マツダ 3 ディーゼル。 マツダのクリーンディーゼルの評価が高い理由3つ!口コミも分析!

マツダ「CX

マツダ 3 ディーゼル

なぜ、マツダのディーゼルはいまだに、たび重なる不具合が多発しているのですか? マツダのディーゼルエンジンに不具合が多発しているようです。 ネット上で見る限り、多いのはデミオやCX-3に搭載されている、1. 5Lのクリーンディーゼルエンジンです。 2Lディーゼルエンジン搭載車でもリコールが発表されました。 DPF再生とは・・・ 株主総会にて 2016年9月2日追記 2016年9月24日追記 ユーザーにできる対策 2017年2月25日追記 新車、中古車を契約の前に! どうやら、DPF再生されるときにノッキングする。 という不具合のようです。 DPF再生とは・・・ クリーンディーゼルエンジンには、DPFという有害物質を除去するフィルターが付いています。 このフィルターで有害物質を捉えて、排気ガスを浄化するわけですが、このDPF自体が汚れてきます。 その汚れを、エンジンを吹け上がらせて有害物質ごと内部で焼却してしまう。 という仕組みです。 DPF再生中にノッキングが発生し、全然加速しなくなった。 などという不具合が報告されています。 中には、エンジン載せ替えの対応を受けている方も。 f:id:totalcar:20170225190352j:plain出典:mazda. com 通常、エンジン載せ替えの対応はなかなかありませんので、そういった意味では誠意のある対応をしているともいえるのでしょうが。 加速しなくなった。 というと、フィットハイブリッドが加速しなくなる例が多発していたことが思い出されます。 この時、ホンダはソフトウェアアップデートで対応しようとし、結果としてリコールを5回も連発する結果となりました。 もちろん、不具合の内容が違うので一概には言えませんが。 マツダのクリーンディーゼルエンジンは、まだ発売されて年数が経っていないため、耐久性に少し疑問が残るかな?という感じですね。 アクセラのマイナーチェンジでこの1. 5Lクリーンディーゼルエンジンが搭載されるわけですが、不具合は解消されていることを願うばかりです。 株主総会にて 2016年6月28日、マツダの株主総会が開催されました。 株主総会の場で、ディーゼルエンジンの不具合について株主から指摘が出たのですが、マツダ側は、「市場から情報は入っている。 現在、詳細な原因の究明をしている」とのことでした。 現時点では、メーカー側は把握しているものの、原因究明はできていない。 ということですね。 これから、アクセラにも展開されるわけなので、早期の原因究明が望まれます。 2016年9月2日追記 マツダから、デミオ、CX-3、アクセラの1. 5Lディーゼルエンジン搭載車のリコールが発表されました。 状況、原因 ディーゼルエンジンにおいて、エンジン制御コンピュータの吸入空気量制御が不適切なため、気筒内の燃料濃度が部分的に濃くなり、燃焼時に多く煤が発生することがあります。 そのため、排気バルブが開いた際に煤が排気側バルブガイド周辺に入り堆積して、バルブが動きにくくなり、圧縮不良による加速不良や車体振動が発生し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあります。 対策 全車両、制御プログラムを対策プログラムに修正します。 また、インジェクタおよび排気側のバルブ周辺に堆積した煤を清掃します。 カーボンの清掃と、ソフトウェアの改善で対応するようです。 アクセラに1. 5Lディーゼルモデルを投入する前にメーカーはこの自称を把握していたはずですが、改善してから投入せずにリコールになったのは対応に疑問が残りますね。 2016年9月24日追記 リコール対策後の車でエンジンチェックランプが点灯するという事象が確認されているようです。 comの掲示板でも複数報告が上がっています。 ディーラーで見てもらっても原因がわからず、本社へ送って調査するといった対応になっているユーザーもいるようです。 どうやら、リコールで一件落着。 というわけにもいかなさそうです。 ユーザーにできる対策 リコールが発表され、恐らく改善されたとは思いますが、ディーゼルエンジンはその仕組み上ガソリンエンジンよりもカーボンが溜まりやすいという特徴があります。 一部ディーラーでは、SKYACTIV-Dの特徴を引き出すための運転アドバイスという用紙が配布されています。 その内容は、 1. アイドリングストップを心がけて頂くとともに、短い走行距離でのご使用が多い場合は、エンジンのコンディションを整えるために週に1~2回、30分以上の走行を実施いただくことをお勧めします。 長時間のアイドリングや短距離走行の繰り返しは、煤が発生しやすくなります。 アクセルペダルの急なON、OFF操作を行わない運転をお願いします。 アクセルペダルの急なON、OFFは、煤が発生しやすくなります。 MT車においては、ギヤシフトインジケーターも参考にして頂き、エンジン回転が1200rpm以上をキープする走行を心がけて運転されることをお勧めします。 補足2017年2月25日追記 CX-5、アテンザ、アクセラの2. 2Lディーゼルエンジン車のリコール内容は、 インジェクタ取り付けナットの締結力が不適切なため、エンジンオイルが炭化し、最悪エンジンが焼き付く ・整備作業時の燃料リターンホースの取扱が不明確で、燃料漏れの可能性がある ・減速時のエンジン制御が不適切なため、煤がたまり、最悪の場合エンストする ・過回転制御が不適切なため、アクセル全開時などにエンジンが焼き付く恐れがある といったものです。 この記事で話題としているカーボンに関する項目は、3つ目の項目ですね。 減速時のエンジン制御が不適切なため煤がたまるということなので、ユーザーの運転操作で対策できることはなさそうです。 エンジン回転が1200rpm以下からアクセルを踏み込むと、煤が発生しやすくなります。 短距離走行を繰り返しつつ運転も荒いと厳しいみたいですね。 知人がCX-3を所有していますが長距離走行が多いためかノートラブル! リコールでどこまで改善されたか見守っていきたいと思います。 不具合の理解と対応、マツダはよくやっている方かと。 もっとすごいメーカーありますからw フィットの話も出ていますね。 実は今も加速しなくなる課題は普通に残っています。 こちらも運転操作とは関係なくバッテリーや道路状況次第。 価格ドットコムさんのレビューがとても分かりやすい! フィットやフリードと同じi-DCD搭載のヴェゼルです。 参考順に並べかえると走行不能、動かない状況のまとめ等々が.... キビキビ走らず距離乗らず荒れた路面を避けるべき車です。 ちなみに後発フリードHVも「踏んでも加速せず」........... 評論家のみなさんも重い口を開いてくれるようになりました。 比較しても仕方ないですがホンダはもっと凄いかなぁ.... ホンダには企業倫理を取り戻してほしいと思うこの頃です。 長文申し訳ありません。 マツダは。。 一昨年から、連続8回、同一内容でリコール届を出した、 マツダの場合は、火災車両が続出したり、煤がたまって エンジンストップ、 重大事事故生命にかかわる欠陥車ですから、これを 電子制御のプログラムの書き換えで、繰り返し対応を試みたが・・ 未だに解決が出来ていない。 おまけに対応が遅すぎて国土交通省から前人未到の行政指導! スカイアクティブと言う ハードの設計上の不良を、ソフトで対応してること自体が無理。 現場社員は、リコール対策と対応で、疲弊しっぱなし。 何の責任も無い、販社・ディーラーは、販売不振で悲鳴。 ------------------------------------------------------------- マツダ一人負けの実態。 マツダの品質、技術は中華レベル ------------------------------------------------------------------------ 《マツダ欠陥車》 《一人負けマツダ》 《マツダ野ざらし殺人事件》... マツダ信者は、終わった事と信じてますが、 これは、正しく現在進行形ですよ。

次の

マツダ3の人気グレードを比較!売れ筋のディーゼルやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

マツダ 3 ディーゼル

出典: CX-3 マツダから発売されているCX-3に使われているエンジンはディーゼル車のみの設定と、ちょっと他のメーカーとは違っています。 しかも、何かちょっとイメージの悪いディーゼルエンジンを使っているところが気になります。 だって、ディーゼルって黒煙を出しながら走っているイメージが強いかと思うんです。 こちらで詳しく書いています。 職場の上司が乗っていましたから。 私のような地方に住んでいる田舎の人間としては、ディーゼル車はとても重宝する車です。 ただ、東京、大阪など大都市では排ガス規制が厳しいので、ディーゼル車はそこまで人気のない車だと思っていました。 そんな中、マツダのSUV「CX-3」は人気が高いらしいということで、余計に気になっているところ。 特に燃費に関して。 ということで今回は、マツダのCX-3ディーゼルの燃費について詳しく見ていきたいと思います。 全長、全幅、全高ともにひと回り大きいです。 こちらでも詳しく書いています。 ただ、全高に関してはほんの少しCX-3のほうが高いだけですが。 よーく見ないとデミオとCX-3は見間違えると思います。 だって、内装はほとんど同じ物を使用してますので。 で、気になるCX-3ディーゼルのカタログ数値は次の通り。 ・XD 2WD AT 23. 0~25. あ、これは2WDの場合の実燃費だと思ってくださいね。 4WDだともう少し低くなるかな。 でも、この実燃費はそう悪い数字ではない感じがしています。 なぜなら、マツダのCX-3はディーゼル車なので燃料はガソリンではなく軽油を使って走るので。 今のガソリンと軽油の価格差はだいたい25円ぐらい。 1リッター当たり25円安くなる計算ですね、マツダCX-3のディーゼル車は。 そういう事を考えて計算すると、マツダCX-3のディーゼル車もガソリン車で言ったらリッター20kmの実燃費ぐらいは走ると考えいいかもしれません。 それはディーゼルエンジンの音。 マツダの車はクリーンディーゼルエンジンを使って動いています。 確かにマツダの車はクリーンディーゼルのディーゼルエンジンの音は、ひと昔よりもすごく静かになっていると思います。 ただ、ディーゼルエンジンの出来が良いだけに、できればもう少しディーゼルエンジンの音は静かになればいいかなーと個人的に思っています。 ディーゼルの燃費が良いことは嬉しい限りです。 だから余計に、エンジン音が今よりも少し静かになると、もっとマツダのCX-3の人気も高くなるのではないか? 私はそう思いました。 私も実際にCX-3を試乗してみたので、マツダのCX-3クリーンディーゼルエンジンがとても良いSUVだと分かっています。 だからこそ、エンジン音がもったいないと思うのです。 こちらでも詳しく書いていますので、参考に読んでみてくださいね。 CX-3のワンクラス上の新型CX-5にも試乗しましたが、新型CX-5のエンジン音はとても静かに感じましたから。 試乗の後にマツダの営業マンから、CX-5の遮音性の高さの秘密を教えてもらいました。 CX-5の室内の隙間ができるところをほとんど塞いでいました。 こちらでも詳しく書いています。 まぁ、この完璧な塞ぎをCX-3にも取り入れるとすると価格的に無理なのかもしれませんが… ただ、私が思うにもっと遮音性を高くすると、価格が少し高くても満足感があるので結果として売れるのではないかと。 私が勝手に思っているのですが(苦笑).

次の

マツダのリコールから考えるディーゼル車の走らせ方

マツダ 3 ディーゼル

mazda. マツダ3のガソリン車とディーゼル車のカタログ燃費を、まずは紹介していきます。 mazda. 燃費は「WLTCモード」で計測され、燃費を表示しています。 WLTCモードとは世界統一試験サイクルという試験方法の一つで、走行環境に応じた燃費を知ることができる方法です。 マツダ3の燃費はWLTCモード燃費 「16. 6km/L」です。 市街地モードでは、「13. 7km/L」となっています。 マツダ3の1500ccと2000ccを市街地モード同士で比較しても、あまり違いがなく、少し頑張れば2000ccでも1500ccの燃費に、勝てそうな気がします。 マツダ3(ガソリン車)のカタログ燃費は、次の通りとなります。 mazda. そんな中で、みんカラの情報ですが マツダ3の実燃費は 「13. 2km/L」となっています。 mazda. マツダ3のWLTCモード燃費 高速道路モードは「18. 4km/L」です。 マツダ3の実燃費「13. 2km/L」と、WLTCモード燃費 市街地モードのカタログ燃費がほとんど変わらないので、高速道路モードもそれほど変わらないか高速なのでそれ以上と予想されます。 CX-3の高速道路の実燃費が「20km/L」になっているので、マツダ3も実燃費が「20km/L」前後になると思われます。 mazda. 8km/L」です。 ガソリン車と比較をすると、ディーゼルのほうが燃費が良いのが特徴です。 市街地モードの場合は、 「16. 4km/L」となっています。 ガソリン車の市街地モードよりも、 「2. 7km/L」 ディーゼルのほうが、燃費が良いです。 ディーゼルの高速道路モードの燃費は 「21. 8km/L」で、ガソリン車の高速道路モードよりも、かなり燃費が良いみたいですね。 マツダ3(ディーゼル)の、カタログ燃費は以下のとおりです。 mazda. マツダ3の燃費情報自体が、かなり少ないため高速道路等のデータはまだありませんが、みんカラの情報をもとにすると、「14. ディーゼルの加速に関しては、ガソリン車と比較すると発進がモッサリしているとのことでした。 人によても加速は感じ方が違いますが、ディーゼルターボでも加速はガソリン車のほうが上のようです。 ガソリン車とディーゼル車の維持費 どっちがお得? マツダ3の購入を考えている方は、維持費がどれくらいになるか気になるのではないでしょうか。 マツダ3はファストバックやセダンには、「1500cc」「2000cc」「1800cc」の3種類のエンジンがあります。 1500cc自動車税は 「34,500円」となります。 2000ccと1800ccは 「39,500円」で、1500ccとの差は「5000円」です。 マツダ3を維持していくためには、オイル交換などもしていく必要があります。 オイル交換時期は、ノンターボの場合は「15,000kmまたは1年」です。 値段的に「4000円」くらいで、大手カー用品店で販売しています。 mazda. マツダのクリーンディーゼルの場合は、 「アドブルー」を補充する必要がないので、そのぶん安く費用を抑えられます。 なので、年間の燃料代はディーゼルのほうが、かなり安く抑えられるので単純に考えると、ディーゼルのほうがお得だと言えます。 まずは、マツダ3の車両価格について、紹介をしていきます。 この記事が動画でご覧になれます。 mazda. セダンになると少し値段が上がり、「2,470,000円~2,649,000円」となります。 ファストバックのディーゼルになると、200万円を超えて300万円近くなります。 ファストバックとセダンの車両価格は、以下にまとめてみました。 mazda. ・自動車税 ・重量税 ・自動車取得税 マツダ3の排気量に関しての自動車税は、以下の表を参考にしてくださいね。 表を参考にしていただくとわかりますが、 ガソリン車とディーゼルは値段が変わりません。 1500ccは別としてハイブリッドの「1800cc」と、ガソリン車の「2000cc」の自動車税は同じ金額です。 マツダ3の車両重量は「1,340kg」なので、重量税は1年あたり「12,300円」となります。 重量税は車検と一緒に支払う税金でディーゼルもガソリン車も同じです。 mazda. その結果は、以下の通りとなります。 年間の燃料代といっても、ときには渋滞があったり、信号機が少なくて、スイスイ走れたりと、いろいろな道路状況が考えられます。 人によって運転の仕方が違い、燃料の減り方も変わるので確実に表の通りになるとは限りません。 表を確認するとディーゼルのほうが、 「21,484円」ガソリン車より安いです。 みんカラの口コミを見ると、ディーゼルは走りに関しては期待しないほうが良いようです。 燃費と燃料代を考えればディーゼルのほうがお得と言えますね。 mazda. 重量税もほとんど変わらない税額だったので、維持費に関してはほぼ同じような感じだと言えます。 基本的に、ディーゼルのエンジンオイルのほうが、値段が高いので年間のメンテナンス代を考えるとディーゼルのほうが若干高くなりそうですね。 結局どっちがお得なのかと言えば、燃料代が安いディーゼルだと言えます。 理由は、燃料代が安いし、燃費も良いからです。 ガソリン車、ディーゼルどちらもメリット、デメリットがありますが、マツダ3の購入を考えいる方は、値引き額以上に安く購入する方法があるのでオススメですよ!.

次の