エクセル シートの移動 ショートカット。 【ちょっぱやショートカット】エクセルのシート移動を徹底解説!

【エクセル(基本操作編)】カーソル移動ショートカットキー

エクセル シートの移動 ショートカット

そう、これだけ。 これだけでマジで作業時間変わるから。 目をつぶっても使えるように、反復練習しとけよ。 ということで、シート移動をするショートカットです。 超シンプルですが、凄まじく重要です。 このショートカットを使うだけで、本当にストレスから開放されます。 シート名が番号だけとか短いものだと、シートの幅がものすごくクリックしにくくなるじゃないですか。 もしくは逆にシート名が超長い場合、シートが全部表示されなくて、みみっちい矢印を押してシートを探す必要があるじゃないですか。 で、たまにオーバーランして、またみみっちい矢印を押して戻ったり。 何かとめんどくさい。 ということで、出てくるのが今回のショートカット! シートの幅が狭かろうが、確実にサクサクとシートを切り替えてくれます。 若干シートをオーバーランしても、 Ctrlを押しっぱなしで Pageupや Pagedownを押すだけなのでサクっと戻る事ができます。 使う頻度がすさまじく高いので、かなりの時間を短縮することができます。 作業グループにする操作にも使えます ・シート移動をするショートカット ・そのショートカットを使った作業グループの作り方 ・おまけ(シート名一覧を出すテクニック) の3つをご紹介しました。 シート移動は本当に頻度が高い操作なので、これを短縮できればかなりの業務効率化につながります。 ぜひとも指が勝手に動くまで練習してください! ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の

【Excel エクセル】シートの移動に関するショートカットキー

エクセル シートの移動 ショートカット

Excel2013で一番右のシートへ移動する方法:エクセル2013基本講座• Excel2013で一番右のシートへ移動する方法• Excel2013で一番右のシートへ移動する方法、シート見出しの右端のワークシートをアクティブシートにする方法についていろいろな方法を書いています。 スポンサードリンク• 下図のようにこのブックには Sheet1,Sheet2,1月〜12月のワークシートが有ります。 現在は シート「3月」が選択されています アクティブになっています。 [Ctrl]キーを押した状態で[PageDown]キーを押し続けると、一番右のシートが選択されます。 [Ctrl]キーを押した状態で[PageUp]キーを押し続けると、一番左のシートが選択されます。 シート見出しに右端のシートが表示されていないときは、シート見出しの右端に「・・・」が表示されます。 このような状態の時、シート見出しのスクロールボタンを [Ctrl]キーを押した状態でクリックします。 一番右のシート見出し「12月」をクリックします。 シート見出しのスクロールボタンを 右クリックすると、シートの選択ウィンドウが表示されます。 一番右のシート 「12月」をダブルクリックします。 12月をクリックして、[OK]ボタンをクリックする操作と同じ結果になります。 ワークシートの数は Worksheets. Count で求めることができます。 下表のコードで一番右のワークシートへ移動することができます。 Sub test Worksheets Worksheets. Count. Ativate Range "A1". Select End Sub スポンサードリンク |||Excel2013で一番右のシートへ移動する方法.

次の

Excelシートを楽々移動!ワークシートに関するショートカットキー|Office Hack

エクセル シートの移動 ショートカット

EXCEL リンクでシート間を楽々移動!ハイパーリンクで別シートへ移動 EXCEL リンクでシート間を楽々移動!ハイパーリンクで別シートへ移動 EXCEL内のシート移動や別ファイルへのアクセスまで!ハイパーリンク関数の使い方 EXCELをみんなへの共有用や教材などを作るとき、目次シートから各シートに簡単にとべると便利ですよね。 各シートへリンクでとべるように「一覧」シートと シート1〜シート5までのシートがあります。 D列にはシート名、E列にリンクを作成していきます。 A1へ移動" 一つ目の引数は飛び先へのリンクを指定します。 この例では、シート1のA1セルに移動なので" シート1! A1"となります。 シート名の部分をD2セルの文字列からとっています。 二つ目の引数ではセルに表示する文字列なので"シート1! A1に移動"としました。 ちなみに同じシート内の別セルに移動する場合は の後にセルのアドレス" A100"などにしてください。 それでは、リンクが作成できたのでクリックしてみます… シート1のA1に移動しました! 続いてここから「一覧」に戻るリンクを作成しましょう。 A1","一覧に戻る" これでシート間の行き来が楽になりましたね! 「一覧」シートに、各シートへのリンクを作成しましょう。 先ほど作成したリンクの数式を下にコピペしてあげれば… 完成!素敵ですね。 別ファイル(別ブック)へのリンクは出来るの? 実はこのHYPERLINK関数、別ファイル(別ブック)へのリンクも作成出来ちゃいます。 リンクをクリックすると、そのファイルを開いてくれます。 別ファイルを開くときは、そのファイルがどこにあるかで指定の方法が異なります。 ケース1:同じフォルダにある時 引数を"[ファイル名]"とする。 (絶対参照と呼ばれています。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の