東京 エレクトロン みんしゅう。 東京エレクトロンは第二新卒や既卒を採用しているの?評判・口コミを含めて検証してみた

東京エレクトロンの年収は1,272万円!激務?ブラック?評判も紹介

東京 エレクトロン みんしゅう

エレキエンジニアの領分にとどまらず、幅広い仕事ができる。 前職は家電メーカーのエレキエンジニアで、装置の基盤に部品を実装する業務に従事していました。 エッチングの知識はまったくなかったのですが、当社で働いているエンジニアの仕事の幅広さに惹かれて転職を決めました。 エレキエンジニアとして常に装置全体のことを考えられる。 そんな自由度の高さが、当社のモノづくりの現場にはあります。 配線ひとつとっても装置全体のことを考えた設計を任され、ユニットの選定や構成そのものを考えることもできます。 半導体製造装置に求められる要求性能は、常に世界でも最先端。 あるいは半導体のサイズにナノレベルが求められるようになってきた今、どのように装置を改良するのか。 そういった課題に向き合うには、エレキエンジニアとしても他分野の知識が必要となります。 モノづくりを通して未知の世界へ挑戦ができ、エンジニアとしての知識や技術の幅が広がっていくことを実感できる環境ですね。 現場には、奥が深く、ワクワクするモノづくりがある。 当社の半導体製造装置 エッチング装置 の技術的な特徴のひとつは、やはりプラズマを使うということだと思います。 エレキエンジニアも場合によってはプラズマを制御する作業に携わりますが、プラズマは非常に奥が深く難しいものです。 プラズマそのものを制御するのではなく、プラズマを発生させる空間にガスを流入させて空間圧力を制御するのですが、ガスの流量やタイミング、温度など、わずかな違いでも結果は大きく違ってきます。 とりわけ安定的にプラズマを制御するために必要な装置のプロセスチャンバーと呼ばれる機構の設計には、エレキエンジニアの視点が不可欠です。 そのため分野ごとの壁を超えて、メカエンジニアと意見を交わしながら設計をしていくこともありますね。 私は大学で機械科を専攻してメカエンジニアの経験もありましたから、そこで培った技術や知識がとても役立っています。 技術的な経験も重要な要素ですが、まず必要なのは知ることへの興味や欲求。 自分が知らないことに対して、面白そうだと思えるか、ワクワクできるか、といったことが大切です。 それがあれば仕事をするなかで新しい学びを次々に得ることができると思います。

次の

東京エレクトロンの年収【2020年最新版】ここ数年、右肩上がりにある推移と業界内順位・従業員数・平均年齢・勤続年数も紹介

東京 エレクトロン みんしゅう

東京エレクトロンは、半導体やパネルディスプレイなどの製造装置を開発している電気機器メーカーです。 この分野では国内トップのシェアを誇り、国内に7社、27の拠点を持つほか、海外には27社、16の国と地域に50もの営業拠点があります。 日本発のグローバル企業として世界に名をとどろかせている会社の一つです。 売上高が連結ベースで1兆2,700億円を超える東京エレクトロンの平均年収は、約1,200万円とされ、長く高水準を保っています。 基本給はあまり高いとはいえないまでも、ボーナスがかなり大きいとの噂です。 高い収入を得たい、グローバル企業で働きたい、世界に誇る日本の技術を肌身に感じてモチベーションとしたい。 東京エレクトロンに入社したい人の動機はさまざまでしょう。 東京エレクトロンは、第二新卒や既卒を採用しているのでしょうか。 評判や口コミを含めて検証してみました。 第二新卒で大手に転職したいならプロに相談 大手企業への転職を考えているなら、転職エージェントを利用するのが、採用への近道。 経験豊富なプロによるカウンセリングで、書類の添削や面接対策など、ひとりひとりにオーダーメイドサポート。 あなたが本当に働きたい、憧れの大手への転職を実現します。 この記事のもくじ• 東京エレクトロンは第二新卒・既卒の採用をしているか? 東京エレクトロンは、「新卒採用」「キャリア採用」「障がい者採用」「海外現地法人採用」を行っています。 第二新卒・既卒の場合は、「新卒採用」で応募することが可能です。 新卒採用の応募条件は、2018年現在では「2019年3月卒業予定者および既卒者(卒業後3年以内)」となっており、第二新卒・既卒で応募できることがわかります。 募集職種は、装置開発・設計・要素研究、メカエンジニア、ソフトエンジニア、プロセスエンジニア、営業、マーケティング、管理・製造間接など。 第二新卒・既卒者が幅広い選択肢の中から自分の挑戦したいことを選べるようになっています。 東京エレクトロンの事業内容は? 東京エレクトロンが展開する主な事業は、半導体製造装置事業と、フラットパネルディスプレイ製造装置事業です。 インターネットの普及が広がり、医療、教育、金融、自動車、航空、宇宙、安全、環境などのあらゆる産業が成長するにあたり、半導体は今後ますます重要性が高まると言われています。 東京エレクトロンでは、「革新的な技術力と、多様なテクノロジーを融合する独創的な提案力で、半導体産業とFPD産業に高い付加価値と利益を生み出す真のグローバルカンパニー」をビジョンに掲げ、主に半導体やフラットパネルディスプレイに関するサービスを通じて産業界の発展に貢献しています。 「世界で最も持続可能な企業100社」に選出されるなど、国内のみならず海外にも事業を拡大しています。 東京エレクトロンに入社できたらどんな経験を積める? 東京エレクトロンに入社できたなら、若手でもどんどん仕事にチャレンジできる雰囲気の中で、広い裁量権を得ながら自由に働くことができるでしょう。 それは、営業職であっても、エンジニア職であっても変わりません。 営業職であれば、日本のトップ技術をセールスするための交渉力やプレゼン力が身につくことでしょう。 ビジネスがまとまれば、数億円から数百億円の売り上げが立つ仕事です。 責任がある分、モチベーションも上がりますね。 エンジニア職は、メカの開発や設計を行うメカエンジニア、回路設計などを行うエレキエンジニア、ソフトエンジニア、生産性を最大限に引き出すプロセスエンジニアなど、専門性によりさまざまな職種に分かれています。 ほかの分野のエンジニアと積極的に関わりながら、常に最先端の技術を世界へ提供していくことになるでしょう。 また、部署にもよりますが、海外出張が多い環境に置かれるので、英語力がぐんとアップしそうです。 「年の半分が特定の国への海外出張だった」という口コミも寄せられています。 第三の言語を習得するにも適した職場といえるでしょう。 海外に出ていきたいという思いが強い人には、素晴らしい環境と言っていいのではないでしょうか。 気になる女性の働きやすさについては、だいぶ良好との口コミが多数上がっています。 産休、育休が取れるのはもちろんのこと、一般職であれば子どもを持つ女性社員のほとんどが時短で職場復帰しているとか。 男女関わらず有休をとりやすい社風で、残業も少ないと評判です。 東京エレクトロンの求人や評判は? 新人の教育制度が充実しており、若くても仕事をもらえる機会があるため、自分の成長を日々感じながら働いていける環境があるようです。 そのため、入社して数年でかなりの戦力となれる社員も多く、積極的に仕事をこなしていく意欲があればスキルアップを目指せるのではないかと思います。 また、勤務時間が比較的フレキシブルであることや、新しい制度を積極的に導入して社員の働き方を見直す動きがあるなど、社員が働きやすい環境を整えようとする姿勢が伺えます。 第二新卒から東京エレクトロンを狙うなら? 第二新卒から東京エレクトロンを狙うなら、新卒採用やキャリア採用からエントリーできます。 新卒採用は、既卒者であっても卒業3年以内であれば受け入れているため、該当者であれば新卒採用に狙いを定めてもいいでしょう。 しかし、第二新卒者が新卒採用枠を狙うのは、あまり賢いこととはいえません。 大学生よりも業界研究や面接対策などに割ける時間が限られており、また新卒者と同等の給与からのスタートとなってしまうからです。 かといってキャリア採用に狙いを定めてみても、募集は全職種であるとは限りません。 「経験3年以上」など、経験年数に下限が求められている募集もあります。 また、キャリア採用の募集は地域ごとに分けられているため、自分が活躍したい地域での募集があるとは限らないのです。 第二新卒には、新卒採用で真っ向勝負するのではなく、自分の経験にあったキャリア採用があるのを待つのでもなく、転職エージェントを使って転職活動をするのがおすすめです。 第二新卒から東京エレクトロンを狙うためのプランや、選ぶべき転職エージェントについてご案内します。 第二新卒から東京エレクトロンを狙うためのプラン 第二新卒から東京エレクトロンを狙うためには、自分自身で転職のプランニングを行うよりも、転職エージェントの手を借りながら活動を展開していったほうがいいでしょう。 グローバル企業のため、英語力の強化が必要になってきますが、一体どのくらいの英語力を備えたほうがいいのかも、転職エージェントに尋ねれば正確に答えてくれます。 とはいえ、「今のところキャリア採用枠に自分の希望職種が用意されていないから」と、転職活動の開始をためらう人もいることでしょう。 しかし、公式サイトに希望職種の採用情報がアップされているかどうかは問題ではありません。 転職エージェントに登録すれば、エージェント側が「こんな人材がいる」と東京エレクトロンにPRしてくれるからです。 また、転職エージェントには、たくさんの非公開求人が眠っています。 公式サイトには掲載されない非公開求人にアクセスできれば、自分の希望に沿った職種、自分の今のキャリアで挑戦できる求人に出会えるかもしれませんよ。 こんな転職エージェントを選ぼう 転職エージェントを選ぶ際には、とくに営業職を希望している人は、大手であることにこだわりましょう。 大手の転職エージェントほど交渉力があり、また多数の非公開求人を抱えているためです。 そしてエンジニアとしての転職を望んでいる人は、大手1社と、エンジニアに特化した転職エージェント1~2社に登録してみるのがおすすめです。 専門性の高い仕事をしている人ほど、自分のキャリアをアピールするためには専門知識のあるエージェントを活用したほうが有効な場合があります。 いずれにせよ、少なくとも2~3社に登録を行い、本当に納得できる提案をしてくれる会社を見極めるのが転職成功のポイントです。 たとえ大手であっても、担当者によって手腕にばらつきがあります。 転職プランニングや面接指導、英語力の強化対策など、バランスよく対応してくれるところにお願いするのがいいでしょう。 まずは登録し、様子を見てから1社に絞っても問題はありません。

次の

東京エレクトロン、日米統合「白紙」の誤算

東京 エレクトロン みんしゅう

東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズの経営統合計画が破談になった。 ほっと胸をなで下ろしたのは、競合の半導体関連装置メーカーではないか。 経営統合が発表されたのは2013年9月24日。 その直後に日刊工業新聞では強者連合誕生による競合他社の「衝撃」と「脅威」をレポートしている。 半導体業界は既存技術の延長による微細化は限界に近づき、装置業界は開発費の高騰に悩まされている。 デバイスメーカーは米インテル、韓国サムスン電子、台湾TSMCの大手3社の力が強まっており、装置側とデバイス側の関係はさまざまな思惑が絡み合っている。 業界再編の動くはまだ燻り続けるだろう。 <日刊工業新聞2013年09月26日最終面から抜粋・一部修正> 2013年9月25日、アドバンテストと新川が業績の下方修正を発表した。 アドバンテストは14年3月期の当期損益を前回予想の98億円の黒字から25億円の赤字に修正。 当期赤字は3期連続となる。 会見したアドバンテストの松野晴夫社長は「半導体製造装置は右肩上がりに伸びていく市場ではない」とした。 その上で、東京エレクとアプライドとの経営統合について「(今後の半導体製造装置業界は)厳しいという認識が共通していたと感じた」と漏らした。 半導体製造装置業界は危機感を募らせている。 半導体メーカーとの力関係をどう維持するか、激しい市況変動にどう対応するかという課題を突きつけられているためだ。 半導体メーカーでは、米インテル、韓国サムスン電子、台湾TSMCが圧倒的なシェアを有する。 上位3社で業界全体の設備投資の7割を占め、装置メーカーの業績を左右する。 半導体メーカーとの規模に大きな格差が生じ、装置メーカーの立場は弱まっている。 「下請けのようになることに対し危機感を持つ装置メーカーは多い」(証券アナリスト)。 またスマホの主戦場が先進国から新興国に移ったことで半導体の市況変動も激しくなった。 装置メーカーの業績も影響を受ける。 安定成長を目指すには規模拡大での経営基盤強化が不可欠だ。 世界1位と3位が経営統合する強者連合の誕生は装置業界に大きな影響を及ぼす。 統合により製品ラインアップが充実し、製造工程で必要となる装置の多くをワンストップで提供できる体制を整えれば、他社が入り込むことは難しくなる。 半導体・ディスプレー製造装置の業界団体SEMIによると12年の半導体製造装置の世界販売額は約370億ドル(前年比15%減)。 リーマン・ショック前の07年から10%程度低い水準だ。 半導体製造装置業界では過去の合従連衡は少なく、中堅・中小企業も多い。 松野アドバンテスト社長は「当社の属する半導体テスター分野では再編はないとみているが、それ以外の半導体製造装置分野ではいつ再編が起きても不思議ではない」と指摘する。 「東京エレクとアプライドの経営統合は競合他社にとっては相当なマイナスインパクト。 中堅以下のメーカーは厳しい。 統合も撤退もあり得る」(証券アナリスト)との声も挙がる。 今後、業界再編が加速する可能性が高い。 【インタビュー/大日本スクリーン製造・橋本正博社長(現SCREENホールディングス取締役副会長)】「1、2位でないと生き残れない」 日米連合による巨大企業誕生は半導体製造装置業界に衝撃を与えた。 大日本スクリーン製造の橋本正博社長に業界に与える影響や、今後の見通しを聞いた。 「サプライズだ。 「当社がトップの洗浄装置、2位のコーターデベロッパーとも、東京エレクトロンとは競合してもアプライド・マテリアルズとは競合していない。 コーターデベロッパーではもともと得意なメモリー向け以外でも受注を獲得しており、シェアも拡大しつつある。 「あらゆる工程に対応するという装置のデパート化がどれだけ強みとなるのかは、半導体メーカーがどう反応するかによる。 ターンキー(全工程の一括受注)ビジネスですべて対応できれば良いだろうが。 半導体大手は技術開発を先へ先へと進め、装置メーカーに対しても量産対応だけでなく先端技術の開発を求めている。 「(直径)450ミリメートルウエハーへの対応で、露光装置は半導体メーカーが開発費を負担してくれるが、洗浄装置などほかの工程はそうしたことにはなっていない。 各社が単独で行う。 だから統合によって、巨額な開発費を補完し合いたいという思惑があるのかもしれない」 <関連記事> 東京エレクトロンは27日、米アプライドマテリアルズとの経営統合を断念したと発表した。 米国の競争当局の承認が得られなかったことが理由。 両社は2014年後半に経営統合すると13年9月に発表したが、その後、各国の競争当局との調整が難航していた。 同日会見した東哲郎東京エレク会長兼社長は、「(米当局の対応に)納得はいかないが、謙虚に受け止めるしかない」と語った。 両社で統合計画改善案を米当局に提出したが、その実効性ついての見解を巡って折り合いがつかなかった。 アプライドと、東京エレクはともに半導体製造装置の世界大手で、統合により技術開発力を高める狙いだった。 東社長は「単独でも統合後に描いていた形を実現できるよう努力する。 いろいろな提携もあるかもしれない」と語った。 米アプライドマテリアルズとの経営統合を断念した東京エレクトロン。 27日の会見では東哲郎会長兼社長は幾度となく悔しさをにじませた。 アプライドと東京エレクはともに半導体製造装置の世界大手だが、製品分野の重複は少ない。 外部の法務アドバイザーにも相談した上で「常識的な観点からすると競争法には引っかからないと判断していた」という。 だが実際には当局の承認が下りたのは、イスラエルなど数カ国に留まっていた。 また装置メーカーの発言力が高まることに「半導体メーカーからの反発も少なくなかった」(業界関係者)。 半導体製造装置の強者連合への警戒心は、東社長の想像を超えて大きかった。 半導体の技術革新は転換期にある。 開発費負担が巨大化していることが両社を経営統合に促した。 この状況は変わっておらず、装置メーカー各社は対応を迫られる。 アプライドと東京エレクの経営統合が否定され、大規模な合従連衡は起こりにくくなったが、再編の火種はくすぶっている。

次の