シャープマスク当選メール何時。 当選者以外は購入できません

シャープマスク抽選結果!当選している?当選メール何時に来たの?|雑記メモログ

シャープマスク当選メール何時

シャープのマスクの抽選申込みが4月27日に開始されました。 前回の販売時は、若干早いもの順ということもあり、予想以上に サイトにアクセスが集中したため、サーバーダウンにて、販売が中止となったのも 記憶に新しいですよね! コンビニや薬局などでは、いまだに「マスク」が販売されているのを 目にすることがないためか、このシャープのマスクが大人気です。 4月27日23時59分に抽選申込みが終了した シャープのマスク。 応募した方が気になるのは、抽選結果ですよね。 その気になる抽選結果にフォーカスを当ててみたいと思います。 今回は 「シャープマスク抽選結果!当選している?当選メール何時に来たの?」と題して シャープマスク抽選結果!当選している?当選メール何時に来たの?かを調べてみました。 これで、2回目以降に抽選応募した方は、参考にしてみてくださいね! 第1回抽選販売について• 応募期間:2020年4月27日 月 0:00~23:59• 抽選日:4月28日 火• 当選者に「当選通知」メールが届く。 ・「第1回当選発表」当選者に2020年4月29日 水 までに順次メール届く。 本人確認のため名前・メールアドレス・電話番号を入力• 販売サイトにて購入手続きを行う。 当選者の購入期間 ・2020年4月28日 火 13:00~2020年5月3日 日 17:00まで。 ・期間中売り切れがないため、いつでも購入可能。 まず、1番に気になる 抽選日は、4月28日 火 !! 翌日、 4月29日 水 までに当選者のみにメールが届くとなっています。 あらかじめご了承ください。 と記載されています。 ので、 「当選メール」こない=「落選」という事になりますね! シャープマスク当選メールが来た人を調べてみた! では、当選者の方を見てみましょう。 今回は、なるべく画像付きの方を中心に調べてみたいと思います。 4月28日当選メール 当選メール来た方で、調べた中で一番早いのは、14:49のようです。 地方に住んでいる妊婦のお友達に送ります。 当たったら送るねって約束していたので嬉しい報告が出来そうです。 今年の運を使い切ったか… — Hijkeico シャープのマスク当選しました 職場も家も不足してたから良かった — 1688 hp1688 当選倍率117倍を突破して、シャープマスク当選メール来ました! ありがとうございます 早速購入手続きしました。 ありがたいです。 職場のマスクも底をつきそうだったので夫婦で大切にします。 — こーひー。 K09141009 シャープのマスク当たった! — うーまっくす あらじん doalaviciedo66 このように、見てみると多くの方が 4月28日にメールの受信をされている模様ですね! もしかしたら、迷惑フォルダーに 「当選メール」が埋もれているかもしれないので 迷惑フォルダー内のメールもチェックする必要ありますね。 シャープマスク抽選応募は、スムーズにできたの? 今回の、抽選応募はスムーズにできたのでしょうか? 応募する際には、ここも気になりますよね! 前回のように、待てど暮らせど応募ができないってなるのは なかなか気が滅入ってしまって諦めモードになりますよね・・・・ では、いったい今回の抽選応募は、スムーズに出来たのでしょうか? またサーバダウンだよ。 前回のこともあり、深夜にも関わらずアクセス殺到だったようですね。 もうこの際郵送受けにしたらどうだろう? — しみたか. com Gaji Touring Clubのペースカー taka19701026 の抽選に応募しようとしてるんだが、やはりウェブが混雑してる。 5、6回試してみたが、きちんと繋がっていない、みたいな表示が出てくる。 マスク、本当にみんなにとって超必需品。 できるだけ多くの人たちの手に入って欲しい。 いずれにしろ応募ページにつながりにくい状態が続き、重ねて申し訳ありません。 同時にアクセスできる数を絞り込んでいるという弊社の事情もあり、どうかご容赦いただければ。 なお前回の購入受付と異なり、現時点で相当数のご応募を着実に完了しております。 申し訳ありません。 なお入力応募後「受付完了」ページが出る、あるいは「入力されたメールアドレスは既に登録されています」と表示される方は無事に応募完了しております。 ご安心ください。 シャープマスク抽選結果!当選している?当選メール何時に来たの?まとめ 当選メールは、多くの方が4月28日だったもようですが 29日と2日間にわけて送信させているようです。 迷惑フォルダーもシッカリチェックしないとチャンスを逃しそうですね! 今回は、 「シャープマスク抽選結果!当選している?当選メール何時に来たの?」 と題してシャープマスク抽選結果!当選している?当選メール何時に来たの?かを調べてみました。 2回目・3回目の参考にしていただければ幸いです。

次の

シャープマスク 当選メールの詐称詐欺なりすましの見分け方。

シャープマスク当選メール何時

ネットの反応 【3万箱】シャープのマスク、抽選方式での販売に アクセス集中により販売サイトで接続障害が発生したため導入。 初回販売の申込は4月27日中。 いつ申し込んでも当選確率は同じとのこと。 — ライブドアニュース livedoornews 【シャープ マスクは抽選で販売】 シャープは、個人向けに販売を開始した同社製不織布マスクについて、販売方式を抽選式に変更したことを発表。 27日に応募受付を開始し、翌日の28日に抽選を行う。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics シャープ、マスク販売方法を「抽選」に変更。 ハッキリ言って1枚80円のマスクなら、楽天などの通販店で抽選なしで買えますよね。 抽選を楽しむなら別ですが、通販店の方が速くて安心かも知れませんね~。 今回も最後までお読みいただき有難うございました。

次の

当選者以外は購入できません

シャープマスク当選メール何時

新型コロナウイルスの影響で、マスクの需要は爆発的に高まり、現在も多くの人がマスクを買い求め、騒動は続きそうだ。 最近では、手作りの布マスクを使用している人も少なくないだろう。 筆者もまた、花粉対策に購入していた30枚入りの不織布マスクが底を突き、布マスクを使用している。 ちなみに、アベノマスクは5月上旬になっても我が家には届いていない。 そんな折、不織布マスクが手に入るチャンスが舞い込んできた。 家電メーカーのシャープが個人向け販売を開始した50枚入り税抜き2980円の「不織布マスク(MA-1050)」に当選、宅配便で届くまでを紹介する。 人の目に見えない塵やホコリを取り除いたクリーンルームは、マスクの製造に適した環境だという。 1人1箱限定の早いもの勝ちだ。 この販売方法を聞いて、日頃コンサートやライブのチケット争奪戦を経験している筆者は、一抹の不安を覚えた。 ライブチケットの一般販売でも、一部のアーティストのファンが一斉にチケットサイトにアクセスして回線が混み合うのに、今や日本国民のアイドルと化しているマスクの購入権を先着順にして大丈夫なのか……。 King Gnuのチケットよりも入手が困難かもしれない。 不安のなかで迎えた4月21日午前10時。 定刻の少し前からページを開いてみたが、マスク販売ページにはすでにアクセスが集中し、うんともすんとも言わない状況だった。 終わった。 おそらく、誰もマスクの購入画面には進めずに1日を終えただろう、と思った。 その日、「シャープのマスクを購入できた」という声はSNSにも見当たらなかった。 先着順から抽選販売に変更 悲劇のサーバー落ちから2日後、シャープから新たな販売方法が発表された。 大きな変更点は、先着順から抽選販売になったこと。 指定期間内に公式サイトで応募し、当選者のみにマスクの購入権利が与えられるという。 抽選受付は4月27日の0時~23時59分の24時間。 なるべく早くマスクを人々に届けるための措置だとしても、応募期間が短すぎるのでは……昼休みや就業後など応募のタイミングが重なると思うと、悲劇を繰り返しかねない。 その予感は的中し4月27日も応募ページは大混乱。 筆者は目が覚めた瞬間にスマホを手に取り、シャープのECサイト「COCORO STORE」にアクセス。 案内に従って個人情報を記入し、応募ボタンを押すと、アクセス集中を陳謝する画面が表示された。 朝7時の時点で、回線はすでにパンクしていたのだ。 その後、時間を空けて何度か日中にアクセスしてもつながらず、シャープの公式画面ですらない「502 Bad Gateway」というエラーが表示されるばかり。 Wikipediaによると、このエラーは「不正なゲートウェイ。 ゲートウェイ・プロキシサーバは不正な要求を受け取り、これを拒否した」とある。 なるほど、拒否されたことだけはわかった。 まさか、応募すらできないとは、人々のマスク欲を侮っていた(自分を含めて)。 まさかの「応募を受け付けました」 同日23時、半ばあきらめの気持ちで応募ページにアクセスしてみたところ、まさかの「応募を受け付けました」という表示が。 応募が完了したのだ。 マスクの抽選に応募しただけなので、マスクは手に入っていない。 まだ戦いは続くのか……。 後に公開された情報では、4月27日の第1回抽選販売への応募総数は470万6385件。 470万人が4万箱のマスクを買い求めたため、当選倍率は約117倍だったという。 当選から3日後に到着したシャープのマスク 筆者はもともとくじ運がないので、おそらく今回も当たらないだろう、と予想していた。 しかし、4月29日16時、マスクの当選者だけに送られるという運命のメールが届いたのだ。 確率1%のマスクが当たってしまった。 うれしい反面、今年の運をすべて使い果たしてしまったような気がする。 シャープのマスクに便乗した詐欺が横行していたようだったので、送信メールアドレスを確認したり、SNSで詐欺メールを確認したりしながら、専用サイトで購入手続きに進んだ。 もしも詐欺だった場合、マスク50枚入りで税込み3278円(1枚あたり約65円)、送料の660円を加えると3938円の損失だ。 手痛い出費なので、当然だが騙されたくない……。 購入までの道のりはハードだったが、すぐに手に入るのはありがたい。 最大の特徴は「SHARP」のロゴ 箱を開けるとマスクが25枚ずつに分けられて袋に入っていた。 個包装はされておらず、一般的な不織布マスクと大きな違いはない。 シャープ製マスクの最大の特徴は「SHARP」のロゴが記載されている点。 もしも濃い文字でロゴが印字されていたら「我はシャープのマスクに当選した者なり」という強めの主張になってしまう。 しかし実物は、光に透かすと文字が読める仕様になっており、あまり目立つものではなかった。 ちなみに「SHARP」のロゴは、当選を主張するためのものではない。 しかも、不織布マスクの正しい装着法はメーカーによって異なるので、マスクをする前に説明書きを確認しなければならない。 「SHARP」のロゴは、表裏がわかるようにするためのものだったのだ。 ちなみに、正面から見て「SHARP」と読めるのが正しい装着方法。 実際にマスクをつけてみると、女性である筆者には少々大きめの印象だった。 イメージ的には、小池百合子都知事が会見時に使用している手作り布マスクと同じくらいの比率。 小顔効果は期待できるが、側面にやや隙間ができた。 また、SHARPのロゴは、プリーツを伸ばしてアゴまで覆うと、正面からはほとんど見えなくなった。 自己申告しないかぎりシャープ製がバレる可能性は低そうだ。 今回のシャープのマスク争奪戦に参加して感じたのは、まだまだマスクの需要はおさまりそうにない、ということ。 購入の目的はさまざまなのだろうが、抽選のページにすらつながらないのは驚きだった。 同社の公式ツイッターは5月3日に「家電メーカーのシャープ、107年の歴史で最大のヒット商品がマスクになってしまいそうな感じ、複雑な気持ち。 」と投稿している。 現在、週に1度のペースでシャープはマスクの抽選販売を実施している。 1度外れてしまっても、応募さえしていれば2回目、3回目とスライドで抽選に申し込まれる仕組みだという。 初回に比べれば当選する確率は上がっているはずなので、ぜひ挑戦してみてほしい。 (清談社).

次の