バナナ が いっ ぽん ありま した 歌詞。 とんでったバナナ(駄)

[mixi]『きのこ』の歌詞の謎。

バナナ が いっ ぽん ありま した 歌詞

お読みいただきありがとうございます。 初めて投稿させていただきます。 先日友人達とカラオケに行き、何気なく履歴を見ていたら、「童謡 とんでったバナナ」の表示が目に止まりました。 懐かしい! 今を去ることウン十年前、NHK のみんなの歌で放送されるのを、子供心にいつも心待ちにしていた曲じゃないですか! 早速歌ってみることに。 曲が進み、私が一番好きだったワニが出てくる場面、 「ポンポコ ツルリン ポン ツルリ」 …え? 「ポ」? 「ボ」じゃなくて「ポ」? 私の記憶では、「ボンボコ ツルリン ボン ツルリ」という歌詞に合わせてワニとバナナが楽しそうに踊ってたと思うのですが、なにぶん、昔のこと過ぎて記憶が定かではありません。 私の記憶違いでしょうか? ユーザーID: 8213624433 1968生まれのわたくし、 四歳の時に初めてレコードプレーヤーがウチにやってきて、 そのとき買って貰った立派なLPレコードが童謡集で、 その中にバナナの歌あったんですが。 割とあの歌が出たばかりのときですよね。 私がレコードに合わせて「ポンポコツルリンポンツルリ」って歌ってたら母が「ボじゃない?」と。 で、歌詞(レコードケースが歌詞冊子になってた)よくみたらボだった…という記憶があるんだけどなー。 歌のそこんとこだけ伴奏にコンガだかボンゴだかの太鼓の音が入ってたから、 「あー太鼓だからボンボコだよなー、なんでポンポコと思ったんだろ」 と不思議だった記憶があるんだなあ。 だからBOだと思うんだけど、 NHKのおかいつで最近流れてるのはPOですね。 ネットで歌詞検索すると両方あるけど… …まあ、はいだしょうこお姉さんがPOで歌ってるからPOでいっか。 お姉さんの地獄のスプーに弱いんだよね私。 ユーザーID: 2286039590• バナナ大好き トピ主です。 このようなくらだないトピを見てくださる方がいるのだろうかと不安でしたが、9名もの方にレスをいただき、大感激です!まとめてのお礼になりますが、レスをくださった皆様、本当にありがとうございます。 なるほど、いくつかのバージョンがあるんですね。 情報をいただいて、私もネットで検索したら、確かにいろんな方が歌っているバージョンがみつかりました。 恐らく私の年代(アラフィフです)に近い方々が「BO」で、比較的お若い方は「PO」で覚えておられるのかな。 余談ですが、ネットでいろいろと検索していたら、カラオケで歌う人の分布表を見つけました。 それによると、この曲を歌っているのは、男性より圧倒的に女性、年代は50代と30代が比較的多いですが、10〜50代まで幅広く歌われているようです。 はいだしょうこさんも歌っているとのことですので、若い方もご存知なんですね。 古い歌だと思い込んでいました。 「PO」も軽快でいい感じではありますが、南国の海岸で太鼓の音をバックに踊るワニとバナナには、やはり最初に覚えた「BO」の方が自分的にはしっくりきます。 今後は自信を持って「BO」で歌いたいと思います。 皆様の思い出やこの曲への想いを教えていただき、ますますこの歌が好きになりました。 本当にありがとうございました! ユーザーID: 8213624433•

次の

なぞなぞうた いたちのたぬき

バナナ が いっ ぽん ありま した 歌詞

こどものうた 童謡・唱歌 Tondetta Banana - とんでったバナナ バナナが いっぽん ありました あおい みなみの そらのした こどもが ふたりで とりやっこ バナナは ツルンと とんでった バナナは どこへ いったかな バナナン バナナン バナナ ワニが いっぴき おりました しろい しぶきの すなはまで おどりを おどって おりますと バナナが ツルンと とんできた おひさま ニコニコ いいてんき バナナン バナナン バナナ ワニと バナナが おどります ポンポコ ツルリン ポンツルリ あんまり ちょうしに のりすぎて バナナは ツルンと とんでった バナナは どこへ いったかな バナナン バナナン バナナ おふねが いっそう うかんでた おひげ はやした せんちょうさん グーグー おひるね いいきもち おくちを ポカンと あけてたら バナナが スポンと とびこんだ モグモグモグモグ たべちゃった たべちゃった たべちゃった English Translation もっと沢山の歌詞は ''Bananas That Flew Away'' There was one banana under the southern blue sky. Two children fought over it. The banana flew away suddenly. Where did the banana go? Banana banana banana. There was an alligator on a splashy white sandy beach. While dancing happily, the banana flew to the alligator. Smiling sun and the nice weather. Banana banana banana. The alligator and the banana danced together. Ponpoko Tsururin Pontsururi. The alligator was having too much fun. The banana flew away suddenly. Where did the banana go? Banana banana banana. A ship floated nearby. A captain with a beard, taking a nap, feeling good, with his mouth wide open. The banana jumped into his mouth. He munched and ate it. He ate it. He ate it. その他 2 トラックス 1.

次の

とんとん友だち 歌詞 童謡・唱歌 ※ 6tag.sixdegrees.org

バナナ が いっ ぽん ありま した 歌詞

食べられオチの元祖? バナナは小鳥の巣へ飛び込んでつつかれたり、ワニといっしょにボンボコツルンと踊ったり、最後は昼寝をしていた船長の口へ飛び込んでしまい、食べられてしまうという綺麗なオチがつけられている。 食べられてしまうというオチは、『およげ! たいやきくん』の「僕をうまそうに食べたのさ」のストーリーをほうふつとさせるが、同曲は1975年放送の曲であり、『とんでったバナナ』はその10年以上前の元祖「食べられオチ」を披露していたことになる。 安くて美味しいフィリピン産バナナ ちなみに、日本に安価で新鮮なフィリピン産バナナが輸入開始されたのは、『とんでったバナナ』がテレビ放送された翌年の1963年4月のこと。 それまでは台湾産に限定されていた。 フィリピン産バナナの普及により、日本でも手軽に安くて美味しいバナナが手に入るようになった。 現代においても、日本のバナナ輸入国はフィリピン産が9割以上を占めている。 安くて美味しいバナナはフィリピンのおかげ。 ありがとうフィリピン。 関連ページ 『ハンプティ・ダンプティ』、『ビンゴの歌』、『バスの歌』、『パフ』など、子供向けの英語の歌・キッズソング特集.

次の