ソフトバンク 解約 金 1000 円。 ソフトバンクのりかえ時の注意点!プラン変更しないと違約金がかかる!

ドコモ・au・ソフトバンク解約にかかる費用は?|新料金プラン適用後の最新情報

ソフトバンク 解約 金 1000 円

総務省は6月21日、改正電気通信事業法の施行に伴い必要となる関係省令等のを作成した。 解約違約金1000円や端末の値引き上限2万円など大がかりな改正となる新ルールについて、公表された省令等をもとにQ&A式で解読を試みたい。 具体的にいつから新ルールが始まるのか。 新ルールの開始日にあたる法律の施行日は政令で定められることとなっており、いまだ流動的だ。 ただし、締切は決まっている。 改正電気通信事業法は6月17日に公布されたが、施行日は公布から6ヶ月以内と定められている。 つまり、最長でも11月中旬には新たな法律が適用されることとなる。 夏から秋にかけて発売される新端末は現行ルールのままでもよいため、駆け込み的なキャンペーンも考えられるが、総務省は釘を刺している。 総務省は各社に7月、9月、12月の3回、状況を報告することを求める徹底ぶりで、この要請に抗うのは難しそうだ。 新ルールが開始したら、本当に1000円で通信会社を乗り換えられるのか。 「違約金1000円」との衝撃的な文言からそのような印象を受けるが、大きく2つの観点から、答えは「1000円では乗り換えられない」と言える。 ひとつは違約金以外の手数料だ。 1000円というのはあくまで契約途中に解約する場合の違約金の上限だ。 乗り換え先の通信キャリアに対して「契約事務手数料」(おおむね3000円程度)を支払う必要がある。 また、今使っている携帯番号を引き継ぐには「MNP転出手数料」もかかってしまう。 もうひとつは契約上の問題だ。 法律が施行されたからといって、今の利用者の違約金が自動的に1000円に下がる訳ではない。 通信会社側が「今の利用者に対しても違約金を1000円に値下げします」と言わない限り、新ルールに適合した(違約金が1000円に設定された)料金プランに移行する必要がありそうだ。 また、契約に自動更新が盛り込まれたプランの利用者はさらなる注意が必要だ。 既存の契約(既往契約)については、今秋以降に更新日を迎えた場合であっても今の条件で更新してもよいとの特例が設けられた。 新ルールは、新規参入する楽天モバイルに有利だと言われているが。 さきほど述べた通り、新ルールの施行直後に違約金1000円で乗り換えられる利用者はほとんどいない状況で、流動化が加速するかは未知数だ。 実は楽天モバイル自身この点を理解しており、総務省研究会の議論において「政策効果が幅広く行き渡るよう、法施行後は既存プラン契約者の違約金も免除すべき」と主張していたほどだ。 また、今でこそどの通信会社であっても通信品質に大きな差はないが、一昔前は各社が通信速度やエリアでしのぎを削っていたことからも、高品質なネットワークを作り上げるにはそれなりの時間とコストがかかるものである。 立ち上げたばかりの楽天モバイルが品質やサービス面で利用者の期待に応えられなければ、せっかく乗り換えたユーザーがすぐ他社に移ってしまうことも考えられる。 新ルールは同社にとって諸刃の剣だろう。 一部のMVNOは新ルールの対象外と聞きました。 ユーザー数が100万以下のMVNOは、新ルールで定められた禁止行為(端末値引き、行きすぎた囲い込み等)の対象外となっている。 ただし、抜け道をふさぐため、通信会社(MNO)の関連会社は一律で対象となった。 とおり、MNOの関連会社であるビッグローブやLINEモバイルなどが該当する。 総務省告示案によれば、禁止行為の対象事業者は25社だ。

次の

解約違約金「1000円」総務省新ルール、その中身を解読する

ソフトバンク 解約 金 1000 円

ソフトバンクショップへ行く• 本人確認書類、申し込み印、USIMカードをスタッフの案内に沿って提示・返却する 解約手続きはソフトバンクショップのみで受付可能です。 ネットや電話で手続きを行うことができません、必ず店頭に足を運んでください。 解約時には、本人確認書類が必要となります。 使用できる本人確認書類を一覧にまとめました。 本人確認書類は必ず 原本が必要となります。 ソフトバンクショップ・オンライン・電話でMNP予約番号取得• 乗り換え先の他社回線・格安SIMにて、MNP予約番号を申請して転入手続き• 転入手続き完了とともに、ソフトバンク解約完了 MNP転出手続きをする際は、 ソフトバンクショップ、My SoftBank(オンライン)、電話で手続きを行う必要があります。 家電量販店や代理店などのソフトバンクコーナーでは、MNP転出手続きはできません。 (MNP転出のサポートは行ってくれますが、自分でMNPお問い合わせ窓口に電話する必要があります。 乗り換え先の格安SIMによって、契約手続き〜SIMカード発送に必要な期間が異なります。 乗り換え予定の格安SIMの公式サイトに、必要有効期限日数が掲載されているので確認してください。 MNP予約番号を取得したら、速やかに乗り換え手続きをするのがおすすめです。 乗り換え先の格安SIMにMNP予約番号を提出して、MNP転入手続きを完了した時点で ソフトバンクの解約も完了します。 下記記事でソフトバンクのMNP予約番号の発行手順やMNPの注意点を総合的に紹介しています。 あわせて確認してください。 ソフトバンク解約前の注意点 ソフトバンクを解約するにあたり、何点か注意点があります。 解約する際にトラブルに発展しないように、注意点を抑えておきましょう。 解約金・契約解除料 ソフトバンクの更新期間以外に解約手続きをする場合、解約金や契約解除料が発生します。 いつ解約しても解約金が不要な点は大きなポイントです。 解約月の日割り ソフトバンクでは解約月の日割りが可能なプランと、不可能なプランがあります。 プランごとに表にまとめたので、あなたが加入しているプランは、日割りが可能かどうかを確認ください。 月額料金を損をしないためにも、締め日ギリギリに解約するのが良いですよ。 また、「月月割」は解約の前月まで割引が適用となります。 端末分割払いの料金 端末代金を完済していない状態でも解約は可能ですが、端末代金を払い続ける必要があります。 分割払いで払い続ける方法と残金を一括払いする方法の2パターンです。 分割払いの場合は、今まで通りソフトバンクから毎月請求が来ます。 一括払いの場合は下記のいずれかの方法で手続きをする必要があります。 ソフトバンクショップ• チャット• 電話 どの方法でも手続きは簡単です。 端末残金は一括払いで払うことをおすすめします! 分割払いの場合、新しく契約した格安SIMからの請求と、ソフトバンクからの二重請求になり、混乱を生んでしまう可能性があります。 お金の出入りは明確な方がスッキリしますし、トラブルを避けられますよ。 解約手数料が不要な更新月 ソフトバンクを解約する際は、解約手数料がかかると上記で説明しましたが、 解約するタイミングによっては、解約手数料を支払わずに解約できます。 ソフトバンクと契約している料金プランのほとんどが、2年縛りと呼ばれる2年契約のプランです。 2年契約の途中に解約したら、解約金がかかります。 しかし、2年契約を更新する更新月・更新期間のタイミングであれば、解約金を支払わずに解約できます。 更新月は契約した月を基準に、 24ヶ月目、 25ヶ月目、 26ヶ月目です。 解約金を支払わずに解約したい場合は、更新月に該当する3ヶ月以内に解約しましょう!• 10日• 20日• 末日 ほとんどの料金プランでは日割りができないので、締め日ギリギリまでソフトバンクを使用してから、解約するのが最もお得です! 締め日の確認は、 契約書の控え、 紙の請求書、 LINEから確認できます。 締め日を確認してから、解約するタイミングを決めましょう。 また格安SIMの多くは、3月や9月といった半期締めのタイミングで、お得なキャンペーンを開催するケースが多いです。 お得なキャンペーンが開催しているタイミングで乗り換えるのも1つの方法ですよ。 ソフトバンク解約前に気になるポイント ソフトバンクを解約する前に気になるポイントもあると思います。 代表的な気になるポイントを2点あげたので、一緒に見てみましょう。 一括購入割引の違約金はある? 一括購入割引に惹かれてソフトバンクに乗り換えた人も多いと思います。 一括購入割引の対象となっているのは下記の機種です。 一括購入割引対象機種 iPhone 7 32GB、iPhone 7 128GB、iPhone 7 256GB、 iPhone SE 16GB、iPhone SE 32GB、iPhone SE 64GB、iPhone SE 128GB 参照: 「」 どの機種であっても、契約から24ヶ月経過していれば契約解除料は無料です! ただし、24ヶ月以内に解約する場合は、機種ごとに契約解除料が発生するので注意しましょう。 格安SIMに乗り換えるとお得になる? ソフトバンクを解約する場合、解約金やMNP転出手数料などの費用がかかります。 一見すると高い費用がかかるので、乗り換えると損をするように見えてしまいます。 しかし、格安SIMはあなたの使いたいサービスやデータ通信量に応じて、豊富なプランを用意しています。 月額料金1,000円台からのプランも多く、毎月1万円近い通信を払う必要がなくなります。 月々の通信費を半分以下にすることも可能です。 解約する時は、お金がかかりますが、長い目で見たら確実に格安SIMにした方が安く利用できますよ。 月々の通信費を抑えて、お得にiPhone・スマホを利用したいなら、格安SIMに乗り換えるのがおすすめです! 下記記事でソフトバンクからお得に乗り換えできるソフトバンク回線を使用した格安SIMを一覧で紹介しています。 ソフトバンクを解約する場所は手続きによって異なるので、不安ならソフトバンクショップへ行くのがおすすめ• 解約金やMNP転出手数料がかかるが、更新月に解約すれば解約金は無料になる(2019年10月1日以降の契約は解約金0円に変更)• 端末の分割払いが終わってなくても解約は可能だが、解約後も端末代金の請求が続くので、残りの端末代金は一括払いがおすすめ• 解約するにあたり料金プランの日割りが適応されないケースがほとんどなので、締め日ギリギリに解約するのがお得• 解約金や手数料がかかったとしても、格安SIMに乗り換えた方が安くiPhone・スマホを使える 投稿者名: saitama キャリア.

次の

ドコモ・au・ソフトバンク解約にかかる費用は?|新料金プラン適用後の最新情報

ソフトバンク 解約 金 1000 円

MNP転出料が値上げするかも? 携帯解約時の違約金が1,000円になることで、今使っている電話番号をそのまま利用して他社に移る MNP(ナンバーポータビリティー)の転出料を値上げする手段に入る可能性もあります。 現在契約している携帯会社からの転出は3,000円です。 そこに1,000円になる前の違約金9,500円が乗った12,500円にMNP転出料を値上げすると今までと変わらない状態になります。 『解約するのは1,000円でいいよ。 でも、転出するなら12,500円ね。 』 って感じです。 MVNOのMNP転出料金設定に近くなる? ドコモ、ソフトバンク、auと違いMVNOの数社は契約期間を定めていない代わりに短期のMNP転出時のみ手数料が高く設定しています。 解約だけなら違約金0円のMVNO3社です。 違約金が0円の代わりに 契約継続期間によってMNP転出料の金額が設定されています。 違約金1,000円の根拠 この違約金1,000円の根拠は、 『他社に乗り換える時に違約金がいくらなら乗り換える?』 といった、利用ユーザーにアンケートを取った際に 『1,000円未満であれば乗りかえる』 が8割だったことからきています。 国が民間企業にユーザーの求めている金額に合わせろっていうのも変な感じですね。 まとめ 抜け道はあるといいましたが、今回の違約金値下げの根本的な理由は『ユーザーが気楽に乗り換えはできるように』するためのものなのでMNPの転出料の規制もやってくれる可能性があります。 しかし、総務省は徐々に規制をかけていくので一旦今回は違約金は1,000円、その後MNP転出料が値上げされたあとにMNP転出料金額規制といった流れになりそうです。 今年は総務省からの規制でキャリアが苦しい状況になるため、安くスマートフォンを手に入れる機会は今月までと思われます。 スマートフォンを安く買い替えたい人は、違約金が9,500円でもそれ以上にお得に新しいスマートフォンが手に入る今月中にすることをおすすめします。

次の