日本 メジ フィジックス 株式 会社。 日本メジフィジックス

「日本メジフィジックス」のニュース一覧: 日本経済新聞

日本 メジ フィジックス 株式 会社

会社概要 社名 一宮運輸株式会社 住所 〒792-8584 愛媛県新居浜市西原町2丁目4-36 設立 昭和36年12月 資本金 9,000万円 代表者 代表取締役会長 一宮貢三 代表取締役社長執行役員 増田幸徳 正社員数 1094名 令和1年12月31日現在 営業種目• 一般貨物自動車運送事業• 貨物利用運送事業• 倉庫業• 自動車解体整備業• 製造工場における構内請負業務• 一般廃棄物・産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物の処理に関する業務• 各種イベントの企画・運営に関する業務• ビルメンテナンス業務• 通関業務• 清涼飲料・嗜好飲料の製造および販売ならびに自動給湯・給水器の販売設置、保守および賃貸• 港湾運送事業• 沿岸荷役事業及び代理業並びに取扱業務 年商 26,002百万円(令和1年12月期) 主要取引先• 住友化学株式会社• 住化ロジスティクス株式会社• 日本メジフィジックス株式会社• DCMダイキ株式会社• 三協立山株式会社• 株式会社しまむら• いすゞ自動車株式会社• 東レ株式会社.

次の

株式会社NOBORI、日本メジフィジックス株式会社と業務提携 投稿日時: 2019/04/10 13:00[適時開示]

日本 メジ フィジックス 株式 会社

新規参入者を市場から排除した疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けた医薬品製造販売「日本メジフィジックス」(東京・江東)が、問題を自主改善する「確約手続き」に基づく改善計画を公取委に提出していたことが3日、関係者への取材で分かった。 公取委は近く計画を認め、行政処分を見送るもようだ。 同手続きの申請は2例目とみられる。 日本メジフィジックスは「調査が続いておりコメントは差し控えたい」としている。 関係者によると、日本メジフィジックスはがんを発見する陽電子放射断層撮影(PET)検査で使う特殊な薬剤を巡り、新規参入者を市場から排除し、競争を制限した疑いが持たれている。 公取委は2018年6月、独占禁止法違反(私的独占)容疑で関係先を立ち入り検査していた。 確約手続きは調査対象の事業者が自主的な改善計画をまとめ、公取委が十分な取り組みだと認めた場合に排除措置命令などの行政処分を見送る。 環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の協定「TPP11」の発効に伴い18年12月に導入された。 調査期間を短縮し、効率的に事件を処理する狙いがある。 悪質性が高い談合・カルテルは対象外となっている。

次の

日本メジフィジックス

日本 メジ フィジックス 株式 会社

日本メジフィジックス株式会社 Nihon Medi-Physics Co. ,Ltd. ,Ltd. )は、と折半出資による会社。 日本国内での放射性医薬品の大手メーカーで 、に本社を置く。 主な製品 [ ] 日本の民間企業としては初めてを自社所有し 、や(PET診断)、に用いられるの研究・開発や製造、販売を行う。 (平成17年)に(PET診断)用の薬剤を国内で初めて販売した。 11月には、のHeyl社が製造する体内除去剤「ラディオガルダーゼ」の日本における販売承認を取得。 のによるを受け、Heyl社より緊急輸入した同剤を被災地に無償で提供する。 また同薬は2012年にタリウム中毒への使用の適応が追加された 沿革 [ ]• (48年)3月 - アメリカのメジフィジックス社、住友化学工業(現)、の合弁により会社設立。 (昭和49年)5月 - 宝塚工場竣工。 (昭和50年)3月 - メジフィジックス社が資本撤退、代わってが資本参加。 (昭和58年)10月 - 千葉工場竣工。 (2年)7月 - 兵庫工場竣工。 (平成3年)10月 - 創薬研究所竣工。 (平成6年)3月 - 日本ロシュが資本撤退、同年12月にイギリスの社が資本参加。 (平成8年)10月 - 住友商事が資本撤退。 (平成16年)4月 - GEグループがアマシャムを買収した事により、住友化学とGEヘルスケアの2社の出資となる。 (平成17年) - (PET診断)用の薬剤を国内で初めて販売。 主な事業所 [ ]• 本社 - 〒136-0075 3丁目4番10号• 関西事務所 - 〒661-0976 潮江1丁目2番6号• 創薬研究所・千葉生産部 - 〒299-0266 北袖3番地1• 兵庫生産部 - 〒669-1339 9番地1 不祥事 [ ]• (PET診断)用の薬剤の販売にが低価格で参入した際に、投与装置メーカーに富士フイルムの薬剤に対応する改良を阻止するために圧力をかけ、対応機器の発売後には病院側に虚偽の説明をするなどして富士フイルムの薬剤の販売を妨害。 それらの行為により薬価を高止まりさせたとして、(平成30年)にから違反(私的独占)容疑で立ち入り検査を受けた。 脚注 [ ].

次の