非課税世帯。 【税理士・FP監修】住民税非課税世帯とは?年収の条件や給付制度をわかりやすく説明

今年の住民税が免除?非課税世帯になったの?

非課税世帯

わたしたちは、給与や年金などの収入の中で、所得税、住民税、健康保険料、介護保険料などを負担しています。 この「 4つの国民としての負担は」国や市町村に払っていますが、結構大きな金額になっています。 詳しいことは分かりませんが、国・行政は「困窮している個人、家族」などには社会保障としてきめ細かく支援してくれてます セフティネット)。 でも、ほとんどそれについての知識もありません。 何かの原因で、「生活が困窮したらどうなるのか」心配になりました。 そこで、ほんのさわり位の知識の整理になってしまうとは思いますが、今回調べてみました。 すなわち社会保障の一種である。 日本では近年、格差社会が問題となり、生活や雇用に不安を抱える国民が急増していることもあって、単にセーフティネットという場合は生活や雇用に対するセーフティネットのことを指す例が多いが、セーフティネットという言葉は国民生活に係る事象のみに適合する言葉ではない。 最近、「住民税非課税世帯」や「生活保護」などの言葉を頻繁に耳にするようになってきました。 私たちにとって身近な「住民税」ですが、しくみや計算方法がどうなっているのかよく分からない、という人も多いのではないでしょうか。 今回はその中で、「 住民税が非課税となる世帯」には、さまざまな優遇制度があることを調べてみました。 住民税非課税世帯」とはどういう基準で定められているのか、わたしも詳しくありませんので、わかりやすく整理、説明されていた「マネリー」さんのサイトを紹介、転載をさせていただきました。 以下はマネリーさんの転載です。 (出典)マネリー 『マネリーは、未来への投資を提案・サポートするというミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどをお届けする情報メディアです。 この記事では、住民税が非課税になるのはどんな人なのか、また住民税が非課税の世帯にはどんな優遇措置があるのか、分かりやすく解説します。 』 <住民税非課税世帯とは> 住民税には、市町村民税(東京都23区は特別区民税)と都道府県民税があり、この2つを合わせて「住民税」といいます。 そして、この住民税には、所得金額をもとに計算される 「所得割」と、一定の所得を超えた人が一律に納める 「均等割」とがありますが、所得や家族の状況などにより、住民税が課税されない非課税の制度があります。 会社員を例に、どのような人が所得割・均等割ともに課税されない非課税世帯になるのかみていきましょう。 [ 住民税非課税世帯の対象 ] 1. 生活保護による生活扶助を受けている人 2. 障害者、未成年者と、寡婦または寡夫で、前 年中の合計所得金額が125万円以下(給与収入の金額が204万4千円未満)の人 3. あるいは、夫婦と子ども2人の世帯で、妻と子2人が夫の扶養、夫の給与収入が255万7000円以下の場合も、住民税が非課税です。 ただし、住んでいる地域によって非課税の限度額が引き下げられることがあります。 詳しくは、お住まいの自治体で確認する必要があります。 [ さまざまな優遇措置 ] 「住民税非課税世帯」となることで、医療や介護などの制度において優遇措置を受けられるものがありますので、どんなものがあるのか見ていきましょう。 〇国民健康保険料の軽減措置 国民健康保険の加入者の合計所得の金額に応じて、2割から7割の保険料の減額措置が受けられます。 申請の方法や期限などは、住んでいる自治体によって異なるため、詳しくは各自治体に確認しましょう。 〇介護保険料の軽減措置 40歳に達するとすべての人が支払う介護保険料ですが、少ない収入で負担が大きくならないよう、住んでいる自治体によって、世帯の人数や収入などに応じて低い保険料が設定されています。 〇高額療養費制度の自己負担の上限額 医療費の自己負担額が高額になったとき、同じ月の中で、一定の金額を超えた分が返ってくる、高額療養費制度。 この自己負担の上限額が住民税非課税世帯の場合は、そうでない世帯に比べて低く設定されています。 〇その他 上記以外にも、自治体によって、特定検診や予防接種などの自己負担が免除になる自治体もあるため、住民税非課税世帯に該当する場合は、住んでいる自治体にどんなものがあるのか確認すると良いでしょう。 次に、「生活保護制度」について調べてみます。 <生活保護制度> 生活保護の関係は高島春人さんの以下のサイトを紹介・転載させていただきました。 銀行では営業として、顧客の資産運用や住宅ローンの融資などを担当。 実際にお客様の話を聞いていると、お金の使い方や工面に悩んでいる人が多くいることに気づきました。 12年間でファイナンシャルプランナー 2級や中小企業診断士など、様々な資格を取得。 銀行の仕事だけにとらわれず、新しい試みをしたいと思い、 2018年に当サイトを立ち上げました。 お金に困っている人の役に立てれば、幸いです。 』 厚生労働省の調査によると 平成 30年 10月末時点での生活保護受給者は 209万人にのぼっており、日本人口の約 50人に 1人は生活保護を受給していることがわかっています。 生活保護には申請条件がありますので、申し込めば誰でも受給できるわけではありません。 では、生活保護を受給するためにはどのような条件をクリアすれば良いのでしょうか。 災害にあったときの修繕費や入院費用などが必要になったときは、毎月の生活保護費とは別に基準額以内で支援を受けることができます。 また状況によっては、生活保護費が加算されますので以下を参考にしてください。 [ 生活保護費 ] ・ 妊娠が確認された翌月から支給される妊婦加算 ・ 出産後、最長 6ヶ月間もらえる産婦加算 ・ ひとり親の場合に支給される母子加算(父子家庭も可) ・ 児童がいる世帯向けの児童養育加算 ・ 障害者手帳 1 〜 3 級に該当する人への障害者加算 ・ 冬季にかかる灯油代などに使える冬季加算 [ 生活保護受給の 4つの条件 ] 生活保護は基本的に、 4つの条件を満たしていないと受給できません。 世帯単位で支援をするため、家族がいる人は全員が以下の条件を満たしている必要があります。 すべての資産を売却して、それでも生活費が確保できない場合は受給できます。 アパートに住んでいる人は自分の家ではないので資産扱いされず、生活保護を受けることができます。 働いていなくても十分な年金をもらっている高齢者は、収入があるとみなされ受給 でません。 それらの制度を利用した後でも、生活が困窮している人が生活保護を受けられます。 生活保護は、最終手段です。 一度、他に使える制度がないか調べてみましょう。 ・頼れる身内のいない人が、生活保護の対象です。 以上の条件をすべて満たしたうえで本人の収入と厚生労働省の定める最低生活費を比べ、収入が最低生活費を下回っていた場合に限り生活保護を受けることができます。 [ 生活保護受給者の制限事項 ] 生活保護を受けることで、制限される点をあげてみました。 ・ 車や装飾品などの贅沢品を持てなくなる ・ 持ち家を売却したら、引っ越さなければいけない ・ ローンやクレジットカードを利用できない ・ 飲酒や喫煙、ギャンブルが制限される  自治体によっては条件が厳しく受給できないこともある 支援をしてもらうには、それなりの代償があることを覚えておいてください。 [ 注意] ・本当は働けるのに嘘をついて、不正受給をすることは許されません。 ・生活保護費で散財しているところを、近所の人がケースワーカーに報告することもあります。 ・ 不正がバレると今までの保護費を全額返し、場合によっては罰金を科せられるので注意してください。 より正確な金額を知りたい人は、自分が住んでいる地域の福祉事務所へいくと教えてくれます。 ~あとがき~ 会社員を卒業して年金をもらう年代となりました。 ぜいたくをしなければなんとか食べていける、生活ができるレベルです。 世の中には、高級なホテル、高級なレストラン・割烹など TVで紹介されるのをみますとなかなか高値の花でめったに行けそうにもありません。 でも、たまにはちょっと贅沢もできるレベルの生活をしたいものですね。 実は、最近僅かずつですが、値上げなど生活のための出費が多くなってきているような気がします。 本当に生活ができないようになったらどうなってしまうのだろうと心配になってきましたので今回調べてみた次第です。

次の

住民税非課税世帯の年収はいくら?住民税が非課税になる条件【動画でわかりやすく解説】 [税金] All About

非課税世帯

総務省が給付対象を発表 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の柱に位置付けられる「現金30万円」の給付金。 総務省は、先ほど対象となる世帯を発表した。 詳しくみてみよう。 カギとなる「住民税非課税水準」は全国一律に この給付金では、対象世帯かどうかを決める計算に「住民税が非課税になる収入水準」が使われることになっていた。 ところが、この水準はそれぞれの自治体で異なることから、わかりにくいとの指摘があり、ひとつの基準にそろえる方向で検討が行われていた。 発表された統一基準ではこうなる。 職業に関係なく、世帯主の月収が、例えば、単身世帯の場合は10万円、夫・専業主婦世帯だと15万円、夫・専業主婦と子ども1人の3人世帯だと20万円、子どもが2人いれば25万円だ。 扶養親族が1人増えるごとに5万円加算される。 (下図は例) そして、次の条件のどちらかにあてはまることが必要になる。 1)ひとつは、世帯主の収入が「住民税非課税水準」にまで減少した場合だ。 2月から6月のいずれかの月の収入が減り、水準以下に落ち込めば、対象になる。 夫婦と子どもの3人世帯だと、「非課税水準」は月収20万円。 2月から6月まででひと月でも、月収が、去年と比べ減り、かつ、20万円以下に落ち込めば対象になる方向だ。 2)もうひとつは、収入が半分以下に減り、「非課税水準」の2倍以下に落ち込んだ場合だ。 いずれかの月の収入が、去年の月収から半減し、40万円以下になれば、対象になる方向だ。 政府は、財源の裏付けとなる補正予算を、今月中に成立させたい考えで、できるだけ早期の給付を目指している。 申請先は各市区町村で、収入状況を示す書類などを提出することになる。 受給は1世帯あたり1回までだ。 郵送を基本としつつ、オンライン申請もOKになる。 やむを得ず、窓口で申請受付を行う場合は、受付窓口の分散や消毒液の配置など感染防止策の徹底を図るとされているが、大勢の人が相談や問い合わせのため、自治体窓口にやってくる場面も想定される。 感染リスクを避けつつ、迅速な給付につなげられるかが問われることになる。 【関連記事:】 【執筆:フジテレビ解説委員 サーティファイド ファイナンシャル プランナー 智田裕一】 【表紙デザイン+図解イラスト:さいとうひさし】.

次の

所得税がかからない非課税所得や非課税世帯についてわかりやすく解説!

非課税世帯

住民税非課税世帯の認定には住民税の確定申告が必要 確定申告書は、納める税金が発生しなければ申告不要です。 しかし、 住民税非課税世帯の所得金額は確定申告書の内容で判断します。 そのため、 住民税の確定申告書を提出しないと、住民税非課税世帯と認められませんので、住民税の申告書の手続きは必要です。 なお、税務署は地方自治体に申告のデータを送りますので、 税務署に確定申告書を提出した場合には住民税の申告手続きをあらためて行う必要はありません。 【所得の種類】 1 事業所得 2 不動産所得 3 利子所得 4 給与所得 5 配当所得 6 譲渡所得(金地金、株式、不動産の売買) 7 一時所得(馬券の利益) 8 雑所得(年金、仮想通貨の売買) 9 山林所得 10 退職所得 確定申告では、年間の所得を合計して申告する必要がありますが、上場株式の配当金など、 源泉分離課税制度(先に税金を納めている)の所得は、申告不要です。 そのため、 配当金の収入が100万円、1,000万円あっても、合計所得金額に加算しないで確定申告が可能です。 ただし、 還付申告をするために配当所得の申告をすると、源泉分離課税の金額も合計所得金額に含まれます。 また、不動産売却の特例(3,000万円控除)や株式の繰越控除(株の売却損を翌年に繰り越して翌年の売却益から向上する)を適用する場合には、 合計所得の金額は特例控除前の金額で判断します。 所得基準額は自治体に確認する 住民税非課税世帯の所得基準は、住んでいる自治体や扶養している家族の人数によって異なりますので、 正確な所得基準額はお住まいの自治体に確認しましょう。 また、住民税非課税以外にも、 配偶者控除・扶養控除・社会保険料など、対象となる制度によって基準の所得金額は違いますので、ご注意ください。 (執筆者:平井 拓).

次の