いんきんたむし 画像。 いんきんたむし(股部白癬) │ 皮膚症状一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア

いんきんたむし 写真(画像)で学ぶ!股部白癬の症状と治療法

いんきんたむし 画像

白癬は、白癬菌という真菌(カビ)に感染することによって発症する皮膚疾患で、一般的にはと呼ばれています。 白癬(水虫)は足に起こると考えられがちですが、白癬菌は足だけでなく、手や頭、爪など全身に感染し、感染部位に様々な症状を起こします。 白癬(水虫)の症状は、皮膚に赤みや痒みが出たり、水疱ができたり、皮膚がカサカサしたりと、原因となる白癬菌の種類や、感染部位によって異なります。 他の皮膚疾患で白癬(水虫)の症状に似た症状が現れることも多いため、鑑別には注意が必要です。 白癬(水虫)の種類と詳しい症状について、帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科科長 清 佳浩先生にお話しを伺いました。 白癬(水虫)とは? 誰でもかかる可能性のある身近な病気 白癬(水虫)は白癬菌という真菌(カビ)によって引き起こされる 白癬()は白癬菌という真菌(カビ)が、皮膚の角質に感染することで起こる皮膚感染症です。 『水虫』と聞くと、足の皮膚疾患の印象が強いですが、白癬菌による病変は、髪の毛や爪を含む全身に起こります。 白癬(水虫)の原因となる白癬菌の感染経路とは? 白癬(水虫)の原因となる白癬菌のほとんどは人間の角質層に住みついており、感染者から剥がれ落ちた角質(垢やフケなど)を介して、人から人へと感染していきます。 つまり人間の垢やフケなどが多数存在している、温泉やスポーツジム、プールなど、様々な場所に白癬菌は潜んでいるのです。 家庭内に白癬(水虫)の感染者がいる場合は、絨毯やバスマット、トイレのスリッパなどに白癬菌がみられることが多く、これらの家財道具を共有することで家族間での感染が起こるケースもあります。 白癬(水虫)になりやすい人とは? 条件がそろえば誰でも白癬(水虫)にかかる可能性がある 白癬(水虫)は、性別や年齢関係なく、条件が揃えば誰でもかかる可能性がある疾患です。 前項でも述べたように、白癬菌は私たちの身近なところに存在しているからです。 しかし、白癬菌に触れてもすぐに白癬(水虫)にかかるわけではなく、一定の条件を満たしてはじめて感染します。 白癬菌に感染しやすくなる条件として、皮膚に白癬菌が24時間接触していることが挙げられます。 これは白癬菌が人間の角質に入り込むのに24時間かかるといわれているためで、こまめに体を洗い流すことを意識すれば感染の確率を下げることができます。 また、白癬菌は高温多湿なところで繁殖するという特徴があり、必然的に夏頃に白癬(水虫)にかかりやすくなります。 ですから、白癬菌の繁殖を防ぐためには乾燥を保つ工夫が大切です。 たとえば足白癬(足水虫)の場合、指の間をきちんと洗って清潔にし、乾燥を保つだけで、白癬菌の多い環境下でも感染を予防することができます。 足以外にも現れる白癬(水虫)の症状を画像で解説 一般的に『』といえば、足に感染した足白癬(足水虫)のことを指すことが多いのですが、感染部位によってそれぞれ別の名前がついています。 また、白癬(水虫)の症状は、原因となる白癬菌の種類や感染部位によって異なります。 足白癬(足水虫)の種類と画像 足白癬(足水虫)は白癬(水虫)のなかでも圧倒的に多いタイプです。 足白癬(足水虫)は主に、趾間(しかん)型、小水疱型、角質増殖型に分けられます。 ・趾間(しかん)型.

次の

いんきんたむし(股部白癬) │ 皮膚症状一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア

いんきんたむし 画像

ここでは〝 いんきんたむし〟の特徴を、 写真 画像 を交えながら説明していきますが、まずはいんきんたむしの原因について軽く触れておきます。 いんきんたむしとは〝白癬菌 はくせんきん 〟という真菌(糸状のカビ)の一種が、股の付け根やその周辺部の皮膚(しり、もも…など)に感染する疾患のことで、医学の世界では〝股部白癬 こぶはくせん 〟という用語が用いられています。 あまり知られていませんが、いんきんたむしの原因菌とされる白癬菌は、足に寄生する水虫などと同じ真菌です。 世間一般では「水虫=足」というイメージが定着していますが、白癬菌はなにも足だけに寄生する菌ではありません。 他のカビと同様、ジメジメした環境を好むため、特に熱がこもり高温多湿になりやすい足の指や股(指と指の間)に住み着きやすというだけで、足以外にも陰股部をはじめ、手や頭部にも寄生し、その寄生した場所によって病名が異なってくるということを、まずは押さえておきましょう。 いんきんたむしは陰股部に発症する疾患なので、場所が場所だけに他人には相談しづらい、病院には足を運びづらい…といった現状があります。 そのため、症状がどんどん進行してしまったり、誤った治療(実はいんきんたむしではなかった…など)により、症状が悪化してしまうケースも少なくないようです。 そこで、これだけは最低限押さえておいてほしい、いんきんたむしの特徴を写真 画像 を交えながらまとめておきます。 したがって、陰嚢だけが激しい痒みをもっている場合は、いんきんたむし以外の疾患を疑ってみる必要がありそうです。 いんきんたむしが陰股部に発症すると、【写真 画像. しかし、いんきんたむしを放置して、掻きむしっていると色素沈着を起こす原因にもなるので、できるだけ早く疾患の原因を特定し、治療に専念することが大切です。 なお、いんきんたむしは、従来、若い男性(20~30代)を中心とした疾患であると言われてきましたが、近年は、女性や高齢者にも増えているようなので、私は女だから、いんきんたむしであるはずがない!といった勝手な思い込みや自己判断は危険です。 これらの衣類を長時間履き続けていると陰部が蒸れやすく白癬菌が繁殖しやすい環境が整ってしまいます。 白癬菌が股部に感染した疾患を〝 いんきんたむし 股部白癬 〟と呼びますが、角質の厚い足に比べ、股周辺部は皮膚の薄い部位なので、早期治療を行えば比較的完治も早いといわれています。 ただ1点問題があるとしたら、あなたの股部に発症した疾患が本当に〝いんきんたむし〟なのかということです。 先にも触れましたが、いんきんたむしとは患部に白癬菌が必ず寄生しているはずなので、もし仮に患部にこの真菌が存在しない場合は、他の皮膚病であることが考えられます。 そのため、それ以外の皮膚病に対し、いんきんたむし用の治療薬を使い続けても症状が改善することはありません。 それどころか、最近はスイッチOTC【右記:雑学参考】と呼ばれる作用の強い治療薬も市販されており、場合によっては症状が悪化してしまう恐れがあるので自己治療される方は、くれぐれも注意してください。 爪や頭部に感染した水虫は別として、他の部位に発症した水虫であれば、基本的に外用薬を使った治療が中心となります。 そのため、あなたの股部の疾患が白癬菌によるいんきんたむしならば、最近は作用の強い水虫薬(第一三共ヘルスケアの『ピロエース』シリーズなど)も市販されているので、自己治療も可能です。 一方、医療機関でも外用薬による治療(場合によっては紫外線治療なども併用されています)が試みられますが、医療機関では、個々の症状に最適な抗真菌剤が使用されるので、市販薬よりも完治は早いようです。 また、白癬菌は死滅させることが治療を行う上での重要ポイントなので、痒みが治まったからといってすぐに治療を止めるのではなく、数ヶ月間(2~4ヶ月程度)は継続して治療し続けることが大切です。 (皮膚科では感染していると思われる患部の皮膚を採取し、顕微鏡で検査することで白癬菌の確認をします) スイッチOTC薬って何? いままで医療機関でしか処方が認められていなかった医療用医薬品のうち、近隣のドラッグストア等で購入できるようになった医薬品を〝スイッチOTC Over The Counterの略 〟薬と呼びます。 スイッチOTC薬として販売が許可されている医薬品は、副作用が少なく安全性の高いものに限られますが、医療現場で実際に使われている効果の高い薬が市販薬にも配合されているので高い治療効果が期待できます。 ただし、スイッチOTC薬は、治療効果が高い分、副作用等のリスクも高くなる傾向にある(医療用医薬品の中では副作用が少なくとも、他の市販薬に比べると副作用等のリスクは高くなります)ので、使用の際には注意が必要です。 ちなみに、いんきんたむしに効果があるスイッチOTC薬ブランドとしては、ラノコナゾール配合の『ピロエース』シリーズや、塩酸テルビナフィン配合の『ラミシール』シリーズが有名です。

次の

いんきんたむし 薬を使ってどれくらいで治る?オススメの薬は?

いんきんたむし 画像

そして腹部や背中などに感染した場合には、「ぜにたむし」。 頭部に感染すれば、「シラクモ」や「頭部白癬」と呼ばれるようになる。 これ以外の身体部位に感染したケースは「体部白癬(たむし)」だ。 つまり、いんきん・たむし・足水虫・爪水虫・頭部白癬(しらくも)などは、すべて同じ白癬菌が原因で引き起こされる症状なのだ。 例えば、足の爪水虫を放置すると次第に悪化し、そこが白癬菌の「貯蔵庫」の役割を果たしてしまう。 結果、他の身体部位に感染するのだが、この貯蔵庫を根治しない限りそれは繰り返される。 筆者の場合、もともとの水虫がかゆくて、足を掻いた後、手の爪に白癬菌が付着した状態でお尻を掻くなどしたのだろうと医師にいわれた。 恥ずかしい話だが、爪水虫の真菌(カビ)が他の身体部位にうつる可能性など考えたことがなく、まったくの無防備だった。 写真提供:百瀬直也 また、一部で「爪水虫は一生治らない」といわれることもあるが、自然治癒しないことは確かで、放置すると一生治らないという事態もあり得る。 悪化すると外用薬だけでは完治せず、抗真菌薬という内用薬を服用することになる。 また、たとえ治療が順調に進んでも、爪が生え変わるまで(足の爪では)半年以上を要すると医師は語った。 しかも、白癬菌は家族など周囲の人にも容易に感染するため、患者は十分に注意しなければならない。 具体的には、使ったタオルは他の家族に使わせない、スリッパを共有しないといったことを守る必要がある。 それと同時に、白癬菌を保有していない人も、日常生活において感染する危険性があることを考慮するべきだ。 白癬菌はプールや公衆浴場はもちろん、土壌、そしてネコに寄生していることもあるため、常に手や足を清潔に保つよう心がけなければならない。 そして、男性が発症するという印象が強い股部白癬(いんきんたむし)には、性行為によって女性もかかることがある。

次の