トーンモバイル wifi。 TONEモバイルのWiFiサービスの概要

トーンモバイルの評判は実際どう?子ども・シニアに持ってもらたい格安スマホ!

トーンモバイル wifi

「 トーンモバイルって安いけど、通信速度や繋がりやすさはどうなの?」 「 トーンモバイルへ申し込むかどうかデメリットで判断したい!」 トーンモバイルは 月額1,000円から利用できるので、料金を抑えたい方にはぴったりの格安スマホです。 しかし、 通信速度が500kbps~600kbpsと他のキャリアよりも遅いため、動画視聴のためにはWi-Fiか有料チケットが必要です。 この記事では公平な視点でトーンモバイルのメリットとデメリットを解説し、どんな人におすすめできるのか、できないのかをご紹介します。 メリット デメリット 料金プランが2種類でわかりやすい 最大通信速度が遅い 月1,000円でデータ容量無制限 使える機種が限られている サポートが充実していて初心者も安心 動画視聴はWi-Fiか有料チケットが必要 プランで比較!トーンモバイルのメリット・デメリット ここではプランに焦点を当てて、トーンモバイルのメリットとデメリットをご紹介します。 トーンモバイルのプラン:4つのメリット プラン面においてトーンモバイルは、大きく4つのメリットがあります。 メリット1:料金プランが2種類でわかりやすい キャリア契約や格安SIM契約で困ってしまうのがプランの多さです。 また、割引サービスがあったとしても、それが契約先のベストな組み合わせになるとは限らない複雑さがあります。 一方、トーンモバイルのプランは ・Android用の月額料金1,000円 ・iPhone用の月額料金1,500円 の2種類のみです。 プラン選択時に迷わず済む点がメリットだと言えるでしょう。 メリット2:アフターサポートが充実している 例えば、大手キャリアでは有料となる「遠隔サポート」ですが、トーンモバイルは無料です。 スマートフォンを初めて持つ人にとっては安心できるうれしいメリットです。 さらに、家族間でも遠隔操作でのサポートが可能なので、「祖父母にスマホの使い方を教えたいけど、会いに行くには距離が遠い…」という場合でも、自宅にいながらサポートできます。 メリット3:データ容量の心配をしなくてもいい 格安SIMサービスの特徴と言えば「高速通信可能なデータ容量がプラン毎に決められている」点です。 このデータ容量が細かく定められているというデメリットがあるため、安価にモバイル通信が可能なのです。 しかし、トーンモバイルではこのデータ容量の心配をする必要はありません。 速度制限がありますが基本的には使い放題で、日常の利用ではストレスなく利用できます。 このようなメリットがあるトーンモバイルは、以下のボタンから申し込むことができますよ。 トーンモバイルのプラン:4つのデメリット メリットの一方で、デメリットも存在します。 詳しく解説していきます。 デメリット1:最大通信速度が500~600kbpsと遅い トーンモバイルの最大通信速度は500~600kbpsです。 他の格安SIMと比べても遅いスピードであるため、インターネットをよく利用する方はストレスを感じる可能性があります。 デメリット2:既にスマートフォンを持っている人はコスト面で不利 トーンモバイルではSIMカードのみの契約はできません。 契約時は、必ずトーンモバイルの端末を購入する必要があります。 スマホデビューの方にとってはデメリットにならないのですが、 既に端末を持っている人にとっては無駄な初期費用がかかってしまいます。 デメリット3:動画・アプリのダウンロードはWi-Fiか有料チケットが必要 トーンモバイルは通信速度が遅いため、動画の視聴やアプリをダウンロードする場合は高速データ通信を利用する必要があります。 高速データ通信はWi-Fi環境か、高速データ通信の有料チケット 1GBで300円 が必要です。 動画やアプリをよく利用する人にとっては不便でしょう。 デメリット4:MNP転入すると月額費用がかかる 電話番号をそのまま引き継げるサービス「MNP」を使ってトーンモバイル乗り換えた場合、 自動的に月額950円の「090音声オプション」が追加されます。 一般的に、MNP転入は手続き時に事務手数料はかかりますが、月額でコストがかかることはほとんどありません。 結論:スマホ初心者にはおすすめ!ネットや動画を利用する人には不向き トーンモバイルは料金プランがAndroid用の月額1,000円、iPhone用の1,500円と2種類のみなので、 契約時の煩雑さがなく、初心者には選びやすいスマホです。 例えば、「小さな子どもに持たせるからたくさんの機能はいらない」といった人にはおすすめできます。 ただし、 通信速度が遅いのでネットや動画利用する人には不向きです。 ネットや動画を中心にスマホを利用したい場合は、高速データ通信が使い放題の楽天モバイルが候補になるでしょう。 楽天回線エリアなら低速モードになることがないので、データ通信を気にせず利用したい人にぴったりです。 おすすめポイント• 楽天回線エリアなら高速データ通信で 使い放題!• いよいよ iPhoneもサポート開始• 今なら 1年間月額基本料金無料 1年無料は300万名限定 端末で比較!トーンモバイルのメリット・デメリット トーンモバイルのメリット・デメリットを端末面で比較してみました。 トーンモバイル端末:4つのメリット メリット1:モデルが2種類のため操作不明時の対処がしやすい Android端末は種類が多く、選ぶ楽しさがある反面、同じ機能でも操作が異なるようなカスタマイズがされています。 初心者にとっては選ぶだけで一苦労です。 しかし、トーンモバイルでは2020年6月9日現在「e19」「e20」の2モデルのみの提供となっており、たとえ操作方法がわからなくなった場合でも サポート体制を万全に用意しているというメリットがあります。 同機種かつ家族単位で契約した場合には、サポート窓口を利用せずに家族内で操作方法を解決できる可能性もアップします。 メリット2:端末代金19,800円と安い 大手キャリアの最新機種代金は2万~6万程度と高額になりがちです。 ところが、トーンモバイルは19,800円で購入できるため、初期費用を抑えることができます。 このアプリの特徴は次の通りです。 トーンモバイル端末:4つのデメリット デメリット1:目的の機能付きの端末が選べない可能性がある トーンモバイルは提供モデルが2種類しかないため、欲しい機能が搭載されていなければ諦めるしかない点がデメリットです。 デメリット2:最新機種への買い換え予測ができない トーンモバイルの遠隔操作サポートは公式提供の端末ならではのサービスです。 また、トーンモバイル契約時は最新だった端末もいずれは古いモデルとして使われなくなります。 その時、トーンモバイルがユーザーニーズに合わせて最新機種をリリースしてくれるのかどうかが鍵となります。 現時点ではこのポイントについては言及されておらず、長期的にトーンモバイルとの契約を考えている方にはデメリットになるでしょう。 デメリット3:最低利用期間が若干長い 他の格安スマホ MVNO は最低利用期間がないケースが多いのに対し、トーンモバイルは音声通話オプション無しでも最低利用期間2年間と少し長めです。 大抵、格安SIMのデータ通信専用プランには最低利用期間が無いのが格安SIMの利点なのですが、トーンモバイルでは他社でデータ通信専用プランに相当する月額1,000円プランにおいても最低利用期間が設定されています。 デメリット4:違約金は9,800円 契約から24ヶ月以内の解約については違約金9,800円がかかります。 違約金は大手キャリを含む他のモバイル会社でも徴収されるケースがほとんどですが、例えば楽天モバイルは最低利用の定めも解約金もありません。 低価格で利用できる点はメリットですが、違約金がある分、気軽に決められない点はデメリットでしょう。 結論:端末にこだわりがない人向き!ただし違約金がかかるので注意 トーンモバイルの端末は2種類あり、選ぶ手間がかかりません。 しかも、 端末代金は19,800円と他キャリアに比べて安いので端末にこだわりがない人にはおすすめです。 ただし、トーンモバイルの場合は契約すると2年間利用しなければならず、万が一 途中で解約する場合は違約金がかかります。 2年以内に解約する可能性がある人や、違約金なしで即時解約できる楽天モバイルを検討してみるとよいかもしれません。 プランは楽天モバイルUN-LIMITの1つのみで、1年間データ通信量無料キャンペーン中です。 手続きも全てWebから可能なのでなので、とりあえずとにかく早く料金が安いスマホに乗り換えたい人にはおすすめです。 おすすめポイント• 楽天回線エリアなら高速データ通信で 使い放題!• いよいよ iPhoneもサポート開始• 今なら 1年間月額基本料金無料 1年無料は300万名限定 トーンモバイルをオススメできない人とその理由とは? モバイルで動画を視聴したい方 トーンモバイルの通信速度では動画視聴に対応しきれないと考えておいた方がよいです。 ダウンロード型・ストリーミング型のどちらについても同様のことが言えます。 公式サイトでも、動画視聴のためにはWi-Fiか高速データを使用できる有料チケット(1GBで300円)を利用しましょうと記載がされています。 動画視聴をメインに考えている方にはおすすめできません。 通信速度を重視している方 本記事内でも紹介した通りですが、トーンモバイルのデータ通信速度は遅めです。 ダウンロードでは時間をかけることで対応はできるのですが、ダウンロードの待機時間の長さとそれに伴うスマホのバッテリー消費については高速なMVNOと比べるとどうしてもトーンモバイルが不利になります。 自分で用意した端末を流用したい方 - その1(Android) SIMフリースマホ、もしくはキャリア版スマホをお持ちの方はSIMカードをセットすることにより、モバイル通信が可能になります。 一般的な格安SIM業者ではSIMカード単体の契約が利用できます。 SIMカード単体の契約であれば自分で用意した端末を流用することができます。 しかし、トーンモバイルではSIMカード単体の契約はiPhone専用のプランしか存在せず、Android端末を希望の場合は契約時には必ず1台のスマホを新規購入しなければいけません。 Android端末を希望する場合は、どうしても初期コストがかさんでしまいます。 自分で用意した端末を流用したい方 - その2(iPhone) その1で解説した通り、SIMカード単体の契約は、iPhone用のプランしか存在しません。 そのため、自分で用意した端末を利用したい方は、SIMフリーのiPhoneをご用意いただく以外に選択肢がありません。 トーンモバイルに不向きな人は楽天モバイルがおすすめ トーンモバイルが不向きな人は、 ・モバイルで動画を視聴したい方 ・通信速度を重視している方 ・自分で用意した端末を流用したい方 だとお伝えしましたが、そんな方におすすめなのが楽天モバイルです。 楽天モバイルはデータ通信量が月額2,980円で利用できる第4のキャリアです。 費用面で考えるとトーンモバイルの方が安く利用できる可能性が高いのですが、トーンモバイルと違って通信速度が速いとのメリットがあります。 低速モードでも動画視聴ができるほどの速さなので、動画を視聴したい方におすすめです。 また、今使用中の端末が楽天回線対応製品であれば、SIMのみの申し込みをすることで今の端末のまま楽天モバイルを利用することができます。

次の

【必見】TONEモバイルは自宅のインターネット代わりに使える?徹底解説!

トーンモバイル wifi

TONEモバイルのスマホの初期設定方法手順まとめ STEP1. 使用言語を選択 スマホ本体の電源をボタンを押してしばらくしたら下記のような使用言語の選択画面が表示されます。 「日本語」を選択して黄色い矢印ボタンをタップします。 STEP2. WiFiネットワークの選択 Wi-Fiネットワーク(無線アクセスポイント)の一覧が表示されます。 自宅にWi-Fiがある場合は自宅のWi-Fiを選択してパスワードを入れて接続します。 またWi-Fiアクセスポイントがない場合は「スキップ」をタップします。 STEP3. NFCの設定 TONEのスマホはNFC搭載スマホです。 そのため他のAndroid端末から設定を引き継ぎたい場合はNFCを 使って設定を引き継ぐ事が可能です。 通常はこの作業は必要ありませんので「スキップ」をタップします。 STEP4. Googleアカウントの設定 Googleアカウントを設定します。 既にGoogleアカウントを持っている場合はメールアドレスとパスワードを 入力します。 もしGoogleアカウントを持っていない場合は 「新しくアカウントを作成」をタップしてアカウントを作成します。 Googleアカウントのパスワードを入力します。 「同意する」をタップして設定を続けます。 STEP5. 携帯電話の保護設定 TONEのスマホを他人に使わせないようにパスワードやパターン、PINコード などでスマホを保護できます。 スマホを保護するには「画面ロックを今すぐ設定」 をタップして設定します。 スマホの保護が不要な場合は「スキップ」をタップします。 下記のとおりにチェックを入れます。 デバイス管理を有効にするかを聞かれるので 「有効にする」をタップします。 「アカウント設定成功」とメッセージがでたら Googleアカウントと端末ロックの設定は完了です。 「OK」をタップします。 STEP6. ホーム画面の選択 ここまで設定するとホームアプリの選択画面が表示されます。 「ランチャー」を選択して「常時」をタップします。 この画面がでたら初期設定は完了です 「OK」をタップします・ これでTONEモバイルの初期設定は完了です。 お疲れ様でした! LINEなど好きなアプリをダウンロード&インストール して自分の使いやすいスマホにしましょう。

次の

トーンモバイルを無料WIFIスポットで公衆無線LANを使う方法

トーンモバイル wifi

TONEモバイルとは? TONEモバイルは、子供向けやシニア向けのスマホを販売している会社で、格安SIMなども提供しており月額料金が1,000円からのシンプルなプランが特徴です。 最近では坂口健太郎さんがCMでも放送しており、子供からシニアの方まで人気となっております。 現在TONEモバイルのスマホは、TSUTAYAやTONEモバイルの公式サイトで購入することもできます。 また、店舗にスマホを持っていくことで、サポートを受けることができますので、 トーンモバイルは初心者の方には利用すやすいのが特徴です。 月額料金は1,000円から トーンモバイルは月額1,000円の基本プランがあります。 また、TONE SIM for iPhone(月額1,500円)というプランがあり、iPhone専用のSIMが用意されています。 基本的にどちらのプランも050の電話番号がもらえるプランです。 090の電話番号を使う場合はオプションをつける 090の電話番号を新規で使いたい、MNP転入したい場合には「月額950円の090音声オプション」を追加すると使うことができます。 通話料金について また、通話料金は050ならトーンモバイル同士なら無料ですが、それぞれには以下の料金で電話をかけることができます。 安心オプション:月額500円(破損・盗難時に端末を交換してくれる)• SMSオプション:月額100円• 090音声オプション(SMS付き):月額950円• 090電話かけ放題:月額750円(5分かけ放題)• TONEかけ放題オプション:月額500円(050の電話番号のみ10分かけ放題) TONEモバイルは、結構シンプルですのでキャリアのようにプランを迷う心配もなく スマホで利用できるトーンモバイルの6つの特徴 トーンモバイルの以下5つの特徴についてお伝えしていきます。 データ量が使い放題 トーンモバイルは、2017年3月1日までは3日間で300MBのデータ通信量しか使うことができませんでしたが、 現在では通信制限がなくデータ通信量が使い放題になっています。 電波を繋がりやすく利用できます。 詳しいエリアにつきましてはをご覧ください。 iPhoneも利用できる トーンモバイルでは、iPhone端末専用の「TONE SIM for iPhone」が月額1,500円用意されており、お持ちのiPhoneにSIMをさして使うことができます。 対応している機種は、iPhone5s以降のSIMフリー版かドコモの機種ですが、 auやSoftBankの機種を使いたい場合は、iPhone6s以降ならSIMロック解除をすることで可能です。 ちなみにiPhoneのSIMはAndroidのスマホなどでも利用できと多数の報告がありますが、利用は自己責任で行なってくださいね。 子供に安心のTONEファミリーが利用できる トーンモバイルは、子供に安心のTONEファミリーという機能が利用でき以下の安心があります。 子供の位置情報を確認できる• スマホを利用できる時間を制限できる• ネットのトラブルから子供を守ってもらえる• 有料アプリを購入やダウンロードできないように設定ができる• 歩きスマホをすると警告や設置しておいたメールアドレスに連絡が来る トーンモバイルのスマホは子供が安全に利用できるように作られています。 子供の初めてのスマホ、通学時の時のトラブルなどに心配はつきものですので、こういった TONEファミルー機能があるのは嬉しいポイントです。 また、全国のTSYTAYAを利用すると200円ごとに2ポイント貯めることもできます。 Tポイントを貯めて利用している方にとってトーンモバイルは良いサービスだと言えますね。 トーンモバイルでスマホを契約する前の注意点 トーンモバイルでスマホを契約する前の注意点は1つです。 口コミなどでもよく言われていましたのでぜひ読んでおいてくださいね。 最低利用期間 トーンモバイルには、スマホとSIMをセットで購入する方法と、iPhone専用のSIMカードだけを購入して使う方法の2種類があります。 スマホを購入した場合は24ヶ月間の利用期間がある iPhone専用のSIMカードだけを購入して使う場合には最低利用期間はありませんが、 スマホとSIMをセットで購入する場合は24ヶ月間の最低利用期間があります。 24ヶ月以内に解約をした場合の違約金は9,800円ですが、 キャリアのような自動更新はありませんので、24ヶ月目以降はいつでも解約をすることができます。 トーンモバイルのスマホを使っていた方の通信速度の評判について トーンモバイルを使っている方の口コミなどで通信速度が遅いなどといった評判を以下のようによく見かけます。 普段は200kbpsの低速モードで必要なときだけ高速モードにスイッチオンする私からしたら、500kbps — 600kbpsの速度で月額1,500円で使い放題(電話代のぞく)のトーンモバイルって、人によっちゃあこれで全然十分なんじゃあないの?時間帯によって200kbpsくらいに落ちちゃうとかだとアレだけど。 — kittaka htkkk4 でも満足している方もいらっしゃいますが、実際の通信速度などを含めて見ていきましょう。 通信速度は最大500〜600Kbps程度 トーンモバイルの通信速度は、回線の状況により変化しますが、最大通信速度は500〜600Kbps程度しか出ません。 以下の口コミをご覧ください。 そんなのわかりませんね。 トーンモバイルは0. 5Mbpsですので、動画視聴には向きません。 — スマホを安く使う SumahoYasuku それはトーンモバイルは、安くスマホを利用したい方や子供やシニアの方向けに作られたサービスだからと言えます。 500〜600Kbpsの通信速度はウェブサイトがみれる程度 ちなみに500〜600Kbpsの通信速度はウェブサイトを開くには少し遅くはなりますが、スマホで見る程度なら利用できます。 ですので、毎日頻繁に動画やネットを利用したい方には向いていません。 評判通り実際の通信速度は300Kbps程度 特にYouTubeの標準画質などでも約1Mbps程度の通信速度は必要ですが、 実際の通信速度は時間帯や場所によりますが約300Kbps程度出て入れば良い方です。 トーンモバイルでYouTubeを視聴したい場合は、 144Pの最低画質の視聴でも動画が止まったりしますので注意してくださいね。 ですので、 TONEモバイルは電話やLINE、ネットを少し程度見る方に向いています。 高速通信を利用したい場合は高速チケットの購入がおすすめ Toneモバイルの公式サイトでは、動画やアプリのアップロードをする場合には高速チケットを別途購入することを勧めています。 通常ドコモなら2GBのデータ量を購入すると2,500円します。 トーンモバイルの1GB300円という料金は安くお得に使うことができます。 常に動画などを観るなら他社の格安SIMかポケットWiFiを持っておくのも1つ 頻繁に高画質の動画の視聴やネットサーフィンをする場合は、トーンモバイルでは少し厳しいですので、以下の方法もおすすめです。 1Mbpsの最大通信速度で使い放題な楽天モバイルのスーパーホーダイにする• トーンモバイルのスマホの本体価格 現在、 トーンモバイルで購入できるスマホは、海外のODMメーカと共同開発した「TONE e19」の1機種のみですが、スマホの本体価格は以下となっています。 一括払い:19,800円• 24回払い:825円 本体価格は、高くはなく安く購入できるスマホといった感じです。 防水性能はついていませんが、 以前評判の悪かった「TONE m17」のスマホよりもバッテリー性能が良くなっています。 また、 スマホにトラブルがあった場合には、購入した時についている専用の箱にスマホを置くだけで不具合を検知して自動的に修復してくれます。 ですので、 初めてスマホを持つシニアの方やお子様の方には最適ではないでしょうか。 また、月額500円の繋がる端末保証に加入することで自然保証、破損、水没などの故障時に年に2回まで修理を行なってもらうこともできます。 4mm 幅:73. 2mm 厚さ:8. 1 Oreo CPU Snapdragon 450 1. まとめ!トーンモバイルはこんな方におすすめ トーンモバイルは通信速度が早くありませんので、動画を頻繁に視聴する方には向いていませんが、こんな方にはおすすめです。 電話やLINEは利用するがネットはあまり使わない• 子供に安心できるスマホを探している• シニア向けのスマホが欲しい• とにかく安くスマホを使いたい• プランを選ぶのが面倒でシンプルにスマホ使いたい 基本的にトーンモバイルは通話がメインで、ごくたまに高速チケットを購入して動画を視聴する方には最適なスマホです。 ぜひ、お子様やシニアの方に最適な使い方でトーンモバイルを楽しんでくださいね。

次の