富山 第 一 高校 サッカー。 富山第一高校サッカー部のメンバー2019

インハイ準V・富山第一が大激戦制す…PK戦で立正大淞南下し、神村学園との2回戦へ

富山 第 一 高校 サッカー

概要 [ ] 富山県で最大の私立高校であり、通学範囲は富山県内のほぼ全域に及ぶ。 男子サッカー部はの常連校で、全国でも有数の強豪校である。 毎年イングランドへ遠征を行っており、ユース等と交流試合を行い強化を図っている。 ので、を擁して富山県史上初のベスト4に入り、の芝を踏んだ。 翌年度のもベスト4に入り、北陸勢初の2年連続国立進出の快挙を果たした。 、決勝で石川県のを破り初優勝した。 のではベスト8に進出。 のでは準優勝した。 元のをはじめ、多くのJリーガーを輩出している。 も男女とも強豪で、にしばしばアベック出場を果たしている。 も県内の強豪ではありながら甲子園に出場することができない時期が続いたが、(2013年)に春夏通じて初めての甲子園出場を決め、ベスト8に進出した。 (2016年)は3年ぶりに出場となり、初戦を突破した。 (2018年)は2年ぶりに決勝進出をし、準優勝した。 その他、、も全国大会出場の経歴がある。 また進学にも力を入れており、特別進学コースでは国公立大学や難関私立大学に進学する生徒もいる。 沿革 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2010年10月) 年表 [ ]• (昭和34年)• - 学校法人金沢高等学校富山第一高等学校の設置認可、理事長・初代校長に河合陽徳就任• - において開校式及び入学式挙行• - 木造校舎第1期工事完成、新校舎に移転• (昭和37年)• - 第2代校長長久繁松就任• - 学校法人富山第一高等学校として独立法人となる• (昭和38年) - 4号館完成(1,498)• (昭和39年)• - 10号館完成(330m 2)• - 第一体育館完成• (昭和41年) - 錬成館(剣道場)完成(330m 2)• (昭和43年) - 5号館完成(2,135m 2)• (昭和44年)8月31日 - 6号館完成(1,597m 2)• (昭和45年)7月31日 - 3号館完成(1,050m 2)• (昭和47年) - 2号館完成(1,315m 2)• (昭和48年)• 2月28日 - 講堂完成(2,013m 2)• - 第3代校長塚田長夫就任• (昭和49年) - 研修センター(8号館)完成(666m 2)• (昭和50年) - 1号館完成(1,245m 2)• (昭和53年)• - 創立20周年記念式典挙行(富山市公会堂)• - 総合グラウンド完成• (昭和58年) - 第4代校長長真田正則就任• (昭和59年) - 総合体育館完成(3,585m 2)• (昭和61年) - 7号館完成(1,290m 2)• (昭和62年)• - セミナーハウス(9号館)完成(518m 2)• - 9号館前日本庭園造成• (平成元年)• - 第2グラウンド拡張整備(10,936m 2)• - 創立30周年記念式典挙行(本校)• - 第1回ハワイ研修実施• (平成2年) - ワイアケア高校と姉妹校の調印• (平成3年)• - 第5代校長青塚与市就任• - 野球雨天練習場完成(450m 2)• (平成4年) - 第1回研修実施• (平成5年) - 一高体育館完成(1,494m 2)• (平成6年)9月1日 - 第6代校長福田貞實就任• (平成7年)4月1日 - 第7代校長長野上正毅就任• (平成8年)3月31日 - 図書館・学習センター完成(995m 2)、家庭科棟完成(984m 2)• (平成9年)2月28日 - インターネットホームページ開設• (平成11年)3月31日 - 新5号館完成• (平成12年)3月31日 - 新4号館完成、創立40周年記念誌刊行• (平成13年)• 3月31日 - 新6号館完成• 4月1日 - 第8代校長宮崎昭雄就任• 4月30日 - 中庭造成工事完成• (平成14年)9月30日 - 校内LAN完成、運用開始する• (平成15年)4月7日 - ワープロ室を第2情報処理室に改修• (平成16年)• 3月31日 - 第3情報処理室完成• 4月30日 - 硬式テニスコート(5面)完成(4347m 2)• (平成17年)• 3月31日 - 第1情報実習室実習機器43台更新• 4月25日 - 吹奏楽部練習場完成竣工式(549. 6m 2)、北側自転車置き場改修(138. 6m 2)• 5月27日 - 第2代理事長河合敦夫就任• 9月16日 - 第2グラウンドを人工芝に改修(12240m 2)• (平成19年)4月1日 - 第9代校長就任• 2018年(平成30年)4月1日 - 第10代校長中川恒夫就任• 2019年(令和元年)創立60周年記念 新3号館建設中 学科 [ ]• 普通科• 特別進学コース• 総合コース• 美術コース• S特進コース 2019年度から開設 著名な出身者 [ ] スポーツ [ ] サッカー [ ]• (1982年度卒) - 富山第一高校サッカー部監督 富山第一高校出身のサッカー選手 選手名 生 卒 出身 Pos 進路 主な所属 現在の所属 1975 1993 GK 現役引退 1977 1995 富山県 FW 現役引退 1978 1996 富山県 DF 現役引退 1981 1999 富山県 FW 1982 2000 富山県富山市 FW 現役引退 1984 2002 富山県高岡市 GK 現役引退 1984 2002 富山県高岡市 FW 1989 2007 富山県射水市 FW 1986 2004 富山県富山市 MF 現役引退 1991 2009 富山県 MF U-23 1992 2010 富山県富山市 FW 1996 2014 FW 1995 2013 富山県富山市 FW 1999 2017 神奈川県川崎市 FW プロ野球 [ ]• - 育成枠 競輪 [ ]• - 競輪選手40期生 格闘技 [ ]• (卒)- プロボクサー、所属• (卒)- プロレスラー、代表取締役社長• (卒)- ラグビー [ ]• - 所属。 バスケットボール [ ]• - 文化・芸能 [ ]• - 元男役• - 元宝塚歌劇団主演娘役• -元 宝塚歌劇団娘役• - 交通 [ ]• から徒歩約10 - 15分。 脚注 [ ] [].

次の

富山第一高等学校 サッカー部活動記録 2020:富山第一高校サッカー部2020:富山第一高校サッカー部プリンス:富山第一高校サッカー部2020活動記録【公式】

富山 第 一 高校 サッカー

柳沢敦さんの母校として有名ですよね。 インターハイ2019では準優勝。 今大会の優勝候補の一角となるのではないでしょうか。 という事で高校サッカー選手権2019-20の・・・ 「富山第一高校とは?」 「富山第一高校サッカー部のデータ」 「富山第一高校サッカー部の登録メンバー」 「出身中学(出身クラブ)」 「注目選手」 などをまとめてみました。 Ads by Google 目次• 富山第一高校とは? 富山第一高等学校(とやまだいいちこうとうがっこう)とは、富山県富山市向新庄町に所在する私立高等学校。 「富一(とみいち)」や、「富山一高(いちこう)」と呼ばれる事も。 設置者は学校法人富山第一高等学校。 創立1959年の男女共学校。 全国高等学校サッカー選手権大会の常連校として有名で、サッカー部は強豪です。 また、バレーボール部、硬式野球部、柔道部、ラグビー部なども有名。 主な卒業生 幸山一大 — 福岡ソフトバンクホークス育成枠 伊藤公人 — 競輪選手40期生 嶋田雄大 — プロボクサー、ヨネクラボクシングジム所属 村上和成 — プロレスラー、ビッグマウス・ラウド代表取締役社長 小路晃 — 総合格闘家 森山雄 — ラグビー、サントリーサンゴリアス所属 馬場雄大 — バスケットボール日本代表 天風いぶき — 元宝塚歌劇団宙組男役 夢咲ねね — 元宝塚歌劇団星組主演娘役 夢羽美友 -元 宝塚歌劇団月組娘役 山内マリコ — 小説家 松本岳 — 俳優 観月あこ — ファッションモデル つかさ学 — 演歌歌手 富山第一高校サッカー部のデータ 創部 昭和35年 監督 大塚 一朗さん 主将 吉藤 廉くん(3年生) 選手権出場歴 5大会連続30度目 選手権での過去最高成績 優勝 主なOB 荒谷弘樹 柳沢敦 小田切道治 石黒智久 西野泰正 山本剛 中島裕希 高橋駿太 明堂和也 森泰次郎 中田大貴 西村拓真 大塚翔 坪井清志郎 など! ------- 今回が5大会連続30度目となる全国大会常連校。 2013年の選手権大会では初優勝を成し遂げている、全国屈指の強豪でもあります。 2019年インターハイは準優勝。 とにかく攻撃力が武器のチーム! ゴールを量産できる力があります。 そして守備も堅く、優勝を狙える力あり。 あとは大塚一朗監督がかなり優秀な指揮官で、戦術も対戦相手によって多彩でしっかりしている印象。 富山第一高校サッカー部の登録メンバーと出身中学(クラブ) それでは、「高校サッカー選手権2019-20(第98回全国高等学校サッカー選手権大会)」での、富山第一高校サッカー部の登録メンバーを確認してみましょう。 超攻撃的アンカーで、決定力抜群! 攻守ともに欠かせない存在であり、インターハイ2019準優勝の立役者です。 まとめ 「高校サッカー選手権2019-20(第98回全国高等学校サッカー選手権大会)」の出場校である、富山県代表・富山第一高校サッカー部のメンバーなどについてご紹介させて頂きました。 今回が5大会連続30度目となる全国大会常連校。 2013年の選手権大会では初優勝を成し遂げている、全国屈指の強豪でもあります。 2019年インターハイは準優勝。 とにかく攻撃力が武器のチーム! ゴールを量産できる力があります。 そして守備も堅く、優勝候補の一角となりそうですね。 高木俊希くんは必見です! ぜひご注目下さい。

次の

富山第一高校出身.OBのJリーガー・プロサッカー選手一覧

富山 第 一 高校 サッカー

大塚一朗(おおつか いちろう) 生年月日:1964年11月3日 指導歴:1990年~2002年 アローズ北陸(コーチ) 2005年~2006年 アルビレックス新潟シンガポール 2008年~2011年 富山第一高校(コーチ) 2012年~ 富山第一高校 富山第一高校から法政大学に進学し、卒業後は古河電工に入社。 当時の古河電工には元日本代表監督の 岡田武史さんや、東洋のコンピューターの異名を持つ 奥寺康彦さんがいました。 現役生活は2年と短かったものの…引退後は古河電工と提携関係にあった ウェストハム・ユナイテッドに渡英。 指導者への一歩を踏み出し、 イングランドの指導者ライセンスを取得しています。 2004年には UEFA公認A級ライセンスを取得。 日本のS級に相当し、 日本国内では2人目の快挙だそうですね。 日本のS級ライセンス相当ということで…Jクラブの指揮を取ることも可能なハズ。 2008年に母校の富山第一のコーチに就任し、2 012年より監督に就任しています。 2013年度には同校初となる 全国制覇を達成しました。 多彩な戦術を使い分けることが最大の特徴で、選手や対戦相手に合わせて柔軟にシステムや戦術を変えるのが特徴。 近年は攻撃的5バックという…言葉だけを見ると不思議な気がするシステムですね。 富山第一の注目選手を紹介! 富山第一高校で特に活躍が期待される注目選手を 2名紹介します! それは 高木俊希選手と、 吉藤廉選手です。 高木俊希 昨年度の冬の選手権でも 2年生ながらメンバー入りし、今年度はボランチの位置で攻撃を組み立てる存在です。 中盤の底でゲームメイクをするだけでなく、最前線まで顔を出しFWのような役割を果たすことも。 技術が高く ドリブルが持ち味の選手ですね。 2列目の選手ながら 得点力にも優れ、富山第一の攻撃の中心となる存在。 昨年度の県大会では、苦しい試合をものにし全国への切符を掴むゴールを挙げたように、 ここぞという時に点を取れる選手です。 吉藤廉 チームの ディフェンスリーダー。 今年度は 主将も務めています。 球際の強さに定評のある選手です。 対人に強く、 ヘディングの強さも魅力ですね。 そして飛び道具として、 ロングスローも持っている選手です。

次の