フンナムジョンウム。 恋のトリセツ〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌〜

フンナムジョンウム(原題)|番組詳細|韓流No.1 チャンネル

フンナムジョンウム

うーーーーん、視聴率どおりなドラマだった。 同時間帯放送は、MBC:『ここに来て抱きしめて』 KBS2:『スーツ』『あなたのハウスヘルパー』 tvN:『キム秘書がなぜなのか』 「スーツ」平均視聴率8,92% と 「キム秘書」平均視聴率7. 45% は まだ視聴率が良く、「フンナムジョンウム」「ここに来て~」が同じ日に最終回で 『ここに来て抱きしめて』の平均視聴率は4.50%で 『フンナムジョンウム』は3.62%でした。 私はKNで毎週視聴しました。 まさか・・・ ナムグン・ミン & ファン・ジョンウム で 視聴率3%になろうとは、予想してなかったんじゃない? ナムグン・ミンの出るドラマ、ずっと視聴率取れてたし ファン・ジョンウムの出るラブコメも、いつも好評だったし さらに、ナムグン・ミン & ファン・ジョンウム の 7年ぶりの共演(私の心が聞こえる 以来)のおまけ付き! でも、 確かに・・・ あまり面白くなかった そんなに悪い人も出てこないし・・・ いつものファン・ジョンウムっぽいラブコメだったのだけどね。 (^^;) このドラマがイマイチだった原因は・・・ そもそも、結婚して子供を産んだファン・ジョンウムが また同じようなラブコメに? 別に見たくないし 子どもを産んでの復帰作なのだから・・・ 恋愛シーンの多そうなラブコメは、なんだかちょっとねぇ~ それよりも、これまでと違う雰囲気のドラマを見たいでしょ! あと・・・ ナムグン・ミン(40歳)と、ファン・ジョンウム(33歳)がやるには ちょっと幼稚な内容のラブコメだったと思う! 大人な2人がやらなくても良いんじゃない? 20代後半ぐらいまでの役者に向きそうな内容と言うか・・・ とにかく、脚本自体、イマイチだったかと それが大きい! ちっともワクワクしない展開だったし 2人がくっ付こうが離れようが、どうでも良かった感じ。 (^^;) 2番手、チェ・テジュンも全然活かされてなかった もったいない。 チェ・テジュンの無駄遣い! さらに・・・ こちら2人のサイドストーリーなんて まったく興味沸かなかったし 男性がキモチ悪かった。 キャラも、2人ともあまり魅力がなかった。 (^^;) なんだかね。 見ていられない程つまんないとは思わなかったけど・・・ 見ててもあまり面白さは感じられなかった でも、 私的にこのドラマの良かった点があって・・・ 音楽はどの曲も聴きやすかった.

次の

「フンナムジョンウム」チェ・テジュン、ファン・ジョンウムに告白“友達はもうやめよう” Big News TV

フンナムジョンウム

出演者の名前からとったのかな~? 役名も同じなんだわ 似たようなカタカナがいっぱいで頭パニックだわ~ 笑 ファン・ジョンウムさんとナムグン・ミンさんが主演のラブコメです ストーリー 恋を拒否する非恋愛主義者のフンナム(ナムグン・ミン)と 愛と結婚を人生の目標としているダイビング選手出身 ダイビング選手なのに水が怖い の 結婚紹介会社カップルマネージャーのジョンウム ファン・ジョンウム が出会うことから繰り広げられるラブコメディー 恋愛不可能の会員たちのソロ脱出を助ける過程で自分たちも恋に落ちてゆくのか? 派手でうるさいおばちゃんではないです 犬好き! 犬の写真撮るのも好きです。 数年前から韓ドラに嵌っています。 2019年再発。 8月よりTC療法受けます。 2020年3月~4月に放射線治療完了。 これからの人生は「がん」と共にです。 宜しくお願い致します。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

韓国ドラマ「恋のトリセツ〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌〜」あらすじや日本語字幕付動画を無料で視聴する方法をご紹介!|K

フンナムジョンウム

出演者の名前からとったのかな~? 役名も同じなんだわ 似たようなカタカナがいっぱいで頭パニックだわ~ 笑 ファン・ジョンウムさんとナムグン・ミンさんが主演のラブコメです ストーリー 恋を拒否する非恋愛主義者のフンナム(ナムグン・ミン)と 愛と結婚を人生の目標としているダイビング選手出身 ダイビング選手なのに水が怖い の 結婚紹介会社カップルマネージャーのジョンウム ファン・ジョンウム が出会うことから繰り広げられるラブコメディー 恋愛不可能の会員たちのソロ脱出を助ける過程で自分たちも恋に落ちてゆくのか? 派手でうるさいおばちゃんではないです 犬好き! 犬の写真撮るのも好きです。 数年前から韓ドラに嵌っています。 2019年再発。 8月よりTC療法受けます。 2020年3月~4月に放射線治療完了。 これからの人生は「がん」と共にです。 宜しくお願い致します。 カテゴリー• アーカイブ•

次の