限界突破wifi 更新月。 限界突破WiFiの解約方法|注意点や契約期間別の解約金も解説

速度低下の「限界突破WiFi」、3月利用分を返金 解約金免除や移行費用負担も

限界突破wifi 更新月

項目別オススメWiFi• ただし、 どんなときもWiFiは3年目以降、料金が500円Upして3,980円になります。 2年限定で使うなら良いですが、そのあとは他社への乗り換えを検討した方が良いかと。 一方、 限界突破は3年目以降も料金変わらずです。 『2年間の総額』でも見てみましょう。 また、どんなときもWiFiの方は3年目以降500円Upするため、長い目でみても限界突破WiFiの方が安いです。 そして、 補償内容もどんなときもWiFiの方が良いでしょう。 どんなときもWiFiでは、故障の場合は新品と 交換、水没・全損の場合は中古品Aランクと 交換です。 交換だと修理中使えない…!といったことがないので良いですよね。 限界突破WiFiは「交換」の文字がなかったので、修理中はWiFiが使えない状態になるのではと思います。 とはいえ水没させたり故障させてしまうことはなかなかありません。 補償内容まではあまり気にしなくて良いのかも?しれません。 月額料金の差と補償オプションの差で相殺されましたね。 2年間限定で使う&補償オプションを付ける方は、料金以外の比較結果を重視した方が良さそうです。 ただしこれはどこの無制限WiFiでも同じ。 完全なる無制限のポケットWiFiはありませんのでご注意ください。 とはいえ明確な基準が無いのでなんとも言えませんけどね。 というわけで制限される可能性はあるため、 「制限時の速度」にも注目すべき。 どんなときもWiFiの制限時速度は 384kbps。 384kbpsだと軽い通信(LINE、Twitter等)なら問題ないと思いますよ。 限界突破WiFiは制限時の速度の記載が見つかりませんでした。 128kbpsとかだったら使い物になりません… 記載していただきたいですね…! というわけで 通信制限の点では、 どんなときもWiFiがオススメです。 (とはいえ、通信制限をするのはキャリア側。 どんなときもWiFiと同様384kbpsではと思いますけどね。 どんなときもWiFiの端末はスタイリッシュで良いですが、 限界突破WiFiの端末は 液晶付き。 スマホがなくても この端末だけでも地図や翻訳アプリ等を使用することができます。 また 接続可能台数は、 どんなときもWiFiが 5台、 限界突破WiFiは 8台。 多くの機器を接続したい方は限界突破WiFiの方が良いでしょう。 見た目の好みは別れるかと思いますが、 端末の機能面から考えると限界突破WiFiの方が良いでしょう。 どんなときもWiFiは利用可能国を 2つのエリアに分けていて料金も2パターンでわかりやすい。 一方、 限界突破WiFiは 国ごとに異なる&使える容量ごとに料金が異なります。 使える日数が異なるため、単純には比較できません。 海外での使い方によってどちらを選ぶかが変わってきます。 例えば、 LINEやTwitterで文字のやりとりをする程度であれば通信容量は少なめなので、 限界突破WiFiが安くて良いでしょう。 しかしながら 限界突破WiFiは 更新月が3ヶ月あるのが特徴的。 めずらしいですね。 他社だと更新月は1ヶ月間のみというところが多く、解約したかったのに更新月がいつの間にか過ぎてた…!といったこともよくあります。 その点限界突破WiFiは3ヶ月あるため、2年で解約したい場合、 更新月を逃さず解約金を払わずに解約できるでしょう。 また、 3年目以降の解約費用が5,000円とかなりお安いのもいいですね。 こういった点を考慮すると、 解約に関しては 限界突破WiFiの方が良いでしょう。 明らかにこっちがいい!といえる比較項目はあまりありませんでしたが、 大きく差があるのは料金と解約についてです。 (補償オプションをつけても120円安い。 ) さらに、 3年目以降も限界突破WiFiの方が安いです。 (どんなときもWiFiの料金が、3年目以降500円Upの3,980円になってしまうため。 さらにもしその更新月を超えてしまっても、解約費用は5,000円で済みます。 5,000円はかなり良心的ですよね。 と、いうわけで 料金と解約を重視するなら限界突破WiFiをおすすめします。

次の

【業界激震!】限界突破WiFiを国内他社と5つの観点で比較

限界突破wifi 更新月

限界突破WiFiは、格安スマホで有名な「エックスモバイル株式会社」が提供するネット使い放題のポケットWiFiで人気があります。 しかし、2020年3月に通信障害を起こしてしまってから、もともとネット使い放題と謳っていたにもかかわらず1日単位でデータ容量を制限することになり、ネットが繋がらないという口コミが多いので、現時点では限界突破WiFiをおすすめできません。 さらに、利用者の評判を調べたところ、月額料金が最安値ではなく、端末が届くまでに時間がかかり、解約時の違約金が高いことに対して不満を抱えている人もいました。 この記事では、限界突破WiFiがおすすめできない理由を全てお伝えしていくので、ぜひ参考にしていただきたいです。 限界突破WiFiとは 限界突破WiFiとは、格安スマホを提供している「エックスモバイル株式会社」が運営するポケットWiFiです。 ネット使い放題で、マップ機能や翻訳機能、さらにモバイルバッテリー機能が付いている端末が利用できることを売りにしていますが、2020年3月から通信障害を起こしてしまいユーザー数が急激に減っています。 同じく完全無制限のポケットWiFiとして人気があった「どんなときもWiFi」も一緒に通信障害を起こしていて、現在ではただ月額料金が安かったり端末の機能が良かったりするだけではなく、運営会社とサービスの安全性も考えたうえで選ばないといけません。 ここからは、限界突破WiFiがおすすめできない理由を全てお伝えしていきます。 限界突破WiFiがおすすめできない全理由 それでは、限界突破WiFiの評判や口コミを調べてわかったおすすめできない全理由を紹介していきます。 繋がらないという口コミが多数 2. 月額料金が最安値ではない 3. 端末の発送に時間がかかる 4. 解約時の違約金が高い 繋がらないという口コミが多い 利用者の口コミを探してみたところ、限界突破WiFiは以下のようにネットが繋がらないという悪い評判がたくさん見つかりました。 限界突破wifi いきなり繋がらない。 一つずつ詳しく見ていきます。 1日単位で通信が制限される 限界突破WiFiの最大のデメリットは、ネットが完全に使い放題と謳っていながら、1日あたりの通信制限が決められているところです。 2020年の3月に通信トラブルが起きた影響で1日3ギガまでのデータ容量しか使えなくなってしまい、 7月現在においても1日5ギガを越えると速度制限にかかる条件があります。 以下のように、1日あたり5ギガ~10ギガの容量を使っているときはYouTubeなどのネット動画を標準画質でギリギリ観ることができる速度まで低下し、10ギガを超えると完全にネットが使えなくなります。 1日あたりの容量 速度制限 5GB~10GB 最大4Mbps 10GB以上 最大128kbps もともと限界突破WiFiはデータ容量に制限がないネット使い放題のサービスとして提供していたにも関わらず、このような通信制限をかけることになってしまいました。 これから新しく申し込む人も1日5ギガの通信制限をかけられるので、せっかくポケットWiFiを契約してもデータ使用量を気にしながら利用することになってしまいます。 さらに、これまで大規模な通信障害を起こしたポケットWiFiの傾向を考えると、今後も同じような通信トラブルを起こす可能性がかなり高いのでおすすめできません。 現在利用している人は通信トラブルが起きていた時期の月額料金が返金され、違約金免除で解約できるという対応がされています。 詳しくはをご覧ください。 通信制限があるのに速度が遅い 限界突破WiFiは1日あたりの通信制限があるにも関わらず、同じく通信制限が決められているWiMAXよりも速度が遅いです。 しかし、限界突破WiFiは通信制限が決められているうえに、速度も遅いので契約するメリットが一つもありません。 限界突 破WiFi WiMAX Y! mobile WiFi 端末 \光回線について詳しく書いた記事/ 月額料金が最安値ではない 限界突破WiFiは月額3,500円と決して高い料金ではありませんが、他に安いポケットWiFiがあるのでデメリットの一つと言えます。 完全にネット使い放題のポケットWiFiの中で、限界突破WiFiよりも安く利用できるサービスを以下の表にまとめました。 ポケットWiFi 月額料金 限界突破WiFi 3,500円 Mugen WiFi 3,280円 ゼウスWiFi 3,280円 ギガゴリWiFi 3,460円 よくばりWiFi 3,450円 どんなときもWiFi 3,480円 めっちゃWiFi 3,480円 THE WiFi 3,480円 ポケットWiFiの最安値は「Mugen WiFi」と「ゼウスWiFi」の2つがあり、限界突破WiFiと毎月220円の違いしかありませんが、料金面において他社に負けているのは事実です。 さらに、ゼウスWiFiでは半年間の月額料金が割引きされたり、よくばりWiFiでは最初の2ヶ月間が無料になったりなど、月額料金がお得になるキャンペーンを限界突破WiFiでは実施していません。 そこまで毎月の料金に差があるわけではないですが、最安値で利用できるサービスではないので、より安いポケットWiFiを選ぶ方が賢明でしょう。 海外の利用料金も他社より高い 限界突破WiFiの海外の利用料金を他社と比較したところ、同じようなプランを提供しているゼウスWiFiより高いことが分かりました。 他のポケットは1日単位で料金が決まっていますが、限界突破WiFiとゼウスWiFiは数日単位の格安プランが用意されています。 端末の発送に時間がかかる 限界突破WiFiがおすすめできない3つ目の理由は、申し込んでから端末が発送されて自宅に届くまでに4日前後もかかってしまうことです。 ポケットWiFiによっては早ければ当日に端末を発送してくれるところも多いので、4日も待たないとネットが使えないのはデメリットの一つと言えるでしょう。 ポケットWiFi 発送時期 限界突破WiFi 4日前後 ゼウスWiFi 最短当日 ギガゴリWiFi 最短当日 よくばりWiFi 最短当日 THE WiFi 最短当日 限界突破WiFiは全国に80の店舗があるエックスモバイルが格安スマホと一緒に提供しているので、家の近くに店舗があって足を運べば当日中に受け取ることができます。 しかし、WEBから申し込むなら早めに端末が届いてくれた方が安心ですし、何より早くネット環境を整えたい人がほとんどだと思うので、最短当日発送のポケットWiFiを選ぶ方がおすすめです。 解約違約金が高い 限界突破WiFiがおすすめできない最後の理由は、途中解約したときの違約金が他社よりも高めに設定されていることです。 限界突破WiFiは2年以内に解約すると18,000円の高額な違約金が請求されてしまい、他のポケットWiFiの解約違約金よりも2倍近く負担が大きいので注意してください。 ポケットWiFi 1年目 2年目 3年目~ 限界突破WiFi 18,000円 18,000円 5,000円 Mugen WiFi 9,000円 5,000円 0円 ギガゴリWiFi 9,000円 9,000円 9,000円 THE WiFi 9,000円 5,000円 0円 ゼウスWiFi 9,500円 9,500円 9,500円 限界突破WiFiは2年契約なので利用開始から24ヶ月後、48ヶ月後など2年ごとの更新時期に解約すれば違約金は発生しませんが、途中解約する人の方が多いことを考えると、もしものために解約違約金が安いサービスを選ぶべきです。 さらに、Mugen WiFiやTHE WiFiなど2年後から契約の縛りがなくなるポケットWiFiもあり、解約時の違約金を気にしなくて済むのでおすすめです。 限界突破WiFiよりもおすすめなポケットWiFi ここまで限界突破WiFiの全デメリットをお伝えしてきたように、ポケットWiFiを選ぶうえでは「月額料金」や「ネット回線の安全性」が比較すべきポイントとなります。 なので、ポケットWiFiの中でも最安値の月額料金で利用でき、独自の端末を提供している「ゼウスWiFi」が1番おすすめです。 ゼウスWiFiが1番おすすめ ここからは、限界突破WiFiよりもゼウスWiFiをおすすすめする理由を詳しく紹介していきます。 月額料金が最安値 ゼウスWiFiは限界突破WiFiよりも月額料金が安く、全てのポケットWiFiの中でも最安値なので最もおすすめできるサービスです。 基本的には月額3,280円で限界突破WiFiより毎月220円しか安くなりませんが、現在では半年間の割引きキャンペーンを実施していて、利用開始から6ヶ月目まで2,980円の特別価格でお得に利用できます。 この金額差をどのように考えるかは皆さん次第ですが、サービス内容がほとんど変わらないのであれば、できるだけ月額料金が安いポケットWiFiを選ぶ方が良いでしょう。 独自の高性能な端末が使える ゼウスWiFiの大きな特徴は、何といっても他社にはない独自の端末を提供しているところです。 通信障害を起こした限界突破WiFiとどんなときもWiFiとは異なる端末になっていて、使っている回線設備も違うので通信障害が起きにくくて安心して利用することができます。 データ容量が完全に無制限と言われているポケットWiFiの端末は以下3つあり、それぞれ速度やスペックを比較しました。 ゼウス WiFi 限界突 破WiFi どんなと きもWiFi 端末 最大速度 150メガ 150メガ 150メガ 通信時間 10時間 15時間 12時間 接続台数 10台 8台 5台 このように、今までの端末と比べても速度とスペックは決して負けていない高性能な端末であり、液晶画面が付いていて操作しやすくデザイン性にも優れています。 限界突破WiFiで提供されている端末も珍しいものですが、Mugen WiFiに申し込めば同じ端末を選ぶことができるので独自の端末というわけではないので覚えておきましょう。 30日間お試しキャンペーンがお得 ゼウスWiFiでは、端末到着日から30日以内なら違約金0円で解約できる「ドバドバ体験キャンペーン」を実施しています。 なので、自宅で快適にネットが使えるか不安な人や、他社サービスを使っていて繋がらなくて困っている人はお試し感覚でゼウスWiFiを体験してみることが可能です。 もし自分には合わないと感じたら、キャンペーンを適用するための手続きは一切不要で、30日以内ならそのまま解約手続きするだけで9,500円の違約金が免除されます。 限界突破WiFiの場合は一度契約が成立してしまうと、2年後の更新時期まで待たないかぎり違約金は0円にならず、18,000円の高額な解約違約金が発生するのでリスクが高いです。 まとめ ここまでお話ししてきたように、限界突破WiFiの口コミや評判から4つのおすすめできない理由が見つかりました。 繋がらないという口コミが多数 2. 月額料金が最安値ではない 3. 端末の発送に時間がかかる 4. 解約時の違約金が高い この記事では、限界突破WiFiよりもおすすめできるポケットWiFiとしてゼウスWiFiを紹介しているので、ぜひ検討してみてください。

次の

限界突破WiFiの解約方法|注意点や契約期間別の解約金も解説

限界突破wifi 更新月

「使い放題」をうたう通信サービスを提供している「限界突破WiFi」だったが…… 限界突破WiFiでは、複数のSIMカードが差し込まれた「SIMサーバ」を運用しており、ここから、各ユーザーへの通信を遠隔で割り当てている。 通常の使い方であれば、満足できるデータ容量を確保できるというが、一部のユーザーが数TBという膨大なデータ通信を行ったことで、SIMサーバの稼働が不安定になり、局所定な不具合が発生しているという。 3月7日時点では、1日の利用データ容量が3GBに達した場合、下り1Mbps前後に速度が低下していた。 その後、メーカーに改善要求をしたところ、3月12日時点で低速時の速度は下り5Mbps前後に改善された。 その後もメーカーや供給先との交渉を続けてきたが、供給元からの「突然の条件変更」により、4月1日以降は「1日5GBまでは高速通信が可能」「5GBを超えると下り4Mbps、上り1Mbpsに速度低下」「1日10GBを超えると128kbpsに低下」が最善策だという。 通信量は毎日24時にリセットされる。 つまり現状では、同社がうたう「ネット使い放題」は提供できない状況となっている。 そこで、納得できないユーザーに対しては、3月の利用料金(3500円)と解約手数料(1万8000円)なしで解約可能とする。 (解約はしないが)3月の利用環境に納得のいかないユーザーに対しては、3500円の返金対応をする。 さらに、「完全無制限で使えると聞いたから、固定回線や大手キャリアを解約して、限界突破WiFiを契約した」といったユーザーに対しては、もとの環境に戻るための費用(固定回線やキャリアの初期費用など)もエックスモバイルが負担するという。 同社はで、返金申請フォームと解約申請フォームを案内している。 関連記事• 最近増加傾向にある「容量無制限」をうたうモバイルWi-Fiルーターに、「つながらない」「速度が遅い」といった声が散見される。 一体それはなぜなのだろうか。 エックスモバイルが10日、スマホ型のモバイルWi-Fiルーター「限界突破WiFi」を発売した。 クラウドSIM技術を用いており、SIMカードを差し替えることなく、世界107カ国で通信ができるのが特徴。 本体代金や契約手数料は無料で、通信料金は国内の場合が月額3500円(税別)、海外の場合は1日380円からとなる。 筆者の連載でも何度か取りあげた「クラウドSIM」。 モバイルルーターだけではなく、SIMやスマートフォンでも使えるものが出てきました。 新たに登場する対応スマホを紹介しつつ、改めてそのメリットとデメリットを改めて見ていきましょう。 「1台で全世界で使える!」「100か国以上の国をカバー!」とうたうモバイルルーターが増えてきました。 その仕組みと、メリット・デメリットを見ていきます。 MAYA SYSTEMは、1月16日にクラウドSIMテクノロジーを搭載したSIMカード不要スマホ「jetfon」の音声SIMセットを販売開始。 端末購入時に「CNモバイルONE」の音声対応SIMを契約すると、端末価格が1万円引きの1万2800円(税別)で購入できる。 オプションで海外通話も利用可能だ。 関連リンク•

次の