微酸性次亜塩素酸水 コロナ。 季節性ウイルスや口臭・歯周病予防に期待が出来る次亜塩素酸水とは|荻原歯科医院

新型コロナウイルスで注目されている次亜塩素酸水って?次亜塩素酸ナトリウムとは何が違うの?

微酸性次亜塩素酸水 コロナ

質問:「次亜塩素酸水」って何ですか?「次亜塩素酸ナトリウム」とは違うのですか?• 次亜塩素酸水は安全性が高く、殺菌効果に非常に優れている上、また即効性が高く多使用向きである一方、分解が早い、コストがかかる、などの特徴がある• 「次亜塩素酸水」は、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)あるいは塩酸を電気分解させて作る• 「次亜塩素酸水」には、「強酸性」「弱酸性」「微酸性」の三種があり、なかでも「微酸性次亜塩素酸水」が最も安全で、殺菌効果が高い• 「次亜塩素酸水」は酸性だが、「次亜塩素酸ナトリウム」はアルカリ性である• 「次亜塩素酸水」の主成分はより殺菌力の高い「次亜塩素酸」だが、「次亜塩素酸ナトリウム」の主成分は「次亜塩素酸イオン」である 目 次• 質問:「次亜塩素酸水」って何ですか?「次亜塩素酸ナトリウム」とは違うのですか 「新型コロナウイルスに効果があると最近よく耳にする次亜塩素酸水って何ですか? それは、次亜塩素酸ナトリウムとは違うものなのでしょうか」 広がりを見せる新型コロナウイルスの影響から、本日2020年4月7日、いよいよ、「緊急事態宣言」が出される、という事態にまでなってしまいました。 新型コロナウイルスの感染が都市部で急速に拡大している事態を受けて、安倍総理大臣は7日、東京など7都府県を対象に法律に基づく「緊急事態宣言」を行います。 そして7日夜、記者会見して、宣言を行う理由や具体的な措置を説明し、国民に協力を呼びかけることにしています。 さて、今日はそんなコロナウイルスを巡って、お客さんや友人から質問されたことに答えたいと思います。 これ、意外と知らない人が食品製造関係にもいたりするものです。 「次亜塩素酸水」の特徴 新型コロナウイルスの影響で、「次亜塩素酸水」への注目が俄然高まっています。 安全性、使いやすさ、効果、といった点でアルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどに比べて優れているところが、その人気の理由でしょう。 「次亜塩素酸水」は、厚生労働省から次のように定義づけられています。 殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することに得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液 …うーん。 当然ですが、これだけではよく判らないですね(笑) でもとりあえずここで厚生労働省が言っているポイントは、これです。 安全性が高い(人体への影響が極めて低い)• 多量様々な用途として使いやすい• 殺菌効果が極めて高い• 即効性が高い• 食品工場などでの多量使用に向いている ていうか「次亜塩素酸水」ってどんなの?という方。 歯医者さんでの歯の治療の際に、うがい用で水を与えられることがあるでしょ? あれを思い出してください。 あの水が「次亜塩素酸水」です。 あの水は、もしうがいの際に飲んでしまっても、何ら問題はありませんよね。 このように「次亜塩素酸水」は人体への影響が少ない除菌水として、厚生労働省から「食品添加物」として認められています。 そもそも「次亜塩素酸」は、ぼくら人間の体内でも殺菌を目的に作られているものです。 ぼくらの体の中の白血球は、酸素を使って「次亜塩素酸」を作り、体内に入ってきたウイルスや病原菌を倒そうとしているのです。 こうした「次亜塩素酸水」の高い安全性から、例えば家庭では加湿器などに入れて散布したりといったこともされているようです。 アルコールのような刺激の強いもの、引火性のあるものでは絶対に出来ない手法ですね。 さらに食品に使った場合、ビタミンを失う率が少なく、影響を及ぼしづらい、というデータも出ているようです。 このような使い勝手の良さも「次亜塩素酸水」の特徴でしょう。 もう少し踏み込んで話すと、「次亜塩素酸水」はタンパク質に触れると、酸化反応と塩素化反応を起こします。 この酸化と塩素化によって、菌やウイルスを殺すのです。 (不活化) 「次亜塩素酸水」はその殺菌効果が高く、一般的なアルコール(70%)以上、と言われています。 なお、「次亜塩素酸水」は農業分野でも使われています。 2014年には「特定防除資材(特定農薬)」、2017年には「有機栽培資材」として、農林水産省からの認可が受けられました。 では、逆にデメリットはなんでしょうか。 まず、 即効性や安全性の一方、分解が早い、ということです。 (特に強酸性電解水) そのため保存が短い、出来ない、という面もあります。 (次で説明しますが、精製方法によります) またこのことから、 殺菌対象が汚れている(有機物がある)と効果が極めて薄い、という特徴があります。 というのも、「次亜塩素酸水」の殺菌成分である「次亜塩素酸」は、有機物があると分解が進みやすく、殺菌力が発揮しずらくなる特徴があるのです。 それと、「次亜塩素酸水」(強酸性電解水)はその精製の特性上、製造装置が大がかりでコストが高い、ということがあるかもしれません。 「次亜塩素酸水」はどうやって作るのか ではその「次亜塩素酸水」とは、一体どのようなものでしょうか。 先に書きましたが、そもそも 「次亜塩素酸水」は、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)、あるいは塩酸を電気分解させて作る「次亜塩素酸」の水溶液です。 「電解水」、などとも呼ばれるのはそのためです。 つまり、食塩水、あるいは塩酸との混合液を電気分解させるのです。 工場などで「次亜塩素酸水」を使用する場合、大掛かりな電解装置をドンと購入設置します。 で、それによって大量の「次亜塩素酸水」を精製し、殺菌槽などに流しこんでドカドカ使用します。 ただし、この「電解水」の場合、分解が非常に早いので、保存は出来ません。 殺菌している瞬間からどんどん分解していくからです。 分解すると、「次亜塩素酸水」はただの水になります。 一方、「次亜塩素酸ナトリウム液」からも「次亜塩素酸水」は作れなくもありません。 その場合、強アルカリ性である「次亜塩素酸ナトリウム液」に塩酸を混合して、中和させます。 こちらは「混合水」、あるいは「中和水」と言います。 歯医者さんでうがい用途で使うような医療機関向け、或いは今コロナウイルスで求められている家庭用など、一般的に製品として販売されている「次亜塩素酸水」は、こちらの「混合水」です。 「次亜塩素酸水」の種類 実は、「次亜塩素酸水」は、その塩素濃度、pH値によって、 「強酸性」、 「弱酸性」、 「微酸性」と、大きく三つに区分けされています。 強酸性次亜塩素酸水 食塩水(塩化ナトリウム水溶液)を電解させて作る「電解水」です。 その名の通り、最も酸性で、「有効塩素濃度20~60ppm(0. 7以下」という規格があります。 塩素ガスを発生しやすく、金属への影響も考えなくてはいけません。 弱酸性次亜塩素酸水 これも、強酸性同様、原料は 食塩水(塩化ナトリウム水溶液)の「電解水」です。 但しこちらは強酸性よりも中性に近く、「有効塩素濃度10~60ppm(0. 7~5. 0」という規格となっています。 こちらも同様で、 塩素ガスを発生しやすく、金属への影響も考えなくてはいけません。 微酸性次亜塩素酸水 最も中性に近いもの。 どちらかといえば「混合水」が多いのかな。 こちらは「 有効塩素濃度50~80ppm(0. 0~6. 5」と規定されています。 塩素ガスも発生せず、金属への影響も少なく安全性が最も高いのがこの「微酸性次亜塩素酸水」です。 また三つのうちで最も「次亜塩素酸」の比率が高いのがこの「微酸性」のものです。 「次亜塩素酸」の比率が高い、ということは、殺菌効果が高い、ということです。 そのため「微酸性次亜塩素酸水」は、ノロウイルスも含めた多くのウイルス、更には芽胞菌(45ppm以上)にも有効と、非常に殺菌効果が高いことで知られています。 つまり、三つのうち最も安全で、かつ殺菌効果が高いのが「微酸性次亜塩素酸水」ということになります。 下は厚生労働省のデータグラフです。 かなり不親切ですが(笑)、横軸が左に向かえば向かうほど酸性、右に向かえば向かうほどアルカリ性となっています。 そして横軸左、つまり一番PHが低いものから「強酸性次亜塩素酸水」、このグラフには書いてはいませんがその右、つまりもう少しだけPHの高いところに「弱酸次亜塩素酸水」が位置し、そしてほとんど中性に近いところに「微酸性次亜塩素酸水」が位置されています。 「次亜塩素酸ナトリウム」とは何が違うの? さて、ここまで「次亜塩素酸水」の解説を行ってきました。 では、工場で一般的に使われている「次亜塩素酸ナトリウム」とは何が違うのでしょうか。 「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は名前が似ていますが、しかし別物です。 全く違うわけではありませんが、やはり違います。 まず一言で言えば、PHが違います。 先程の厚生労働省のデータグラフをもう一度見て下さい。 横軸右側、PH値が高いほうに、つまりはアルカリ性のところに「次亜塩素酸ナトリウム」がありますね。 一方、「次亜塩素酸水」は左側、つまりPH値の低い酸性にありますよね。 つまり、「次亜塩素酸水」は酸性(~中性)ですが、「次亜塩素酸ナトリウム」はアルカリ性です。 それもPH9~12以上の「強アルカリ性」のものです。 主成分が「次亜塩素酸」であった「次亜塩素酸水」に対し、「次亜塩素酸ナトリウム」は「次亜塩素酸イオン」が主成分です。 ですから製造方法も違います。 「次亜塩素酸ナトリウム」は、水酸化ナトリウム水溶液に塩素ガスを吸収させて製造します。 勿論、「混合水」がそうであるように、「次亜塩素酸ナトリウム」からも「次亜塩素酸水」は作れます。 アルカリ性である「次亜塩素酸ナトリウム」をPH調整すれば、「次亜塩素酸水」になります。 ですから全くの別物、というわけではありませんが、しかしやはりその性質、用途など全く別物と思ってもよいでしょう。 要するに「次亜塩素酸ナトリウム」は、言ってみればキッチンハイターなどの「塩素系漂白剤」です。 いわゆる、「次亜塩素酸ソーダ」です。 ですから当たり前ですが飲んだり、原液で使ったり、空気中に散布したら大変なことになります。 タンパク質を分解するので手に直で触れれば、皮膚を痛めます。 なお厚生労働省は、「次亜塩素酸水」は「次亜塩素酸ナトリウム」よりも高い殺菌力があるよ、と言っています。 その理由は、「次亜塩素酸水」の主成分である「次亜塩素酸」のほうが、「次亜塩素酸ナトリウム」の主成分「次亜塩素酸イオン」より約80倍もの殺菌力があるから、とのことです。 まとめ 今回は、新型コロナウイルスで注目の高まっている「次亜塩素酸水」と、一般的に食品工場などでポピュラーに使われている「次亜塩素酸ナトリウム」についてのお話を致しました。 この二つ、結構混合していることが多いですので、それぞれの特徴を踏まえて見分けるようにしましょう。 以上、このように、このブログでは食品衛生の最新情報や知識は勿論、その世界で長年生きてきた身だから知っている業界の裏側についてもお話しています。 明日のこの国の食品衛生のために、この身が少しでも役に立てれば幸いです。 人気記事• 皆さん、いきなりですが、クイズです。 「腐った牛乳を飲んだけど、食中毒にならなかった。 最新の食品業界ニュースからピックアップし、食品衛生管理のプロの目線から分析・コメントさせて... 時々ネットなどでも見かけますが、「大腸菌群」と「大腸菌」を一緒くたにしている人がいます。... 最新の食品業界ニュースからピックアップし、食品衛生管理のプロの目線から分析・コメントさせて... 衛生管理、異物混入対策のプロ中のプロが、異物混入に出くわした際の、正しいクレームの付け方を... 先日10月18日は、「冷凍食品の日」でした。 というわけで、今回は実は結構ややこしいこの... 新型コロナウイルスで注目を集めた、「PCR検査」。 これは一体どんな検査なのでしょうか。... いよいよ夏本番。 と、その前にイヤーな梅雨の到来です。 すると、そろそろ迎えるのが、あ... 先日10月18日は、「冷凍食品の日」でした。 というわけで、今回は実は結構ややこしいこの...

次の

微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)の市民配布について|藤沢市

微酸性次亜塩素酸水 コロナ

メディアのみなさま 先週のNITEの中間発表をめぐって誤報の嵐となっており、全国の次亜塩素酸水溶液の愛用者から不安の声があがっています。 また、本来新型コロナウイルス対策の切り札となるべきものが誤報と取材不足により普及しなくなることで、これから防げるはずの感染者が増加することになります。 この状況を危惧した北海道大学玉城名誉教授と北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターが、NITEの中間報告対象と同じ条件下での第二弾の試験結果を発表しました。 次亜塩素酸水 PH5. 5、40ppm の新型コロナウイルスが30秒で不活化されたという発表です。 株 あかりみらいの代表取締役越智文雄は、次亜塩素酸水溶液の普及と正しい使い方の啓発等を目的として、「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」を設立しました。 今回は、そのメンバーの一人である玉城先生の発表を掲載しています。 連絡先も、下にありますので直接お問合せください。 玉城先生はWHOに16年間奉職されており、いろいろなことに快活にお応えいただける方です。 どうぞご取材ください。 Press Release 2020 年6 月1 日 次亜塩素酸水 pH5. 5、有効塩素濃度40ppm)による新型コロナウイルスの不活化 このたび日本エコ・システムズ株式会社(代表取締役 川田勝大氏)の研究依頼により、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター(高田礼人教授)と協力し、電気分解法による微酸性次亜塩素酸水(pH5. 5、有効塩素濃度40ppm)の新型コロナウイルスに対する不活化に関する実証実験を実施した。 協力者と共に、次亜塩素酸水に関する実証実験第二弾として、その成果を報告する。 5、有効塩素濃度40ppm)は新型コロナウイルスを瞬時に不活化する 今回の実験条件は、反応液におけるウイルス液とサンプル液の比率が1:19 以外は(前回は1:9)すべて同じである。 同じ条件で2 回実験を繰り返しその再現性を担保した。 2 回の実験において、使用した次亜塩素酸水は前回同様30 秒、1 分、5 分、10 分の反応時間でウイルス感染価を約5 桁減少させ、実験で検出不可能なウイルス感染価以下まで不活化した。 コントロールに用いた普通の蒸留水においてはウイルスの不活化はまったく見られなかった。 (添付資料参照)。 5、有効塩素濃度40ppm)は前回の強酸性次亜塩素酸水に引き続き(つまり強酸性の次亜塩素酸水)、新型コロナウイルスに対する強力な不活化効果があることが実証された。 政府系の独立行政法人製品評価技術基盤機構「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」は2020 年5 月28 日、中間報告を発表しその中で、実証実験を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、引き続き検証試験を継続を担当した二つの研究所の実験結果に必ずしも一貫性がないことから、引き続き検証試験を継続すべきであると結論付けている。 消毒用アルコールなどがひっぱくしている現状において、強酸性(pH2. 7 未満)だけでなく微酸性(pH5. 5)の次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対して有効と判断されたことの意義は非常に大きい。 すなわちアルコールの代替品ではない、独立したより安全な消毒剤としての次亜塩素酸水の有効活用は新型コロナウイルス感染症予防対策に大きく寄与することが期待できる。 次亜塩素酸水(強酸性pH2. 7 未満および微酸性pH5. 5)は、比較的容易に入手可能な生成装置から吐水され、食品や物品等の消毒の他に、「手洗いに有効な資材としても推奨できます。 」 私たちは新型コロナウイルス感染症の予防対策のために、次亜塩素酸水の有効利用を引き続きより積極的に検討していく所存です。 tamashiro med. hokudai. jp) 【次亜塩素酸水普及促進会議が6月11日記者会見を行いました。 【6月16日 文部科学省が有人空間に噴霧するケースを認めました。

次の

新しい除菌方法の選択肢 注目の「微酸性次亜塩素酸水溶液」とは?【withコロナ】

微酸性次亜塩素酸水 コロナ

次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)は、塩酸 HCl または塩化ナトリウム NaCl 水溶液を電気分解することにより得られる、次亜塩素酸 HClO を主成分とする水溶液であり、2002年に食品添加物(殺菌料)として認められた(2012年改訂)10~80ppmの有効塩素濃度を持つ酸性電解水である。 出典元:Wikipedia 次亜塩素酸水は食品添加物として厚生労働省の指定を受けている。 水道水やプール、食品加工工場でも広く利用されている除菌水だ。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い 次亜塩素酸水 次亜塩素酸ナトリウム 主成分 次亜塩素酸(HOCl) 次亜塩素酸イオン OCl- pH 酸性 強アルカリ性 安全性 生体(手指、皮膚)に使用可 生体使用不可 微酸性(pH5~6. 5)の「次亜塩素酸(HOCl)の殺菌力は次亜塩素酸イオン OCl- より約 80 倍高い。 」と言われている。 次亜塩素酸水の抗ウイルス効果 「次亜塩素酸水」が新型コロナウイルスの感染予防に効果があるかは現段階では確認のしようがないので不明だ。 「次亜塩素酸水」はインフルエンザウイルスに対して抗ウイルス効果がある。 新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスと同じエンベロープを有するウイルスなので、「次亜塩素酸水」が新型コロナウイルスに対しても効果があることは考えられる。 「次亜塩素酸水」が新型コロナウイルスに対しても効果があるかもしれないことが分かった。 次に「次亜塩素酸水」の具体的な使い方をみることにする。 次亜塩素酸水の使われ方 元北里研究所 基礎研究所所長の小宮山寛機氏 手指消毒 習慣的に次亜塩素酸水でうがいをすることによって歯周病を予防することができます。 当歯科医院では積極的に「次亜塩素酸水」を取り入れているようだ。 飲食店・ホテル等 飲食店・ホテル等で特に怖いのは食中毒だ。 厚生労働省は、「次亜塩素酸水」に黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌等の細菌、ノロウイルス、インフルエンザ等のウイルスに対する抗菌・抗ウイルス効果があるとしていいる。 歯科医師もおすすめの 次亜塩素酸水「ジアニスト」の空間除菌力は99. 94%。

次の