッセージだ。 「 まだどこで口座開設しようか迷っている…」という人は、下記の基準でTitanFXもしくはXMで口座開設をしておけば間違いない。 国内FXでスキャルピング経験アリ。 安全性重視。 当ページを読んだ1人でも多くのトレーダーが、後悔・失敗しないFX海外口座を選ぶことができればこの上ない。

次の