お 大事 に なさっ て ください 敬語。 「お返しください」は敬語として失礼?変?

「お大事になさってください」とは?上司の家族・子供に使える敬語?使い方や例文・メールでの返信・英語表現をチェック

お 大事 に なさっ て ください 敬語

「ご自愛ください」の「自愛」とは自ら、自分自身を愛する、つまり自分自身の体を大切にする意味を持つ言葉です。 敬語の接頭語をつけて「ご自愛」とし、ビジネスシーンにおける「ご自愛ください」のフレーズでは「あなた自身の体を大切にしてくださいね」と、相手の健康を気遣う意味が込められています。 ビジネスシーンにおける手紙やメールだけでなく、日常生活でも暑中見舞いや年賀状などの最後のフレーズとして季節や気候を表す表現を前に添えて、例文として「寒い日々が続きますので、どうぞご自愛ください」のように使用します。 遠く離れている相手に対しても、「体に大切に、健康に気を付けて」と相手を気遣う気持ちのこもった、日本人らしい表現です。 「ご自愛ください」は、目上にも使える敬語なのか? 「ご自愛ください」は、 主にビジネスシーン、プライベートシーンともに暑中見舞いや寒中見舞い、年賀状など季節の節目に出す挨拶状の文末言葉として多く使用されています。 挨拶状の文末表現での使い方は、「寒い日が続いていますが」などのように、気候や季節の分かる言葉を前に添えて使用するのが一般的です。 そのため、全ての季節で使用できます。 また、プライベートでの結婚式の招待状やお悔やみの言葉をいただいた時の文末の挨拶でも使用できます。 また、こちらが訃報を受けてお悔やみの言葉を送る時には、遺族の方に対しての健康を気遣うフレーズとしても使われます。 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 良き新年をお迎えのことと存じます。 寒い日が続きますのでご自愛ください。 新年おめでとうございます。 よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。 朝晩の冷え込みが辛い日々が続きますので、どうぞご自愛ください。 謹んで新年のお祝いを申し上げます 昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。 まだまだ寒い日が続きますので、ご自愛ください。 明けましておめでとうございます 春はまだまだ先です、どうぞご自愛くださいね。 謹んで新年のご祝辞を申し上げます 旧年中は公私にわたって大変お世話になり、心より感謝申し上げます。 ご家族ともども、どうぞご自愛くださいませ。 謹んで新春のお喜びを申し上げます 旧年中はたいへんお世話になりました。 そちらは雪の日も多いと存じますので、どうぞご自愛ください。 すでに病気やけがなどで体調を崩している人に対しては、体調の回復を願う気持ちを込めた使い方の敬語を選びます。 もしも、同じ部署内や同僚の人で、仕事を気にしている場合は「仕事のことは気にせずに」という言葉も一緒に添える心遣いをするとスマートです。 例文の「お体にお気を付けて」も、相手の体調を気遣う表現ですが、目上の人に「お体にお気をつけて」の使い方をすると、語尾が呼びかけの「て」で終わっているため、命令のような印象に取られてしまいます。 そのため、 「お体にお気をつけください」や「お体にお気をつけてお過ごしください」などの敬語に言い換えましょう。 「お気をつけください」は、相手に対して注意してほしい、気を払って欲しい時に使用するだけでなく、「お体にお気をつけください」の使い方をすると、ビジネスシーンでも相手の健康を気遣う表現になります。 ただし、「お気をつけください」だけでは、目上の人に対して命令のような印象を与えてしまうため、「どうぞお体にお気を付けください」や「お体にお気をつけてお過ごしくださいませ」のように、丁寧な表現をプラスすればより印象が良くなります。 なお、「お気をつけください」が正しく、「お気をつけてください」は間違いです。 一方で、「お気をつけてお過ごしください」など、動詞「気をつける」+並列の助動詞「て」+ほかの動詞の形の場合は、「お気をつけて~」が正しいです。 「お気をつけください」の使い方.

次の

体調を気遣う言葉「お体に気をつけて」の使い方と類語

お 大事 に なさっ て ください 敬語

「お大事に」は正しい敬語で使いたい 風邪で病院に行った時、医師や看護師から「お大事に」と声をかけてもらったことはありませんか?この「お大事に」はビジネスシーンで使用しても良いのでしょうか。 また使用する時はどのような表現を用いれば良いのでしょうか。 ここでは「お大事に」の意味と正しい敬語表現について紹介します。 「お大事に」の意味は相手の体調を気遣う挨拶表現の一種 「お大事に」の意味は「早く良くなってください」と 相手の体調を気遣う挨拶表現の一種です。 病院などでかけられる「お大事に」は「お身体が大事に至りませんようご自愛ください」の略なのです。 これ以上大事にならず病気が治りますようにという祈りが込められていますが、この言葉を上司や目上の人に使用する時の使い方には注意が必要です。 「お大事に」の敬語変換は「お大事になさってください」 「お大事に」はビジネスシーンで使用しても問題はない言葉です。 また、 上司や目上の人に使用しても失礼にはあたりません。 ただし、使用する場合には「お大事に」と短く省略せずに 「お大事になさってください」と正しい敬語表現を用いるのがビジネスマナーとしてもベターです。 上司や目上の人に使用する時の敬語表現としては「お大事にしてください」や「お大事になさってください」が正しいと頭に入れておいて、メールや電話などでは「お大事に」という短いフレーズは極力避けるようにしましょう。 「お大事になさってください」と同様の意味として「ご自愛ください」という丁寧な表現がありますので、覚えておくと良いです。 この2つの言葉は相手を気遣うのに最も適した言葉です。 「ご自愛ください」は手紙やメールの締めくくりの言葉としてもよく用いられます。 目上の人には失礼だという意見もありますが、そんなことはありません。 むしろ目上の人にこそ使うべき言葉なのです。 また、病気で休んでいる上司にメールで「ゆっくり休んでください」と言いたい時、「お大事になさってください」を用いると、きちんと目上の人を敬った表現で丁寧な印象になるので積極的に使っていきましょう。 「くれぐれも」や「どうか」を言葉の前につけるとより丁寧な言い回しになります。 「お大事に」の他にお見舞いメールで使える言葉 ・「静養」 この機会にゆっくり静養なさってください くれぐれも無理をなさらずご静養なさいますようお願い申し上げます ・「十分」 十分に養生され一日も早いご回復をお祈り申し上げます 「お大事に」の後は相手を気遣う声かけも大切 上司や目上の人にお見舞いメールを出すことはビジネスパーソンとしてとても大事なことですが、それとともに大切なのが快方された後の声の掛け方です。 「思ったよりもお元気そうで安心しました」や「顔色が良いので安心しました」など一般的なお見舞いの言葉として覚えておきましょう。 「あまりご無理をなさいませんように」など相手を気遣う声掛けも重要です。 ご入院されたとお聞きし、突然のことに大変驚きました。 その後お加減いかがですか?心よりお見舞い申しあげます。 平素より仕事を第一線で励まれていたためにご心労も絶えないのではないかと拝察いたしております。 これまで忙しくご活躍なさっていらっしゃった骨休みのおつもりでこの際十分にご養生に励まれ、一日も早いご回復、ご全快をお祈り申し上げます。 どうかお大事になさってください。 早速お見舞いにと思いましたが、お休みのところうるさくおしかけては迷惑と思い、乱文ではございますがこうしてメールを差し上げた次第です。 尚、お身体に障りますのでご返信はお気遣いないようお願い致します。 メールにて恐縮ですが取り急ぎお見舞い申し上げます。 「お大事に」の敬語を正しく使えるようになろう 「お大事に」は病気や風邪を引いた相手の体調を気遣う挨拶表現の一種です。 先輩や上司など目上の人に使用しても問題はありませんが、その場合は「お大事になさってください」まで言うのが最も正しい敬語表現です。 「お大事になさってください」「ご自愛ください」はメールや手紙でも使えるフレーズなので是非覚えておきましょう。 「お大事に」の意味を正しく理解したうえで相手を敬い、気遣うことができてこそ立派な社会人です。 ここで紹介した正しい使い方を覚えてまた一つ大人になりましょう。

次の

「お大事にしてください」はビジネスに適した敬語?上司や家族への使い方・返事の仕方・英語表現を解説

お 大事 に なさっ て ください 敬語

お見舞のフレーズ お見舞のお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 くれぐれもお大事になさってください。 まだまだ寒い日が続きます。 くれぐれもお大事になさってください。 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 心からお見舞い申しあげます。 地震により被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。 慰めの言葉もありません。 残念な結果には、慰めの言葉もありません。 慰めの言葉もございません。 ご家族の皆様のご心境を思いますと、お慰めの言葉もございません。 ご同情に堪えません。 皆様のご心痛を思い、ご同情に堪えません。 ~はいかがかとご案じ申し上げます。 大雨による被害が甚大とうかがいました。 支店の皆さまはいかがかとご案じ申しあげます。 ~はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 皆様のご様子はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 おかげんはいかがですか。 体調不良にて休暇をとられているとのことですが、その後おかげんはいかがでしょうか。 ~とのことで、大変心配しております。 死傷者も出ているとのことで、大変心配しております。 大変驚いております。 ご病気にて入院と承りまして、大変驚いております。 ただただ驚くばかりです。 突然の悲報に接し、ただただ驚くばかりです。 突然のことに言葉もありません。 突然のことに言葉もありません。 心身ともにおつらいところ、お知らせいただき本当にありがとうございます。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 死傷者も出ているとうかがいました。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご家族が入院されたとうかがいました。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 被害に遭われたとうかがいました。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 長引く復旧作業で、何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 ご傷心のこととお察し申し上げます 思いもかけないご災難に、さぞご傷心のこととお察し申し上げます。 お仕事が気にかかることとは存じますが お仕事が気にかかることとは存じますが、この際十分にご静養なさってください。 ご多忙の御身でしょうが ご多忙の御身でしょうが、どうぞ十分にご加療なさいまして、一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。 ここしばらくは健康回復につとめられ お仕事が気にかかることとは存じますが、ここしばらくは、健康回復につとめられ、一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。 この際十分にご養生に励まれ この際十分にご養生に励まれ、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 この際十分なご静養をなさるよう願っております。 この際ですから、いままでお休みになれなかった分、十分なご静養をなさるよう願っております。 十分のご加療とご静養で くれぐれも十分のご加療とご静養で、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 一日も早いご回復をお祈り申しあげます。 ご病状はいかがでしょうか。 一日も早いご回復を、心からお祈りしております。 一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします。 一日も早くお元気になられ、お顔を拝見できますよう、お祈りしております。 元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 ご自愛のほどお祈りしております。 何かとご苦労が多いことと存じますが、どうぞご自愛のほどお祈りしております。 ご静養のほどお祈りしております。 気がかりなことも多いかと存じますが、ご静養のほどお祈りしております。 ご養生のほど念じております。 1日も早く回復されますように、ご養生のほど念じております。 お見舞いの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 お見舞い• お大事にどうぞ• くれぐれもお大事になさってください• 心よりお見舞い申し上げます 調子はどうですか• おかげんはいかがですか• ~とのことで、大変心配しております• ~はいかがかとご案じ申し上げております 大変ですね• 大変驚いております• ご心痛のほどお察しいたします• 突然のことに言葉もありません 早く元気になってください• 一日も早いご回復をお祈り申し上げます• このさい十分なご静養をなさるよう願っております• 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします.

次の